B767-281 さん プロフィール

  •  
B767-281さん: B767-281のブログ
ハンドル名B767-281 さん
ブログタイトルB767-281のブログ
ブログURLhttp://b767-281.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文1972年頃から撮りためてきた鉄道、あるいは航空機の写真を紹介しているサイトです。
自由文これまで撮りダメてきた鉄道、あるいは航空機の写真をそれぞれの時代に関連づけて並べると、編成の変化、形態の変化などの意味が見えてきます。このblogはそう言った目的で書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/04/24 09:35

B767-281 さんのブログ記事

  • 2018年3月の関西旅行 JR西日本編 3 大阪環状線 201系 part1東海道・山陽緩行線時代
  • 201系といえば省エネ通勤車両として1979年に電機子サイリスタチョッパ制御方式の試作車が中央線快速に登場しました。1981年から量産が開始されましたが、製造費用がかさむことが問題点となり、中央快速線、中央・総武緩行線、京阪神緩行線の3線区に1018両が投入されたに留まりました。当時の国鉄の財政事情もあり、その後の通勤電車の標準形は界磁添加励磁制御方式、軽量ステンレス車体、DT50系ボルスタレス台車の205系となりまし [続きを読む]
  • 2018年3月の関西旅行 JR西日本編 3 大阪環状線 323系
  • 2018年3月の関西旅行、JR西日本の電車、今回は大阪環状線の323系です。大阪環状線といえば、拙Blogではまだ継続中の大阪環状線の103系シリーズがありますが、今回は新しい方から参ります。 2018/3/25 野田 323系 LS01編成大阪環状線は従来から103系、201系といった4扉通勤車と221系、223系、225系といった3扉近郊形が走っており、整列乗車を促進し、4扉車を置き換える方向で導入されているのが323系3扉通勤車です。2016年6月24日 [続きを読む]
  • 2018年3月の関西旅行 JR西日本編 2 阪和線・羽衣支線 225系5100番台
  • 阪和線には鳳から分岐し、東羽衣まで1駅営業キロ1.7kmの羽衣支線があります。この線にも、2018年3月17日のダイヤ改正から225系5100番台が投入されています。この線は1929年7月18日、阪和電気鉄道により阪和天王寺〜和泉府中間が開業した時に鳳〜阪和浜寺間が同時に開業しました。当初から全線複線電化でした。1944年8月1日、羽衣支線は単線化されます。戦争による鉄の供出だったのでしょう。1974年8月31日、鳳〜東羽衣間は高架化さ [続きを読む]
  • 2018年3月の関西旅行 JR西日本編 1 阪和線 223系2500番台
  • 223系は0番台が登場した後、東海道・山陽本線系の新快速の最高速度を130km/hに上げる目的で1995年8月12日から1000番台が登場、その増備として1999年から2008年にかけて2000番台が製造されました。 2500番台は昨日の記事にあるように1995年5月の0番台編成組み替えで不足する先頭車の補充用として1次車4両が製造され、その後2007年2月から5連、3連の新規編成が投入されました。表 223系0番台・2500番台編成表この表のように先頭車が [続きを読む]
  • 2018年3月の関西旅行 JR西日本編 1 阪和線 223系0番台
  • 2018年3月の関西旅行、阪和線の車両、今回は223系0番台です。223系は225系のひとつ前の世代の直流近郊形電車で1993年から2008年までの間に927両が製造され、JR西日本のアーバンネットワークに投入されました。その中で阪和線・関西空港線・大阪環状線に投入されているのが0番台・2500番台です。2008/2/26 和歌山 3連時代の223系0番台20m車体に片側3扉、転換クロスシートといった構成は221系を引き継いだもので、207系で採用され [続きを読む]
  • 2018年3月の関西旅行 JR西日本編 1 阪和線 225系5100番台
  • 昨日の225系5000番台の2次車として2016年から2017年にかけて製造されたのが5100番台です。5000番台が4連のみであったのに対して5100番台は6連と4連が製造されました。2016/9/3 和歌山電留線で並ぶ225系5102(左)と5011(右) 前頭部のデザインの違いがよく分かります。                 < >             <6連 クモハ224 モハ224 モハ225 モハ224 モハ224 クモハ22P5    SC [続きを読む]
