san-ai さん プロフィール

  •  
san-aiさん: ヨン様に成りきれない、よっ様が行く!
ハンドル名san-ai さん
ブログタイトルヨン様に成りきれない、よっ様が行く!
ブログURLhttp://san-ai.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ヨン様に成りきれない、サンアイのよっ様が、東西南北 あちらこちらを走り回りまわってます!
自由文害虫防除・害獣防除・難燃処理・遮熱コーティング・超高温超高圧洗浄など、あれこれ仕事を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2013/04/28 19:26

san-ai さんのブログ記事

  • 11月21日(天井裏でシミの原因調査)
  • 天井板にシミが出来たとの事で点検に向かいました。早速天井裏に入り調査を行います。目立つ糞は白・黒・黄土色の3色の脱糞 全てクマネズミの糞です。クマネズミが食べた食物が単品に偏った時は、脱糞の色が変化します。柱の角w齧り門歯の調整を行います。ネズミを追ってイタチも侵入して居ます。天井裏に出来た大きなシミの原因はイタチの侵入でした。 [続きを読む]
  • 11月20日(イタチの侵入口)
  • 本日のミッションは、イタチの再侵入調査です。以前、小動物侵入調査に訪問したお家で、侵入箇所を調査し補修のアドバイスを行いました。ご自身で、隙間を見つけ補修をされましたが、内部に閉じ込めた状態で保守をされ、慌てて補修箇所を取り外されたそうです。そんな事が有ったので、一度点検して欲しいとの事で先日調査をおこないました。侵入箇所をざざっと点検し、補修の方法等を伝授して、お任せする事としました。数週間経過 [続きを読む]
  • 11月17日(リフォーム後の断熱材にネズミ)
  • 天井裏に侵入するネズミが営巣する場所ととして利用するのが、断熱材の中です。グラスウール系の断熱材の場合、表面のビニールを引き裂いて、断熱材の中へと持ち込みベットとして利用するのが一般的です。最近の断熱材では、直接巣穴として利用して居ます。最近見掛ける事が多く成って来て断熱材奥の方がメインの棲みかにしています。巣穴を造った断熱材を起こすと、下側に尿が溜まっています。断熱材が尿を含むと、中々乾かなく臭 [続きを読む]
  • 11月16日(シロアリ調査)
  • シロアリの現地調査に向かいました。築30年経過しているそうで、シロアリ薬剤処理は以前食害に合い20年ほど前に施工されたそうです。今回、畳の交換をされるとの事で、畳屋さんが入り畳みを上げてシロアリ被害に気付かれたそうです。早速床下へ入り調査の開始。大引きに蟻道が付き、垂木にドライバーが軽く刺さります。ドライバーが貫通して反対側まで届いています。シロアリがポロポロと落ちて来ます。大引きの下側がペロリと剥が [続きを読む]
  • 11月15日(屋根上の点検)
  • ネズミの調査時に大屋根まで登る事がしばしば有り得ます。普段中々見え難い場所を点検すると、見えて来る事が有ります。本日のミッションはネズミ侵入調査に向かいました。点検箇所はは2階大屋根までに及びます。大屋根の棟冠瓦と下に有るのし瓦がいびつにズレています。のし瓦が三角にはみ出しています破風板板金に取付られたアンテナの分配器は雨に濡れ今にでもきれそうです・・・点検後にテレビが映らなくなると、当然我々の責 [続きを読む]
  • 11月14日(換気ガラリのコウモリ対策)
  • 先日現地調査を行った換気ガラリに侵入するコウモリ対策を本日行いました。コウモリが換気ガラリに8~10羽程住み着いていた先日の現場換気扇を取り外し、スリブの中に堆積した脱糞清掃を行います。コウモリの糞が詰まって動かなかった換気扇。取り外して綺麗に清掃を行い作動確認をします。カバーも綺麗に清掃しスッキリ!動きも抜群!侵入する事も休憩する事も出来ない様に、表面側でステンレスメッシュのカバーを取付けます。 [続きを読む]
  • 11月13日(壁掛け時計の裏にコウモリ潜む)
  • 明日11月14日は雨との予報で、その後冬型の気候に突入する見通しですが、コウモリはいよいよ冬眠の準備に入り、施工途中の現場では、中々外へ飛び出さないので、最終補修のタイミングが難しく成ります。そんな、気候の中まだまだコウモリ対策現地調査が続きます。外壁掛けられた大きな掛け時計時計の裏側にコウモリが侵入するので、外壁が尿で白く汚れてしまいました。入隅はコウモリが好んで休憩するポイント脱糞の影響でアルミサ [続きを読む]
