入試問題研究所 さん プロフィール

  •  
入試問題研究所さん: 中学入試問題分析
ハンドル名入試問題研究所 さん
ブログタイトル中学入試問題分析
ブログURLhttp://iee9696.blog.fc2.com/
サイト紹介文最新の学校別中学入試問題(算数)の難易度、出題傾向などを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/04/30 17:35

入試問題研究所 さんのブログ記事

  • 中学入試で合否を決める教科【開成中の場合】
  • 【開成中の場合】 今年、開成中を受験した2人の架空の生徒を使って説明しましょう。A君: 算数が得意な生徒で、算数では合格者平均点を取り、他の3教科は受験者平均点よりも1点だけよかった。B君: 国語が得意な生徒で、国語では合格者平均点を取り、他の3教科は受験者平均点よりも1点だけよかった。 このとき、A君の得点は48+74+50+55=227(点)、B君の得点は55+63+50+55=223(点)となり、今年の合格最低点(227点)を [続きを読む]
  • 中学入試で合否を決める教科(続き1)
  • 一昨日のコラムの続きです。 弊社の分析対象校〔約100校〕のうち、今回の分析に必要なデータをHP上で公表している29校について、今年(2018年)の結果を調べてみました。 その結果は調査を開始し始めた10年前とほとんど変わらず、「合格者の平均点と受験者の平均点の差」が最も大きい教科が算数でなかった学校は1校(鎌倉学園中)のみで、それ以外の28校については、この差が最も大きい教科はすべて算数でした。 なお、今回の分析 [続きを読む]
  • 中学入試で合否を決める教科
  •  中学入試で合否を決める教科は 『算数』 中学入試において、合否に最も大きく影響する教科はまちがいなく『算数』です。これについて、具体的なデータをもとに説明します。【開成中:2017年入試結果】        国語 算数 社会 理科 合格者平均 48  55  48  62全体 平均  42  40  42  57  差      6  15   6   5 配  点   85  85  70  [続きを読む]
  • 中学入試情報の真偽
  •  以前、中学受験:社会のある書籍の帯で次のような記述を見つけたことがあります。 中学受験の受験科目において"社会"は、関西の一部校以外必須であり、しかもほとんどの場合、国算理と同様の配点です。 これは「書籍の内容」として紹介されていた文章の一部ですが、本当に著書の中に書かれていたものか、あるいは編集者による紹介記事なのかは不明です。しかしながら、記載内容は事実と大きく異なります。 たとえば、弊社で教材 [続きを読む]
  • 入試「算数」では満点を目指してはいけない
  •  「捨て問」という言葉をお聞きになったことがあると思います。難問で、手をつける必要のない問題のことです。算数の入試ではほとんどの学校で「捨て問」としてよい問題が2〜3問、出題されます。そのような問題が出題されることを前提として、算数の入試では満点を目指すのではなく、捨て問を除いた85点分の答案を作成し、計算問題の検算や文章題の解き直しをすることによって、70点〜75点の得点を目指す。これが算数の入試でのベスト [続きを読む]
  • 入試問題の作り方(3)
  •  各学校の中学入試で出題される問題の大半が既に他校または自校で出題された問題の類題です。そこで各校では入試問題にオリジナル色を出すためにいろいろな工夫をしていますが、そのうちの1つとして「算数の時事問題」を取り入れることがよくあります。 具体例を紹介しましょう。 次の問題は2014年12月3日にこのブログに載せたものです。問題 2015年は首都圏の中学入試が解禁となる2月1日が日曜日で、プロテスタント校の多くが入 [続きを読む]
  • 入試問題の作り方(2)
  •  前回、私立中学校では教師の転勤などはなく、多くの教師の共同作業で入試問題を作成しているので、入試問題の質が保たれ、「出題傾向」が見られるという趣旨のことを、具体例を紹介しながら書きました。 今回はその例外について書きたいと思います。① 中学部を設立して間がない学校。このような学校では、それまでに出題していない問題を翌年の入試問題として意図的に採用するケースが多く見られます。例えば、設立して数年の学 [続きを読む]
  • 入試問題の作り方(1)
  •  この業界で長く仕事をしていますが、「入試問題の作り方」に関して当事者から直接聞いたのは一度だけです。それについてご紹介しましょう。 もう10年以上前のことですが、都内北部の誰でも知っている中高一貫校での『塾・出版社対象入試説明会』の際に、算数の作成責任者の発言です。 本校では中学、高校の数学教員全員が夏休み頃までに問題をいくつか作成し、それらを持ち寄って、採用する問題を数か月かけて吟味します。 お [続きを読む]
  • 入試問題現物の体裁(女子校2)
