YEWJI さん プロフィール

  •  
YEWJIさん: WANDERER -returns-
ハンドル名YEWJI さん
ブログタイトルWANDERER -returns-
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/yewji/
サイト紹介文広島市在住のYEWJI(ユウジ)による詩のブログ「ワンダラー」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/05/02 11:27

YEWJI さんのブログ記事

  • 受験勉強
  • 初雪の便りと共に受験勉強の記憶が舞い降りるかじかんだ手を休めカーテンを少し明けてみるとかすかに見えるあの窓にはまだ明かりが点いていてあいつも頑張っているんだな、と自分を奮い立たせながら再び問題集に取り組んだっけその甲斐あってあいつは名門校に合格し俺も無事 [続きを読む]
  • 笑 い
  • はは……ははは思わず笑う笑いがこみ上げてくる体の力が抜けて涙がにじんでくる誰かが言っていた笑いは心の最高の栄養素だとだからついつい笑ってしまうのかなこんなに哀しいのに…… [続きを読む]
  • 無理難題
  • 高所恐怖症の君はビルの屋上はおろかタワーからの展望なんて論外中の論外それどころか歩道橋さえも苦手だから道の横断も大回りに苦労するよね全くこれじゃあ観覧車のてっぺんで夜景をバックのキスなんて夢のまた夢かいや、マイッタ……できることなら少しずつ慣れるべく背中 [続きを読む]
  • 置いてきぼり
  • いつ以来かなここから街を眺めるのは知らないうちに高いビルが建ち気づかないうちに風の流れも変わっていた楽しそうな場も広がり人の往来も増えてこんなに遠くまで活気が押し寄せてくる買い物をしている人も食事を楽しむ人も過ぎ行く時間の中からパワーを吸収しているかのよ [続きを読む]
  • ありがとう
  • ありがとう目の前に現れてくれてありがとう話し相手になってくれてここに伝えたいのは感謝の言葉ばかり……ありがとう楽しい時間を届けてくれてありがとういつも側にいてくれて [続きを読む]
  • 顛 末
  • このバイトも長いな今日も嫌な客にムカついたけどここまで続けてこれたのはやっぱり店頭で頑張るあのコのお蔭裏でグッタリな時通りすがりに笑顔をくれるとつらさもパッと吹っ飛ぶしたまに一緒になる帰りもわずかな会話だけでなぜかとても癒されるからねそろそろどこかに誘っ [続きを読む]
  • マザー
  • 母さん俺はあんたを待ってたけどあんたが俺を待つことは無かった俺にはあんたが必要だったけどあんたに俺は必要じゃなかっただからあんたに伝えたい言葉はGoodbye……Goodbyeというそんな歌詞を読みながら込み上げてきたのは心憂さそして悲しさ……なんて気持ちよりも嬉しさ [続きを読む]
  • 引き換え
  • カップの中で笑う可愛いラテアートにほっこりどの人が描いたんだろうセンスがいいな出来映えの堪能が二人の距離をまた少し縮めてくれたけど間もなく飲みごろ……つまりはひと口ごとにイラストが静かに消えていくってことでふぅ〜楽しみを得るために逆に何かを失うのってなん [続きを読む]
  • 脛 枕
  • 怖い夢を見た……人里離れた山の中で深い穴に転落ロッククライミングの要領で脱出を試みたいところだが足の骨が折れたのかジンジン痛みが増していき動かすことさえできない皮膚が腐る前に喉が渇れる前に何とかしなければ……誰か助けてくれ!そして額を拭いながら目を覚ます [続きを読む]
  • つゆ知らず
  • 何だか寂しそうな君にありふれたギャグを一発すると意外にもソッコーで笑ってくれたから続けざまに!と思ったけれどこれ以上は逆効果かな……そう感じてとっさに言葉を呑み込んだその後は軽い会話を二言三言やがてチャイムが響く校舎に君は足早に消えて行くでも良かったない [続きを読む]
  • キセキ
  • 定規が引っ掛かっていたせいでずっと放置されたままだった一番下の引き出し静かに開けてみると甘い空気を漂わせながらあのキャラメルのオマケやあのチョコのシールそれからあの戦隊ヒーローやあの人気アニメのグッズがゆっくりと目を覚ましてくれた懐かしいな……大型ゴミで [続きを読む]
  • エール
