阿吽倶流(アンクル) さん プロフィール

  •  
阿吽倶流(アンクル)さん: 阿吽倶流の彷徨い日記
ハンドル名阿吽倶流(アンクル) さん
ブログタイトル阿吽倶流の彷徨い日記
ブログURLhttp://anku-samayoi.jugem.jp/
サイト紹介文昭和のおじさんの車中泊、冒険旅行の日記です。
自由文昭和のおじさんが車中泊しながら日本を旅する冒険物語です。或る時は砂浜にタイヤを取られ、また或る時は落雷、土砂降りの中で就寝、そして木曽谷では氷点下でフロントが凍りつくなど、何があるか判らない旅を楽しんでいるのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/04/26 13:17

阿吽倶流(アンクル) さんのブログ記事

  • 仙巌園の見学を終る
  •   ◎こちらの石組みは反射式の溶鉱炉でして、ここで金属の溶解をして大砲などの製造をしたとか。そんな技術の高さが江戸幕府の政治に物申す、となったような気がします。武士の本分である戦いでありますが、薩摩は高い技術力によって日本の夜明けに貢献した... [続きを読む]
  • 文化遺産のかずかず
  •   ◎かなり広いのであちらこちらを見て歩くと疲れますが、この石段の下にはドラマ”せごどん”で撮影されたと書いてありました。薩摩の繁栄は武力ではなく技術力があり、そのための文化遺産がこの磯庭園のなかに残っています。その技術が日本の発... [続きを読む]
  • 磯庭園を歩く
  •   ◎少し開園時間まで車の中で待って、開園一番に入場料を払い入園しました。入口の門をくぐると何やら香ばしい匂いがして、朝飯前の空腹感にはたまりません。それでも見学が終ったら駐車場で食事にするので、ここは我慢して余計な出費を抑えて行かなければ... [続きを読む]
  • 仙巌園(磯庭園)
  •   ◎道の駅垂水にて夜は温泉とその後土産物を物色、知人や縁者にお酒を送ったりしました。一夜が明けて朝の風景ですが、雲って鹿児島では二日続けて梅雨空です。とりあえず雨は降っていないので傘の用意をして、これから鹿児島市内に向かって出発いたします... [続きを読む]
  • 道の駅,霧島
  •   ◎霧島神宮の参拝を終えて次の目的地を捜すので、道の駅霧島へやって来ました。こちらは山の中なので霧が出ていまして、まさに霧島というくらいで霧の中です。今日一日はこんな天気が続くと言う天気予報なので、ここは覚悟を決めて車内にてネットの更新な... [続きを読む]
  • 霧島神宮
  •   ◎霧島神宮のエントランスあたりには無料駐車場が沢山あり、建物もいかにも観光施設という雰囲気でした。とりあえず車を駐車して、壊れたカメラのスイッチを入れると反応がありました。カメラ二台と傘を持ち境内に入って行くと、雨の神宮には荘厳な空気が... [続きを読む]
  • 東霧島神社
  •   ◎せっかく霧島まで来たのですから、霧島神宮にご挨拶とカーナビで調べます。カーナビ嬢はこちらに案内してくれましたが、どうも東が付くし雰囲気が変です。雨も降り出したので車外に出られずに居ましたが、どうもここは霧島神宮ではなく東霧島神社のよう... [続きを読む]
  • 酒蔵探し
  •   ◎残り半分の桜島周回で思い出しましたのが、NHKの名前の由来と言う番組でした。女優の有村架純さんのルーツがこの辺で、そのあたりを捜してみるとこんなものが在りました。この辺りに有村と言う村が在りましたが、この鳥居のように噴火で埋まってしま... [続きを読む]
  • 桜島自然恐竜公園
  •   ◎桜島フェリーターミナルの傍に見晴らしの良いところがあり、その道を上がって行くと鹿児島市内が見えました。雨は上がったもののどんよりしていて、以前に来た時も同じような曇りでした。どうやら鹿児島には歓迎されてなくて、こんな天気の日に来ること... [続きを読む]
  • 火の島めぐみ館
  •   ◎桜島の端っこにあたるフェリーのターミナルに着くと、近くにまた道の駅があったので寄ってみました。この櫻島フェリーは前も後ろも同じ形で、行ったり来たりで旋回しなくても良い様になっているようです。今回このフェリーには乗らず、垂水へ時計回りで... [続きを読む]
  • 桜島,湯之平展望台
  •   ◎雨も上がり少し見通しも良くなって来たので、桜島を時計回りに一周したいと思います。ちょうど鹿児島市の対岸あたりに差し掛かると、湯之平展望台と言う標識があり行ってみました。桜島を登るのですから途中勾配がきつく、軽自動車ではローギヤーで走る... [続きを読む]
  • 道の駅,垂水
