ネヒツジ さん プロフィール

  •  
ネヒツジさん: 惹かれもの日記
ハンドル名ネヒツジ さん
ブログタイトル惹かれもの日記
ブログURLhttp://nehituji.blog.fc2.com/
サイト紹介文レザークラフトなど趣味の話、持病の話、お薦め情報などを日記風に書き綴っています。
自由文定年退職後始めたレザークラフトにはまっています。
製作品の一部は、ヤフオク!への出品やネットショップcrapaca(クラパカ)の中のギャラリー「革祥」で販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/04/30 23:33

ネヒツジ さんのブログ記事

  • ナチュラルヌメ革のラウンドジッパーウォレット
  • 数日前から、栃木ヌメ・ナチュラルを使ってミドルサイズのラウンドジッパーウォレットを製作中。全パーツ  小銭入れはL字ファスナーデザイン革の下は膨らみを持たせるため、床革を入れた。周囲にあらかじめ菱目を入れた。裏地を貼りあわせて再度菱目を抜かなければならないが、この方が精度が上がる。右サイドのカード入れは、左側のコバを台革で巻いた。コバを巻く台革部分(9ミリ幅)は0.3ミリ程度に薄く漉いた。裏地の裏側、 [続きを読む]
  • 屋外水道レンガ枡の水漏れ補修
  • 水漏れ補修後の画像画像は屋外の水道レンガ枡である。平成14年に駐車場の上にピロティ方式で6畳間とサンルームを増築する際に、一旦撤去し、改めて設けてもらったレンガ枡である。このレンガ枡は作って貰ったとき時から水漏れしていた。それも湿る程度ではない。水が流れる程と言っても過言ではない。当時、とても職人の仕事とは思えなかったのであるが、補修を頼まなかったのは落ち度であった。以来、今日まで15年間、我慢して [続きを読む]
  • 秋の手作り酵素完成!!
  • タル内の液体は、仕込んだ材料をざるで荒濾しと本濾して出来た絞り液(エキス)で、これに発酵を安定させる海の精を加えたもの。これで手作り酵素の出来上がり。この液を如何にして上手く保存ビンに移すかである。これまでは柄杓で移していたが、ポタポタと液が垂れる。そこで、今年はタル自体を傾けて一気に注いでやろうと、大型ジョーゴを作った。梅酒用の8リットルの保存ビンタルを傾けるだけでスイスイ移すことができた。これ [続きを読む]
  • 皇帝ダリアと鈴なりの柚子
  • 今日は息子の工房の庭の草刈をした。この工房(空き家)を売ってくれた元オーナーの奥さんは、人との縁を大切にする人。ありがたいことに息子は大変目を掛けて貰っている。今日も息子が風邪を引いてはいけないと言って、真新しい寝具一組と石油ファンヒーターを惜しげもなく譲ってくれた。至近距離の奥さん宅まで息子と二人でいただきに行くと、家の前に大きな皇帝ダリアが咲いていた。今日、奥さんは保母をしていた当時のメンバー [続きを読む]
  • 宅ふぁいる便で同窓会の写真を送ってもらう
  • 同窓会(小中)の10月開催について、幹事から案内を受けていたが、町内会の秋祭りと重なり出席出来なかった。昨日、急に同窓会出席者の顔振りが見たくなり、いや皆の変貌振りを見たくなって、幹事に同窓会の様子を聞くとともに、写真を送るように依頼した。宅ふぁいる便で送るというので、てっきり陸送かと思い、データで頼むとお願いした。数分後、幹事からメールが届いて、記載のアドレスより開封してくださいと書いてあった。 [続きを読む]
  • 難波平人・難波英子絵画教室作品展を観に行く
  • タイトルの作品展は、毎年、元職場の先輩OBから招待を受けている絵画教室作品展。会場は広島市中区鉄砲町にある「ギャラリーブラック」。会期は11月8日から14日までの7日間。今日(9日)が先輩の当番日ということなので観に行った。絵を描くにも体力と時間、根気と集中力がいる。先輩は年齢80歳ぐらい。しかも、老々介護(奥さんの介護、食事の世話など)で大変だと聞いたが、そんな中、絵に向かうということは本当に大 [続きを読む]
  • リウマチ治療
  • リウマチ発症は今年の年明けで、11ヶ月が経過した。左手首の症状は、あまり改善していない。それでも前回の通院日以降(12週前)、薬が増えたこともあって、少しは良くなった気がする。この薬に併せて前立腺がんの治療薬を服用中で、双方、肝機能への悪影響の恐れがあるため、血液検査によるそのチェックが行われる。それぞれ異なる病院のためダブルになる。血液検査の費用もばかにならない。10月には前立腺がんの方で肝機能チェツ [続きを読む]
  • 湧永庭園に行く
  • 松江に単身赴任当時、自宅から勤務地への車での行き帰り、湧永庭園の案内板を見る度に一度は行って見たいと思っていたが、それは20年近く前のこと。これまで実現しなかったのは、どうせ豪邸内の庭園だろう程度にしか考えていなかったためである。昨日はいのしかんフェスティバルに行き、会場内で昼食を済ませたあと、すぐに帰宅するにはあまりにも天気が良過ぎたことから、湧永庭園まで足を伸ばした。湧永庭園は町中にあらず、山の [続きを読む]
  • Facebookが使いこなせない
  • これまでfacebookは、ブログの更新情報が自動的に載るだけの利用だったが、もう少し利用しようと思い、今後は投稿に心がけることにした。顔も出した。多機能があるようだが、使い方がよく分からない。投稿文書の一部にリンクを貼ろうとして、文字としてみたが、そのまま表示されてしまう。Facebookノートで記載すると、リンク付きの文字だけ表示になるらしいが、facebookノートのカテゴリー選択で当てはまるものが見当たらず行き詰 [続きを読む]
  • 限界集落にもストリートビューが!!
