みいちゃん さん プロフィール

  •  
みいちゃんさん: ♪まずは自分のココロを救おう♪
ハンドル名みいちゃん さん
ブログタイトル♪まずは自分のココロを救おう♪
ブログURLhttps://ameblo.jp/miichanshiawase/
サイト紹介文幼少期の両親との関係が、現在の状況を決めていきます。
自由文このブログは、心の矛盾をしり、本当の自分の本音をしり、自分の感じ方を大事に生きていこう!というブログです。

幼少期で受けた体験が、
心というものに興味を持つようになりました。

特に、父親、母親とのかかわりにおいて、自分の考え方や思い込みというのが決まるということが私を不幸にもしましたが、それは同時に、「心」に対する探究心を掻き立てることにもなりました。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供524回 / 365日(平均10.0回/週) - 参加 2013/04/23 18:00

みいちゃん さんのブログ記事

  • 制限ゲームから新しいゲームに移行するのはこんな感じで始まりました
  • 言葉が適切かどうかは分かりませんが、制限ゲームから新しいゲームに移行するのは、私の中の感覚では、「無条件に降参する」という感じがします。もう(肉体である)わたしの力では、解決はできません。ゼロです。あとは、もう好きにしてください、というような感じ。 その後計らってくれるのは、本当のわたし、つまり、肉体のわたしを創った存在です。 そして、あのね、実は、これらはね、すべて、作り話だったんだよ。と、種明か [続きを読む]
  • 虚栄心や見栄
  • 今、自分が気になることや、降りかかる出来事、興味があること、というのは、すべて、そこに「制限」「制約」の元があるよ、これを解放していきましょう、というサインなので、注意深く見るようにしています。 このところ、虚勢を張ったり、見栄を張っている人のことが気になるので、これは、自分の中にあるそれらの心を解放するサインと受け取っています。私の中には、この心が相当強く深くはびこっているようで、もう何か月も解 [続きを読む]
  • エイブラハムの教えについて
  • 私は、引き寄せの法則の教えを主に、エイブラハムの本やDVDで学びました。エイブラハムの教えは、引き寄せの法則をより深く知りたい、という私の願望をすごくたくさん叶えてくれました。エイブラハムの教えの中には、真実もたくさんあります。実際、制限や困難なども含めて、見えない世界のわたしがそれを体験することを望んだ、とも教えてくれました。 しかし、肝心なのは、制限ゲームをやっている「肉体のわたし」の状態で、その [続きを読む]
  • 制限ゲームは実によくできたゲーム
  • 制限ゲームというのは、実によくできたゲームで、人類は、実に様々なものを生み出してきました。限りがある、限度がある、限界がある、という「幻想」の中で、たくさん努力してきました。大半の人生がそうであったように、制限ゲームの中で、いかにして努力して、交渉して、知恵を出して事を成し遂げていこうかと、生きてきました。知恵を出す、ノウハウを得る、習得する、研究し発見する、人格を磨くなど、いろいろありますが、そ [続きを読む]
  • マイナスの感情ばかりでいると悪いことが起こる、というのはくせ者な考え
  • マイナスの感情ばかり考えていると、悪いことが起きる、というのは、ちょっとくせ者な考えです。マイナスの感情になる、というのは、そこに「観念」があります。それは、制限ゲームを十分に堪能できるように創り出されたものです。だけど、それを十分に感じきると、不思議なことに、それらが解除されていきます。だけど、解除されると、困ったことが起こるわけです。何が起こるのかというと、解除されると、十二分に制限ゲームがで [続きを読む]
  • ポジティブ思考を続けるのは逆効果
  • ポジティブ思考を続けるのは、逆効果になります。つまり、引き寄せの法則で伝える「幸せになる方法」は、結果的に、制限、制約を強めてしまうことになります。ポジティブを貫こうとすることは、今私のいる世界は、「制限」だらけです、と語っているのと同じなのです。本来の世界は、引き寄せの法則を意識的に使ってアファメーションなどをする必要などありません。マイナスがある、と認識しているから、こうありたい、ああなりたい [続きを読む]
