雪まるだ さん プロフィール

  •  
雪まるださん: 雪まるだのブログ
ハンドル名雪まるだ さん
ブログタイトル雪まるだのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/xyhtw841
サイト紹介文趣味のオーディオ中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/04/30 13:14

雪まるだ さんのブログ記事

  • BM-1の情報
  • 情報が少ないBM-1ですが公式HPを見つけました。https://www.bitmedia.co.jp/pdf/20180213_CES_BM-1.pdf#search=%27bm1+%E6%AE%8B%E9%9F%BF%27↑たった1ページしかないのですが一応ご紹介という事に。↓トップページhttps://www.bitmedia.co.jp/index.htmlトップページの下のほうに自分のブログがリンクされていました(笑)買い方も価格も書いてないしこれじゃあ・・・。 [続きを読む]
  • MQA-CDについて
  • 本当に良いものが出てきましたね。イギリスからで日本のメーカーじゃなかったのが悔しいですよ。音の違いを自分なりに列記してみます。1 音源が同一平面状に真っ平らにならばないで前後の立体感が出る2 歯切れの良いスカッとした感じ3 生き生きとしている4 聴いていて疲れがたまりにくい5 機械臭さが少ない6 楽器の音そのものも相当生々しい7 録音された状況が見えるような感じ8 別に16/44.1のMQA-CDのまま再生しても素晴 [続きを読む]
  • 論争に終止符
  • CDやハイレゾなどのデジタル音源とレコードあるいはオープンリールテープに代表されるアナログ音源の比較論争は未だに続いていますね。それぞれに良さがあるのは当然ですが総合的にはデジタルに軍配があがるというのが雪まるだの姿勢です。ただしあくまでも総合的という意味であって単純な2チャンネル再生だとアナログ音源もいいかなーと思う時もたまにあります。ですが完全にデジタル音源が良いと言い切れるだけのものがとうとう [続きを読む]
  • 目指すところの音質その四
  • スピーカーの場合は音質はほとんど形で決まってしまいますが、懲りずに似たような形の新製品ばかりで食傷気味です、自分からしたらどれもみんな似たような音質に聴こえます。昔598スピーカーが流行した時にどれも同じと酷評されていましたがあの時と比べれば多少は箱の形が真四角ではなくなってきました、けどまだまだです。時代はトールボーイが主流であまり大きくないウーハーの複数使用が流行中でユニットはコーン型のオンパレ [続きを読む]
  • 目指すところの音質その三
  • NHラボの卵スピーカーは疲労感が少ないスピーカーとしては断トツでここを評価したら世界最高クラス。しかしながらこの最大の特徴は地味であり店頭販売でのちょい聴きではわかりにくく雑誌のテスト記事でもそんなに長時間のテストはできない事が多いはずで評価対象の性能にはならないでしょうね。そもそも疲れにくいって他の物でも高性能の証です。飛行機の座席だって良い席は高いけれど疲れにくくゆったりとしていますよね、だから [続きを読む]
  • 目指すところの音質その二
  • つづきです。卵スピーカーが「幸せを感じる音」という事は他のスピーカーは「幸せを感じない音」という事になります。この基準で音質を評価してる方は少ないと思いますが評論家だと江川三郎さんや高島誠さんあたりと自分には思えるんですよね。マニアだと少ないですね、少数派だと感じます。ところで「良い音」という言い方が曲者だと最近強く感じます、これに近いのが「好きな音」でこれもまた本質的に追求していく上で話がややこ [続きを読む]
  • 目指すところの音質
  • 暑い毎日ですが皆様お元気に過ごされているでしょうか?拙宅では毎年庭に夏野菜を栽培していますが今年はキュウリが枯れてしまいました。不作の年はありましたけれど枯れたのは初めてです・・・。どうやら暑さでダメだったみたいですよ、キュウリに屋根をつけてあげると調子よく収穫できるそうですがそれが出来ない環境なので残念無念ですが諦めました。茄子はまあまあですが色艶が悪くてやはりいつもと違いますね。味は大丈夫です [続きを読む]
  • 電流帰還アンプチューニング
  • ↓現状でも満足度の高い音質ではありますがここはいつものスチコンを装着しなくちゃねー今回は銅箔スチコンの手持ちが不足しているのでアルミ箔スチコンにしてみました。一台当たり9個使用なので合計18個使用です。容量は小さくても大丈夫というより小さいほうが音が良いので今回1000pfですね。0.01μFとかじゃなくても大丈夫なのでこれで決まり。やる前から分かっていますがやっぱりスチコンはいいですね、これしかないですよ。弦 [続きを読む]
  • 電流帰還アンプキット組み立てました
  • タイトルのまんまですが。ソーラー駆動な友人が愛用しているアンプでお願いして貸していただいて良い感触でしたのでキットを買ってみました。借りたのは完成品でしたのでコンデンサが磁性体リード線だったりしましたがそれでも良さがありました。出力は0.5w+0.5wと極めて小さいのですがインピーダンスの影響を受けないとかでしっかりとした音が出せるというもの。実際に完成品を聴くとおまけデジアンとは違う良さがありますね。問 [続きを読む]
  • 吊る