  • 11月11日(鳥類対策見積)
  • 今年の夏にスズメの巣作りと鳴き声に悩まされたそうです。巣作り場所は格子の中との事で、現調に向かいました。格子の下側から侵入し、巣作りを行ってますが、2階のテラスの屋根が邪魔をします。本来はパンチメタルの網が入っているハズなのに・・・屋根の重なり部分にも鳥の巣えお脱糞の跡 [続きを読む]
  • 11月10日(ハト対策)
  • ハトネットバリア施工とプロテクターの組み合わせ施工と成りました。H鋼に止まれなくなるハトが雨樋に飛来休憩するのを防ぎますケラバ部分のハトネット手終いを行います10年は大丈夫でしょう! [続きを読む]
  • 11月9日(天井裏の異音調査)
  • 天井裏で音がするとの事で点検に向かいました。ユニットバスの天井らから調査をすると、どうやらハツカネズミの侵入が疑われます。天井裏に入る事が出来ない状態なので、脱糞と足跡の調査が頼りだが、足跡は全く見つかりません。唯一ゴマ粒程度の脱糞を確認。ハツカネズミの侵入を疑い、外回りのチェック!おーNO! ハツカネズミ以外でも侵入可能な隙間・・・わお!これまた隙間有るじゃん!うわ!こっちも・・・・。害獣welcome状 [続きを読む]
  • 11月8日(換気ガラリにコウモリ)
  • 換気ガラリに侵入するコウモリ事例が増えています。ステンレスメッシュの網が換気ガラリに取り付けて有る場合は、コウモリが内側まで侵入する事は有りませんが、休憩することはしばしば見受けられます。換気ガラリがルーバー状のアルミ板の場合は、鳥は侵入しませんがコウモリは侵入出来てしまいます。換気ガラリのタイプで休憩のみか?あるいは、住み着いての子育てに利用するケースと色々なタイプにが有ります。横ルーバータイプ [続きを読む]
  • 11月7日(鳩ネット工事)
  • 10月中の施工依頼を受けましたが、中々作業が出来ず、11月に成ってのハトネット工事に取り掛かりました。10月の下旬に引き渡しされた、新築の運輸倉庫。引き渡し後は頻繁に大型トラックの出来るが有るので、施工が難しく成ります。倉庫運搬作業の邪魔にならに様に気を付けながら530?の張りきります。外壁側へのハトネット固定用に4?のワイヤーを張ります。張り切るスペース分のネットを裁断して縁を加工して取付けやすくします。 [続きを読む]
  • 11月6日(天井裏の小動物)
  • 本日のミッションは、天井裏の小動物侵入調査です。天井裏に小動物が侵入し、大工さんが補修されました。補修された夜に天井裏で足音がしたので補修された場所の一部を取り外されました。他の侵入口が無いか?と言う事で調査に向かいました。侵入して小動物は脱糞からはんだしてイタチです。ユニットに残るイタチの脱糞断熱材の上を踏みしめる足跡は表面積が小さいのでイタチですイタチの侵入出来る隙間は4.5?程度 垂木の隙間な [続きを読む]
  • 11月4日(鳥侵入防止補修)
  • 本日は屋根の上にて、補修工事を行いました。春先に、入母屋の付根で巣作りしたヒヨドリのヒナが天井裏に落っこちて、天井裏を徘徊しました。何か居る!おいう事で点検し、雛を本来の巣へ戻し、巣立ちを迎えさせました。真夏は、屋根瓦の上が暑すぎて補修も出来ず、秋まで待っていただく事に成りました。破風板と瓦の取合せ部分は隙間が空く事も多く、鳥や小動物の侵入箇所と成ります。板金をカットして、ビスとコーキングで固定し [続きを読む]
  • 11月3日(笠木のコウモリ対策)
  • 昨日作成した、コウモリ補修材料を使用して、アルミ笠木のコウモリ補修を行ないました。屋上階のアルミ笠木にコウモリが休憩にやって来ます。外壁に一旦止まった後、羽を折り畳んで笠木の中へ休憩に入ります。加工したステンレスネットを外壁と笠木の隙間ははめ込んでいきます。固定はシリコンコーキングを使用します。これならば、10年は問題無く持ちます。見た目もGOOD! [続きを読む]
  • 11月2日(コウモリ補修用ステンレス金網)
  • コウモリ侵入箇所の補修には各種部材を使用しますが、一番多く使用するのがステンレスメッシュのネットです。軒天井の換気見切の隙間や、アルミ笠木と外壁の隙間、面戸板の隙間や瓦と破風板の隙間にも使用します。ステンレスメッシュのネットを補修する部所の形に合わせ、予め加工すると現地で便利板金折り曲げ機を利用して手作りします。ロール状のネットを採寸して必要箇所分カットします。折り曲げ機に挟み曲げますコの字状に曲 [続きを読む]
  • 11月1日(倉庫内にコウモリの糞)