  • 算数の実際の入試問題の体裁について〈続き〉(なお、次年度の入試において体裁が急に変更される場合もあります。)女子学院中学校 B4サイズ。計算問題の上下に計算過程を書き込むスペースはない。筆算などは、右側の指定された余白を利用する。白百合学園中学校 B4サイズ。計算問題は出題されない。洗足学園中学校 A4サイズの冊子。計算問題の上下に計算過程を書き込むスペースは十分にある。筆算などは、計算問題の右側の余白を [続きを読む]
  • 入試問題現物の体裁(女子校1)
  • 算数の実際の入試問題の体裁について〈続き〉(なお、次年度の入試において体裁が急に変更される場合もあります。)跡見学園中学校 A3サイズ2つ折り。計算問題の上下に計算過程を書き込むスペースは少ししかない。筆算などは、計算問題の右側あるいは次のページ(完全余白)を利用する。浦和明の星女子中学校 A3サイズの冊子。計算問題の下に計算過程を書き込むスペースがある。筆算などは、計算問題の右側余白を利用する。桜蔭学園 [続きを読む]
  • 入試問題現物の体裁(共学校2)
  • 算数の実際の入試問題の体裁について〈続き〉(なお、次年度の入試において体裁が急に変更される場合もあります。)昭和学院秀英中学校 B4サイズ2つ折り。計算問題の上下に計算過程を書き込むスペースが十分ある。筆算などは、同じページの余白を利用する。中央大学附属中学校 B4サイズ2つ折り。計算問題の上下に計算過程を書き込むスペースが十分ある。筆算などは、同じページの余白を利用する。成蹊中学校 B5サイズの冊子。計算 [続きを読む]
  • 入試問題現物の体裁(共学校1)
  •  算数の実際の入試問題の体裁について〈続き〉(なお、次年度の入試において体裁が急に変更される場合もあります。)青山学院中等部 A3サイズ2つ折り。計算問題の上下に計算過程を書き込むスペースは少ししかない。筆算などは、計算問題の右側や表紙の余白を利用する。市川中学校 B5サイズの冊子。計算問題の上下には計算過程を書き込むスペースがほとんどないが、次のページ(右側)がすべて計算用の余白になっているので、筆算な [続きを読む]
  • 入試問題現物の体裁(男子校2)
  • 〈続き〉成城中学校 B4サイズ。計算問題の上下に計算過程を書き込むスペースは少ししかない。筆算などは、問題用紙の裏を利用するとよい。世田谷学園中学校 B5サイズの冊子。計算問題の上下に計算過程を書き込むスペースは少ししかない。筆算などは、同じページや次のページなどの余白にする。筑波大学附属駒場中学校 B4サイズ。計算問題は出題されない。東京都市大学付属中学校 A4サイズの冊子。計算問題の上下に計算過程を書 [続きを読む]
  • 入試問題現物の体裁(1)
  •  一昨日のコラムで算数の計算問題を解く際の余白の使い方について書きましたが、算数の実際の入試問題の体裁について具体的にご紹介します。受験予定校については可能な限りお子さん自身で確認させてください。浅野中学校 A4サイズの冊子。問1の計算問題の間隔はあまりない。ただし、同じページの計算問題の下に大きな余白があるので、筆算をするスペースは十分に確保できる。麻布中学校 A3サイズ2つ折り。問題用紙の中に途中式 [続きを読む]
  • 計算問題の検算方法(2)
  •  前回の続きです。 下のような計算問題があったとき、お子さんはどのように解いていますか。(1)の下や右の余白のいろんなところに計算を書き散らかしていませんか。この程度の計算問題であれば、筆算は少ないですが、実際の入試では分数や小数を含むもっと複雑な計算問題が出題されますので、筆算の回数もずっと多くなります。その際に、いろいろな場所で筆算を書き散らすと検算をする際に最初にやった計算の場所が見つからず、 [続きを読む]
  • 計算問題の検算方法(1)
  • 「模試などの計算問題では検算を必ずしなさい。」といったアドバイス(指示)は塾の教師やご家庭からお子さんに対して頻繁におこなっていることでしょう。 では、塾やご家庭からお子さんに対して具体的に「どのように」検算をしなさいとアドバイスをしているのでしょうか。 また、模試などが終わったあとで、実際にお子さんが計算問題の検算をしているかどうかを、お母さん(お父さん)は確認していますか。 お子さんはテストなどで [続きを読む]
  • 分析対象校
  • 2019年度中学入試用に弊社(入試問題研究所)が教材を作成・販売している主な対象校は下記のとおりです。【共学校】青山学院、市川、穎明館、江戸川取手、神奈川大附属、慶応湘南藤沢、慶応中等部、国学院久我山(一般、ST)、栄東(難関、東大選抜)、芝浦工大柏、渋谷渋谷、渋谷幕張、淑徳(S特選)、昭和秀英、成蹊、成城学園、専修大松戸、中央大附属、中央大附属横浜、東京電機大、東京都市大等々力、桐光、東邦大東邦、日大 [続きを読む]
  • 計算の工夫(最終回)
  • 前回の問題 7/8 +15/16 +31/32 +63/64 +127/128   (7/8 +1/8)+(15/16 +1/16)+(31/32 +1/32)+(63/64 +1/64)+(127/128 +1/128)=1+1+1+1+1=5 だから、7/8 +15/16 +31/32 +63/64 +127/128=5−( 1/8 +1/16 +1/32 +1/64 +1/128)=5−(16/128 +8/128 +4/128 +2/128 +1/128)=5−31/128=4・97/128 (答) ここまで、中学入試で出題される「計算の工夫」に関する問題を紹介してきました。楽しんでいただけま [続きを読む]
