ももじゅん さん プロフィール

  •  
ももじゅんさん: ももじゅんの「和文化で、和ジェンヌになる」
ハンドル名ももじゅん さん
ブログタイトルももじゅんの「和文化で、和ジェンヌになる」
ブログURLhttps://ameblo.jp/momojun789/
サイト紹介文「和文化で、素敵な和ジェンヌになる」 和文化コンシェルジュとして活動中?
自由文日本のことを通して、性別・国籍・年齢などにかかわらず、素敵なひとたちに巡り会いたいです。
ワクワク、どきどき、ときにはジェットコースターのようなスリルとサスペンスを、楽しみに生きてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/04/24 17:07

ももじゅん さんのブログ記事

  • 「お茶で自律神経を安定させる!」、ミニセミナー付きお茶会!
  • 自然にさりげなく、せいいっぱい咲いている名もない草花たちの群れふと、足元に見つけると、切なさといとおしさが込み上げてくるときがあります。忙しさに紛れて、美しい月を見上げることすら出来なくなっている自分に気がつき、ときには茫然とすることも。呼吸と姿勢を整えたら、自律神経が安定し、くよくよ落ち込んだり、雑念に縛られたり、そんなこともなくなったり、、、不思議です。和文化の極意(笑)ミニセミナー付きお茶 [続きを読む]
  • 横浜の素敵なレストラン「マンジャーレウォーターエッジ」
  • いつも、ブログを訪問していただいたうえに、いいねやペタ、コメントなどありがとうございます。嬉しいです今後とも、皆様どうぞ宜しくお願い致します。窓際のベイブリッジと海が見渡せる、素晴らしい景色のテーブルで。南向きなので、日差しをよけるために、カーテンが少しの間だけ、、、前菜北陸産甘海老と越のルビーのクルード本日のパスタ  北陸産サゴシのソテー 三年花らっきょのアグロドルチェ中はほどよく、皮がかりっ [続きを読む]
  • ホテルオークラの花、石草流家元奥平清鳳さん!
  • 紅葉がロビーに広がる!制作 石草流いけ花三代家元奥平清鳳(おくだいら せいほう)「清鳳花の会」主宰。石草流は1962年ホテルオークラのオープン時より館内のいけ込みすべてを担当してきた。奥平さんは初代岩田清道に師事。オークラのレディサークルの講師も務める。花時間2019秋冬号より KADOKAWAPREMIUM JAPAN記事より奥平家元との出会いは、華道研究家の故岡田幸三先生の教室でした。奥平家元は、岡田先生の傍らでさりげ [続きを読む]
  • 七里ヶ浜人気イタリアンレストラン「アマルフィイ デラセーラ」
  • 昨日21日の日曜日は、久し振りの快晴!旦那の原稿(アジア経済ジャーナリスト)も一段落したので、ふたりで気分転換の外出をしたこのごろはそれぞれ別行動、一緒はたまに(笑)まずは、鎌倉から江ノ電に乗って、長谷寺へ。ちょうど、縁日のようなイベント??が開催されていて、焼きそばや鳥の唐揚げ、ビールやアルコールドリンクなど、、、目の前に広がる海や長谷の風景を眺めながら、ちょいと一杯やりつつそれから、江ノ電で七 [続きを読む]
  • サントリー美術館の茶室体験!
  • サントリー美術館で開催されている、『京都・醍醐寺 真言密教の宇宙 』を見てきた六本木ミッドタウンの様子噂どおり、素晴らしい展覧会だった。仏像は、そんなに率先しては見ないけど、最初に展示されている仏像から惹き付けられたので、我ながらびっくりした期待どおりの展覧会茶室にもまだ入ったことがなかったので(当日すぐに売り切れになる)、10時開館と同時に行き、幸運にも14時の席をゲット!木曜日のみ、50席限定。赤 [続きを読む]
  • 起業女子のお茶会に参加!