  • あーあやっちゃったな思ってた悪い結果が現実のものとなってしまったでも大丈夫さこんな失敗なんて珍しいことじゃないから逃げ出してしまう?いや踏ん張るかたいしたもんだ放り出したところで命が取られるわけでもないのにまた這い上がるとはねそれじゃ次もう一回やって結果 [続きを読む]
  • どこかで誰かと
  • 知らない町をフラッと歩いてみたいガイドブックに載ってないディープな場所や文字からは読み取れない趣ある風を探しながら漠然と生きてきたことを反省するような適当に生きてきたことに慢心するようなそんな当てなき果てもなき旅……知らない町をブラッと歩いてみたい昔どこ [続きを読む]
  • ブヒッ!
  • なぁ、お前ミスターピッグなんてイジられてるけどブタの先祖はイノシシって知ってる?人口が増えて食い物が無いから一部が家畜化されてブタになったそうだだからブタは野生に戻るとやがてイノシシになるんだってさこれには驚きだな「そんなことどうだっていいよブヒ、ブヒッ [続きを読む]
  • 背中合わせ
  • 僕にとっての幸せは君と出会ったこと……何にもうまくいかず不発だらけの毎日に突如として現れた君とそのあまりの嬉しさについ調子に乗ってやりたい放題だった僕少し迷惑そうな顔には気づかないふりで結果として長きに亘って君の人生を台無しにしてしまっただから君にとって [続きを読む]
  • 気になる
  • 椿はツバキ榎はエノキ柊はヒイラギ楸は……ヒサギ?この木なんの木ならぬどんな樹なんだろうどこに生えているんだろう……なんてことは植物学者でもない自分にはまるで関係ないこと目にしたところでふーんでお終いのはずだしそれより気になるのは読み方を忘れないだろうかと [続きを読む]
  • ズブ濡れ
  • 宿題やってないのに当てられたらどうしよう跳び箱に引っかかって落っこちたらどうしよう給食を残してしまって怒られたらどうしようできることならここで引き返したいけど学校に行かなかったら騒ぎになるだろうし家に帰ったら親に叱られるだろうしはぁ……今日は大雨になるっ [続きを読む]
  • シャモニーにて
  • にぎやかなバスに揺られてようやく終点に着くと心地よい光が僕を迎えてくれたここが夢にまで見た地……西欧の片隅に世界中のいろんな顔フランスの小さな町並みに世界中のいろんな言葉風に背中を押されて登山電車に乗り込んだ僕は手の届きそうな雲にもっと接近を試みる澄んだ [続きを読む]
  • お節介
  • いつも笑いながら俺をイジってくるミワなのに今日は昼になっても大人しい何か調子が狂うな午後の授業まで時間があるしちょっと話を聞いてやるか「どうしたどうした?」「少し悩んでるだけ放っておいて」「あ、そう……ところで話は変わるけど最近お前ニキビ多くね?」♯∞▲ [続きを読む]
  • シャイ
  • 海に光を届けてくれたからそのお礼に波のきらめきを野原に光を届けてくれたからそのお礼に咲き誇る大輪を雨上がりに光を届けてくれたからそのお礼に七色の橋を心に光を届けてくれたからそのお礼に身体中からの歓びを……照れくさいけどいま改めて心からの謝意を [続きを読む]
  • サヨナラ
  • 別れてほしいと君がつぶやいて僕は黙ったまま窓の外を見つめる台風が近づいてるらしくあいにくの空模様だが思い返せば晴れたり降ったり時には嵐に見舞われたりいろんな空の下を僕らはくぐり抜けて来たでも別れ話も三度めともなると理由を聞く気も起きないしそろそろ決めよう [続きを読む]
  • 自 由
  • もっと自由に生きたい……束縛もなくノルマもなく気づかいもなくしがらみもなく流行もなく無理強いもなくそんな伸び伸びと羽ばたける毎日……「どこが不自由なの?」いや、まぁ考えるのは自由なんで [続きを読む]
  • 避 奔
  • 大きく広げた手の平に君は突然舞い降りた可憐で鮮やかだけど名前も知らないきれいな蝶そっとカゴに入れてずっと眺めていたけれど君は出口を探し続けそして遂にわずかな隙間から逃げてしまった残ったのは悲しんでいるような怒っているようなスケッチに残る君の姿……全くどう [続きを読む]
  • 旧態依然
  • 日差しの痛い午後なのにわざわざやって来てこの場所に座るのが好きさここはそのまま切り取って大きな額縁に飾りたいそんな特等席だから……うん変わっていないな山麓に刺さるトンネルや一帯にはびこる団地群など目ざわりな物も増えたけど小さな頃からずっと同じなのはなだら [続きを読む]