阿吽倶流(アンクル) さん プロフィール

  •  
阿吽倶流(アンクル)さん: 阿吽倶流の彷徨い日記
ハンドル名阿吽倶流(アンクル) さん
ブログタイトル阿吽倶流の彷徨い日記
ブログURLhttp://anku-samayoi.jugem.jp/
サイト紹介文昭和のおじさんの車中泊、冒険旅行の日記です。
自由文昭和のおじさんが車中泊しながら日本を旅する冒険物語です。或る時は砂浜にタイヤを取られ、また或る時は落雷、土砂降りの中で就寝、そして木曽谷では氷点下でフロントが凍りつくなど、何があるか判らない旅を楽しんでいるのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/04/26 13:17

阿吽倶流(アンクル) さんのブログ記事

  • 外海(そとめ)に来ました
  •   ◎外海と書いてそとめと読みますが、そこにある道の駅までやって来ました。少し雲はあるものの青空が見えて、午前中のすがすがしさが残っています。今回の旅で行きたい場所の候補は高知県のモネの庭と、長崎県の池島で車中泊すると言う計画を行程に織り込... [続きを読む]
  • 天気が良いので予定変更
  •   ◎河川敷には赤い絨毯のようなものが敷かれ、夕方からイベントが行われるようです。長崎眼鏡橋は何度か来ましたが、こんなイベントの時に来た事がないのでラッキーです。でも今回は車の置き場も無いし夕方からなので、このお祭りは諦めて次に行く場所を考... [続きを読む]
  • メガネ橋へ移動
  •   ◎オランダ坂は大浦駐車場から歩いて行ける距離ですが、次に行こうと思ったのが眼鏡橋です。そこに歩いて行くと帰りがきついので、いったん車に戻り車で行く事にしました。帰り道に修復中の旧長崎英国領事館の写真を見つけ、これでも仕方ないと思い写真を... [続きを読む]
  • オランダ坂と活水女学院
  •   ◎細かい正式名称で言うと大浦東山手居留地跡と言う場所なのですが、それはそれとして要するにオランダ坂はそこにある小さな坂道なのです。車道のある石畳の坂の途中にある脇坂の道で、車もすれちがい出来ないような坂なのです。名前は大きく感じるのです... [続きを読む]
  • 英国領事館からオランダ坂
  •   ◎忘れていましたが朝食の時間でしたのでセブンイレブンで朝セブンを買い、近くの公園で食べようと歩道を歩いていました。後ろから警笛が鳴りましたが何の事やら、振り向くと電車が迫ってきました。ここは歩道ではなく軌道敷だったのです、あわてて車道に... [続きを読む]
  • グラバー園の次に
  •   ◎長崎伝統芸能館を出るとこの建物で思い出したのは、以前に来た時に売却物件でしたが誰か買ったのかな。そして大浦天主堂の前に戻ってくると、ゲートはすでに開いていて入場者もいました。入館料金とこの階段を見てびびり、まあ外観は無料なのでここから... [続きを読む]
  • 長崎伝統芸能館
  •   ◎長崎伝統芸能館の入口を入るとそこは地下空間のような場所で、階段を下りて下のフロアーに行けると言うよりも行かされる。文化財保護のためか薄暗くなっていて、歩きながらのスナップはボケまくりの写真です。とりあえず下に下りないとよく分からないの... [続きを読む]
  • 長崎港の展望
  •   ◎グラバーさんの胸像が長崎の港を眺めていますが、向こう岸には造船所や大きな長崎の世界遺産ジャイアント・カンチレバークレーンがあります。と言うのも昔の話で今は大きな障害物で全体が見えず、グラバーさんが考えてもいなかった観光ブームが押し寄せ... [続きを読む]
  • グラバー庭園
  •   ◎グラバーさんの家には温室なんかもあったりして、熱帯の植物なんかも鑑賞できるようです。やはり暗い部屋もありますが、そこには光に弱い家具などがありました。部屋の明かりの取り入れかたが考えられていて、日本家屋と大きく異なるのは障子という紙を... [続きを読む]
  • グラバー邸
  •   ◎さあいよいよメインのグラバーさんの家に入りますが、港の見えるお庭には奇麗な花壇がありました。もちろん担当の人が手入れをしているのでしょうが、グラバーさんが健在の時にはどなたが手入れをしてたのでしょう。テラスのような軒があり、そこの脇か... [続きを読む]
  • 時は流れる
