san-ai さん プロフィール

  •  
san-aiさん: コウモリ対策 NO1
ハンドル名san-ai さん
ブログタイトルコウモリ対策 NO1
ブログURLhttp://koumori-taisaku.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文年間60軒の施工実績 18年で900軒以上の防除施工を実施。顧客満足度100%
自由文年間60軒以上の施工実績。
既に900軒を超す施工技術は、和風木造住宅・ハウスメーカー軽量鉄骨・マンション・物流倉庫・病院・アパート・デザイナーズ住宅と、全ての建築物を経験 。
豊富な実績で、どんな建物でも、追い出し・再侵入防止を確立。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/04/28 18:34

san-ai さんのブログ記事

  • 自作でコウモリ補修材料
  • コウモリ対策が連日続きます。お客様のお話しだと、他社との相見積もりだったらしいですが、弊社で施工と言う事で、ご依頼賜りました。現場は、補修箇所の殆どをステンレスメッシュのネットを加工して取付けます。前日までに、ステンレスネットを折り曲げ機で自社加工します。隙間のサイズに合わせ、補修材を微調整しながら手作りします。一般住宅外壁に入る水切り金。 壁換気工法のお家なので縦に胴縁が使用されています。外壁サ [続きを読む]
  • コウモリ追い出し用出口作成
  • 狭い空間を好むアブラコウモリの棲み家は、壁の中の僅かな空間や隙間、瓦の下や軒天井内に棲み付きます。狭く閉ざされた空間に潜むアブラコウモリは、天井裏で燻煙処理や忌避剤をスプレーしたとしても、出て行くのはほんの一部にすぎません。特に断熱材が隙間無く補填された住宅や、ウレタン吹き付け断熱処理をされたお家では尚更です。建物に棲み付いてしまったコウモリを敵確に追い出すには、キウモリの性質を利用して追い出す方 [続きを読む]
  • 格子のコウモリ
  • 和風住宅の妻側に使用される格子。外壁がリシン吹きの妻側に取り付けられた、飾り格子にコウモリが休憩にやって来ました。格子の下の庇には思わぬ糞が堆積して居ます。庇の上には真っ黒な糞が堆積昼間なのに本来の巣に戻る事も無く格子中にむらっがて止まっています。格子の桟にコウモリの脱糞が山盛り状態に成って居ます。 [続きを読む]
  • 断熱材を掻き出して侵入するコウモリ
  • 1階の屋根瓦が2階の壁面に接する部分にはコウモリが侵入する事がしばしば起こり得ます。通常は、侵入口が黒ズミ 侵入口の下にはコウモリの糞が落下する事が多く、気付かれます。しかし、侵入口の下に窓用の庇が有ったりすると、見えない部分に脱糞が堆積し気付く事に遅れがちに成ります。侵入口の下に有るヒサシ上に堆積した、コウモリの糞と侵入時に引っ掻き出した断熱材の端切れ1階の瓦が2階外壁に接する部分は、こうもいr侵入 [続きを読む]
  • コウモリ飛来防止はネットバリア施工
  • 9月はコウモリが外壁に飛来し、休憩が多く成ります。9月はその年に誕生したコウモリも頻繁にエサ取りを始め、餌場近くの外壁に休憩のやって来ます。外壁への飛来休憩は中々治まらないので、対策を諦める業者も多いようです。そんな中、弊社でのコウモリネットバリア施工を知り、ご依頼を賜ったお客様宅へ現調に向かいました。アルミサッシの枠の上にコウモリの糞が落下して居ます。外壁表面がザラ付くタイプなので休憩し易い様です [続きを読む]
  • 外壁に飛来するコウモリが侵入
  • 外壁がリシン吹きで、登り勾配の軒天井、2階北面に入隅が有ると、まず80%の割合でコウモリが飛来休憩にやって来ます。入隅の下にはコウモリの脱糞が堆積するので、水切り板金が変色し最悪の場合には穴が空く事も有り得ます。右上が入隅に成ります。コウモリがいつも休憩するので汚れています。銅板葺きの水切りが変色してしまいます入隅に休憩に来たコウモリが換気扇から侵入し、お家の中へ飛び出す事も起こります。 [続きを読む]
  • ステンレスネットでコウモリ対策
  • コウモリ対策の補修は、色んな材料を使用して補修を行ないますが、ステンレスメッシュのネットが一番利用価値がたいです。使用するステンレスメッシュのネットは、SUS0.4×16メッシュを利用しますが、このタイプのネットが加工もし易く、腰もしっかりしてるので、あらゆる場面に使用できます。本日完了した現場でも、ステンレスメッシュネットを多用して居ます。ベランダ腰壁底部の水切り見切金具との隙間を、ステンレスメッシュの [続きを読む]