  •   ◎道の駅垂水には温泉があり、雨模様なので少し小降りになるまで入浴しましょうか。連日の温泉でかなりのんびりしましたが、天気が悪いのは残念です。このあと車中泊の達人らしき車があり、いかにも無銭旅行しているかのように看板まで貼り付けて踏み台な... [続きを読む]
  • またもやトラブル
  •   ◎早朝に起きて出発しますが天気は曇りがちで、山越えの次の道の駅では小雨がちらほら。とりあえず駐車して朝の整えをして、この道の駅を撮影しようとしました。ところがメインで使用しているカメラが、電源を入れてもウンともスンとも反応が無いではない... [続きを読む]
  • 道の駅あすぱる大崎
  •   ◎鵜戸神宮の参拝をしてから海岸線を南下して、志布志湾の入口あたりの道の駅に着きました。ここは以前に来た事があり、その折に休館だった温泉に入ろうと思いました。時間的に温泉にゆっくり入ると夕刻で、この道の駅あすぱる大崎で車中泊する事に決めま... [続きを読む]
  • 岩屋の神殿
  •   ◎こちらが鵜戸神宮の参門でありますが、幸いな事に神殿まではそんなに距離はありませんでした。しかし岩屋の中の神殿ですから、急な階段を下り、帰りは登らなくてはなりません。ここまで来て引き返す人は居ないでしょうが、それなりの覚悟が居る大股の石... [続きを読む]
  • 鵜戸神宮
  •   ◎道の駅でソフトクリームをいただき、かなり走ってきたとき鵜戸神宮と言う標識がありました。ここも”ブラタモリ”見ましたから、是非行ってみようと思い来てみました。駐車場から長い階段を上りトンネルを潜ると、今度は長い階段を下って行く... [続きを読む]
  • 道の駅フェニックス
  •   ◎快適に海岸線を走って行くと道の駅フェニックスがあったので、ここはひとつ止まって景色を眺める事にしました。駐車場に車を止めて歩きで道路の向いへ行き、そこにあった展望から海を眺めてみました。道路を行き交う車は少ないのに、道の駅にはかなりの... [続きを読む]
  • 宮崎堀切峠
  •   ◎青島を過ぎると普通の道路が続いたので、途中にあった堀切峠と言う標識にハンドルを切りました。たしかTVの”ブラタモリ”でタモリさんの若い頃に、ここで友人が事故ったと言う話を思い出しました。この場所がテレビに写りここにフェニック... [続きを読む]
  • 青島神社
  •   ◎こちらは観光道路と言うかバイパスのような道で、信号もなくのんびり走ると煽られる道路です。見えて来たのは野球場らしき施設で、サンマリンスタジアム宮崎と言う長ったらしい名前です。巨人のキャンプにも使われる、まだ新しい野球場兼総合体育施設だ... [続きを読む]
  • 宮崎駅前
  •   ◎8年ぶりに宮崎駅に来ましたので、駅前ロータリーを3回ほどゆっくり回りました。記憶の中の風景と変わらずに、中心には人と馬の埴輪がありました。あの時はここから自宅に電話をしていたのですが、元気だった母が道中を気使い心配していたのを思い出しま... [続きを読む]
  • 宮崎駅に向かう
  •   ◎帰り道は上って来た道を帰るのですから、アクセルも快適で気分爽快です。天翔大橋と言う橋がありましたが、天翔大橋は日本一と書いてありました。何が日本一かと言うとアーチスパンという、支えのカーブが60メートルだと言う事で橋の長さではないよう... [続きを読む]
  • 天岩戸神社
  •   ◎高千穂宮を出るとすぐに天岩戸神社の案内があり、そちらのほうも見てみようと向かいました。この話は有名なので私でも知っていまして、天照大神が岩の穴に隠れアメノウズメの命が踊ります。天照が覗くとすかさず力持ちの神が、岩戸を戸隠まで投げ飛ばし... [続きを読む]
  • 高千穂宮
  •   ◎高千穂峡に下った坂道を上がって行くと、入口付近に高千穂宮という神社がありました。この鳥居の脇が駐車場で無料なのですが、ここに車を止めて渓谷を見るには疲れます。とりあえず地元の神様ですから御挨拶をと、参道を歩き社殿のほうに進んで行きます... [続きを読む]
  • 高千穂峡谷
  •   ◎高千穂峡谷に着くとお決まりの有料駐車場があり、しっかり料金を納めて見学です。これは絵葉書やパンフで良く見る高千穂峡の風景で、ここに橋がありそこから撮るとベストポイントです。橋の反対側はこんな感じで大した事はなく、あの滝が無かったら良く... [続きを読む]
  • 高千穂に向かう
  •   ◎九州の一日目もこの晴天で四国に着いた日も晴天で、東京を出る時に発表された梅雨入りは間違いのようです。高千穂に向かう道すがらに標高が上がってゆき、途中には橋が沢山出現して凄いです。それもかなり長く高い橋で、その谷の深さは驚くほどのもので... [続きを読む]