スイス情報.com さん プロフィール

  •  
スイス情報.comさん: スイス情報ポータルサイト・スイス情報.com
ハンドル名スイス情報.com さん
ブログタイトルスイス情報ポータルサイト・スイス情報.com
ブログURLhttps://ameblo.jp/swissjoho/
サイト紹介文スイス在住の日本人が集合して様々なスイス情報を発信しています!
自由文スイスの旅行・観光・結婚式・移住・留学・不動産・プライベートバンク等のサポート情報を無料でご提供しています。


がんばれ、日本!
スイスから日本人を豊かにします。

活動詳細はこちらをご覧ください!
https://www.facebook.com/SwissJoho/info

・無料メールマガジン登録ページ
http://bit.ly/TheSwissReport

・公式FBページ
https://www.facebook.com/SwissJoho
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供450回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2013/04/23 08:00

スイス情報.com さんのブログ記事

  • 雨で輝きを増すクリスマスマーケット
  • こんにちはブログ担当のナツです。今年のスイスは深刻な水不足で、庭の芝刈り機の出番は、ほんの数回しかありませんでした。当然ながら、近隣を流れるライン川(Rhein)の水量も少ないため、クルージングの運航を、現在も見合わせている区間があるようですね。そんな中で、先週は恵みの雨が続いた一週間でした。週末になると、スイス北東部シャフハウゼン州郊外のタインゲン(Thayngen,Schaffhausen)では、年に一度の小さなクリスマス [続きを読む]
  • 女は必ず心変わりするの⁉ オペラハウスで
  • こんにちはブログ担当のちほです。冬の風物詩クリスマスマーケット、12月には各地で開催されています。夜に灯りがともると、さらにいい雰囲気に。 チューリッヒ(Zürich)のゼクセロイテン広場(Sechseläutenplatz)、こちらのクリスマスマーケットも然り そして、目の前に建つオペラハウスもクリスマス仕様にライトアップされていましたさて、そのオペラハウスで鑑賞した演目はモーツァルト(Mozart)作曲、ロレンツォ・ダ・ポンテ( [続きを読む]
  • 世界一の珈琲が飲める場所は?
  • こんにちはブログ担当のマキコです。先日、嬉しいニュースが飛び込んできました。なんと、スイス代表として日本人女性が、ブラジルで開催されたコーヒーの抽出を競う大会で、世界チャンピオンに輝いたのだとか素晴らしい腕前をお持ちの方なのですね、おめでとうございます。そんな嬉しいニュースを目にした後、私と息子はチューリッヒ中央駅のクリスマスマーケットを見学し、 運動がてらにチューリッヒ駅のお隣、ハルトブリュッケ( [続きを読む]
  • #035【現実とファンタジーの狭間で】
  • ◆スイス在住ママの独り言 #035◆ こんにちはブログ担当のちほです。もうすぐクリスマススイスでもこの季節はあちらこちらに装飾が施され、街も輝いて見えます。 日本でクリスマスといえばサンタクロースを思い浮かべますが、皆さんはサンタクロースを何歳まで信じていましたかじつは、スイスでは12月6日がサンタクロースのモデルとなったと言われている「聖ニコラウスの日(独:Nikolaus)」 その言い伝えは諸説ありますが、ここ [続きを読む]
  • トレンディーな「イム・ヴィアドゥクト」にお寿司屋さん
  • こんにちは!ブログ担当のマキコです。もうすぐ冬至寒さがますます厳しくなりますが、この時期になると、幼い頃、ゆず湯に入って皮膚がピリピリしていたことを思い出します。さて、話題は変わりますが、 先日、知人から美味しいお寿司屋があると聞き、さっそく行ってきました。 場所は、トレンド発祥の地といっても過言ではない、おしゃれな雰囲気の「イム・ヴィアドゥクト(IM VIADUKT)」。チューリッヒ州・ハルトブリュッケ(Hard [続きを読む]
  • クリスマスクッキーが焼きあがりました
  • こんにちはブログ担当のナツです。12月になると大量のクッキーを焼き、 家族で食べたり、来客に振る舞ったり、プレゼントとして包んだりするのが、スイスの慣わしです。 わが家でも先日、バター1.25kgに小麦粉2kg等を使って、クリスマスクッキーを焼きました。 1日目は、生地作りをして冷蔵庫へ。2日目は、マイレンダリ (Mailänderli)と呼ばれるスイスでもポピュラーな定番クッキーおよそ300枚を焼き、子どもとそのひとつひとつに [続きを読む]
  • どうしたものか、愛しの唐辛子