  • 3階建てのコウモリ対策
  • 3階建ての建物の屋根部分からコウモリの侵入が確認され、高所での侵入なので足場掛けを行い施工する事に成りました。見上げる様な足場の上に乗っての作業と成ります。ALC外壁と屋根の水切り板金に隙間が有り、ここからコウモリが侵入して居ます。雨樋側も屋根とALC外壁の取合せ部分に隙間が有り、侵入してるので板金で補修を行ないます。 [続きを読む]
  • 天井裏に侵入するコウモリ
  • 天井裏換気ガラリから侵入してると思われ、換気ガラリを金網で補修をされましたが、相変わらず天井裏にはコウモリの脱糞が落下します。押入れの天井裏板に落下したコウモリの糞屋根裏換気ガラリの上に有る、棟木の上部にコウモリ侵入可能な隙間が有ります。棟木以外にも、軒桁やもやと外壁の取合せ部分には、侵入可能な隙間が存在します。 [続きを読む]
  • ALC外壁とコウモリの関係
  • 外壁がALC張りの施設の館内にコウモリの脱糞がドンドン増えている様で、夏場に成ると異臭がするとの事で、恐らく年々増加傾向に有るのでしょう。外壁がALC張りの施設や工場は多く存在しますが、定期メンテナンスの期間が長く成り塗膜の撥水性が無く成ると、コウモリの爪が引っ掛かり易く成る為、外壁に止まり羽を畳んで笠木の中へと侵入します。侵入口はコウモリの出す油で汚れが目立ちますシーリングのつなぎ目は隙間が多く空きま [続きを読む]
  • コウモリの集合体
  • コウモリは折り重なる様に成り、お互いの体温で温め合う様に過ごします。気温が低下すれば尚更その度合いは強く成ります。天井裏の面戸板に12羽が固まって過ごすアブラコウモリ 手前に梁が有る為に直接作業は出来ません。外側にはコウモリが侵入するに程よい隙間が有ります。 [続きを読む]
  • 戸袋へのコウモリ侵入防止フタ作成
  • 戸袋にコウモリが侵入し、子育てを行います。5月以降夜間の最低気温が15℃を上回り始めると壁の中に棲み付いていたコウモリが、戸袋を利用して繁殖・子育てを行います。毎日、雨戸の開け閉めを行うお家では住み着く事は有りませんが、滅多に閉める事が無いお家では、台風シーズンに成り始めて気付く!と言う事態に成ります。雨戸を引き出すと、奥の壁側に20羽程住み着いて居ます。雨戸のカバーを取り外し内部に堆積した脱糞を清掃 [続きを読む]
  • シャッターBOXにコウモリ侵入
  • シャッターBOXに侵入するコウモリは、網戸に止まり羽を畳んでシャッターBOXへと入り込みます。最近のシャッターBOXは、外壁を先に張り、その後シャッターBOXを取付けるので、建物側に隙間が空く事も無く、シャッターBOX内に留まります。しかし、ひと昔のシャッターBOXは、外壁を張る前に柱に直接シャッターBOXを固定する為、シャッターBOXの内側(建物側)に隙間が空く事が多く、壁の中に侵入する事例が有ります。今回の事例は、シ [続きを読む]
  • ケラバにコウモリ侵入
  • コウモリ防除作業が連日続きます。本日からは大垣市にてコウモリ防除作業初日です。こちらの現場は、破風板に一旦止まったコウモリが羽根を畳んで瓦の隙間にコ侵入します。 破風板と瓦の隙間 『ケラバ部分』をステンレスネットで補修を行ないます。破風板と瓦の隙間 ケラバを補修する為には足場が必要に成ります。足場を掛け、いよいよケラバ部分の補修に入ります。破風の中央に有る棟瓦の側面 いわゆる天コツと言われ分部にコ [続きを読む]
  • 軒桁の隙間にコウモリ侵入
  • 軒桁に空いたボルト穴の隙間から、コウモリが外壁と内壁の隙間に侵入します。壁の中に入り込んだコウモリは、追い出しも出来ないので習性を利用した方法で追い出しをします。コウモリは夕方捕食活動の為に、隙間から飛び出します。飛び出し口を作成し、再侵入出来ない仕掛けに成って居ます。軒桁には梁との接続の為にボルトが出ています。ボルトの出た部分の胴縁をカットするために、この部分へコウモリが侵入します。本来の面戸ま [続きを読む]
  • 戸袋へ入るにコウモリ
  • 戸袋に、コウモリが気付かない内に入り込み、大量の脱糞をしています。脱糞の存在に気付く頃には大量のコウモリが戸袋に営巣しています。雨戸を引き出すとコウモリの脱糞が現れます雨戸を引き出し内部を確認すると、壁側に沢山のコウモリがぎっしり!30羽程のコウモリが重なり合う様に棲み付いています。コウモリ対策に困ったら↑↑↑ [続きを読む]