  • コウモリ防除工事が中々減る事が有りません。まだまだ現地調査見積が続きます。本日の点検はとある倉庫のコウモリ調査です。倉庫内の段ボール箱にコウモリの糞が落下して居ます。これでは商品価値が低下してしまいます。H鋼の隙間からコウモリの脱糞が噴出して居ます相当量の糞が鉄骨の裏側に堆積していると思われます。天井裏を確認する事は出来ませんでしたが、想像すると・・・・ [続きを読む]
  • 10月31日(秋のムカデ対策)
  • 10月最後の日と成った本日は、ムカデ対策に薬剤処理を行いました。今年何度も事務所内にムカデが出没した様です。10月に成っても事務所にムカデが数回出た様です。植栽が有った墓所は植木が撤去され土壌が剥き出し状態に成り、基礎沿いに薬剤処理を行います。基礎tと土壌の隙間からムカデが飛び出して来ました。水溶性薬剤処理後 粒剤を用いて2重のブロック体制を持たせます。 [続きを読む]
  • 10月30日(ムカデ返し取付け)
  • 本日は、新築間もないお家にムカデ返し(SCキーパー)の取付を行いました。施主様は、過去に害虫に悩まされたとの事で、今回新築を機に建物外周基礎にSCキーパーを設置し、徘徊昆虫の代表格で有る、ムカデ侵入防止を来シーズン前に先駆けて行う事と成りました。玄関入口は引き戸なのでムカデの侵入が心配されます。ポーチにSCキーパー取り付けます。金属カット用チップソーで採寸したカバーをカットしますベースレール取り付け後、 [続きを読む]
  • 10月28日(金沢でコウモリネットバリア)
  • 7月に注文頂きながら、中々施工出来なかった現場がようやく完了しました。梅雨明け以降の天候不順で、中々工事日程が立てれないままに、8月が過ぎ9月に入り・・・・9月は大きな仕事が重なると同時に台風の襲撃やら・・・でとうとう10月に成ってしまい、昨日と一昨日で完工出来ました。外壁はサイディングに突起の多いリシン吹き風の上品な塗装が施されています。中央には素焼きタイル風のアクセントが用いられた50?程の段差に成り [続きを読む]
  • 10月24日(キイロスズメバチ)
  • 相当デカいスズメバチの巣が有る!との前触れ、駆除工事に向かいました。秋も本格的に始まり、アシナガバチの世界では既に新女王は誕生し、巣立ちしての交尾が完了して居ます。スズメバチもソロソロ終盤を向かえ、新女王の成長も巣立ち交尾の時期なのではないでしょうか!終盤を迎えたキイロスズバチは、相当デカく成って居るので、施主様からの情報を頼りに覚悟はして出かけました。相当大きいゾ!と、覚悟してましたが・・・・・ [続きを読む]
  • 10月23日(秋のムカデ対策)
  • 秋に春と同じような温度に成ると、夏場はすっかり姿を潜めていたムカデが出没する様に成ります。この時期にムカデを見掛ける様に成ったとの事で、ムカデ対策の処理を行いました。建物外周の基礎及び土壌面に水溶性薬剤を散布します。回りの潜みやすポイントにも処理を行います、水溶性薬剤と併用して粉剤・粒剤の3層処理で完璧 [続きを読む]
  • 10月20日(イタチ侵入)
  • 天井にシミが出て来て、何かの侵入に気付かれました。早々に点検依頼が入り、現地調査となりました。工務店の担当者が、先に点検口を開けて下さり、開口部が出来た頃合いを見計らい訪問と成りました。点検口に近づいた瞬間!! イタチだ!と気づきます。屋根下地に断熱材を用いたタイプなので、壁面から断熱材を引き出し営巣して居ます。取りを捕獲して持ち込んでいます。侵入口は床下からでm僅かな隙間から壁を這い上がり、天井 [続きを読む]
  • 10月19日(ミツバチの巣撤去)
  • 天井裏に巣作りしたミツバチが、オオスズメバチの襲撃に合い、ミツバチは惨敗し巣が天井に落下してしまいました。落下した巣から、大量の蜜が流れ出し天井裏は蜜で一杯になり下まで垂れだして気付かれました。まだまだ、オオスズメバチが蜜を狙って飛来する中、天井裏のミツバチの巣を回収し清掃を行いました。大きな巣が剥がれ落ちてしまいました。落下してから数ヶ月が経過して居るので蜜が流れ出ています。残っ居た巣を撤去して [続きを読む]
  • 10月18日(ステンレスネットでコウモリ対策)
  • コウモリ対策が連日続きます。お客様のお話しだと、他社との相見積もりだったらしいですが、弊社で施工と言う事で、ご依頼賜りました。現場は、補修箇所の殆どをステンレスメッシュのネットを加工して取付けます。前日までに、ステンレスネットを折り曲げ機で自社加工します。隙間のサイズに合わせ、補修材を微調整しながら手作りします。一般住宅外壁に入る水切り金。 壁換気工法のお家なので縦に胴縁が使用されています。外壁サ [続きを読む]