  • 2018年3月の関西旅行 JR西日本編 1 阪和線 225系5000番台
  • 思い返すと2018年3月の関西旅行は3/23 南海、水間鉄道3/24 近鉄3/25 JR阪和線、大阪環状線  といった行動パターンでした。ということで今回からはJR西日本大阪地区の話題です。2019年3月16日のダイヤ改正ではJR京都線・神戸線の新快速に有料座席サービスAシートの導入JR神戸線の通勤特急「らくラクはりま」の新設和歌山線・桜井線に227系の新規導入、これによって117系や105系が終焉におおさか東線(新大阪〜放出間)が開業、 [続きを読む]
  • 41年ぶりの身延線甲府〜富士間の旅 その6 41年間の変化
  • 8回に渡り、1977年9月の身延線の旅で撮影した電機、旧形国電の写真等を紹介して来ましたが、あれから41年の間に身延線がどう変わったかについて最後に触れたく思います。 1977/9/23 道源寺グリーン車2両が連結された113系フル編成が通過するシーン西富士宮付近の留置線に停められていた編成が本線運用に復帰するシーンだったのでしょうか?まず、施設に関してですが、身延線と言えば創臨と呼ばれた創価学会関連の団体臨時列車が有 [続きを読む]
  • 41年ぶりの身延線甲府〜富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クハ55
  • 1977年9月の旅で撮影した身延線の旧形国電、今回はクハ55です。 1977/9/23 身延クハ55形は国鉄40系として分類される1932年から1943年にかけて鉄道省が製造した車体長20m級3扉ロングシート車で、モハ40形 三等制御電動車 両運転台 40001-40080モハ41形 三等制御電動車 片運転台 41001-41055クハ55形 三等制御車 片運転台 55001-55096サロハ56形 二等三等付随車 56001-56013サハ57形 三等付随車 57001-57047モハ60形  [続きを読む]
  • 41年ぶりの身延線甲府〜富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クハ47
  • 身延線で活躍する車両、今回からは電車編です。現在はかつて165系などが使用された急行「富士川」が特急「ふじがわ」となり、373系が使用されており、ローカル列車には313系3000番台、3100番台、2300番台、2500番台(211系6000番台と併結:西富士宮〜富士間と東海道本線直通)が使用されているようです。1977年9月の旅ではいろいろな形態の旧形国電に出会いました。1977/9/23 撮影場所不明 クハ47最初は32系に分類されるクハ47形 [続きを読む]
  • 41年ぶりの身延線甲府〜富士間の旅 その4 身延線貨物とEF15
  • 身延線貨物機の話題、今回はEF15です。 1977/9/23 身延 EF15 4所謂、「福米型」として1951年から1952年にかけて奥羽本線福島-米沢間直流電化用に改造された1〜12号機の中の1両で正面扉上のツララ切りが特徴 甲府機関区配置の最若番機EF15はEF10から始まったEF級貨物機の集大成として1947年から1958年まで202両が大量製造されました。旅客用のEF58とは台車、電気機器など主要部品が共通化され、旧形電気の標準型という位置づ [続きを読む]
  • 41年ぶりの身延線甲府〜富士間の旅 その3 身延線貨物とEF10
  • 1977年9月の身延線の旅では笛吹川橋梁付近と富士駅でEF10牽引の貨物列車を撮影しました。 1977/9/23 東花輪〜甲斐上野間 EF10 13号機牽引の貨物列車665レEF10は鉄道省がEF52,EF53の実績を下に基本設計はそのままで貨物牽引向けに1軸方式の先・従台車を採り入れ、1C-C1の軸配置で1934年から1942年にかけて量産した貨物用機関車でした。特に1号機から16号機まではEF53と似たリベット組立、庇付きの車体、17号機から24号機は当時 [続きを読む]
  • 41年ぶりの身延線甲府〜富士間の旅 その2 甲府駅の変貌
  • 身延線の旅、まずは甲府駅の変貌からです。現在の甲府駅からは想像ができませんが、1984年に貨物取り扱いが廃止されるまでは駅構内の北側には甲府機関区が存在し、南口ロータリーの西側には1面2線の貨物ホームや貨車仕分け線が存在しました。1977/9/23 甲府駅 跨線橋上からの眺め3番線 ホームに停車する甲府発 新宿行き 「あずさ」 183系0番台現在の「かいじ」に相当する運用 貨物列車の奥にEF64の姿も見える中央本線には東 [続きを読む]
  • 41年ぶりの身延線甲府〜富士間の旅 その1 概要