  • 先月の9月下旬、インテリアコーディネーター山口恵実さんとイメージコンサルタントの森下奈帆子さん、ふたりのコラボ企画のお茶会に参加しました場所は、インテリアコーディネーター山口さんのご自宅でした。インテリアの具体的な配置や色づかいについて、1時間たっぷりセミナーがありました。実際にそこに生活している空間に、身を置いて体験できるのは、住んでいるひとの息づかいが感じられて吸収できるものが多く、貴重な体験 [続きを読む]
  • 没後50年藤田嗣治展 京都国立近代美術館2018年10月19日(土)開幕!
  • 『カフェ』1949年 藤田嗣治 ポンピドー・センター所蔵(パリ)パリの街でお茶を飲みながら、道行く人や風景を眺めているのが大好きな私が、心ひかれるのはこの絵だ!物憂げな表情の若い女性が、バリのカフェテラスで、頬杖をつきながらワインと書きかけの便箋、傍らには黒の小さなバック。いまから、どこかに出かけるのだろうか?それとも、恋人??と別れたばかり??映画の物語みたいに、想像力を掻き立てられる一瞬だ藤田に [続きを読む]
  • 茶道の映画『日日是好日』原作者森下典子さんに会う!
  • 右手 森下典子さん(エッセイスト)左手 バードランド和代さん(インタビュー)森下典子さんの『日日是好日』について初版本を読んで森下典子さんのファンになり、いつかお会いする機会があればと思っていたが、念願がかなったきものサローネ in 日本橋 トークショーにて長年の修練を積んだ茶道の先生かと思うくらいに、ぴったりとはまった姿の樹木希林さんのお点前主役の黒木華さんの、艶やかな着物姿。映画の中でも、着物が [続きを読む]
  • 茶道の映画『日日是好日』先行上映を見た!
  • 2018年10月13日(土)全国封切りの映画『日日是好日』、イオンシネマ茅ヶ崎に、本日先行上映を見に行った先日亡くなった女優樹木希林さんのお茶の先生は、希林さんらしいユーモアと独特の間が、物語の全体の流れを引き立てていて、感慨深かった私がこの50年近くで知っている、茶道の先生のプロトタイプを踏襲しながら、希林さんらしいとぼけたような味も出ていて、こんな先生がいたらすぐに習いたいと心底思った希林さんは、密教 [続きを読む]
  • 「そうでない方はそれなりに……」樹木希林富士フィルムCM!
  • 写真 Livedoor NEWSよりうん十年前、このCMが巷に流れたとき、「写るんですよ!」のキャッチコピーと、樹木希林と岸本加代子との絶妙のコンビに、何だか可笑しく、心がほんわかしたのを覚えているあらためて、偉大な俳優さんを失った寂しさを思った。樹木希林は、奇妙な個性のある役者さんだと思っていた。ときとして何を言い出すかわからないような、奔放な面を見せたが、すべて周囲を見渡してよく観察しながら話ていたと、自ら [続きを読む]
  • 横浜老舗名店で祝う??20年ぶりの再会!
  • 昨日は、日本航空の元上司やマガジンハウス名編集長などと、20年ぶりに日本航空OBで、私の直接上司のひとと再会ランチをしました。年を取ると、老化や生活習慣などが原因で病気になりやすく、それぞれが克服し、互いの健康を祝ってそば茶で乾杯?????何十年に渡り、ともに食事会ができる幸せ????を、有り難く思う一日でした。個室の飾り付け前菜さわらの焼き物季節の野菜 大根とさつまいものビーフシチュー鮎の揚げ物他 [続きを読む]
  • 樹木希林さんの言葉?
  • 写真 NEWSポストより「Zingaro…(ジンガロというのは、馬のサーカスのことです)虚飾なく 観客に媚びず 威張らずもの凄いサーカスをあたりまえの感じで演じてしまうそこに動く俳優たちが馬たちが何かを観せるのではなく その燃やした炎で見物人の魂を鎮めてしまう美によって神に到達する道がもっとも望ましいバルタバスはその道を心をこめて歩きつづけている」(樹木希林)樹木希林さんが、自らパンフレットに書いた文章だ [続きを読む]