阿吽倶流(アンクル) さん プロフィール

  •  
阿吽倶流(アンクル)さん: 阿吽倶流の彷徨い日記
ハンドル名阿吽倶流(アンクル) さん
ブログタイトル阿吽倶流の彷徨い日記
ブログURLhttp://anku-samayoi.jugem.jp/
サイト紹介文昭和のおじさんの車中泊、冒険旅行の日記です。
自由文昭和のおじさんが車中泊しながら日本を旅する冒険物語です。或る時は砂浜にタイヤを取られ、また或る時は落雷、土砂降りの中で就寝、そして木曽谷では氷点下でフロントが凍りつくなど、何があるか判らない旅を楽しんでいるのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/04/26 13:17

阿吽倶流(アンクル) さんのブログ記事

  • フェリーに乗船
  •   ◎この場所で一時間の無駄をしたかそれとも得をしたか、それは自分の気持ち次第ですが得した気がします。フェリーが接岸すると数台の車と乗客が降り、今度は入れ替わりで乗船になります。短い距離ですからコンパクトなフェリーですが、遊覧船のような雰囲... [続きを読む]
  • 阿久根から長島へ
  •   ◎野間崎から北上して阿久根という場所に来ましたが、この阿久根から長島という島に渡ります。長島の蔵ノ元から天草の牛深までフェリーが行き来し、そのフェリーに乗船して天草に行こうと思います。この阿久根から長島の道程は、とくに印象がなくごく普通... [続きを読む]
  • 野間崎
  •   ◎野間崎という港に着いたのですが、割と大きな港で人も大勢住んでいました。ひとまず安心しましたがここは端っこでは無いので、細い山道に入りすれ違いできない道を進みました。高台の上に広い場所があり駐車場もあり、野間崎ウインドパークという鯨のモ... [続きを読む]
  • 杜氏の里
  •   ◎何か帆船の帆のようなモニュメントがあるので、何かあるのではと思い停車しました。そこには杜氏の里とありましたので、おそらく近くに酒蔵があるのでは。酒蔵と言ってもこちらでは清酒ではなく芋焼酎ではないかと、気候が暑いので米の発酵には適さない... [続きを読む]
  • 秋目浦
  •   ◎鑑真記念館のあるこの辺りは秋目浦と言う海岸で、ごつごつとした岩礁の点在する海岸です。この案内看板によると坊津の秋目浦と鑑真記念館と映画「007は二度死ぬ」のロケ地 と言う事で、ここで外国映画のロケが行われた事をはじめて知ったしだいであ... [続きを読む]
  • 鑑真大和上
  •   ◎こんなゴツゴツした入り江が続く海岸線を、ひた走り何の計画もなく目ぼしいものを探します。何か興味を引くものは無いかと周囲を探しながら走りますが、何の手ごたえもなくただ通り過ぎて行きます。ひとつだけ先方にトンガリ山があって、それを見ながら... [続きを読む]
  • 立神岩
  •   ◎枕崎の港から海沿いに走ってくると、何やら何処かで見た様な光景がありました。何処かに似ていると思いましたが、そうです積丹半島の神威岬のようです。岩山が海に突き出してその先にポツンと立神岩が立っている、形こそ違いますがまさに同じ成り立ちを... [続きを読む]
  • 枕崎駅
  •   ◎ついに鹿児島の端っこ枕崎駅に着きましたが、ちょうど朝の8時なのでそこそこ人が居ました。そこには最南端終着駅と書いてありますが、最南端は西大山駅なのですが終着駅は此処です。終着駅のモニュメントがありまして、ライオンズクラブ寄贈とかでここに... [続きを読む]
  • 本坊酒造
  •   ◎開聞岳のベストビューポイントからまた走り出すと、本坊酒造という看板を見つけました。本坊酒造とは昔見学した信州駒ヶ根にあるウイスキーで、懐かしい名前なので来てみました。こちらはまだ早朝なのでとうぜん人の気配もなく、ひっそりと静まりかえっ... [続きを読む]
  • 開聞岳とお別れ
  •   ◎そして翌日の朝に開聞岳のところまで戻って、長崎鼻を通り枕崎に向かいます。長崎鼻から見る開聞岳が一番形が良く、まさに薩摩富士といった感じです。そして開聞岳の麓を横切りここから反対側の枕崎方面に走るわけですが、お天気は昨日と同じで小雨模様... [続きを読む]
  • 指宿で車中泊
  •   ◎指宿にはラクダのコブのような島があり、前回来た時の印象が残っています。天気がぐずついているのでこんな時は温泉に限りますが、砂風呂の陽気じゃないので日帰り温泉を探します。カーナビで温泉を検索すると近くにヘルシーランドがあり、ホテルの日帰... [続きを読む]
