Mr.Peki−chan さん プロフィール

  •  
Mr.Peki−chanさん: ぺきぶろ
ハンドル名Mr.Peki−chan さん
ブログタイトルぺきぶろ
ブログURLhttp://peki-chan.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文気仙沼市の小中学校統廃合と気仙沼線・大船渡線BRTにからめて復興に勝手な意見を言っているKYブログ
自由文魚町のカドッコにあった「みやふく文具」の元居候です。
気小校庭に災害公営住宅を!
魚町は海際防潮堤は作らず旧R45を堤防道路に!
気仙沼線・大船渡線・山田線は全線BRT専用道に!
利府・仙台間新幹線高架橋下部にBRT専用道を!
と、誰も聞いてないのに叫んでます
最近は中高生の自殺やイジメについても述べてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/04/22 10:56

Mr.Peki−chan さんのブログ記事

  • 周知は?実行は?岩手県版部活動ガイドライン
  • ・スポーツ庁(平成30年3月策定) ①平日2時間・休日3時間 ②土日どちらかと平日1日は休養日 ③将来的な地域移行・岩手県版(平成30年6月策定) 報道はスポ庁と同じだった。今まで通り父母会やスポ少で延長練習・夜間練習・休日練習をするから事実上は何も変わらないと思ったでしょ、 岩手ケンミン… でも、実は… ①部活動を補完する活動(父母会練習・中学生スポ少)  も含めた時間制限・休養日拡大  ということ [続きを読む]
  • 全員加入制を撤廃すべき…岩手県の中学部活
  • 学校として強制しているのは部活動だけだとしても父母会練習・中学生スポ少なども一体のもので無休日長時間練習。生徒や家庭の負担(実働面も経済面も)を考えてほしい…学校部活で多様化している生徒のニーズを全て機会提供するのは不可能、小学生時代から校外の活動で将来を期待されても、本人がやりたいスポーツや文化活動が有っても、部活が強制されてしまえば断念してしまう、まして父母会練習・中学生スポ少で無休日長時間練 [続きを読む]
  • ニーズは多様化・生徒は少子化…岩手県の部活動
  • リトルシニア・ボーイズ・クラブサッカー・ラグビーなどを志向する小中学生は岩手県でも増えている小学生までに各種武道やフェンシング・競技スキー・ゴルフ・ダンスなどと出会い、期待される青少年たちも存在。中学生になると求められる「部活との両立」断念させていないだろうか?体操部だった岩渕麗楽選手〜部活加入を強いられ、お父さんの思いつき「体操部だったらスノボに活かせるかも…」本人談「空中回転の恐怖心がもともと [続きを読む]
  • 実働負担が厳しい保護者も…岩手県の中学部活
  • 部活が強制されるだけならともかく父母会練習やスポ少活動まで事実上強制されてしまう風潮・練習試合は保護者に接待されるのが当然? 相手チームの顧問やコーチに食事提供やお茶出しetc・現地集合現地解散がアタリマエということも 2時間かかろうが3時間かかろうが他県だろうが…部活やスポ少で実働負担が厳しい保護者も…・保護者の職業は千差万別、Wワークの人も… ㈪〜㈮&9時〜5時の人ばかりでは無い…・幼少児や要介護高 [続きを読む]
  • 父母会が長時間練習を支える吹奏楽部
  • すべての吹奏楽部がこうだとは言いませんが…父母会が率先しているのかもしれないけど(そうだとしてもコレを学校長が黙認していて良いのか?)従来の岩手県休養日ルールすら有名無実化していたり…他県では顧問の先生が名ばかりの社会活動団体を立ちあげて長時間練習を続けていたり…いずれも今に始まったことではありません。ですが、ガイドラインが実施された地域で模倣され始めています、ガイドラインを逃れるために…(くらし☆ [続きを読む]
  • 父母会練習・中学生スポ少は本来的な地域連携なのか?
