san-ai さん プロフィール

  •  
san-aiさん: ヨン様に成りきれない、よっ様が行く!
ハンドル名san-ai さん
ブログタイトルヨン様に成りきれない、よっ様が行く!
ブログURLhttp://san-ai.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ヨン様に成りきれない、サンアイのよっ様が、東西南北 あちらこちらを走り回りまわってます!
自由文害虫防除・害獣防除・難燃処理・遮熱コーティング・超高温超高圧洗浄など、あれこれ仕事を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2013/04/28 19:26

san-ai さんのブログ記事

  • 4月25日(ネズミの侵入経路)
  • ネズミの侵入経路は隙間が有ればどこからでも侵入します。今回の物件は、シャッターBOXを経由して侵入するネズミ対策の現地調査です。侵入経路が全く分からないとの事で点検を行うと、足跡が確認されます。シャッターの突起部分に残る足跡1箇所のみ成らず連続して残ります上から見下ろすと明らかに通り道だと言う事が確認されます。ネズミの侵入経路は現場に合わせ角度を変えて調査を行います。 [続きを読む]
  • 4月24日(20年前の換気扇)
  • 平生11年に設置した床下換気扇の点検を依頼をうけました。某販売店経由で量産販売されていた商材で、弊社も取付けを担当した時期が有りました。最近では、店頭販売はスッカリ無く成り、取付作業もここ数年担う事も有りません。フロントパネルはステンレスですが本体はプラスティックカバーで構成されてます換気扇本体はシロッコファン モーターカバーは錆錆びでしたそれでも19年経過した現在も2台は健在でしたが、取り外した1台は [続きを読む]
  • 4月20日(アルミ笠木のコウモリ対策)
  • 本日は豊川市にてベランダ笠木のコウモリ対策w行いました。新築まもないお家の、外壁とアルミ笠木のちょっとした空間(10mm)に、アブラコウモリが飛来休憩を行い、毎朝の様に脱糞が確認されます。新築1年を迎える前に、外壁が糞尿で汚れ無いようにする為、コウモリ対策を行ってます。板金折り曲げ機にてステンレスメッシュネットを 補修する隙間に合わせて折ります外壁とアルミ笠木の隙間は10mm 30?巾のステンレスネットをコの [続きを読む]
  • 4月19日(高山にてハクビシン対策)
  • 本日は高山市内まで出掛けての、ハクビシン対策初日です。施主様が入院され、退院後は施設に入られて5年程経過して居るようです。空き家状態が続くと、侵入音に気付く事が無いので、棲み付かれてしまいます。空き家問題は、小動物の棲家にもなってしまうのも課題の一つです。断熱材の上一杯に堆積した ハクビシンの溜め糞断熱材を撤去し脱糞を徹底的に清掃します一段引く場所は絶好の溜め糞場所になります。床の間の上もスッキリ [続きを読む]
  • 4月18日(SCキーパー取付け)
  • 本日は名古屋市内にてムカデ返しSCキーパーの取付けを行いました。小高い山の上に建つ施主様宅は4面山に囲まれています。施行中にもムカデが出現するナイスな現場環境なので、これからのムカデシーズを向かえると成るとそれは心配な日々が続くところでした。別荘風の立地場所に建つ施主様宅 ムカデ返しを取付ける位置に障害物が有ります電機配線ボックスの位置をずらしSCキーパーを水切りの下に取付けトレイの中にムカデ駆除薬剤 [続きを読む]
  • 4月17日(ムカデ定期メンテナンス)
  • SCキーパー(ムカデ返し)を設置したお家の定期メンテナンスを1年に1回行って居ます。SCキーパー内の薬剤は紫外線の影響を受ける事も無く、雨水が掛かる事の無いので最大2年程の薬剤効力維持す事は可能だと見ていますが、やはりムカデ嫌いに施主様が設されるので、1年に1度はトレイの薬剤交換と、外周処理に訪問させて頂いて居ます。SCキーパーのカバーを取り外し内部の薬剤を入れ替えしますカバーの中にはヤモリが住み着い [続きを読む]
  • 4月16日(イタチ捕獲)
  • イタチの繁殖期が始まりました。同じ団地内で同時進行のイタチ対策を行って居ます。一度のお産で3〜4頭程生まれる多産タイプのイタチは、ここ数年増加傾向に有り、冬場から春先に対策依頼が絶えません。今回捕獲されたイタチ君 逃げ出そうと何度も追突したのでしょう!鼻の辺りが真っ赤になって居ました。出入口と成っている水切り板金したの隙間床下から見た出入り口の水切り付近丁度基礎のブランク部分を見つけて出入り始めた様 [続きを読む]