  • 西大山駅
  •   ◎わりと近いところに西大山駅はありましたし、来て見ると素朴な駅舎で端っこの雰囲気はあります。最南端とは行っても終着駅ではなく緯度が南だと言う、あまり感動のない状況でした。この路線は枕崎方面に走りまして、そちらが終着駅になるので単なる通過... [続きを読む]
  • 開聞岳
  •   ◎池田湖から海岸付近まで下って来ますと、雲の間から開聞岳が見えて来ました。いっきに開聞岳の正面から道路を上がり、車で行けるところまで来ました。そこは開聞岳登山口二合目と言う看板があり、このあたりの駐車場に車を置いて山登りするのだと思いま... [続きを読む]
  • 池田湖
  •   ◎この曇天の中ですが池田湖の畔までやってきましたが、梅雨入り宣言のあと晴天が続き今はこれです。残りの日にちも好天は期待出来ませんが、雨が降らない事を祈るばかりです。晴れていると対岸に薩摩富士と言われる開聞岳が見えるのですが、前回との二回... [続きを読む]
  • 知覧特攻平和会館
  •   ◎そして知覧と言えば特攻隊の平和会館のあるところで、記念館とか言わないのは記念するものではないからでしょう。以前は正面入口でしたが、今度のカーナビさんは裏口が好きなようです。駐車場から裏口を入ると、三角兵舎という特攻兵の居住屋がありまし... [続きを読む]
  • 知覧と英国
  •   ◎この家は武家屋敷とは言うものの、農家のような造りでした。知覧型二ッ家となっておりますが、東北の方で見た南部曲り家に似ています。結局は家同士を繋いで雨の日も風の日も、内部で行き来出来るようにした、いわば不便をなくす工夫だったのだと理解し... [続きを読む]
  • 知覧武家屋敷群
  •   ◎美術館が空振りにおわり雨の知覧まで来ましたが、知覧の武家屋敷群と言う場所でがあったので停車します。小高く石垣を積んだところに屋敷が並んでいて、なぜ高くしているのかは分かりません。もしかして川が氾濫するとかの理由か、戦略的な理由があるの... [続きを読む]
  • 児玉美術館
  •   ◎天気が悪いので鹿児島市から指宿へ向かおうと、市内を抜けてカーナビを見て見ました。途中に関東では見慣れた児玉という名前が眼に留まり、こんな九州の果てに何故この名前が?。埼玉県の児玉と言う土地に源平の頃に、武蔵七党と言う野党連合がありまし... [続きを読む]
  • 城山公園
  •   ◎ここからの写真に日付けがないのは、急遽中古カメラを求めてキタムラカメラ鹿児島に行きました。カメラの故障で中古カメラを購入にて、その足で城山公園に来たのです。カメラのテストを兼ねて風景を撮ったのですが、相変わらずの梅雨空で奇麗な風景は期... [続きを読む]
  • 仙巌園の見学を終る
  •   ◎こちらの石組みは反射式の溶鉱炉でして、ここで金属の溶解をして大砲などの製造をしたとか。そんな技術の高さが江戸幕府の政治に物申す、となったような気がします。武士の本分である戦いでありますが、薩摩は高い技術力によって日本の夜明けに貢献した... [続きを読む]
  • 文化遺産のかずかず
  •   ◎かなり広いのであちらこちらを見て歩くと疲れますが、この石段の下にはドラマ”せごどん”で撮影されたと書いてありました。薩摩の繁栄は武力ではなく技術力があり、そのための文化遺産がこの磯庭園のなかに残っています。その技術が日本の発... [続きを読む]
  • 磯庭園を歩く
  •   ◎少し開園時間まで車の中で待って、開園一番に入場料を払い入園しました。入口の門をくぐると何やら香ばしい匂いがして、朝飯前の空腹感にはたまりません。それでも見学が終ったら駐車場で食事にするので、ここは我慢して余計な出費を抑えて行かなければ... [続きを読む]
  • 仙巌園(磯庭園)
  •   ◎道の駅垂水にて夜は温泉とその後土産物を物色、知人や縁者にお酒を送ったりしました。一夜が明けて朝の風景ですが、雲って鹿児島では二日続けて梅雨空です。とりあえず雨は降っていないので傘の用意をして、これから鹿児島市内に向かって出発いたします... [続きを読む]
  • 道の駅,霧島
  •   ◎霧島神宮の参拝を終えて次の目的地を捜すので、道の駅霧島へやって来ました。こちらは山の中なので霧が出ていまして、まさに霧島というくらいで霧の中です。今日一日はこんな天気が続くと言う天気予報なので、ここは覚悟を決めて車内にてネットの更新な... [続きを読む]