けいいち さん プロフィール

  •  
けいいちさん: メタル 残業中
ハンドル名けいいち さん
ブログタイトルメタル 残業中
ブログURLhttps://ameblo.jp/keiichi9148/
サイト紹介文メタルのCDレビューを中心にご紹介!20年を経てメタルに再びドはまり中!まさにメタル残業中!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/04/29 09:22

けいいち さんのブログ記事

  • Cellar Darling / This Is The Sound
  • Cellar Darling / This Is The Sound 今日は"Cellar Darling / This Is The Sound"を紹介、レビューします。 スイスのフォークメタルバンド"Eluveitie"を脱退した"Anna Murphy"、"Ivo Henzi"、"Merlin Sutter"の3人が新たに結成したバンドの1stアルバムで一番の特徴はやはり中心人物の"Anna"のヴォーカルとハーディー・ガーディーの音色だ。ヴァイオリンに似て非なる独特の音色はとても新鮮に響く。 同じフォークメタルでもEluvei [続きを読む]
  • In Flames / Battles
  • In Flames / Battles 今日は"In Flamesの12枚目のアルバムを紹介、レビューします。 元々、北欧メロデスの代表的なバンドの一つだったが現在はモダンなメタルバンドとして人気を博している。自分は"Colony"大好きメロデスおじさんなので最近のアルバムはあまりリピートして聴いていないのだがこのアルバムは近作では一番好きかも。 メロデス要素は皆無でモダンなメタルとしてもヘヴィな要素が減っていて北欧的な哀愁が溢れたメロ [続きを読む]
  • Riverdogs / California
  • Riverdogs / California 今日はヴィヴィアン・キャンベル擁するアメリカン・ロックバンド"Riverdogs / California"を紹介、レビューします。 デフ・レパードでも活躍するヴィヴィアンが参加するRiverdogsの6年ぶりの4thアルバム。 ロブ・ラモスのソウルフルなヴォーカルにヴィヴィアンのフックの効いたギターフレーズが絡むのがこのバンドの魅力。 派手な曲は少ないが深くて地に足の着いたクオリティの高い曲が揃っている好盤。 [続きを読む]
  • Giuffria /Giuffria
  • Giuffria / Giuffria 今日は懐かしい"Giuffria"の同名1stを紹介、レビューします。 元エンジェルのキーボード・プレイヤーであるグレッグ・ジェフリアが中心のバンドでこの1stは当時、結構好きで聴いていたが久々に聴いてもThe 80sという感じのいいアルバムだと感じた。 キーボードがとても効果的に使われておりセンスが輝る。流石グレッグ・ジェフリアのバンドだと思わせてくれる。 特にM1.からM2.への流れが素晴らしく特にM2.の [続きを読む]
  • Shadowman / Ghost In The Mirror
  • Shadowman / Ghost In The Mirror Shadowman / Ghost In The Mirror 今日は"Shadowman / Ghost In The Mirror"を紹介、レビューします。 元FMのヴォーカリストであるスティーヴ・オーヴァーランド、HEARTLANDのギタリストのスティーヴ・モリス、THUNDERのハリー・ジェイムス(Dr)とクリス・チャイルズ(Ba)によるスーパープロジェクトの3rdアルバム。 最初に聴いた時は堅実という言葉しか出て来なかったが、何回か聴くうちに演奏の [続きを読む]
  • Peterik/Scherer / Risk Everything
  • Peterik/Scherer / Risk Everything 今日は"Peterik/Scherer" の"Risk Everything"を紹介、レビューします。 元"Survivor"の"Jim Peterik"が地元シカゴで活動しているヴォーカリスト"Marc Scherer"と組んだプロジェクトの1stアルバム。 ジムは様々なプロジェクトで活躍しているがこのアルバムは"Survivor"を思い起こされるサウンドが色濃く出ている気がする。 AORを中心にメロハー、産業ロックの要素が詰まったメロディアスでポッ [続きを読む]
  • Nelson / After The Rain
  • Nelson / After The Rain 今日は懐かしの"Nelson / After The Rain"を紹介、レビューします。 有名なカントリー歌手リッキー・ネルソンの息子であるイケメン双子ユニットの1stアルバム。 カントリー風味のあるチャッチーでポップなロックという感じで双子ならではのハーモニーは絶品。 ポップで爽やかな良曲が多いが哀愁漂う曲もとてもいい!クオリティの高い曲、満載の傑作。 #ロック#NELSON けいいち猫のツイッタ―もよ [続きを読む]
  • Armored Saint / March of the Saint
  • Armored Saint / March of the Saint 今日は懐かしの"Armored Saint / March of the Saint"を紹介、レビューします。 LAメタル全盛期にLAよりデビューした正統派メタルバンド"Armored Saint"の1stアルバム。後にスラッシュメタルバンド"Anthrax"に在籍することとなるジョン・ブッシュの男臭いヴォーカルと美しくメロディアスなツインリードが特徴。 名盤とまでは思わないが若い才能が輝く当時から好きなアルバムだ。 #へヴィメタ [続きを読む]