  • 4月14日(最強のムカデ対策)
  • ムカデシーズンを目の前に、最強のムカデ対策 SCキーパー(ムカデ返し)の設置を四日市市にて行いました。今回は、玄関ポーチが鈍角に成って居るので、既存の出隅カバーが使用出来ません。ジョイントカバーを加工して鈍角のカバーを拵えます。玄関ポーチはタイル貼りなので、目地の隙間からのムカデ侵入を防ぐ為に、SCキーパーを玄関ポーチに取付けた後、目地隙間をコーキングで隙間補填して侵入出来るブランクを無くします。玄関 [続きを読む]
  • 4月12日(シャッターBOXのコウモリ対策)
  • シャッターBOX内へコウモリが侵入する事例は多く有ります。シャッターBOXへ侵入したコウモリは、BOX内の壁側にぶら下がり休憩するタイプと、BOX内から室内側へ侵入営巣するパターンとの2通りの生息行動が有り得ます。一般的には、シャッターBOXは外壁を張り終えた後に、後付けで外壁の外側へBOXがくるタイプが多いですが、稀に柱の状態でシャッターBOXを取付け、後から外壁を張り付けるタイプとの2通りの施工体系が有ります。前者 [続きを読む]
  • 4月11日(ハクビシン侵入口封鎖)
  • 天井裏へハクビシンが侵入して棲み付いている様です。侵入口はあちこち有る為に、スタッフ総がかりで封鎖作業を行い、1箇所の出口を作成して追い出しと、生息確認を行います。束石のみの旧住宅は隙間が多く補修も工夫が必要です。アルミサイディングをコンクリートビス止めしてセメンで固定します。ブロックも採寸してカットしセメンで固定します。コンクリートで固定した後土を埋め戻し、更にブロックでガードします。元々設置し [続きを読む]
  • 4月10日(イタチ対策)
  • 本日のミッションはイタチ侵入口の補修作業です。エアコン配管を通す為に、換気口がオープンな状態に成って居ます。この様な渋滞で、よくぞ今まで小動物が侵入し無かったものです。使用しなくなったエアコンの配管が何本も有る為に、補修そのものがし難い環境に有る為、配管を撤去しての補修作業と成りました。予め配管内のガスを抜き換気口の内側で切断します。エアコン室外機はダブルタイプの大きな物なので、倒すのが精一杯でし [続きを読む]
  • 4月9日(自然換気にコウモリ)
  • 住宅用の自然換気に、コウモリが侵入休憩を行い時期を前に、対策を行う事にしました。住宅の24時間換気が義務付けられ、吸気用換気ガラリへのコウモリ侵入事例が多く報告されます。換気ガラリにメッシュのネットが入っていないタイプ換気ガラリはアシナガバチや泥バチが侵入します。特にコウモリ侵入は2階西面の外壁に取付けられた換気ガラリへの侵入が多く見受けられます。内側のカバーを取り外しフィルターを外すと脱糞が堆積し [続きを読む]
  • 4月7日(名古屋市内イタチ見積)
  • 本日も、害獣侵入調査です。名古屋市内の某所にてイタチ侵入調査です。隣とはブッロク塀に囲まれているので確認し難い場所からの侵入のようです。屋根回りに足跡が有るので、イタチの侵入だと推測されますが、何にせよ確認が出来ません。屋根回りの水切り板金に残る足跡瓦屋根と隣の折半屋根とがせり合い、非常に確認し難いスペースと成って居ます。隙間の上から見下ろしと配管を通したトタン壁が大きくカットして有ります床下側か [続きを読む]
  • 4月6日(アライグマ侵入)
  • 本日、朝一の調査が天井裏に何かが居る!との問い合わせに寄る現地調査です。2軒目の調査は、床下で何かが死んでいる・・・との問い合わせで、異臭が漂って困って居るとの事です。3軒目は、工務店さんが何度も補修をしたけれども、切りが無く侵入されるから・・・との調査いらいでした。朝一番はお寺さんの庫裏の天井裏にて確認出来る足跡はこれ。天井裏に出ているプラスターボードに前足と後ろ足がクッキリと残っています。鉄骨の [続きを読む]
  • 4月5日(マンションのコウモリ)
  • マンションの換気ガラリにコウモリが侵入し、対策の問い合わせ事例が多く成って来ました。マンションの高層階でも同様で、こうもりはかなり高い場所でも平気で侵入を行います。ベランダや廊下に併設する換気ガラリのコウモリ対策は、簡単に作業する事が出来ますがまれに作業スペースが無い場合が有り、この様な場合は高所作業車を使用したり、仮設足場を組んでの施工と成ります。今回の現場は、ベランダと廊下から施工出来る仕様な [続きを読む]