  • こんにちはブログ担当のナツです。秋も深まり、冬になり、凍える寒さのなかベランダに残されたのは、唐辛子のプランター。辛い食べ物が大好きなわたしは、おなじ辛党仲間から譲りうけた唐辛子の苗を大切に栽培し、 今年もたわわに実った2種類の唐辛子。 いつもなら順調に消費し、残った唐辛子は嬉々としてピクルス漬けにするのですが、 今年ばかりはどうしても、胃腸の調子が悪いのを考慮して、断念。唐辛子を食べることは、ほとん [続きを読む]
  • 冬野菜、ロマネスコでチーズフォンデュ
  • こんにちはブログ担当のマキコです。クリスマスシーズンの現在、週末ともなると家族で集まったり、友人と会食したり忙しくなりますよね。先日、私たち家族も義理の両親を我が家に招き、一緒にランチを食べました。 この時期、人数が揃うと食べたくなるものは、やはりチーズフォンデュがラクレット。と言うわけでこの日は、みんなでチーズフォンデュを囲み、冬の家族団欒を楽しむことに 通常、我が家ではフォンデュを食べる際、パ [続きを読む]
  • お一人様用チーズフォンデュ
  • こんにちはブログ担当のマキコです。冬に食べたいスイス料理といえば、チーズフォンデュラクレット派の方も多いですが、トロトロのチーズをパンにつけて、食卓を囲むのは良いものですよね。 今回はちょっとだけチーズフォンデュを楽しむべくスーパーマーケット・ミグロ(Migros)で販売している 「スイス・スタイル ミニフォンデュ(Swiss-Style Mini Fondue)200g」を購入しました。 お値段も3.85フランとお手頃価格ですので、少しだ [続きを読む]
  • 幼稚園児が得意げに語る、サン・二コラ
  • こんにちはブログ担当のシバの母さんです。 スイスのフリブール州(Fribourg)はカトリック教徒が多く、 州都のフリブールの守護聖人が聖二コラ(サン・二コラSaint-Nicolas/仏語)。 サン・二コラはサンタクロースのモデルとなった聖人で、子どもの守護聖人と言われています。 そして子どもたちが楽しみにしているのが、12月6日のサン・二コラの日の前後の週末にフリブール州の各地で行われるサン・二コラ祭。 先日の日曜日、グ [続きを読む]
  • 黄色ベスト運動の日にリヨンへ
  • こんにちはブログ担当のシバの母さんです。 先日、むかし日本でも大人気だったフレンチポップス歌手、シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)のコンサートを観に フランスのリヨン(Lyon)に行ってきました。 その一週間前の土曜日が先ごろニュースになっていた、ジレ・ジョーヌ(黄色ベスト)運動でフランス中の高速道路がブロックされ通行できなかった日。最悪の場合は電車かと心配しましたが、当日はパリに結集ということで高 [続きを読む]
  • 森のレストランで食べた、東スイス発祥の絶品スープ
  • こんにちはブログ担当のナツです。秋も深まってきた先月末の日曜日、森の中にある噂のとある小さなレストランに行ってきました。場所は、スイス北東部のシャフハウゼン州ビュッテンハルト(Büttenhardt,Schaffhausen)にある「フェリエンハイム&バイツ(Ferienheim & Beiz)」。 ちなみに、バイツ(Beiz)はスイスドイツ語で「レストラン」、また「軽食の」という意味にもなります。開店時間は木曜日から日曜日の11時から18時まで。レ [続きを読む]
  • #034【夫の幼少期を振り返った週末】
  • ◆スイス在住ママの独り言 #034◆毎週日曜日に配信する、ブログスタッフによる独り言。 今週は、スイス北西部からお届けいたしますこんにちはブログ担当のマキコです。チューリッヒ(Zürich)の街もクリスマスの装飾が施され、クリスマスムードが漂う季節になってきました。寒さは増しますが、気分は盛り上がる時期でもありますよね。そんな中、今月は義理の両親も色々と忙しくなるという事で、 11月の週末を利用し、家族でのんび [続きを読む]
  • 雰囲気抜群の夜景とピアノの夕べ
  • こんにちはブログ担当のちほです。秋晴れの日々が過ぎ去り、本格的寒さが訪れつつあるスイス。さて、そんなどんよりとした秋の終わりを感じる日、ルツェルン(Luzern)の「秋のピアノ音楽祭(PIANO-FESTIVAL)」へ出かけてきました 会場はルツェルン駅に隣接する「ルツェルン・カルチャーコングレスセンター(KKL)」 この日はサー・アンドラーシュ・シフ氏(Sir András Schiff)によるピアノコンサートが行われました。 とてもモダンな造 [続きを読む]
  • 60年以上持つ、外壁素材