  • どうして引き寄せの法則を活用しても、幸せになれないのか? 4
  • ネガティブと呼ばれる観念を創った、真の犯人。 それは、「あなたという肉体を創った存在」です。つまり、地球に生まれる前に、あなたという肉体を創った存在です。「意識」です。「本来のあなた」のことです。「本来のあなた」が、ネガティブだと言われる観念を創ったのです。いかがですか?信じられますか? では、どうして「本来のあなた」が、わざわざ苦しみを与えるような「ネガティブな観念」を創ったのでしょうか。 そもそ [続きを読む]
  • どうして引き寄せの法則を活用しても、幸せになれないのか? 3
  • では次に、引き寄せの法則に興味を持つ理由について考えてみましょう。引き寄せの法則に興味を持つ理由は、表向き、どんなに前向きなことばを使っていたとしても、背景にあるのは、「望まないこと」「ネガティブなこと」です。望まないことやネガティブなことがあるから願望が生まれます。そしてその願望を、引き寄せの法則を意図的に活用して叶えようとするのですね。 この「望まないこと」「ネガティブなこと」というのは、どの [続きを読む]
  • どうして引き寄せの法則を活用しても、幸せになれないのか? 2
  • 「引き寄せの法則では幸せになれない」ことを受け入れるのは、決して簡単なことではありません。私は4年かかりました。 これを理解するには、いくつかのハードルがあります。一つ目のハードルは、今現在、見えて聞こえて触れて味わえて、、という世界が、本当の世界ではなく、意識によって創られた世界だということを受け入れる、ということです。二つ目のハードルは、私たちは、「制限」「制約」「限界」「無力」というものを体 [続きを読む]
  • どうして引き寄せの法則を活用しても、幸せになれないのか? 1
  • 引き寄せの法則を学び、学んだことをシェアするのが、大好きだった私にとって、「引き寄せの法則を学び、実践しても幸せにはなれない」と、少しづつ気づき始めたときが、一番ショックで絶対に信じたくありませんでした。このことを受け入れるのに、4年かかりました。しかし今では、そんな感情はまったくなくて、むしろ喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。すると、引き寄せの法則を学び、実践しても、決して幸せになれない理由を、 [続きを読む]
  • 結局突き詰めれば、限界、制限、無力、無能、無知などに突き当たる
  • 今日の気づきをシェアそして、書いておきます。 結局突き詰めれば、限界、制限、無力、無能、無知などに突き当たる。 あら、なんとも暗いタイトルですね^^ でも、いいんです。このブログは、「制限ゲームから自らの力を取り戻す過程を綴ったブログ」ですから。 制限ゲームのゴールは、限界、制限、無力、無能、無知など。どんな人でも、どんな身分の人であっても、制限ゲームをやっている人はみな一緒だと思います。制限ゲームで [続きを読む]
  • すべてはつくりもの。
  • 何のために生きているんだろう。こんなつらくて苦しいことばかりして、努力したって報われないし、本当に生きていて何になるんだろう。 小学生のころからずっとそう思ってきた。 その思いがずっと根底にあって、何を頑張っても、こんなことして何になるんだろう、と、ばかばかしく思えることも多かった。 でも、こういう思いは消さないといけないと思っていて、そっちの方向へ行かないように努力をしてきたつもりだった。 こう思わ [続きを読む]
  • どんな人生を歩んできたとしても・・・
  • どんな人生を歩んできたとしても、その人生は、本当の「あなた」がシナリオを書き、自分が体験したいことがばっちりできるように設定してきました。 それがたとえつらくて苦しくて不幸だと思う人生であったとしても。 あなたが、そのことを受け入れて、あなたの真の姿を受けいれて、真のあなたに対してたくさんの感謝や賞賛の思いを与えてあげてください。 そのことを本当に受け入れるのには時間がかかることも知っておいてほしい [続きを読む]
  • 軽蔑から解放されるには