  • そろそろ、田舎の空き家の片付けに本気を出さなければいけない。ということで、萩市内の大型ゴミを搬入できるゴミ処理施設を検索し、Googleマップで位置確認をした。そして、田舎の空き家からの距離をルート検索して確かめた。片道30キロ、所要時間は45分といったところだろう。その田舎の空き家はまさに限界集落に存在する。そんな田舎をストリートビューで見れるはずがないと思っていたが、なんとなんと、しっかり我がボロイ実家 [続きを読む]
  • H29秋の酵素飲料仕込み後一週間
  • 中山ファーム㈱の手作り酵素の作り方によると、秋の旬な果物などを使い、仕込んで5〜7日間(この間1日1回素手でかき混ぜる)醗酵させ、その後、二晩ほどザルで濾し、取れたエキスに「海の精」を加えると出来上がる。今日でちょうど一週間、でももっと醗酵させた方がよい気がする。10日後ぐらいから絞りに入ろう。仕込み後、一晩経過後の状態。白い層は白砂糖。攪拌初回、11斤の砂糖入りで、底に砂糖の層が出来ており、この [続きを読む]
  • エンドパンチを作る
  • 1センチ幅の革帯のエンドを丸くカットするため、形抜きを加工してエンドパンチを作った。原始的なカットの仕方だから根気が要る。この工具があれば革帯のエンドのカットが楽になる。早速、この工具を使って作ったのが、電気コード用結束バンド。1ミリ厚の革の端材を幅1センチでカットして革帯を作り、二つの革帯の床面を貼りあわせ2ミリ厚の革帯を作り、両端にバネホックをつければ出来上がり。いろいろな長さの結束バンドを作 [続きを読む]
  • 雨の中の真亀山神社秋祭り奉納花火「傘火」と「吹火」
  • 今年の真亀山神社秋祭りの開催日は、10月28〜29日。28日は台風接近の影響で、朝からすでに雨が降っていたが、9時から準備に参加。わが班の担当は、しめ縄飾りと紙垂を参道や境内に取り付ける作業で、2時間ばかり掛けて行った。祭りは予定どおり午後7時から始まり、祝詞奏上、こども神楽と花火の奉納へと続いた。小生、真に恥ずかしいことながら、この地域に移り住んで18年、神社までの距離は1キロもないが、初めてこども神楽と花火 [続きを読む]
  • 秋の酵素づくり
  • 昨日は先輩宅にて秋に取れる実のもの、根のもの、きのこ類、それと穀物を使って酵素作りをした。今年の仕込んだ材料の内訳「実のもの」みかん、柿、りんご、なし、洋なし、イチジク、かぼちゃ「根のもの」さつま芋、ジャガイモ、ニンジン、れんこん、里芋、ショウガ、赤ビート「きのこ」えのき、えりんぎ、しめじ「穀物セット」・・・・有限会社 十勝均整社穀物・・・・玄米、小麦、小豆、大豆、金時豆、黒豆、たかきび生長点セッ [続きを読む]
  • 先輩のオリジナル曲をブログに追加掲載
  • 元職場の3年先輩の趣味は音楽、シンガーソングライターである。就職当時からお付き合いをさせていただき、少なからずいろいろな影響を受けてきた気がする。その影響のひとつとして、小生も若いころよくギターを弾いていたし、曲作りの真似事のようなこともしていたが、歌詞の内容も曲も稚拙なものしかできず、才能のなさを痛感して結婚を境に全くやめてしまった。母にはギターを弾くようになって、少しは歌がまともになったねと言 [続きを読む]
  • ipad用ショルダーバッグを作る
  • 先日、ipadを購入したことから、それ用のショルダーバッグを作ることにした。フロントにつける携帯を入れるポケットは製作完了。携帯ポケットは、バッグ本体に上側は縫いつけ、底側はカシメ留め。本体の組み立て完了。残念ながらカブセが少し短かった。カブセは、このようなことにならないように、いつもは革を長めに切り出し、長すぎる場合はカットするのだが、2センチ程度短かった。 自分用だから我慢しよう。後は本体に布裏地 [続きを読む]
  • ipadケースを作る
  • 今日は一昨日購入したipad用の革ケースを作った。ipadは、この革ケースを下敷きにして操作したり、充電したりするので、あえて留め金具をつけなかった。正にシンプルな袋である。出し入れ口は、18ミリ幅薄く漉いて内側に折って二重にして接着し、縫製した。このショルダーバッグは以前、タブレット(ASUS)用に作って、現在も使っているが、ipadは縦サイズが大きくて残念ながら入らない(蓋が出来ない)。面倒だが縦サイズが長いも [続きを読む]
