いったくん さん プロフィール

  •  
いったくんさん: マンション洋蘭
ハンドル名いったくん さん
ブログタイトルマンション洋蘭
ブログURLhttps://ameblo.jp/tmishida123/
サイト紹介文洋蘭栽培のブログです。 マンションのベランダでやってまーす。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/04/28 08:05

いったくん さんのブログ記事

  • デンドロ スミリエ
  • デンドロ スミリエ(Den. smillieae)です。 今週も撮り貯め写真で失礼しますぅ。このスミリエをはじめ、ニューギニア系は冬でも成長するので温度高めで水を切らさないというのがネットで良くみる解説ですね。それで、ずーっとプラ鉢+バークのセットで育てていたのですが、冬場が乾燥気味で元気をなくしているような気がして、今年の春にビニポット+水苔の超びちゃびちゃセットに変えてみたのです。これが、見事にハズレまし [続きを読む]
  • デンドロ ユニカム
  • デンドロ ユニカム(Den. unicum)です。 いよいよ師走!クリスマスソングもチラホラ聞こえるようになりましたね。ただ、ウチの冬の蘭たちは蕾がだんだんとふくらんで来ているのですが、開花にはもう少し時間がかかりそう。それで以前に撮ってあった花の写真をゴソゴソ探していたところ、このユニカムを見つけました。 ユニカムはネット情報によるとそれほど暑がらず、普通種に近いイメージがあったのですが、なぜか年々 [続きを読む]
  • ファレノプシス スマトラーナ
  • ファレノプシス スマトラーナ(Phal. sumatrana)です。 今年は冬が早いですね。屋内に取り込んだ蘭も、寒がりの蘭はワーディアンケースに入れてヒーターを付けました。真冬モードのスイッチON!このファレノプシスは熱帯のイメージがありますが、なぜか一輪咲きました。ある種の狂い咲きかな。 一輪でもウチでは花の少ないこの時期に咲いてくれるのは貴重なんです。人間社会でもこんなマイペースな存在、助かるときあり [続きを読む]
  • 咲くやこの花館 秋の洋ラン展(2017)に行ってきました
  • 咲くやこの花館 秋の洋ラン展(2017)に行ってきました。関西の蘭シーズンの始まり(と個人的に思っています)、いよいよこの季節が来たなぁって感じです。気になった蘭を少しですが紹介したいと思います。 まず、カトレア ジェンマニー。 時期的にラビアタ、マキシマ、それと今年は特にジェンマニーが多かったですが、中でもこのジェンマニー。ジェンマニーってこんな大きな花だっけ?って感じでした。堂々のHCCでした。ブ [続きを読む]
  • パフィオ エス グラトリックス
  • パフィオ S.グラトリックス(Paph. S. Gratrix)です。 通称、グラトリです。名前にイニシャルみたいなのが入るんで画期的だなぁと気になっていたパフィオで、先日花付きを入手しました。グラトリはリューコキラムとベラチュラムの交配です。どちらもパフィオじゃたいへん人気が高くてビッグカップルですね。特に、この頃はリューコの勢いがすごいです、ブラックタイプがね。この株も黒点が結構つながってベタ黒の部分があ [続きを読む]
  • カトレア ジェンマニー
  • カトレア ジェンマニー(C. jenmanii)です。 ウチでは初花です。 最近、初花が続いてホント楽しいッス。 このジェンマニーは昨年、滋賀のとあるらん屋さんで「カイガラムシ有り」と書かれて格安でワゴンに放り込まれていたものです。カラカラに干からびていたのですが、カイガラムシは問題なく、今年は全然期待していなかったのですが咲いてくれました。 写真じゃ分かりづらいかもしれませんが、コンカラーです。 ウチで [続きを読む]
  • カトレア アラオリ
  • カトレア アラオリ(C. alaorii)です。 ウチでは初花です。次々とバルブが増えてくるので今か今かと開花を待っていたのですが、ようやく蕾を付けました。 赤ちゃんの肌のような繊細なほんのりピンク。こんな感じだったんですね、はじめましてと言いたい。一つ花が終わったあとにもう一つ咲きました。 ここまで相性がいいのか、結構、順調に育っています。3号鉢ぐらいになると相当豪華になるのでそこまでいきたいです。 [続きを読む]
  • ハベナリア ロドケイラ
  • ハベナリア ロドケイラ(H.rhodocheila)です。 サギ草の仲間、地生ランです。ところで、子供のころ、植物図鑑や昆虫図鑑で「***の仲間」ってよく見たのですが、それを見るたびその仲間が手をつないで笑っているようなイメージが沸いてきてなんかキモっと思ったことを思い出しました。さてロドケイラですが、昨年は土植えにしたのですが、成育悪く開花までいきませんでした。 何とか球根はできたので、今年は水ゴケ+素焼き [続きを読む]
