阿吽倶流(アンクル) さん プロフィール

  •  
阿吽倶流(アンクル)さん: 阿吽倶流の彷徨い日記
ハンドル名阿吽倶流(アンクル) さん
ブログタイトル阿吽倶流の彷徨い日記
ブログURLhttp://anku-samayoi.jugem.jp/
サイト紹介文昭和のおじさんの車中泊、冒険旅行の日記です。
自由文昭和のおじさんが車中泊しながら日本を旅する冒険物語です。或る時は砂浜にタイヤを取られ、また或る時は落雷、土砂降りの中で就寝、そして木曽谷では氷点下でフロントが凍りつくなど、何があるか判らない旅を楽しんでいるのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/04/26 13:17

阿吽倶流(アンクル) さんのブログ記事

  • 高知市内から布施ヶ坂
  •   ◎桂浜で遅い昼食をしてから高知市内へ向かいましたが、前回の高知訪問でかなりの名所は見学しています。路面電車もハリマ屋橋も色々見たし、仁淀川の上流にも行って見ました。今回は九州がメインなので高知県は、さらっと流して見学という事にして走りま... [続きを読む]
  • 桂浜を散策
  •   ◎桂浜には名称を彫った石がありまして、とりあえず竜馬像とこの石は写しておきます。そして北の方角で良く出てくるのが、お馴染みの大町桂月の石碑もあります。調べてみると桂月は高知県の出身でいながら、東北の自然を愛して十和田湖周辺で亡くなったそ... [続きを読む]
  • 桂浜に来ました
  •   ◎北川村のモネの庭を出て高知市内に向かいましたが、途中で桂浜方面の標識がありそちらへ向かいました。島へ渡るような高い自動車専用道路があり、それを走ると桂浜の駐車場に出ました。日陰の駐車場所を探したのですが、考える事は誰も同じで日陰はいっ... [続きを読む]
  • モネの庭を満喫
  •   ◎わたしは花に詳しくないので名前は判りませんが、この様な奇麗な花が無造作に咲き乱れています。中央の噴水脇にはバラのアーチが掛かり、全てが咲き誇る盛夏にはさぞやにぎやかになるでしょう。当然ながら遊歩道は舗装ではなく、砂利や木のチップなどの... [続きを読む]
  • ガーデンを見学
  •   ◎オープンテラスからゆるい傾斜の坂道があり、バリアフリーの道で障害者も来られるようです。この場所はもともと傾斜のある山裾に、人工的に段々に造成された土地のようです。何はともあれ心和ませる空間を与えていただき、再度ここに来たくなる素晴らし... [続きを読む]
  • カフェ美術館
  •   ◎こちらが印象派の巨匠であるクロードモネ氏であり、モネおじさんと言う雰囲気の方です。建物の中は二階に周囲を廻る回廊があり、壁に絵画が掛けてありギャラリーになっています。特にモネの絵だけではなく、その時々によりいろいろな作品を展示している... [続きを読む]
  • カフェ・モネの家
  •   ◎蓮池周辺の撮影を終えて駐車場の所まで来ると、もうひとつの楽しみであるモネのガーデン入口へ向かいます。駐車場に止めてこちらだけなら無料ですが、ここまで来たら蓮池は必見でしょう。近くの人でよく来られる人なら、こちらでコーヒーでも有りかと思... [続きを読む]
  • モネの庭 4th
  • ◎それではいよいよモネの蓮池風景の真骨頂(しんこっちょう)である、絵画に出て来ると言うよりも絵画を元に造成した蓮池です。それに相俟って今日の快晴の青空は最高で、水面に写る空色と風のない鏡のような状況です。欲を言えば他の観光客が... [続きを読む]
  • モネの庭 3rd
  •   ◎風の丘を堪能してから山を下る道を行くと、どうやら私が来たのは職員用の自動車道でした。下る道から推測するにかなりキツイ坂で、この道が下りで良かったと感じています。下りですから上るよりは早く、直接モネの蓮池に出られるのでこの道を来て正解で... [続きを読む]
  • モネの庭 2nd
  • ◎すぐに蓮池を撮るのではなく園内のパンフを見て、いちばん高い場所にある”風の庭”を先に見ます。涼しげな木陰のベンチに腰掛けて、開園直後の誰も居ない空気感を楽しみます。風の庭というところは高い場所にあり、言わばハイキン... [続きを読む]
  • モネの庭 1st
  •   ◎熊本の震災で此処に来るのは6年越しとなってしまったが、こうして快晴に恵まれた日に来る事が出来ました。以前に和歌山から四国を巡る旅の途中で、この場所を知り帰郷後も再度行きたくなりました。二年前に予定を立てましたが直前の熊本震災でコース変更... [続きを読む]
  • モネの庭に向かいます。