  • 計算の工夫(21)
  • 前回の問題 324×998  この計算をそのまま暗算でできる生徒はとても少ないと思いますが、次のように式を変形すると、ほとんどの生徒が筆算をせずにかんたんに計算できるでしょう。 324×998=324×(1000-2)=324×1000-324×2=324000-648=323352 (答)問21 7/8 +15/16 +31/32 +63/64 +127/128   添削指導や教材プリント内容の詳細、価格等は「入試問題研究所」(左下にリンク)のホームページをご覧ください。 「入試問 [続きを読む]
  • 計算の工夫(20)
  • 前回の問題 99+999+9999+99999  次のように計算します。99+999+9999+99999=(99+1)+(999+1)+(9999+1)+(99999+1)−4=100+1000+10000+100000−4=111100−4=111096 (答)問20 324×998   添削指導や教材プリント内容の詳細、価格等は「入試問題研究所」(左下にリンク)のホームページをご覧ください。 「入試問題研究所」では学校別中学入試対策プリントの作成、販売を開始して14年になります。その間、延べ20 [続きを読む]
  • 計算の工夫(19)
  • 前回の問題 1/(2×4×6) +1/(4×6×8) +・・・+1/(16×18×20) 前回の問題の変形の仕方を参考にして、1/(2×4×6)の大きさと1/2×4 −1/4×6 の大きさの関係を比べてみると、1/(2×4×6)=1/4 ×(1/2×4 −1/4×6)となります。同様に、1/(4×6×8)= 1/4 ×(1/4×6 −1/6×8)1/(16×18×20)= 1/4 ×(1/16×18 −1/18×20)も確認できますので、 1/(2×4×6) +1/(4×6×8) +・・・+1/(16×18×20)=1/4 ×(1/2×4 −1/4×6 [続きを読む]
  • 計算の工夫(18)
  • 前回の問題 1/(2×3×4) +1/(3×4×5) +・・・+1/(8×9×10)中学入試で出題される《キセル算》の問題で最も難しいタイプの問題です。この問題については式の変形の仕方を知識として知っていないと解くのは難しいですね。中学入試でここまでの問題を無条件に出題することはほとんどありませんが、それでもまれに出題されるので、知っておいた方がよいでしょう。次のように変形し、計算します。 1/(2×3×4) +1/(3×4×5) +… [続きを読む]
  • 計算の工夫(17)
  • 前回の問題 5/(4×9) + 7/(9×16) + 9/(16×25) + 11/(25×36)《キセル算》の問題を続けて出題していますので、この問題の変形の仕方もすぐに気づくかもしれませんね。ただ、このタイプの問題は中学入試ではほとんど見かけません。 5/(4×9) +7/(9×16) +9/(16×25) +11/(25×36)=(1/4 - 1/9) + (1/9−1/16) +(1/16 −1/25) +(1/25 −1/36)=1/4 −1/36=8/36=2/9 (答) 問17  1/(2×3×4) +1/(3×4×5) +・・・ [続きを読む]
  • 計算の工夫(16)
  • 前回の問題 1/(12×14) + 1/(14×16) + 1/(16×18) + 1/(18×20)前回同様に、1/□×(□+2)=1/2 × 1/□ − 1/(□+2) という変形を利用する問題です。 1/2 ×(1/12 - 1/14) + 1/2 ×(1/14−1/16) + 1/2 ×(1/16 −1/18) +1/2 ×(1/18 −1/20)=1/2 ×(1/12 −1/14 +1/14 -1/16 +1/16 −1/18 +1/18 −1/20)=1/2 ×(1/12 -1/20)=1/60 (答) 問16  5/(4×9) + 7/(9×16) + 9/(16×25) + 11/(25×36)  添削指 [続きを読む]
  • 計算の工夫(15)
  • 前回の問題 1/2 ×(1/3 - 1/5) + 1/(5×7) + 1/(7×9) + 1/(9×11) 1/□×(□+2)=1/2 × 1/□ − 1/(□+2) という変形を利用する問題ですが、公式で覚えることはお勧めしません。式を変形してみて変形する前の式と大きさを比べてみる習慣をつけていただきたいと思います。 1/2 ×(1/3 - 1/5) + 1/2 ×(1/5−1/7) + 1/2 ×(1/7-1/9) +1/2 ×(1/9 -1/11)=1/2 ×(1/3 −1/5 +1/5 -1/7 +1/7 −1/9 +1/9 −1/11)=1/ [続きを読む]