  • 明けましておめでとうございます。本年もどうか宜しくお願い致します。2018年12月15日、青春18切符を利用して、国分寺〜高尾〜甲府〜富士〜熱海〜東京〜国分寺の循環ルートで身延線全線の旅を楽しみました。身延線に関しては1977年9月23日に同じルートで身延線を全線乗車したのが最初で、その後、富士側から123系の撮影や公園保存蒸気の撮影で富士宮あたりまで乗車したことはありましたが、全線乗車は1977年9月以来となりました。1 [続きを読む]
  • 西武多摩湖線 赤電2編成の揃い踏み
  • 目撃情報によれば、2018年12月18日から3本目の赤電塗装になった1253Fが運用に入り、一方で2本目の赤電塗装1259Fは運用から外れていましたが、1259Fも12月28日から運用に復帰し、多摩湖線では赤電2本が運用に入っています。そこで12月30日、沿線を散歩しながら赤電2本が一画面に収まる場所を探してみました。2018/12/30 八坂〜萩山 1253F 6514レ当日の昼の時間帯は1253Fが萩山〜西武遊園地間往復の運用2018/12/30 萩山電留線 1 [続きを読む]
  • 2018年3/11月の関西旅行 近畿日本鉄道 その10 西信貴鋼索線車両 
  • 昨日の生駒山ケーブルに続き、今回は信貴山口と高安山を結ぶ西信貴鋼索線(西信貴ケーブル)の話題です。信貴山真言宗総本山、信貴山の毘沙門さんとして知られる信貴山朝護孫子寺は関東ではあまり馴染みがないかと思いますが、関西では初詣等で多くの参拝客で賑わうようです。かつてはここへのルートとして、近鉄生駒線信貴山下駅から信貴山駅まで東信貴鋼索線がありました。生駒線の前身の信貴生駒電気鉄道が1922年5月16日に開業 [続きを読む]
  • 2018年3/11月の関西旅行 近畿日本鉄道 その10 生駒山鋼索線車両 
  • 昨日紹介したモト97・98と同様に狭軌の養老鉄道養老線の車両が塩浜検修車庫で定期検査を受ける際に名古屋線内の牽引用にモト94・96が存在します(富吉検車区配置)。ただ、私はまだ遭遇していないので遭遇したら紹介します。今回は生駒鋼索線(生駒ケーブル)で活躍中の車両です。生駒ケーブルは鳥居前駅〜宝山寺駅間の宝山寺線と宝山寺駅〜生駒山上駅間の山上線の2区間からなり、さらに宝山寺線は2つのケーブルが単線並列で並び、宝 [続きを読む]
  • 2018年10月の関西旅行 近畿日本鉄道 その9 事業用車 モト97・98
  • 今回は2018年10月の関西旅行において橿原神宮前駅で見かけた事業用車モト97・98の話題です。2018/10/5 橿原神宮前 モト98手前とモト97奥狭軌の南大阪線の車両は橿原神宮前駅横の台車交換施設で標準軌の仮台車に履き替え、橿原線、大和八木連絡線を通り、大阪線の五位堂検車区にて検修を受けます。その際に橿原神宮前から五位堂検車区まで検査を受ける車両を牽引するのがモト97・98です。2018/10/5 橿原神宮前 五位堂からか戻り [続きを読む]
  • 2018年3月/11月の関西旅行 近畿日本鉄道 その8 けいはんな線 7020系
  • けいはんな線の長田〜生駒間は東大阪線として、沿線の宅地開発の進展で混雑が激化した近鉄奈良線のバイパス的役割を持って開業しました。一方、生駒〜学研奈良登美ヶ丘間は1982年に当時の国土庁が発表した「関西学術研究都市基本構想」に基づく関西文化学術研究都市を結ぶ路線として東大阪線を延伸する形で建設されました。2018/3/24 生駒 7121建設費の関係から補助を受けられる第三セクター方式が採られ、1998年に奈良生駒高速 [続きを読む]
  • 2018年3月/11月の関西旅行 近畿日本鉄道 その8 けいはんな線 7000系
  • 東京、大阪などの大都市圏の民鉄で地下鉄と相互乗り入れしている鉄道は多くありますが、第3軌条方式の地下鉄と相互乗り入れしているのは近畿日本鉄道だけかと思います。しかも自社で東大阪線として路線を所有しているのも近鉄だけではないかと思います。尤もけいはんな線は1977年設立の近鉄完全子会社の東大阪生駒鉄道が整備し、1986年4月1日に近鉄が吸収合併し、10月1日から近鉄直営路線として営業を開始した路線という歴史を持っ [続きを読む]
  • 1253F 赤電塗装 多摩湖線にて運用開始
  • 3本目の赤電塗装となり、2018年12月10日に武蔵ヶ丘車両検修場を出場し、武蔵ヶ丘〜南入曽間で試運転が目撃されたものの、その後多摩湖線での運用入が待たれていた1253Fですが、目撃情報では12月18日から運用に入ったようです。私も21日金曜日、22日土曜日に早速、撮影しました。1245F同様、アンテナの形態から列車無線もデジタル化されているようです。2018/12/21 萩山2018/12/21 一橋学園2018/12/22 一橋学園〜青梅街道2018/12 [続きを読む]