  • カトレア アロハケース
  • カトレア アロハケース(C. Aloha Case)です。 ウチでは初花です。 アロハケースはミニパープルとワルケリアナの交配で、ワルケリアナが75%、プミラが25%掛かっています。 ワルケリアナに憧れているのですが、ウチのワルケリアナは沈黙してなかなか咲かず。 それでワルケリアナがいっぱい入った交配を買ったわけです。 ミニパープルより半歩ほどワルケリアナに近づいたか...。 交配なのでやはり強いです。 花の少な [続きを読む]
  • カトレア ダイアナ
  • カトレア ダイアナ(C. dayana)です。 今年もくるっとカールしてしまいました。 でも、花が少なるこの季節、咲いてくれれば上等です。いわゆる、プミラ3兄弟の一つですが、3兄弟の中では一番相性がいいです。長男のプミラは3回挑戦して3回とも★に、今年はついに断念しました。その点、ダイアナは芽吹きも、花付きもなかなかよいです。 話は変わりますが、このブログの写真から毎週一枚だけインスタグラムに上げて [続きを読む]
  • デンドロ ブラクテオサム
  • デンドロ ブラクテオサム(Den. bracteosum(×tannii))です。 先週のDen. Hibikiとキッチリ同時期に咲きます。早めなら二つとも早め、遅めなら二つとも遅め、さすが親子です。そうねぇ〜、かあさんもなーがいのよぉ〜♪みたいな。でも、このブラクテオサム、今年はちょっと寂しいことに...。 ミニミニサイズになってしまったのです。実は昨年株分けしまして、その際にこれまでのバークでは成育がイマイチ [続きを読む]
  • デンドロ ヒビキ
  • デンドロ ヒビキ(Den. Hibiki)です。 毎年、晩夏から初秋にキッチリ花を付けてくれる楽チンな優等生蘭です。コイツも葉焼けさせてしまいましたが、そんなことお構いなしです。ちょっと葉っぱが痛々しいですが、点模様だと思ってくださいね。 ヒビキはリービフォリウム(Den.laevifolium)とブラクテオサム(Den.bracteosum)のプライマリー交配です。原種の一代交配ですから昔からあるのかなと思いきや、2009年の [続きを読む]
  • デンドロ サンデレー ルゾニカム
  • デンドロ サンデレー ルゾニカム(Den. sanderae var. luzonicum)です。 一見、白のシンプルな花なのですが、キラキラしていて複雑な模様の繊維も入り、ノーブルな感じがします。今年はちょっと遅かったけどウチでは夏に咲きます。度々、お話していますが昨秋葉焼けをやってしまい、このサンデレーもかなりの数の葉が落ちてしまいました。 大丈夫かなと思っていたのですが、最近新芽を発見し、ホッとしました。サンデレーは [続きを読む]
  • デンドロ. ペナン リトル マジック
  • デンドロ ペナンリトルマジック(Den. Penang Little Magic)です。 いい感じで捻じれています。色も渋いっす。スパチュラータ系と言うと木みたいにドでかいのがありますが、コイツはなんと2.5号サイズです。このデンドロはlasiantheraとcarroniiの交配で、lasiantheraはスパチュラータ系を代表するビッグなデンドロですが、ミニのcarroniiを掛け合わせることでテーブルサイズになりました。まさに、リトルマジックですわ。 [続きを読む]
  • ブラサボラ ノドサ
  • ブラサボラ ノドサ(B. nodosa)です。 ノドサの代名詞'Susan Fuchs'です。ウチでは2年振りの開花です。一輪咲きなので結構デカイです。咲いたと思ったら新芽も出しました。成長サイクルがあってきたのかな。 さて、9月に入りました。つい一週間前は市民プールから心地良い子供の歓声が聞こえていたのですが、秋っぽく朝晩の気温は下がり、空気もサラサラになりました。ちょっとびっくりするのは、ハロウィンのCMが始まっ [続きを読む]
  • バルボフィラム ビカラー
  • バルボフィラムビカラー(Bulb. bicolor)です。 個性的で魅力的な花が多いバルボの中でもビカラーは点々と縞々がとっても綺麗です。なんかこの世の花とは思えない、不思議感全開です。 ただ、例の臭いがします。ぷ〜んと蠅がやってきそうな...。鼻をつまみながらいいなぁ、いいなぁと見ています。あと、バルボは匍匐が伸びて場所を取るのが多いのですが、コイツはそんなに伸びないのでよいです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドックリリア ワッセリー
