阿吽倶流(アンクル) さん プロフィール

  •  
阿吽倶流(アンクル)さん: 阿吽倶流の彷徨い日記
ハンドル名阿吽倶流(アンクル) さん
ブログタイトル阿吽倶流の彷徨い日記
ブログURLhttp://anku-samayoi.jugem.jp/
サイト紹介文昭和のおじさんの車中泊、冒険旅行の日記です。
自由文昭和のおじさんが車中泊しながら日本を旅する冒険物語です。或る時は砂浜にタイヤを取られ、また或る時は落雷、土砂降りの中で就寝、そして木曽谷では氷点下でフロントが凍りつくなど、何があるか判らない旅を楽しんでいるのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/04/26 13:17

阿吽倶流(アンクル) さんのブログ記事

  • 龍神大観音
  •   ◎広い国道に出る手前に樽前山観音寺というお寺がありましたが、なぜかもう一つ看板があり龍を導く観音様があると言う事です。誰も居ないので車で奥まで入って行くと、たしかに大きな観音像がたっていました。これは青銅製でしょうか、陶磁器のような光沢... [続きを読む]
  • 樽前ガロー
  •   ◎周辺に車で行ける名所みたいなのがあれば、時間調整に寄って行きたいと思います。カーナビで調べると樽前ガローという変わった場所があり、帰り道でしたので寄り道する事にしました。樽前ガローとはこのリンクのような場所で、地形マニアやタモリさんは... [続きを読む]
  • 樽前山
  •   ◎あの溶岩ドームの近くまで行って見たい衝動にかられ、さっそくカーナビで道を探し走りました。山中の砂利道を抜けて高度をあげて、着いた所が広い駐車場でした。ここに来るまでこんなに車が居るとは思わず、来て見てびっくりほとんど満車状態でかろうじ... [続きを読む]
  • 支笏湖と山々
  •   ◎ウトナイ湖で休憩していたら青空が広がって来たので、ここは思い切って支笏湖まで足を伸ばそうと考えました。支笏湖は苫小牧から近く、苫小牧のシンボルである樽前山や風不死岳も見えます。支笏湖畔に着いた頃にはすっかり晴れ渡り、山の稜線もはっきり... [続きを読む]
  • ウトナイ湖
  •   ◎朝霧で道路以外は名のも見えない状況で、道の駅ウトナイ湖の看板が見えました。こちらにも車中泊した事があるのですが、温泉がないので鵡川を選んだのです。ここはウトナイ湖と言う名のとおり湖があり、白鳥の飛来地として保護区に指定されている貴重な... [続きを読む]
  • 道の駅むかわ
  •   ◎札幌から今夜の宿泊場所の道の駅むかわに来ました。この道の駅には広い駐車場と車中泊仲間のキャンカーが多いです。そして何よりも良いのが温泉があるので、温泉で疲れをほぐしゆっくり眠れる事です。夜でもキャンカーが多いという事は犯罪も少ないと言... [続きを読む]
  • 時計台からビール園
  •   ◎札幌のシンボル的な場所である時計台に来ましたが、道路から見たところでは街路樹で見えません。この前だけでも街路樹を外せば、とても良い写真が写せるのですが無理ですね。さすがに時計台の下には観光客が多く、札幌のシンボルとしての役割をはたして... [続きを読む]
  • 藻岩山からの眺め
  •   ◎これが札幌の全体像ですかはじめて見ましたが、やはり東京のほうが大きいのは良くわかります。ズームアップしてみると中央付近はかなり混みあって、東京と変わりがないのですが小じんまりしています。かえってこの位の都市のほうが住みやすいのかも知れ... [続きを読む]
  • もーりすカーで山頂へ
  •   ◎藻岩山ロープウエイと言うので山頂まで行くのかと思ったら、今度は小さなケーブルカーに乗り換えて更に上に行くのです。もーりすカーという2両編成の車両で、同乗者の話から下の車両がお勧めだそうです。後尾のほうが景色が良く見えて、写真を撮るにも便... [続きを読む]
  • 藻岩山ロープウエイ
  •   ◎と言う訳で札幌郊外にある藻岩山ロープウエイの乗り場ですが、本当は夜来ると最高とか聞きますが今回は昼間です。もうロープウエイにもなれたもので、エスカレーターの気分で乗り込みます。本当に今回はよく乗りました、お金もかかりますが今度乗れるか... [続きを読む]
  • 札幌市内観光
  •   ◎羊ヶ丘から札幌市内のテレビ塔に来ましたが、こちらは以前に登りましたのでパス。北海道庁方面に行くとこちらも定番、観光幌馬車がやって来ました。今回は節約は考えず駐車場に止めて徒歩で見学と、旧道庁の内部に入って色々な展示物などを見たいと思い... [続きを読む]
  • 羊ヶ丘展望台