  • 今年3月にスポーツ庁が策定した運動部ガイドラインだけでなく近年の学習指導要領や部活動に関連する文科省通達などで地域のスポーツ団体・文化団体と連携した部活動運営・部活動指導というフレーズが繰り返されている。先生方の負担軽減と専門的指導を企図して指導者の派遣を受けたり練習の全般なり一部なりを委ねたりということがイメージされているものであろうと思う。ところが岩手県で具体化しているのは部活動と表裏一体の組 [続きを読む]
  • 部活が強制・父母会スポ少も半強制そして求められる親の実働負担
  • ほとんどの中学のほとんどの運動部、そして一部の吹奏楽部に父母会練習・中学生スポ少というスキームが連動している岩手県、学校として強制しているのは部活だけだとは言われるけど保護者間・生徒間で同調圧力は無いの?顧問の先生はともかく外部指導者はどうなの?顧問の先生が保護者や外部指導者に言われるままに父母会・スポ少にまで顔を出していたりということも。運動部しか無い学校、文化部が有っても吹部だけでしかも女生徒 [続きを読む]
  • 生徒会則で部活全員加入って発案したのダレ?広めたのドコ?
  • どうして「岩手県の中学校は生徒全員に部活動加入を強いるのか」誰に聞いてもドコに聞いても「県や市町村の教育委員会が指示したものではない」とか「強制するかどうかを各学校長に委ねられている」という納得のいかないことぐらいしか教えてもらえない。岩手県中学校教育五十年史なる書籍によれば…学習指導要領は中学生のクラブ活動が昭和44年改定で必修クラブと部活動との二本立てになる以前は「クラブ活動に全校生徒が参加でき [続きを読む]
  • わたし☆まちフォーラムinいわて2018でプレゼン
  • 先日、参加したシンポジウム「わたし☆まちフォーラムinいわて2018」でプレゼンしたパワポスライドをUPします。全16ページはダウンロードして御覧ください。「_1.ppt」をダウンロード岩手県ローカルルールの部活動全員加入をガイドラインの実施に併せて撤廃すべきだと持論を展開しています。反論したい方がたくさんおられることと思います。コメントお寄せください。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • わたし☆まちフォーラムinいわて2018に招かれてます
  • 9月22日(土)、岩手地域総合研究所主催「わたし☆まちフォーラムinいわて2018」にお招きいただいています。 今年のテーマは、現在策定作業中の「岩手県次期総合計画」ということですが、子育て・教育の分科会で中学校の部活動について話題提供するのが私へのオーダー。学習指導要領の今次改定でどう変わるのかを15分で話せということのようだけど、部活動は大きな変化は無いはずなので、部活動で近年顕在化した諸々の問題点や [続きを読む]
  • 開催リポート:第4回部活動のあり方を考え語り合う研究集会in岩手
  • このブログでも複数回お知らせしていた「部活動のあり方を考え語り合う研究集会in岩手」が8月5日(日)に予定通り開催され、私もスタッフ的な役割をしながら参加してきた。日本部活動学会長でもある学習院大学文学部教育学科長沼豊教授が学会立ち上げ以前から継続的に開催してきた研究集会の開催地を岩手県に選んだものである。 当初は東北地方の部活事情を先生方から発表していただいて、長沼教授を交えたパネルディスカッションを [続きを読む]
  • 岩手県版部活動ガイドラインの学校外活動への配慮って何なん?