  • PCM-D100と卵スピーカーは吊るして設置する事でいい感じです。だったら他のもやりますかって事になるのは必然^^↓簡単なところからなのでBM-1とBM-1用アンプのおまけデジアンをバナナスタンドで吊りました。軽くて小さい安物ばかりなので成せる技です。軽くて小さいからなんでも実験出来ますね、がっちりと固定するのが理想というのが雑誌から刷り込まれていますが信じる前にご自身で確認してからでもいいと思います。このような方 [続きを読む]
  • 吊りスタンド導入
  • 関東は梅雨明けってまだ6月なんですけど。水不足が心配ですが実は野菜など食料を大量に輸入して頼り切っている我が国は水が全く足りません。輸入食料に含まれている水分を自前で揃えようとしても水が全然足らないから畑や田んぼがあっても日本の食料を自給するのはほぼ無理みたいですよ。作れないですよ水が足らないんだからさ。おまけに国の防衛もアメリカ頼り、石油も輸入頼り・・・。お金が多少あっても国の本当の力は相当弱い [続きを読む]
  • 杉さん宅オフ2
  • 続きです詳細は杉さんがアップされているのでそちらを^^;https://blogs.yahoo.co.jp/tomadoumama/21095794.html卵スピーカーを持参しましたので聴いていただきました。初めはP-610のシステムで卵スピーカーを鳴らしてみましたがどうも駆動しきれていないとの事で隣室のアキュフェーズのパワーアンプのほうのシステムに引っ越しです。自分が聴いた感じではどちらのシステムでもきちんと駆動出来ているように聴こえますけれどやや大 [続きを読む]
  • 杉さん宅オフ1
  • 数年ぶりですが房総の杉さん宅を訪問してまいりました。数年の時が流れてお互いに当時とはシステムも変化しているのですが、杉さんはどうなったのでしょう。伺う前の連絡ではダイヤトーンのロクハンの名機P-610がメインとの事、超有名なユニットなのに聴いた事がないので勉強になりそうだと思いました。拙宅からは64キロと結構遠いですが早めに出発して下道でリッター19キロと何故か今までで最高の燃費が出てしまいました。高速で [続きを読む]
  • ミリ単位
  • スピーカーの設置にはミリ単位で正確に設置しないといけないという主張がありますね。角度とか壁からの距離とかを計測してやるというやつです。本当にそんな事が重要なのかと疑問です。まずは聴く位置が固定された椅子などに毎回座ったとしてもミリ単位で同じ位置に座れないでしょ。それから楽器の配置をミリ単位で調整したり楽器の角度なんかの調整もおおざっぱでしょ。更に拙宅のNHラボの卵スピーカーは宙づりですが触ってフラフ [続きを読む]
  • audiofun邸オフ会
  • 5/3に定例のaudiofunさん宅オフ会に参加してきました。今回はいつもの友人のmilonさんはご都合が悪く自分とKさんの参加でした。集合はお昼なので先ずは腹ごしらえから。お店の名前は失念^^; サービスランチの肉ニラ定食ミニラーメン付きにしてみました。ご飯は無料で大盛りに出来るので当然大盛りです。メニューは多くてなんでもありなのですが長い事続いているとの事なのでやはりおいしいですね。少し味が濃いのですが昭和の定食 [続きを読む]
  • S邸オフ会
  • 4/21定例会となりつつある八王子のSさん宅のオフ会に参加してきました。今回は友人のaudiofunさんも初参加で更にいつものAさんもいらして総勢4人でした。https://blogs.yahoo.co.jp/hcdry919/15471556.html当日の車の渋滞はひどくて1時間の余裕をもって出かけたのにちょうどぴったりの到着でしたね、休憩している時間もなかったです・・・。↓まずはここですよ、そしてもうワンパターンなのですが最初はとんかつの「ひろまつ」なん [続きを読む]
  • BM-1を聴くその2
  • つづきです。BM-1の大きな特徴は残響分離出来るというところが今までになかった画期的な機能になります。つまり普通の2チャンネルステレオ音源に含まれる間接音のみを分離して取り出せるところですがピンと来ないでしょうか?無響室で録音しない限り収録された段階でマイクには直接音と間接音が入っていますね。その間接音だけをリアやサイドに設置したスピーカーから再生して音場再生していくのです。そしてその間接音には直接音を [続きを読む]
  • BM-1を聴くその1
  • ヤマハDSPなどとBM-1はどこが違うのでしょうか?両者ともデジタル処理をしてCDなどの2チャンネルステレオから音場再生していくのは同様です。ヤマハDSPの場合は再生音源に収録されている音、要は普通に聴いている音(直接音と間接音)に対してまるまるディレイをかけたりF特性を変えたりしてホールの実測データから初期反射音を再現していきます。もしも音源に含まれている直接音にのみ処理をしてプレゼンススピーカーから再生出来れ [続きを読む]
  • BM-1の前にやっていたヤマハDSPの話
  • 20年以上前ですがヤマハのDSPをやっていました。ヤマハDSP-1が有名なあれです、当時やっていた方いらっしゃるかな。当時のシステムプリアンプ ヤマハCX-10000パワーアンプ ヤマハMX-10000CDトラポ ティアックVRDS-T1DSPリア用アンプ ソニーTA-F222ESJDSPフロント用アンプ ソニーTA-F222ESJステレオ2チャンネル用スピーカー 長岡氏設計D-57 フォステクスFE-208S フォステクスT-90A 自作箱DSPリア及びDSPフロントスピーカー [続きを読む]