  • SOUL SIRKUS / World Play
  • SOUL SIRKUS / World Play 今日は"SOUL SIRKUS / World Play"を紹介、レビューします。 二ール・ショーン(gt)、ジェフ・スコット・ソート(vo)、マルコ・メンドーサ(ba)、ヴァージル・ドナティ(dr)という達人揃いのスーパーバンド。 BAD ENGLISHやHARDLINEとはまた異なる音楽性で60〜70年代のHRサウンドをベースにアメリカンHR的な歌が乗る感じ。 聴きどころはやはり緊張感溢れる超絶技巧なプレイの応酬だ!バキバキのリズ [続きを読む]
  • Arctic Monkeys /Whatever People Say I Am, 〜
  • Arctic Monkeys / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not 今日は"Arctic Monkeys" の1stアルバム"Whatever People Say I Am, That's What I'm Not"を紹介、レビューします。 ガレージロックにポスト・パンク、ヒップホップまでも消化した多様性のあるロックは本当に格好いい。リズミカルかつエッジの効いた演奏に早口のヴォーカルが英国らしいシニカルな歌詞を乗せる所がUKロックが好きな自分に刺さる。 ジャケットも最 [続きを読む]
  • Vixen /Vixen
  • Vixen / Vixen 今日は女性ハードロックバンド"Vixen"の同名1stを紹介、レビューします。 やはり最初は派手でグラマラスなルックスにまず目を奪われた。「スゲー!」とポカーンとPVを観ていたアホな高校生であった(汗) 外部ライターを入れてはいるが曲のクオリティは高く粒揃いの今聴いてもいいアルバムだと感じる。 特にメロディアスな曲"Edge of a Broken Heart"は本当に素晴らしい。ハスキーな声が堪らない。 中心人物であった [続きを読む]
  • Steve Stevens / Atomic Playboys
  • Steve Stevens / Atomic Playboys 今日は懐かしのアルバム"Steve Stevens / Atomic Playboys"を紹介、レビューします。 Steve Stevensと聞いてまず思い浮かぶのがBilly Idolの横で格好よくギターを弾く姿だが次にこの傑作アルバムの印象が強い。 色々なところで活躍しているスティーヴだが"Atomic Playboys"は当時からとても好きな愛聴盤だ。本人が歌ってる曲以外はLAメタルバンドのWARRIORにいたペリー・マッカーティがメイン・ [続きを読む]
  • Exodus / Let There be Blood
  • Exodus / Let There be Blood 今日は"Exodus / Let There be Blood"を紹介、レビューします。 スラッシュの名盤と名高い1st"Bonded by Blood"を2008年に当時のメンバーで再レコーディングした作品.。当時のヴォーカルはロブ・デュークス。 アレンジは抑え目で音質や演奏技術が格段と上がっておりこれは嬉しい一枚。音質が良くさらに逞しくなった最高のベイエリア・クランチが聴ける!最&高! #スラッシュメタル#ベイエリアクラン [続きを読む]
  • Imperial State Electric
  • Imperial State Electric / Imperial State Electric 今日はImperial State Electricの同名1stアルバムを紹介、レビューします。 元ヘラコプターズのニッケの新しいバンドのデビュー作で70年代ハードロックに強く影響を受けた安定したロックを鳴らしている。 特にKISSを思わせる曲が多く曲のクオリティは高い。個人的には纏まりすぎている感じもしてもっと爆走ロックンロールチューンが欲しかった。 #ロック#ロックンロール#ハー [続きを読む]
  • Pretty Boy Floyd / Leather Boyz With Electric 〜
  • Pretty Boy Floyd / Leather Boyz With Electric Toyz 今日は久々に引っ張り出してきた"Pretty Boy Floyd / Leather Boyz With Electric Toyz"を紹介、レビューします。 このアルバムはモトリー・クルー、ポイズンのフォロワーであるバンドの1stでヴォーカルの歌い方はヴィンス・ニールに似ており1989年に発売されたLAメタル終期の傑作。 とにかく曲がいい!ポップでキャッチーでテンションがあがる一枚。モトリー・クルーの当時 [続きを読む]
  • CCR / Willy and the Poor Boys
  • Creedence Clearwater Revival / Willy and the Poor Boys 今日は"Creedence Clearwater Revival(以下CCR) / Willy and the Poor Boys(K2HD盤)"を紹介、レビューします。 CCR四作目のアルバムで架空のバンド"Willy and the Poor Boys"を中心としたコンセプトアルバムでCCR名盤の一枚。 個人的な思い出として大学生の時初めてCCRのベスト盤レンタルして聴いたところ"Down On The Corner"が始まった瞬間からこの曲は絶対聴いたこと [続きを読む]
  • Ark Storm / Voyage Of The Rage