  • ドックリリア ワッセリー(Dockrillia wassellii)です。 棒状の葉に羽音の聞こえそうな虫みたいな花をいっぱい付けます。匍匐茎が分かれて複数の花が立ち上がると結構豪華になるのですが、ウチのはまだ一本です。どうやったら匍匐茎が分かれるかご存知の方がいたら是非教えてください。 虫と言えば、今夏も出てきました、ヤスデです。何の害もないのですが、夜は動きが活発になり、見てしまうとウェッて感じになります [続きを読む]
  • カトレア ブリゲリ
  • カトレア ブリゲリ(C. briegeri)です。 ロックレリアを始めて約3年、なかなか苦労しています。乾燥させるのがいいのか、いや水好きのもいるらしい。暑いのが苦手?だとしたら夏場は日光より涼しさ重視?冬はいつぐらいまで戸外でねばったらいいのか、全くのカラカラで?そうこうするうちに一つ、また一つ★に...、あ〜合掌。そんな中でようやくブリゲリが咲いてくれたのです。 たった一輪。でも、肉眼ではよ [続きを読む]
  • デンドロ スズキイ
  • デンドロ スズキイ(Den. suzukii)です。 花の感じはなんか気難しそうなオーラを出しているのですが、実はこのスズキさんは意外に強健で付き合いやすいのです。以前もお話ししましたが、昨秋、屋内取り込み後、直射日光を当てて結構な鉢で日焼けをやらかしてしまいました。中には葉がボロボロ落ちて★になったものも...。このスズキさんも変色はしたものの何とか持ちこたえ、ちゃんと花を咲かせ、新芽も出してくれました。 [続きを読む]
  • フウラン
  • フウランです。 ニッポンのバンダ、真夏の蘭です。一昨年植え替えしたので昨年はちょっと勢いがなくなりましたが、今年はどうにか復活してきました。 とっても良い香りです。リラックスさせてくれます。毎日蒸し暑いですが、この香りにつつまれると3℃くらい気温が下がった気がします。思えば、夏は香りの季節ですね。蚊取り線香のユラユラした煙、花火の火薬、プールの水のカルキ...。まぁ、縁遠くなった香りもあるけ [続きを読む]
  • デンドロ クリスタリナム
  • デンドロ クリスタリナム(Den. crystallinum)です。 このようなピンクと白と黄色のデンドロにずーっと憧れているのです。これまで、チャレンジしたのが、ワーディアナム、デボニアナム、ファルコネリ、ところが全部★に。このクリスタリナムが4度目の挑戦となります。この写真は蘭屋さんから買ってきた直後に撮ったものです。 さっすがプロの仕事です。 最初で最後の花にならぬようガンバルぞー。 さて、先週の三連休 [続きを読む]
  • マキシラリア テヌイフォリア
  • マキシラリア テヌイフォリア(Max. tenuifolia)です。 いつものようにものすごいバニラのような香りを発散させ、存在感を示しています。ただ、花はあまりきれいくない...と思っていたのですが、よく見るとリップの点々はクッキリしていてなかなかいい感じです。草間彌生さんの点々のような。 お豆さんのようなバルブも面白いです。マキシラリアはちょっと不思議で個性的なものが多いですね。 さて、おまけで [続きを読む]
  • ウチョウラン
  • ウチョウランです。 雨の時期、ウチョウランが似合いますね。しっとり感があり、それでいて艶やかさもあり。雨男とか雨女とかあるけどウチョウランは雨花ってところか。今年はオチビちゃんも花を付けましたよ。 とは言え7月、七夕も過ぎまして会社の近くでは早くもセミが鳴いています。うっかりすると狂暴な太陽で葉焼けみたいなことに。実は昨秋に結構なランを葉焼けさせてしまい、もうガッカリだったのです。 [続きを読む]
  • デンドロ トランツァニー
  • デンドロ トランツァニー(Den. trantuanii)です。 バックが黒いと若干イカツク見えますが、ほんのりピンクのかわいいデンドロです。昨年は植え替えでちょっと勢いがなくなり、花数も寂しいのですが、今年は新芽も順調で調子が戻ってきたようです。 さて、今日から7月。先週くらいから梅雨が戻ってきましたが、青空が出たときには「おっ夏や」と思いました。今朝は湿気と風の感じで空気の入れ替わりを感じました。なん [続きを読む]
  • カトレア ミニパープル
  • カトレア ミニパープル・セルレア ’ヒトミ’(C. Mini Purple, coerulea 'Hitomi')です。 これは少し前、春先に咲いたものです。前回が2016年10月なので半年ぐらいでまた咲いてくれました。冬の間、ワーディアンケースの中、横から光が入る環境で成長したのでバルブがほぼ水平に伸びてしまいました。支柱でグイッと曲げて、折れてしまわないかと心配でしたが、ギリギリ何とかそれらしい格好になりました。 さて、夏至 [続きを読む]