多摩川音響 さん プロフィール

  •  
多摩川音響さん: 蒼色茶房
ハンドル名多摩川音響 さん
ブログタイトル蒼色茶房
ブログURLhttp://tamaon.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ブズーキ・ウード他、アコースティック楽器とエレクトロニクスを使った、多重録音による音源。機材紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/04/27 09:55

多摩川音響 さんのブログ記事

  • Solo - 独奏 -
  • 知人のミュージシャン岡田氏よりライブのオファーをいただきました。久しぶりで即興性の高いイベントなのでここは思い切ってソロで参加することに。楽器はご紹介したピックアップ搭載した9弦ギターかフルアコを使ってみる予定。とりあえずソロ演奏を録音してみて客観的に判断してみる。clearday.mp3実はサスティンが長くなって、音も煌びやかなのでちょっと勝手が違う。さて当時まであれこれ考えてみよう。ライブのお知らせ。<Fla [続きを読む]
  • 地味だが重要なパーツ
  • フルアコのギターというのは「これぞ」の1台を所有したいと思いつつ、何度も買い換えているのだけど、ようやく巡り合ったのがこれ。フジゲン製なのだけどこれがこの価格帯としてはえらくバランスがいい。レスポンスも抜群でサークル・フレッティング・システムとも相まってピッチがとても正確。自分が使っているオープンチューニングのユルユルテンションでも安定している。フジゲンさんはアイバニーズの製作なども行っているので [続きを読む]
  • マグネットピックアップを搭載 そして楽器断捨離中
  • John Butlerの動画が興味深い演奏だったので、最近あまり使っていなかったブズーキ仕様のギター(ギターボディのブズーキ)に、これまた温存していたパッシブのマグネットピックアップを取り付けてみた。ちょいとゴツイがいい感じである。下がその動画。僕はボディヒットなどはほとんどしないのだが、なんとなく共通点もあるようで。よくみるとこのギターも変則的な弦数である(11弦!)。さて先週から楽器を手放すことにしてまず [続きを読む]
  • Baden Powell
  • 夏だからというワケでもないのだが、今週はBaden Powellばかり聴いている。それというのも、Baden Powellが一番乗りまくっていた(もうなんか憑依してるんじゃないかと思うぐらい)60年代後半から70年代のライブアルバムが入手できるようになったからである。フランスのギターイベント時の音源を聴いてその片鱗は知っていたが、やはりまとまって聴けるというのは嬉しい。上の動画はその時期のもの。この曲は<Samba Triste>という [続きを読む]
  • レコーディングの方法
  • 今日は新しいレコーディング手順を試してみる。これまではリズムのある(テンポが一定)の曲の場合、先にBPMを決めベーシックトラックを作ってそれを聴きながら弦楽器を演奏していた。ただ1曲の中でテンポの無い(フリーテンポということ)部分では、リズムを聴きながらそれを無視して(笑 演奏する必要があった。実際なかなか気持ちのよくない事なので、逆に適当に弾いたものにリズムを重ねてみるということを試してみた。こちら [続きを読む]
  • Mary Halvorsonというギタリスト
  • 最近とても気になってCDを購入したり動画を観たりしているギタリスト。聴いていただくとわかると思うが一筋縄ではいかない音楽を創造している。こういうミュージシャンがもっと当たり前に聴かれるようになると音楽はもっと面白くなると思う。なぜか昔の歌謡曲とかヒットソングを聴いてみている。歌詞も合わせて。今の耳で聴くとまた実に面白い曲がけっこうある。有名曲のオリジナルとカバーを聴きくらべるのも面白いです。 [続きを読む]
  • シンクロナイズドトレモロとオカルト
  • 僕がよく拝見しているブログでストラトのパーツ交換のネタがあった。余談だがこのブログ主の方とは音の嗜好というかがとても共通しているのと、文章表現が的確なので参考にさせていただくことが多い。さて今回興味をひかれたのがシンクロナイズドトレモロに関する事。エレキギターの音というのはこだわりだすとハンダレベルまでいきついてしまって、常人にはなかなか理解しがいものがあったりする(笑 g本人も「オカルトでは」と [続きを読む]
  • ラジカセ
  • ラジカセを買った。テープ作品をリリースしていながら聴ける環境がないというのは無いなあと(笑 実は昨年末の大掃除でカセットデッキとカセットウォークマンを発見していたのだが、カセットデッキは譲ってしまおうと動作チェックをしたら電源は入るものの動かず。慌ててウォークマンををチェックするも同じような状況。やはりモーター系機器というのは動かしてないとダメになるようである。家電量販店に行くのも面倒だし、例よっ [続きを読む]