  •   ◎お金をかければ高速でアッという間に札幌に着き、朝の羊ヶ丘展望台まで来てしまいました。名前のとおり羊が居ましたが、見たいのは羊ではなく札幌の風景です。たしかここに来るのは3度目で、ここに始めて来たのは10年以上前の最初の北海道ひとり旅でした... [続きを読む]
  • 高速道路で札幌に
  •   ◎帰り道の途中に扇ヶ原展望台という所がありまして、ここから十勝平野がよく見渡せました。このあたりは牧場が多く牧草地が広いので、森林などは少なく土地の境界林程度しか見当たりません。ですから地平線なんかが見えるような場所が、何処までも続くの... [続きを読む]
  • 鹿追の然別湖
  •   ◎何とか明るいうちに道の駅しかおいに到着して、軽く周辺の散策とコンビニで夕食を購入して来ました。本日は実にハードな行程で、旭岳と層雲峡黒岳に糠平と慌しい一日でした。この道の駅はかなり広く夜も静かで、山登りの疲れもあってぐっすり眠る事が出... [続きを読む]
  • タウシュベツ川橋梁
  •   ◎ながい白樺林の直線道路をルンルン気分で走り、糠平湖の近くまで来て思い出した事があります。多くの写真好きの人が憧れるダウシュベツの鉄道橋が、確かこの近くにあるという事です。そちらの近くまで来るとその事に関する注意書があり、何だか不穏な感... [続きを読む]
  • 層雲峡朝陽亭
  •   ◎ロープウエイの駐車場でコーヒータイムを済ませ、北海道の情報誌(ホッ)を見ていました。巻末の割引券に層雲峡朝陽ホテルの温泉があり、せっかく温泉にきたのだからと入浴する事にしました。こちらも午後の2時くらいは客もなく、広い温泉は貸切のようで最... [続きを読む]
  • 層雲峡に下る
  •   ◎リフトが終わり少し歩くとロープウエイの黒岳駅に着き、今度は急勾配の傾斜を一気に層雲峡温泉まで下ります。下の切符売り場でリフトと一括往復券を購入してあるので、面倒な事はなくすんなりと乗り込みます。このワイヤーロープの先端に見えるのが層雲... [続きを読む]
  • 黒岳を下る
  •   ◎リフトの終点が七合目展望台という所で、ここは霧が立ち込めていて時折青空がのぞく感じでした。周辺を散策するも遠くは見えず、これからどちらに行こうか思案のしどころです。少しずつ霧が晴れては来ていますが、この時間には登山者もなく観光客も少な... [続きを読む]
  • 黒岳に上る
  •   ◎旭岳のロープウエイは前から知っていましたが、何年か前のNHKの番組で黒岳にもあるのを知りました。それを思い出して物のついでとは失礼ですが、今回来て見る事にしたのです。乗ってみてゴンドラの中に開業50年と書いてあったので、そんなに歴史があるの... [続きを読む]
  • 黒岳ロープウエイ
  •   ◎先程ロープウエイから見えた湖に来て見ましたが、どうもこの地形から見ると人造湖のようですね。山間の谷を堰き止めるとこんな形のダム湖になり、貯水池とか特有の風景になります。ブラタモリではありませんが地形を見ると、私でも判る様な場所が結構あ... [続きを読む]
  • 下りロープウエイ
  •   ◎姿見駅から往復券の復路券で下りのゴンドラに乗りますが、まだ午前中という事もありガラガラです。上りは満員状態でしたが下りは余裕で、晴れて来たこともあり下界の景色が良く見えます。向こうの方に湖の様な場所があるので、帰りに寄ってみる事にしま... [続きを読む]
  • 夫婦沼
  •   ◎旭岳に掛っていた雲もほとんどが無くなり、旭岳の全望が見えて来てガタガタの山肌でした。磐梯山のように殆んどが吹っ飛んだ、火山特有の荒れ果てた山様です。富士山のような姿を想像していたのですが、これでは蝦夷富士の名前は付けられなかったのでし... [続きを読む]
  • 旭岳のなりたち
  •   ◎北海道の人でないと旭岳の事に特に知識もなく、大雪山の事に興味もよく分からない人がほとんどでしょう。そう言う私も名前は知っていますが、本州の山の事さえ良く知りません。あの噴気孔の下に広がる雪が解けると、姿見池という水たまりになるのだそう... [続きを読む]
  • 旭岳が見えてきた
  •   ◎霞んでいた景色もはっきりと見えて来たので、カメラのズームで登山道の方を見てみました。歩き辛そうな岩がゴロゴロしていて、今の私だったら低血糖で死んでしまいますね。私の山歩きもここらが限度で引き返すか、それとも別のコースを選択する事にしま... [続きを読む]
  • 旭岳第五展望台
  •   ◎低血糖の症状も治まりましたので、さらに高い場所にある第五展望台と言う所に来ました。ここは本当に見晴らしが良く十勝岳方面も見渡せ、その上には待望の青空が広がっていました。ここから東京の兄の所に電話をすると、電波が届きませんで毎朝の安否報... [続きを読む]