  • ホームスポットキューブを初めて知る
  • 今回購入したタブレットと携帯にはWi-Fi機能がついている。息子が自分の部屋で使っているホームスポットキューブをauひかりに繋ぐと両機種のパケット通信を使わずインターネットが出来る。と今朝、息子から教えてもらった。いわゆるこのキューブは、昔、我が家で使っていた無線ルーターというわけ。そういえば、嫁いだ長女が我が家に帰省したときに、ホームスポットキューブのIDさえ分かればスマホに接続できると言って簡単に接続 [続きを読む]
  • ipadを買う
  • 2年前、従来から使っているスマホ(IS05)に加え、タブレット(ASUS)を購入し、前者を電話機能、後者をネット機能に分離した。その方が月額料金が安くなるとauショップの店員からアドバイスを受けたからだ。だけど安くなった感じはなく、よくなった点はタブレット画面が大きいので、メール作成など操作がしやすくなったことかな。2本立て契約にして2年が経過し、この機種にかかる割賦支払いが終わり、毎月の支払額が少なくなる [続きを読む]
  • タブレットケースを作る 3作目
  • 昨日はタブレットケースを作った。外装革はカブセを含めて1枚の革。収納部分の両端を革の銀面と床面で重ね縫いにすると、カブセ(蓋)部分のふちはご覧のようになる。カブセの左右の端が銀面になれば、出来ればカブセのコーナー及び先端部分も銀面にしたいところ。ということで、フチ革を取り付けることにした。帯状のナチュラルヌメ革を水で濡らしてカブセの形に癖をつけ、本体の革色に近くなるように染色。使った液体染料は、ロ [続きを読む]
  • ヘッドレストベルト4作目
  • またプレゼント用としてヘッドレストベルトを作った。4作目である。一度売り出してみたいところだが、売れるとしても値段次第だろう。◇◇◇三日前、道の駅「湖畔の里、福富」からの帰りに立ち寄った「向原農村交流館やすらぎ」にでかい柚子が座布団の上に鎮座していた。壮観な姿である。確か1個500円の値札がついていたが、座布団つきかな?それにしてもこんなにでかい柚子をはじめてみた。皮が分厚いのだろうか。たまたま出 [続きを読む]
  • 道の駅めぐり空振りに終わる
  • 昨日は、三連休最後の日。天気がよくて体調もまずまずだったので、家内と二人で東広島市にある道の駅「湖畔の郷、福富」に行くことにした。山陽自動車道を使って1時間足らずで、そう遠くない距離であったが、カーナビのデータが古く、目的の道の駅のデーターが入っていない。案内板を見落としたのか、少し迷って目的地にたどり着いた。中山間地にある道の駅だから訪れる人も少ないだろうと高を括っていたが、なんと駐車場待ちの車 [続きを読む]
  • タブレットケースを作る
  • 今回はタブレットケースで、2作目である。ソフトレザーだが腰のある革で、ワインレッドのような色革があったので、使ってみた。トートバッグ方式の縫い方で組み立てた。1作目の製作メモを残していなかったが、ピッタリサイズに仕上がった。◇◇◇昨日は3年振りに同級生の友人にあった。この友人は、現在、埼玉県川口市在住で、姉の三回忌法要へ出席し、萩からの帰りに広島駅に途中下車して、同駅で会ってくれた。昼時だったので、 [続きを読む]
  • ヘッドレストベルトを作る
  • 今回作ったのはヘッドレストベルト。3作目である。急ブレーキや、急な方向転換などで自動車の座席に載せた買い物袋の中身をフロアーにぶちまかないための転倒、転落防止ベルトである。窓を開けて停車している場合、バッグの取っ手にこのベルトを通しておけば、引ったくり防止にも繋がるはず。前2作はプレゼントしたので、もう手元にない。プレゼントした人のうち一人は、更にS字フックを先端につけていたが、この方がジャンパーホ [続きを読む]
  • 馬蹄形コインケースを作る
  • 馬蹄形コインケースの2作目である。1作目の反省点を踏まえ作ったのだが、まだ微調整が必要な箇所がある。3作目ではよくなると思うが、このコインケースは直角に繋いだ蓋とマチあるいは底とマチを縫い合わせなければいけないし、その際、縫い目のピッチ調整もしなければならないので、大変難しい。あまり作る気になれない。以下は100円グッズの紹介。ミニクランプである。百斤で売っていた。早速、革作業で使ってみたが、厚いものが [続きを読む]