  • Collaboration
  • このブログには一番縁遠いと思われるこの画像(笑 これは多摩川音響のファースト音源でお世話になっている千里レコードさんのカセットを取り扱っていただいている、中目黒のお店WaltzとGUCCIがコラボレーションすることになったらしく、イベント配布用として製作されたコンピレーションカセットです。有り難い事に千里レコードから鈴木 庸聖さんと多摩川音響の音源が選ばれました。家にカセットデッキがないので他の方の音源が聴け [続きを読む]
  • The Blind Swordsman
  • 今日は一日サンプラーと格闘。ほったらかしだったので使い方をすっかり忘れていた。今回のレコーディングではメイン楽器の一つとして復活させる予定。で、話変わって画像は僕と同年代の方ならピンとくるであろうこのタイトル。そう勝新太郎の「座頭市」シリーズである。ブルーレイ9枚組の全25作品。国内版のボックスセットだと6万円ぐらいするが、こちらは北米版なので三分の一以下のお値段。Criterion社というところが日本の映画 [続きを読む]
  • 春のギター
  • 今年の花粉症は酷い。しかも、近頃はヒノキの方が症状が顕著な気がする。薬があるので昔よりはだいぶマシになったような気もするが、ヒノキの症状は喉が痛くなるのが辛いところ。さて入手後全く触れていなかった楽器を持ち出す。ギタリストなら一度は弾いてみたい(? ポルトガルギターである。これがなかなかの難物。まずチューニングが特殊。低い方からDABEAB。弦楽器ではまずなさそうなチューニングである。しかもこのチューニ [続きを読む]
  • 125とチューニングと
  • 今度の楽曲は、「ソフト音源だけでなくなるべく実際の楽器を演奏してみよう」と思ったので、まずはパーカッションの類を演奏してみることにしてスリットドラムから試してみる。前の音源も打ち込みではなく人力だったので大丈夫だろうと思っていたら、えらい下手くそになっていた(笑 やっぱり使う部位が違うとダメらしい。一旦想定しているBPMに合わせるのを止めて自分の好きなテンポで叩いてみると、どうもBPM125が自分のなかで一 [続きを読む]
  • 今度はDoors
  • なんと今頃Doorsのワイト島ライブの完全版がでました。学生の頃に少しの間でしたがカバーを演奏した事があって、最初は「変わったバンドだなあ」と思いながら聴いていました。聴いているうちにじわーっと面白くなりだして(ギタリストのロビー・クリーガーがまた変わったフレーズを弾くんですよね)、後になってリマスター盤が出た時はまとめて買ってしまいました。さて今回の映像ですが、照明を忘れたとか嫌ったとかでステージが [続きを読む]
  • WingBass音源、ギターマガジン
  • なかなか手強かったWingBassのデモ音源ができました。「4」となっているのは「3」をつくりかけて上手くいかなかったから(笑 どーもシンセ音源のドローンと相性が悪いというか、近い感じの響きになってしまうようです。なので今回はシンセの類は無しで。https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/eclosion3-wingbass-demoで、久しぶりにギターマガジンを購入。表紙からわかるようにほぼまるごとジミヘン特集号。新しいアルバムも [続きを読む]
  • しばらくヒキコモリの期間と
  • ライブ終了。足を運んでいただいた方、ありがとうざいました。ギ―さんはほんとに演奏し易い。さて、ここからは本格的に3枚目のアルバム製作にかかりたいと思います。今度は完全ソロ作の予定。合間を見て他のプレイヤーとのデュオのレコーディングをやろうかと。年内にメドをつけたいですね。画像はずーっと読みたかった石ノ森章太郎(当時は石森章太郎)氏のコミック。昔サウンドレコパルという雑誌があってそれに掲載されたいた [続きを読む]
  • ジミヘンの新譜がでるそう
  • ジミヘンこと(笑 Jimi Hendrixの新譜がでるそうです。<Both Sides of the Sky>というタイトルで3/14に発売です。Eddie Kramerが関わるようになってこれまで未発表音源を集めた「新譜」は3枚ほどでてるはずで、さすがにもないだろうなあと思っていたらまだあったようですね。音源も公式に公開されています。おお!これはかなりタイトでカッコいいのではないでしょうか。是非入手したいと思います。Jimi Hendrixは、しばらく前から [続きを読む]
  • ライブ準備