  • 4月3日(イタチの侵入口)
  • 大きなネズミが大暴れして、昨夜は寝る事が出来なかった!とのご依頼で現地調査に向かいました。早速天井裏を確認し、思って居た通りネズミでは無くイタチの侵入が足跡から確認されました。いよいよ繁殖シーズで、互いにペアーを求め、夜な夜な追い掛けっこを始めます。天井裏でこれをされたらさすがにおちおち寝てられません! 大きなネズミ?と思われるのも仕方有りませんが、皆さんイタチと聞いてこれまたビックリされます。一 [続きを読む]
  • 4月2日(シャッターBOXのコウモリ対策)
  • コウモリがシャッターBOXへ侵入し、アルミサッシの枠が白く変色してしまいます。シャッターBOXのコウモリ対策は、どこの業者も悩みどころと成ります。弊社では、ブラシを使用してのコウモリ対策を行って居ます。ごく一般的なシャッターBOX 網戸に止まりシャッターBOXへと侵入します。シャッターBOXの補修にはブラシを使用しますシャッターと壁側の隙間が1?チョットのジャストな侵入サイズと成って居ます [続きを読む]
  • 3月31日(ブロック塀にSCキーパー取付)
  • SCキーパーをフロック塀に取付けて、空き地からのムカデ侵入を防御します。ブロック塀に併設する駐車場の支柱などの障害物が有る場合、現場で工夫してムカデ返しを取付けます。支柱とブロックの隙間は10mm SCキーパーは通ります本体カバーは支柱の部分をカットして加工しますコナーの出隅カバーと連結させますジョイントカバーを被せれば支柱部分は完成です [続きを読む]
  • 3月30日(3月のムカデ対策)
  • 桜の咲く頃に成るとムカデが徐々に活動を始めます。例年4月からの施工に成りますが、今年はいち早く開花した桜に合わせ3月からのムカデ対策と成ります。ムカデ対策には薬剤処理は欠かせません。ブロックと石垣の隙間に水溶性のムカデ薬剤を散布注入します。水溶性薬剤処理後に粉剤+粒剤を散布して更なる効果アップさせます。外部に有る切り株や腐木はムカデの営巣繁殖場所となるのでシッカリ注入処理します。 [続きを読む]
  • 3月29日(ムカデメンテンス)
  • 本日のミッションは、SCキーパー設置された施主様ののメンテンス作業です。SCキーパーのカバーを取り外し、古い薬剤を取り出し新しい薬剤を補填し直します。出窓の下に設置したSCキーパー。出窓の束柱はキーパーを取付けれないので、ステンレスの板を張り付けて予防して有ります。即効性の高い薬剤を補填カバーを取り付け直し出来上がり薬剤補填後 水溶性薬剤を散布します。 [続きを読む]
  • 3月28日(軒垂木までシロアリ被害)
  • 軒垂木までシロアリ被害が広がっている場合は、大抵雨漏りが影響してる事が多いです。今回の施工現場は元々旅館を営んでいた施主様宅です。繁忙期きには増築繰り返されたので、繋ぎ部分が無理な造作がされているので、雨漏りの原因と成った様です。連結部分の雨仕舞が悪く長年に渡り雨漏りしていた様です。垂木みでシロアリ被害が広がって居ました野地板にも蟻道が確認されます。 [続きを読む]
  • 3月27日(毎年のムカデメンテナンス)
  • 3月3日の土曜日を皮切りに、ムカデメンテナンス作業が連日続いて居ます。今週は晴天にも恵まれ、気温の上昇を肌で感じる時期と成って居るので、ムカデ侵入に危機感を感じ例年より早くムカデメンテンス作業が続きます。山際に建つお寺さんの庫裏の外周処理を行うと・・・クラックの隙間に潜んで居たムカデが薬剤に触れ慌てて飛び出しますSCキーパーを取付けたお家も、薬剤の入れ替えと外周処理を行いました。 [続きを読む]
  • 3月26日(マンションのコウモリ)
  • 本日の現地調査は、マンションの換気ガラリに侵入するコウモリ対策です。昨年、一度連絡を頂きながら、ハチ駆除で忙しい時期だった様です。連絡頂いた当時の点検は難しいと伝えましたが、どうやらこの時期の点検は難しいと聞き間違えられたらしく、この時期の点検になってしまいました。7階建てのマンションの7階ベランダや廊下の換気ガラリに飛来します廊下の換気ガラリにはテープが張り付けて有りますベランダ側も既にガムテープ [続きを読む]