  • 瓦の下に侵入するコウモリ
  • 本日のミッションは、軒天井の中に堆積したコウモリの脱糞清掃です。少し前のお家は、天井浦の屋根下地に野地板を使用する事が殆どでした。軒先の鼻隠し板と、屋根下地野地板の取合せ部分に隙間が有ると、瓦の下に侵入したコウモリが、天井裏に侵入する事が可能と成ります。軒天井の中にはコウモリの脱糞が堆積し、不快害虫の発生や悪臭が発生する事が起こり得ます。軒天井に堆積したコウモリの脱糞梁の下の僅かな隙間からノズル入 [続きを読む]
  • コウモリの脱糞清掃
  • 週はコウモリ対策での遠征が続きました。豊川市でのコウモリ対策をはじめ、本日は飛騨市神岡町まで出掛けてのコウモリ対策の初日です。侵入口には専用で口を作成し追い出しを行うと同時に、天井裏の脱糞清掃も行いました。天井裏の断熱材を一旦めくり、堆積した糞を確認します。バキューム清掃を行い、堆積した脱糞を綺麗にします。消毒剤の散布断熱材を再び敷きこんで完了です。 [続きを読む]
  • トタン壁の中からコウモリの糞
  • トタン壁の中へ侵入してるコウモリ対策に、専用出口を作成し、夕方捕食活動に飛び出す習性を利用して、数日間様子を見て最終的に補修を行なう予定です。雨戸の収納スペースに成るトタン壁の内側からコウモリの糞が出て来ます。トタンを一旦剥がして、内部の確認と脱糞の清掃を行います。上部の隙間から侵入したコウモリの脱糞が少しだけ落下して居ました。 [続きを読む]
  • 黒江戸塗り壁にコウモリの尿白色残る
  • 8月も後半に差し掛かり、コウモリの脱糞が一気に増えます。黒江戸塗り壁がコウモリの尿で白色に変色してしまいました。和風住宅の霧除け庇の壁側に有る、桁の隙間にコウモリが侵入し始めました。侵入口の下にはコウモリの脱糞が堆積し始めました。戸袋の中にもコウモリの脱糞が一気に堆積し始めています。 [続きを読む]
  • ベランダ笠木にコウモリ侵入
  • 本日のミッションはコウモリ調査。ベランダの笠木の下に、コウモリの脱糞が増え始めた様です。笠木の下側にコウモリの脱糞が詰まっている様です。ベランダ笠木と外壁の取合せ部分に10?の隙間が有れば侵入可能外壁と軒天井の取合せ部分の、換気見切金具の隙間も侵入口として疑われます。 [続きを読む]
  • 8月のコウモリ対策
  • 8月も中旬と成りました。今年誕生した子供のコウモリも、親と一緒に飛行する様に成ります。捕食活動が親子で活発に成れば、脱糞も必然的に増えて来るので、脱糞が目立ちます。コウモリの侵入に気付くのも、脱糞が増える8月〜9月に多く、迷って室内側に飛び出す事例も、8月から9月が最も多いようです。格子の室内側に張り付けて有るネットに止まるアブラコウモリもや の隙間から侵入し、外壁サイディングと真壁の間に生息中。 梁 [続きを読む]
  • FRP出隅飾りカバーにコウモリ侵入
  • 洋風住宅の外壁出隅に、FRP製の飾りカバーを取付けされたお家の、コウモリ対策を行いました。FRP製の出隅飾りコーナーカバー このカバーの中にコウモリが侵入営巣を行って居ます。僅かな隙間からコウモリの後ろ足がはみ出しています。外壁とコーナーカバーの取付部分10mmの隙間が有りここから侵入して居ます。FRP製のカバーの裏側には、コウモリの脱糞が堆積壁側の汚れを落とし消毒後再び取付て隙間の補修を行ないました。 [続きを読む]
  • コウモリ出口専用の仕掛け
  • 先週から彦根市でのコウモリ対策の為に、名神高速を何度も通いました。瓦の下へ侵入したコウモリの追い出し用仕掛けを取付け、一週間様子を観察しました。美濃加茂事務所から1時間で彦根市は行けるので、4回往復を繰り返しましたが、本日完了させました。瓦と破風板の隙間にコウモリ用出口を取付けます。この出口は、飛び出しは可能だが、再侵入は不可に成って居ます。専用出口を取付け一週間経過を見た限り、再侵入や瓦の下での死 [続きを読む]
  • 断熱材の下に入るコウモリ
  • 天井裏でガサゴソと音がするとの事で調査を行いました。今年生まれたコウモリも、そろそろ自力飛行が出来様に成りつつ有ります。子供が飛び交う様に成ると、一層脱糞が増える為に、天井裏や壁の中が糞害に合い易くなってしまいます。天井裏の断熱材を捲ると現れました。更に隣のブッロクの断熱材の下は沢山のコウモリ外壁より2mも内側まで侵入して居ます。 [続きを読む]