  • 今日の気づきを書いておこうと思います。 人からひどい仕打ちを受けたり、いじめを受けたり、軽蔑されたり、というのは、どんな理由があろうとも、自分が自分のことを軽蔑したり、いじめているからなのです。 制限やつらい状況になる、というのは、あらかじめ「仕込み」があって出来上がることです。それは、本来のわたしとまったく逆の「自分」を体験するために作られたもの。でっちあげも甚だしい偽物です。つまり、自らが作った [続きを読む]
  • だめだ、どうせうまくいかない、は、大成功!
  • どうせうまくいかない。 そう思い込むことは、大正解、大成功でした。 本来の「私」はそう言っていることでしょう。 なぜなら、そう思い込んでもらうように、本当なら、絶対にありえない、でっち上げを、真実だと思ってもらえるために、自分の能力を使って、 どうせうまくいかない。 などと、無力感がでるようにしたのですから。 たとえ、この真実に気づけても、長年そう思ってきたのだから、すぐには転換できません。信じることは [続きを読む]
  • 無能キャラ
  • 私は、自分の無能なところが嫌いで、人に知られたくないと、思っていた。その無能ぶりが、作りもので、しかも作者が、本質のわたしだったとは?全部作りもので、全部私の力。作品。たくさんのキャラをつくることで、自分の力を分散させていたとは。無能キャラを嫌うと、それがさらにリアルで本物だと信じ込んでしまう。とりあえず、これは私の作りものらしい、と、無能キャラを眺めてみようと思う。 [続きを読む]
  • 制限ある存在を決定付ける、お金という存在
  • お金は、制限という思いを強めるためにあった。そして、この世にあるものが全て本物で真実だと信じこみ、お金で制限された世界に、自分の力をたくさん使ってきた。これでもか、これでもか、と言わんばかりに、深く深く思い込ませた。ちょっとやそっとでは、揺らがないくらいに、深く深く思い込ませた。そして、お金がなく、みじめな私というでっち上げを作り上げた。お金は、決定的に、無力だと思い込ませる道具。なんて素晴らしい [続きを読む]
  • お金は
  • お金は、私が、私たちが、制限ゲームを満喫するためにつくられた、素晴らしい創造物。お金の功績は、私は無力で制限ある存在だと、深く深く思い込ませたことにある。お金がない、足りない、稼げないと思う度に、無力だと思い込ませることができる。お金という存在が、無力だと思い込ませるのを、加速させた。だけどこれは、想定内でしかも、意図していたんだ。人間ゲームは、本当に本当に素晴らしい?あり得ない嘘っぱちや、でっち [続きを読む]
  • 現在のこのブログについて
  • 現在、このブログは、新しい視点から、気づいたことをただ書かせてもらっています。新しい視点というのは、「ザ・マネーゲームから脱出する法」に書かれてある視点のことです。ここに書かれてある方法を実践することで、今までとは全く違う、新しい視点を日々身につけています。私が気づいたことを書いている内容は、ただ自分の体験や自らの気づきによって得たものです。そのため、意味不明な表現もあるかもしれません。現時点では [続きを読む]
  • キャラ設定
  • キャラ設定。生まれてくる時に、キャラ設定をする。そのキャラが、いろんなことを体験して冒険する。私たちの本質は、そのキャラをつくる存在。そして、体験する存在。アトラクション。テレビゲームの中。お芝居の世界の中。その中で、嬉しいとか悲しいなどという体験をする。キャラ設定は、びっくりするほど、細かく、また丁寧につくられている。ただただすごい?? [続きを読む]
  • いいわるいの世界について
  • 現時点で気づいたことを書いておきたくなった。いいわるいの世界について。わるいものをつくるためにできたのが、いいもので、わるいものをつくるためにつくられた。比べる、という作業がないと、いいとかわるいなどというのは生まれない。不幸をつくるために、幸せがつくられた。うまく書けないが、幸せと不幸せは、ひとつだけが単独では存在できない。幸せになりたいと思い、幸せを追いかけている限り、絶対に幸せにはなれない。 [続きを読む]
  • 素晴らしい仕掛け
  • 一寸先は闇。人生には、まさか、という坂がある。予期しない出来事、災難、困難。これらみな、制限ゲームの特徴みたい。環境、状況に翻弄される人生。ずっとこれらを秘かに恐れながら生きる人生。自分に無限の力があるなど、思える訳がない。すごいな〜?すごい仕掛け、トリックやな〜? [続きを読む]