  • こんにちはブログ担当のシバの母さんです。 先月の終わり、フランス人の友人のバースデーパーティーに呼ばれ、 スイス国境からそう遠くないフランスの小さな村、アルク・スー・シコン(Arc-sous-Cicon)に行ってきました。 そこには彼の義妹夫婦の経営する民宿があり、警察官の夫と小学校教師の妻が週末とバカンス期だけ営業しています。 この民宿、その地方の伝統的な造りの民家ということで、先ずは友人の義妹からこの地方と [続きを読む]
  • どの国も未承認、だけど美味しいソーセージの共和国
  • こんにちはブログ担当のシバの母さんです。 スイス北西部にあるフランスのフランシュコンテ地方(Franche-Conté)に、 ソジェ共和国(République du Saugeais)という小さな国があります。 と言ってもどこからも承認されていない未承認国家、内実フランスの小さな自治体なのです が、国歌も大統領も存在し、形ばかりの国境もあるんですよ。 その国境ゲートそばにあるのが、モルトーソーセージをはじめとする美味しい燻製製品を製 [続きを読む]
  • 年内予約がお得!サマースクール渡航同行付きツアー
  • こんにちはブログ担当のナツです。本年度もいよいよ終盤を迎え、そろそろ来年に向けて、 お子様のスイスでの短期語学留学プログラムを計画されていませんか?弊社の留学部門では3才から18才のお子様を対象とした、2019年度のサマースクールのご予約を開始致しました。なお、人気の学校のプログラムに関しましては、 年内でのご予約で日本人枠が埋まってしまう可能性がありますので、お早めにご相談ください。2019年度の各学校のサ [続きを読む]
  • カリカリジューシーな唐揚げ弁当
  • こんにちはブログ担当のマキコです。突然ですが、皆さんは自宅で揚げ物料理をしますか私は、フライドポテトも唐揚げもオーブンで作るので、ほとんど揚げ物料理をしません。しかし、油で揚げたアツアツジュージーな唐揚げ、とーっても美味しいんですよね。そんな唐揚げが食べたくなったら、こちらのお店もオススメですよ。 (フードトラックの中で唐揚げ弁当を作るオーナーのゆうじさん) アールガウ州・アーラウ(Aarau, Aargau)の街 [続きを読む]
  • 大人のための、アドベントカレンダー
  • こんにちはブログ担当のシバの母さんです。 クリスマスが近づくと、スーパーマーケットに並ぶのがアドベントカレンダー。 12月1日からクリスマスまで、日付のついた扉の中にチョコレートが入っていて、 子どもたちが毎日一個づつ開けクリスマスを待つ、楽しいカレンダーです。 子どもがいない我が家でも、チョコレート好きの夫が子どもの頃の習慣が懐かしいと、毎年購入していましたが、 昨年コープ(スイスの2大スーパーマーケ [続きを読む]
  • 世界まる見え!テレビ特捜部にて放送されました
  • こんにちはブログ担当のナツです。昨日放送された、日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」の 「世界はマジで不思議なことだらけ ウソかマコトか2時間SP 」をご覧になりましたでしょうか実は、弊社スイス情報.comで撮影された動画が番組内で放送されたのですが、 どの場面だったのか、おわかりになりましたか見逃してしまった方も、見たよ〜という方も、 ぜひ「スイスの不思議な現象」をこちらの動画にてご覧ください。スイス発 [続きを読む]
  • 蒔いたのは、これじゃない
  • こんにちはブログ担当のシバの母さんです。 レマン湖(Lac Léman)の畔に、ジャズフェスティバルで有名なモントルー(Montreux)という街があります。 そのモントルー周辺の野山には、5月になると雪が結ったように一面を白く埋め尽くす、「5月の雪」と呼ばれるナルシスが自生。 毎年多くの人がハイキングを楽しみ、片手ほどの花を持ち帰る姿が見られます。 私もナルシスに魅せられた一人で、自宅のベランダでも咲かせてみたいと [続きを読む]
  • 11/29までの限定割引!便利なSIMカード
  • みなさん、こんにちは 11月も終わりに近づき、いよいよ冬支度。 年の瀬が近づいてきた 今日この頃ですが、そろそろ年末年始に向けて、 日本のご家族と一緒に、故郷で過ごすことを楽しみにされていらっしゃる方も、多いのではないでしょうか。 そこで、里帰り中も何かと便利に使いたいのが、携帯電話。 懐かしい友人との待ち合わせや、家族との連絡手段にも、今や欠かせない存在ですね。 スイスで契約している携帯電話を、日本でそ [続きを読む]
  • #033【隣人からのSOS】
  • ◆スイス在住ママの独り言 #033◆ こんにちはブログ担当のナツです。先日のある日のこと。 子どもがお昼休憩に学校から帰宅し、食事を済ませ、宿題を終え、のんびりしていると玄関のチャイムが鳴りました。こんな時は、子どものお友達が遊びに来たか、もしくはご近所さんがちょいと寄りに来たのだと勝手に思いこみ、 子どもに対応をお願いし、わたしはベランダで片付けの続きをしていました。 スイスでは日本に居た頃よりも、ご近 [続きを読む]