  • Ark Storm / Voyage Of The Rage 今日は日本のイングヴェイこと太田カツ率いる"Ark Storm / Voyage Of The Rage"を紹介、レビューします。 このアルバムの目玉はやはりマーク・ボールズの参加!元々イングヴェイのバンドで有名になったヴォーカリストなのでハマらない訳はなくマークの凄さを再認識。 楽曲の幅が広がっておりザ・ネオクラシカル一辺倒ではないがイングヴェイ路線からはずれている訳ではない。超絶技巧のバックに流 [続きを読む]
  • PassCode / Locus
  • PassCode / Locus 今日はようやくレンタル出来た待望の一枚PassCode/Locusを紹介、レビューします。 ドンドン強度とクオリティを増した作品を届けているアイドルグループPassCodeがインディーズ時代に発売した2枚のアルバムを現体制での再録したものと新曲で構成されていてとても聴きたかった! 表現力、力強さ、へヴィネスどれをとってもグンとパワーアップしていて聴きごたえのあるものになっている。初期から曲が良かったこと [続きを読む]
  • あゆみくりかまき / 大逆襲
  • あゆみくりかまき / 大逆襲 今日は「あゆみくりかまき/大逆襲」を紹介、レビューします。 1stアルバム"あゆみくりかまきがやって来る! クマァ! クマァ! クマァ!"が大好きなので2ndもレンタルをして聴くことに。 前作より歌唱力も表現力もアップしていて、曲もバラエティに富んだ良曲が緩急ある絶妙な順番で収録されている好盤。これは正当に進化したいい2ndアルバムだと思う。 個人的な希望を言えばあと2曲ほど突破力の高いアッパ [続きを読む]
  • Steve Vai /Modern Primitive + Passion & Warfare
  • Steve Vai / Modern Primitive + Passion & Warfare 25th Anniversary Edition 今日は"Steve Vai"のギターインスト名盤"Passion & Warfare"の25周年記念プロジェクトとしてその当時から書き溜めていたアイディアをレコーディング、新譜として"Modern Primitive"を制作、ボーナストラックとして"Passion & Warfare"の最新リマスター盤がセットで発売された二枚組アルバムを紹介、レビューします。 ライナーノーツにスティーヴは1st [続きを読む]
  • Joe Satriani / Surfing with the Alien
  • Joe Satriani / Surfing with the Alien 今日は"Joe Satriani / Surfing with the Alien"を紹介、レビューします。 ギターインストロックの名盤と言われるこのアルバムは色々な音楽要素を取り入れつつギターがメロディも弾いていて曲構成もポップ、ロック的でとても聴きやすい。それに超絶技巧ギターが乗るので強いインパクトを受ける。 実験的な試みもされていてギターインストの正にお手本的アルバム。 #ロック#インストロック [続きを読む]
  • David Lee Roth / The Best(加筆)
  • David Lee Roth / The Best 今日は"David Lee Roth / The Best"を紹介、レビューします。 しばらく振りにきいたので懐かしさと共に当時の思い出が蘇る。そういう点でも計5枚のEP、アルバム全てから選ばれたこの"The Best"は嬉しい限り。 一番衝撃的だったのはやはりYankee Roseを初めて聴いた時でその時の驚きは今でも忘れない。デイヴとスティーヴ・ヴァイのギターが会話しているオープニングはとてもインパクトがあった。 好き [続きを読む]
  • Fleshgod Apocalypse / King
  • Fleshgod Apocalypse / King 今日はイタリアのシンフォニック・デスメタル・バンド"Fleshgod Apocalypse / King"を紹介。 荘厳なオーケストラとブルータルなデスメタルの融合が気分を高揚させる。ボーナスディスクとしてオーケストラ部分だけ抜き出したCDが付いてくるほどのクラシックパートが充実している。 女性コーラスやクリーンヴォイスも取り入れオペラ的雰囲気を出していて演奏もテクニカルで独特な世界観はこのバンドなら [続きを読む]
  • The Crown / Deathrace King
  • The Crown / Deathrace King 今日はデスラッシュの名盤"The Crown / Deathrace King"を紹介。 何枚もアルバムをだしているバンドですがやはりこれが一番好き。デスラッシュ+ロックンロール=デッスンロールでテンションMAXで激しく攻撃的に疾走しまくる。 激しく疾走する曲でもキャッチーな部分もあり、ギターソロでは北欧の憂いに満ちたネオクラシカルなプレイも聴きどころの一つ。ヴォーカルは吐き捨て型に近くモーターヘッド、 [続きを読む]
  • Dynazty / Sultans Of Sin
  • Dynazty / Sultans Of Sin 今日はスウェーデンのハードロック・バンド"Dynazty / Sultans Of Sin"を紹介。 北欧発の80年代のバッドボーイズ・ロック・サウンドではあるが他のバンドと比べてエッジか効いててワイルドな感じ。 しかし過去作よりメロディアスな曲も増え成長がみられる。特にメロディアスなM③「Land Of Broken Dreams」は絶品。 分かりやすくてノリのいいクオリティが高い曲が満載の好盤だ! #ハードロック#Dynazty [続きを読む]