  • 岩手県版部活動ガイドラインに書かれた「学校外のスポーツ活動や文化的活動に取り組む生徒に配慮した取組を推進する」とは具体的どのような取組を各学校に求めるものなのか、全員加入制を撤廃させないのか、岩手県教委に質問したら内容はともかく早々にレスポンス良くお返事をいただいた。 中学校における部活動は、地域や生徒の実情に応じて、各学校長及び設置者である市町村教育委員会において、その在り方について設定している [続きを読む]
  • 部活動のあり方を考え語り合う研究集会 in岩手まであと20日ほど
  • 「部活動のあり方を考え語り合う研究集会 in岩手」まであと20日ほどとなった。部活動ガイドラインは開催地岩手県でも練習時間を平日2時間、休日3時間に制限し休養日を毎週平日1日と土日どちらか1日の計2日に拡大する県版ガイドラインが策定されたところだが、市町村版ガイドラインを策定して各学校に通知し、さらに各学校版ガイドラインを策定して生徒や保護者に説明してから実施されることになるから、猛暑が予想されていると [続きを読む]
  • どうなる一関市の中学部活ガイドライン
  • 新聞紙面が甲子園一色になる時節が近いが、中学高校の部活動は大きな変革を迫られてもいる。 岩手県教委が6月に策定した部活動のガイドラインは3月にスポーツ庁が策定したガイドラインよりも踏み込まれたものになっている。岩手県内のほとんどの中学の運動部と一部の音楽系文化部にある育成会活動や父母会練習という枠組み(しかも大半はスポーツ少年団に登録しているほか、一部は総合型地域スポーツクラブに登録している)での練 [続きを読む]
  • 一関市の中学部活、そして岩手県の部活動ガイドライン
  • 今年の6月は一関市議会で中学部活に関する質疑が有ったり、岩手県教委で部活動ガイドラインが決まったりと、中高生の部活動に新たな懸念と希望との両方を感じた月であった。まず一関市議会の質疑から紹介したい。 市議会で中学部活の開設数、育成会活動や父母会練習と呼ばれている「闇部活」(オイラの勝手な呼称)の活動について質問に教育長先生の御答弁…・市内の中学の部活の総数、運動部が127、文化部が27、合計154。 [続きを読む]
  • 岩手県はこうしたら〜 中学校の部活動ガイドライン
  • 3月にスポ庁が制定した部活動ガイドラインって岩手県教委で止まってて市町村教委や各中学校には下りてないらしいじゃん、もしかして今まで月2回だった日曜練習禁止を毎週土日どちらか休みにしなければならないとか、父母会やスポ少の練習も含めて抑制しなけりゃないとかで、困ってんじゃないの?父母会とかスポ少とかが抑制してくれるわけないじゃんかぁ、学校に部活のほうで大ナタ振るわせるしかないと思うよ〜。だからサ、こう [続きを読む]
  • 部活動ガイドライン〜岩手県の対応は?
  •  まもなく5月も終わる。スポ庁が3月に全国通知した部活動ガイドラインを早々に市町村や各学校に落とし込みした都道府県もいくつか有るようだが、岩手県教委からはまだなんのお沙汰も無いらしい。6月半ばには中総体地区大会、期末テストを挟んで7月には県大会が有る。各学校で具体的に対応させるのは2学期にしようとしているのか、はたまた、来年度からなのか? ガイドラインには将来的な地域移行を検討せよとも謳っているから、 [続きを読む]
  • 卓球部人口が増え、ゆるスポ化する高校って…
  •  5/7㈪、岩手教育会館のこけら落としで行われた名古屋大内田良准教授講演会を聴講。内田准教授の講演は2月に陸前高田市で行われた岩手民主教育フォーラムで、3月に学習院大学で行われた日本部活動学会年次大会で、聴講しているので、新しい内容としては内田准教授が調査された部活顧問就任の任意度ぐらいだったと思う。ちなみに中学教員の半数程度はできれば部活顧問をやりたくないという思いでおられ、積極的に部活顧問をや [続きを読む]
  • 中学の部活なくなる?地域クラブとの一体化、自民提言
  •  従来の運動部を引き継ぐとすればスポーツ少年団だろう。中学生スポ少が組成されて学校部活と同一メンバーで延長練習・夜間練習・休日練習をしている地域は少なくない。中学生スポ少と名乗らず部活動育成会とか保護者会練習という呼称で同様の活動をしている地域も多い。 岩手県ではほとんどの中学校のほとんどの運動部に中学生スポ少か育成会活動か保護者会練習が連動組成されていて、県教委が定めている部活休養日(平日週1と第 [続きを読む]