  • 今日はライブに向けてマルチエフェクターのセッティング。前回お話ししたZoomですが、なんせエフェクトの数が多いので(ありがたいのですが)選ぶだけでもなかなか大変です。アコースティックセット用を5種類ほど組むのに半日使ってさいましました。ちなみに新しいピックアップとの相性はとても良いです。画像は、長い間メインとしていたピックアップ。これはなんと手作りなのです(もちろん製作したのは僕ではないのです)。今か [続きを読む]
  • 工作の時間
  • 休日は主に工作の時間となりました。すぐできるだろうとタカをくくっていたら、思ったよりも時間がかかってしまいました。まずはライブ仕様のブズーキのピックアップ。今回amazonで見かけた中国製のチープそうなモノをセレクト。ブズーキのサウンドホールは小さいので、通常のアコギのものは使用できないものがほとんどなのですが、これはかなり小型だったのでイケるのではないかと。思った通り無加工(ギリギリでしたが)で取り付 [続きを読む]
  • Liveのお知らせ - 機材を見直してみる -
  • 久しぶりに多摩川音響出のライブです。場所は前回に引き続き国分寺のギーさんです。このお店は音の感じがとても良くて演奏し易く大好きなハコであります。今回はトンバク、ダフ(パーカッション)の蔡怜雄君とのデュオです。対バンもオリジナル楽器の尾上氏とダルブッカ、フレームドラムの久田氏のデュオと興味深い組み合わせです。<多摩川音響ライブ>2018年3月11日(日)国分寺 Giee(ギー)http://giee.jp/オープン:19:00スタ [続きを読む]
  • Zoom MultiStomp - エフェクターボードを組んでみる -
  • ここのところエフェクターはもっぱらZoomのMS-100BTのみで臨むことがほとんどでしたが(エフェクターボードが重いので(笑 )、録音用に買ったエフェクターも増えたきたのと、Zoomだけだと少しばかりパワー不足のエフェクトがあるので、最近のエフェクターボードで小さいものを組んでみることにしたのです。であれこれ調べていたら、なんとMS-100BTは生産終了となっていてその代りにMSシリーズのギター用、ベース用が格段に進歩して [続きを読む]
  • 次録 - WingBass デモ 2 -
  • さてさてまたWingBasのデモ。ピッキングの工夫で若干活舌がよくなったか(笑 うーんもう少しですなあ。https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/eclosion-2-wingbass-demo-2雪が降ったかと思ったら、寒い日が続きますね。インフルエンザも流行ってきてるとか。そんなこんなですが、今週に昔の仲間と久々にセッションです。皆忙しいのに時間を調整してもらってほんとにありがたいです。僕の今のアプローチがどんなふうに絡めるか楽 [続きを読む]
  • STEINBERGERというギター
  • WingBassでの録音を聴きなおすと活舌が悪すぎる(笑 ので、改善の為の問題を研究(とてもこのままでは音源として世に出せない)。結果、当たり前なのですがやはりピッキングの問題かなと。これまでブズーキなど比較的テンションの弱い楽器を「どうやって鳴らすか」を考えてきたので、ピッキングが軽めになっていたようです。ただ今の厚さのピックでハードピッキングすると音がブライトになりすぎる。そこでブスーキだと音色が暗くな [続きを読む]
  • また聴きなおしています- Fairport Convention -
  • Pentangleに続いて聴きなおしているミュージシャン(グループ)があります。 Fairport Conventionなのですが、ここも「敢えて聴かない」ミュージシャンにしていたのですが(笑) Pentangle解禁とともに手持ちのアルバムを聴きなおしています。やっぱり個人的には2枚目のアルバムがいいですね。単純にSandy Dennyがいるからなんですけど、この方の歌はやっぱり別格。僕は最近歌モノの楽曲はほとんど聴かないのですが、久しぶり聴い [続きを読む]
  • 初録 - WingBass デモ -
  • 新年初録音は、前回ご紹介したWingBassをメインにしたデモです。ついでにウッドベースのソフト音源も足してみました。https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/eclosion-wingbass-demoやはりこの楽器はなかなか面白いのですが、問題点もあります。ショートスケールで1オクターブ高いチューニングなのでテンションがそれなりにあります。いつものように6分程度弾き続けると指がなかなか厳しい。まあこれは自分の問題なので、フィジ [続きを読む]