  •   ◎室戸岬を廻り込んだところにドルフィンセンターの看板があり、寄り道してみるとどうやら生簀のような水槽があります。紀州でのイルカの捕獲問題で非難されていますが、イルカを人工的に育てて水族館に出せば良いのでは。おそらくそんな試みをしているの... [続きを読む]
  • 室戸岬の山上
  •   ◎室戸阿南海岸国定公園という看板がありまして、以外にも国立公園ではなくワンランク下のようです。見晴台から左の方を見ると徳島方面で、あの海岸線をひたすら走って来たわけです。高知までショートカットしても良いのですが、今回は目的があるので時間... [続きを読む]
  • 室戸岬散策
  •   ◎室戸に突き出した山の上には白い灯台が見え、そんなに高くしなくても十分高いので良く見えるでしょう。海岸の波打ち際からも良く見えて、航海の安全を見守って来たのでしょう。あの側まで行けるようでしたら行こうと思いますが、もう少し海岸線を散策し... [続きを読む]
  • 室戸岬到達
  •   ◎白い空海像からほど近く海が開ける場所に、今度はお侍さんの銅像が建っていました。ここが室戸岬の先端でありまして、この侍像はかの中岡慎太郎であります。土佐の偉人と言えばかなりの数がおりますが、中でも坂本竜馬、武市半平太、中岡慎太郎だという... [続きを読む]
  • 空海青年像
  •   ◎この白い像に御眼にかかるのは二度目になりますが、以前に来た時は良く分からないまま通り過ぎました。帰郷してブログに載せるのに調べましたところ、これは空海(弘法大師)の若い頃の姿だそうです。まだ早朝なので寺は開いていませんので、駐車場から拝... [続きを読む]
  • 夫婦岩
  •   ◎海の駅東洋町での一夜が開けると、サーファー連中は波を求めて出かけて行きました。私は室戸岬を目指して走り出し、こんなに恵まれた快晴に感謝であります。ほとんどすれ違う車もなく軽快に走っていると、岬によくある奇岩がありまして何度か写真を撮り... [続きを読む]
  • 海の駅東洋町
  •   ◎途中で道の駅に寄りましたが徳島の駅は長時間の駐車お断りの看板、無理やり強引に車中泊してトラブルになるのも嫌なので通過しました。高知県に入ると海の駅東洋町と言う看板があり、広い駐車場とキャンプ施設もありましたのでサーファーの車と車中泊し... [続きを読む]
  • 大失敗の道
  •   ◎大浜海岸の端のほうにあるウミガメに関するミュージアムがあったので、ここの駐車場に入り様子を伺いました。ここの施設も誰も居なくて休館のようなので、高台に続く狭い道路を走って隣の浜まで行って見ました。行けども行けども人の姿はなく、この大自... [続きを読む]
  • 大浜海岸
  • ◎とりあえず前回来た時に有望な道の駅がある、大浜海岸のある旧日和佐町まで来て見ました。当時は日和佐町と言いましたが海沿いの美波町と合併したのか、日和佐という名前の道の駅はそのままでした。NHKの朝ドラで名前が知られた?ウエルかめ&rd... [続きを読む]
  • 眉山から室戸へ
  •   ◎眉山の頂上には幾つかの石碑がありまして、阿波の山(眉山)に関する記述があり歴史探訪も出来ます。札幌の藻岩山にもありましたが、仏舎利塔やテレビ塔もあります。言わば自然のタワーのようなもので、街に鉄塔を建てずとも街中に手ごろな山があるので... [続きを読む]
  • 眉山山頂駅
  •  頭の ◎そして眉山山頂駅に着いて階段を登ると、そこは展望台になっていてロープのない景色が広がっていました。かなりの広角側のカメラレンズで、3方向で写したので頭の中で繋げてください。下に見える櫓のようなものが、ロープウエイの吊り下げ台でその上... [続きを読む]
  • 眉山に急上昇
  •   ◎徳島を代表するシンボル的な眉山は、街の中程に鎮座して住民のオアシスになっています。徳島港に着いたのがお昼過ぎた頃でしたから、徳島の街中を見学して眉山山頂駐車場で車中泊も考えました。しかし帰りも徳島からフェリーなので、時間調整で帰りにし... [続きを読む]
  • 阿波踊り会館
  •   ◎徳島に着いて真っ先に向かったのは、徳島駅の近くにある阿波踊り会館です。ここの5Fからロープウエイが出ていて、背後の眉山頂上へ行けるのです。まずは会館横から駐車場へ進行、そして阿波踊り会館の1階にある土産物や特産物を売っている”あるで... [続きを読む]
  • 徳島へ上陸
  •   ◎フェリーは徳島港に接岸して位置の微調整中ですが、私たち徳島下船組は車に入り準備ばんたんです。それにしてもこんなに晴れ渡って良いものなのか、晴れ男にしてもこれは暑いでしょうが。出発前に車のクーラーを修理しておいて、本当に良かったと思って... [続きを読む]