  •   ◎長崎のグラバー園までお伝えしたところで、年末の大晦日になってしまいました。光陰矢の如しと申しますが残りの歳を考えますと、若い頃と違いむなしいものがあります。学生時代や青春時代の頃を題材にした歌は聴きますが、老人や高齢者の曲は聴きません... [続きを読む]
  • グラバー園探訪
  •   ◎こちらの建物は西洋料理発祥の店とありますが、こちらの方がその初代の方らしいのです。今では西洋料理とかは日常的で、和食のほうが珍しい時代になりました。友達でも居れば奮発して朝食ですが、一人旅ではどうしてもテーブルを独占するようで気が引け... [続きを読む]
  • グラバー園を下ります
  •   ◎グラバー園は幾つもの階層になっていて、そこの階層をジグザグと散策しながら下ります。坂道の途中にある洋館にレトロ写真館の看板が、覗いて見ようと思いましたがここにも誰も居ません。そしてさらに下の階層へと移動しますが、まだ誰にも会わないので... [続きを読む]
  • 日本の外国グラバー園
  •   ◎ベランダに出る前に両脇にある部屋を覗くと、奥には何と坂本竜馬のお馴染みの写真があります。すべてが板張りで歩くと軋んで音がするので、先程からそろりそろりと忍び足なのです。二階には誰もいないので足音がやけに響き、何となく緊張してしまうので... [続きを読む]
  • グラバー園の最上段
  •   ◎グラバー園はかなりの傾斜地にあるので、まずは一番最上段まで上るのがベターです。あとは下りながら見学すれば、疲れも少ないという事です。一番上にはこちらの洋館が建っているのでここから見学ですが、建物の前には広い池があり優雅に鯉などが泳いで... [続きを読む]
  • 大浦天主堂
  •   ◎朝の7時半頃に大浦天主堂の前まで来ましたが、当然ながらまだ鉄のゲートは閉まっています。なんか前に見た時よりも奇麗になったような、白いマリア様も際立って眩しく見えます。後で分かったのですが世界遺産になったので、白壁を修復してからまだ日が浅... [続きを読む]
  • 長崎に着きました。
  •   ◎ひた走り長崎に着いたのは夕刻でしたが、この時期はなかなか日が暮れません。そこで長崎伊王島 島風の湯にやって来て、海を眺める展望風呂で温泉に入りました。ここで車中泊しようと思いましたが、この近くに安心な所はなく市内のマックスバリューに異動... [続きを読む]
  • 柳川よさようなら
  •   ◎街中は住宅が密集して駐車場が少なく、川向こうに市営の駐車場があるのです。そこまで帰る道すがらの風景は、来る時とは別のコースでしたので風景が違います。沢山の和船が繋留されていて観光バスの客が、どんどん乗り込んでいて観光ツアーの一部なので... [続きを読む]
  • 柳川の散策
  •   ◎さらに柳川の町を散策していると、細い水路に舟が入って来ました。舟で潜ると人がぶつかるので観光客は頭を下げ、船頭さんは伏せるひともあり橋を上って向こうに下りる船頭もいます。面白いのでしばらく見ていましたが、橋を越える船頭は車が来たらどう... [続きを読む]
  • 北原白秋の生家
  •   ◎柳川の川辺を歩いて観光の中心部にやって来ますと、和船が通り古い町並みが並び何んとも風情ある光景です。川と柳と古い家の組み合わせで、時代劇の中の日本情緒を味わえます。ここに来る人はみんなこれを求めて、遠い所からわざわざやって来るのだと思... [続きを読む]
  • 柳川市は水路の町
  •   ◎水郷にはアヤメがよく似合うと見えて菖蒲公園もありますし、町中をぬう様に運河のような水路があります。そして舟の縁までの客を乗せた観光船が、ひっきりなしに通過して行きます。考えてみると舟の人達は降りられませんが、私は陸の上を好き勝手に歩け... [続きを読む]
  • 柳川市に到着
  •   ◎まるで絵のような風景の中、交通機関の和船が係留されています。これは川なのか運河なのか知りませんが、茨城県の潮来のような水郷なのです。茨城県の潮来の近くには大きな汽水湖の霞ヶ浦がありますが、ここ柳川の側にも大きな汽水湖である有明海があり... [続きを読む]
  • 柳川に向かう
  •   ◎本来は天草からフェリーにて島原に渡る予定でしたが、天草が熊本県で橋で市内に行けるのでこのコースにしました。関東で梅雨入りして九州は真っ只中ですので、雨が降るのは覚悟していましたが梅雨の中休みのようです。激しい雨もおさまり途中の菖蒲祭り... [続きを読む]