変人博士 さん プロフィール

  •  
変人博士さん: 天国の作り方
ハンドル名変人博士 さん
ブログタイトル天国の作り方
ブログURLhttps://ameblo.jp/albert-o-baka/
サイト紹介文天国は万人が幸福に感じられる世界。ホームチャーチも心情八段階もそこへ向かう道を暗示しています。
自由文桜葉佳代がつぶやいていたブログから独立しました。天国の作り方に特化して書いてゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 139日(平均0.3回/週) - 参加 2013/04/22 00:52

変人博士 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 時間の認識についてメモ書き
  • 時間は存在しないとかいう表現を見かける。何を持って存在としているのかがそもそも問題なのだ。 過去・未来の物理的空間は、現在には存在していないと表現すれば的確ではなかろうか? 時間の正体は運動である。 変化もまた、運動の結果表現が変更されることなので、変化の正体も運動なのです。 時間が速く進むとか、遅く進むとか表現される。これは運動速度が速いか遅いかである。 一日という単位は地球の自転速度を基準とする。 [続きを読む]
  • 知情意か?情知意か? ”認識の四位基台フラクタル解説”
  • 『知』が先か『情』が先かと問われれば私は『情』と答える。 過去記事にコメントをいただきましたのでリブログして、これは応答記事でもあります。 原理講論総序にはこうある。「無知からは如何なる情緒をも生じ得ない。 また、無知と無情緒からは如何なる意思も生ずることはできないのである。」ここでは『知』→『情』→『意』の順序が示されています。確かに、一見そのように感じるものです。これはコメントをくださったポンタ [続きを読む]
  • 数式は一つの言語形式である
  • 科学と宗教の間に哲学という分野があります。宗教は時に理屈を無視しますが哲学は理屈を追求します。論理的矛盾と飛躍を避けて整合性を求めます。中世ヨーロッパではスコラ哲学と言われるものをキリスト教がけん引していました。もっとも、宗教色が強かったので、理論には飛躍も多かった様ですがそこそこの実績は上げています。 哲学と科学の違いはどうかというと、検証能力の違いではないかと思います。哲学では、理論の中に整合 [続きを読む]
  • 宗教と科学の統一とは?
  • 「宗教が探し求めてきた内的真理と科学が探し求めてきた外的真理とを、統一された一つの課題として解決し、それによってすべての人々が、内外両面の無知を完全に克服し、内外両面の知に至ることができる」 ここは原理講論に書かれたなかでも有名な部分だと思います。詳細は覚えていなくても、多くの食口は「宗教と科学の統一」と、端的に記憶していらっしゃるでしょう。そして多くの食口が誤解しています。「原理は新しい真理なの [続きを読む]
  • ”《∞無限理論:コア理論》”
  • 思考回路のモード切り替えが必要な様ですので、博士のアカウントでやりましょう。こちらのアカウントは3年近く放置してしまいました。博士のアカウントでも、彼を呼び出してというわけにはいかないのでしょう。気が向けば、或いは必要ならば手伝ってくれるかもしれません。 ここのところ、愛することを中心に考え、母になることを意識しながら来たからでしょうか、知性的な面はチョットぼんやりしています。勝共・頭翼思想をやろう [続きを読む]
  • 過去の記事 …