保守派学生連盟播磨支部代表 さん プロフィール

  •  
保守派学生連盟播磨支部代表さん: オザワイズム宣言
ハンドル名保守派学生連盟播磨支部代表 さん
ブログタイトルオザワイズム宣言
ブログURLhttp://nipponkakuryoukai.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文高校生・日野智貴が、歴史、政治、経済、進化論、生命倫理問題での言論で守旧派を斬る!
自由文生活の党を支持する高校生です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/05/04 16:42

保守派学生連盟播磨支部代表 さんのブログ記事

  • AIとベーシックインカムの導入
  • 人気ブログランキングへ  AIの発達というのを簡単に言うと、「需要」と「供給」のバランスが大きく「供給」側に傾く、ということである。  要するに、僅かな労働力で一億三千万人分の需要を賄う社会が来る。  だが、いくら「一億三千万人分の供給」を行っても、消費者側に金がなければ折角の供給はゴミになってしまう。  我が国の消費者の多くは労働者であるが、労働者の大部分を占める第二次産業の労働者の多くは今後、... [続きを読む]
  • 大東亜戦争の「終戦」――日本現代史を振り返る(1)
  • 人気ブログランキングへ  昭和20年(西暦1945年、皇暦2605年)8月15日、昭和天皇陛下の玉音放送で日本は『ポツダム宣言』を受諾しました。 『ポツダム宣言』と言うのは大東亜戦争で日本と戦っていた連合国を代表するアメリカ、イギリス、中国の三国による共同宣言です。  とは言っても、この宣言の内容はほとんどアメリカが作りました。  中華民国の蒋介石総統はそもそもポツダムでの会談には参加していません... [続きを読む]
  • 肉食が人間の本能に与える悪影響
  • 人気ブログランキングへ  最近、肉食という者を恰も人間の本能であるかのように言っている人がいますが、肉食は決して人間の本能ではないのです。  もしかしたら、その人たちは食欲を満たすことが人間の本能である、と思っているのかもしれないけれども、確かに人間は本能的に食欲を満たそうとするが、一方で食欲を抑えようともする。  だから、アメリカの金持ちはみんなスタイルが良い。彼らはスタイルを良くしたい、と本能... [続きを読む]
  • 今回の総選挙では「知恵無き味方」を量産しないことが肝要
  • 人気ブログランキングへ  さっそく「自民優勢」の報道が流れたが、この前の選挙でも「自民単独三分の二の勢い」とか言いつつ蓋を開けると自民党の議席は微減しており、今回の総選挙でも自民党の議席が減ることは確実であると思われる。  問題は自民党の議席がどれだけ減るか、ということと、どの議員の議席が減るかであり、守旧派政治屋だけでしぶとく安定多数を握るような状況になると悪夢もいいところだろう。  今回の選挙... [続きを読む]
  • 東海ブロック共催青年練成会(生長の家愛知教区)に参加!(2)
  • 人気ブログランキングへ  平成29年度生長の家東海ブロック共催青年練成会(10月7日〜9日)に参加させていただきました!  去年の愛知での青年練成会でも様々な発見がありましたが、今回もそれに並ぶ充実した練成会でした。  愛知教区青年会の亀田光明実践委員の司会、素晴らしかった!彼の落ち着いた司会で国家斉唱・皇居遥拝から始まる日々を過ごし、宇治別格本山の研修生だった日々を思い出しました。  無論、いつ... [続きを読む]
  • 表には出てこない瀬織津姫と神武天皇と住吉大神の関係
  • 人気ブログランキングへ  スピリチュアルなことはあまり書かないようにしていますが、瀬織津姫の記事がかなり閲覧数が高いので、今日はそのことに触れてみましょうか?  先日、瀬織津姫は饒速日の妻ではない、という風に断定する記事を書いてしまい、誤解を生んだ方もいると思います。  瀬織津姫は饒速日の妻ですが、瀬織津姫自身は複数の人格(分霊)を持っており、それを歴史的事実として把握されると不都合がある、という... [続きを読む]
  • どこの誰とは言わないけれどこんな話もある
  • 人気ブログランキングへ  今回の総選挙、私の尊敬する政治家や期待していた政治家がそれぞれ別々の道を歩むようであるが、それのどれが正しいのかは私には判断できない。  だから、特定の誰かを支援するとは言わない。  今の政治の優先課題は、短期的には迫る第二次朝鮮事変への対処であり、長期的には如何にして自然と調和した新しい文明の構築を実現するかであって、その双方において私を納得してくださる政党はいなかった... [続きを読む]
  • 実相の日本とは「世界家族国家共同体」のことである
  • 人気ブログランキングへ 「日本を愛する」と云うことを「外国を排撃すること」の別名の如く考えている偏狭な人がありますが、実相の日本は「世界国家」(水火(みづほ)の国・陰陽和合・大和理念の国)でありますから、それが現象化してあらわれて来るときは「一つの世界」(世界連邦の形態をとるか?)となるのでありまして、外国を排斥しているようなことでは「水火の国」「大和の国」「一つの世界」は成就しませぬ。其処に生長. [続きを読む]
  • 動物食はなぜいけないのか――生命倫理の観点から
  • 人気ブログランキングへ  生命を尊重すべきであるというのは、人間の根本道徳である。  とは言っても、他者の生命を奪わずして生きることは出来ないではないか、でないと餓死してしまうではないか、というものもいるかもしれない。  だが、どんなに空腹であったとしても、人間を食うと「不道徳」として咎められるであろう。  いや、一部には食人の風習のある部族もいるらしいし、余程飢えている場合には例外的に「仕方ない... [続きを読む]
  • 脱肉食は日本の「道徳的国防力」強化につながる
  • 人気ブログランキングへ  昨日のブログの「聖典より」の欄にも書きましたが、谷口雅春先生が著書『占領憲法下の政治批判』に次のようなことを書かれています。 【中古】占領憲法下の政治批判―日本を道義の上に建てるために (1971年) 価格:8,618円 (2017/9/25 09:29時点) 感想(0件) 「米ソ中共を向こうに廻して、戦い守る戦力は物質的方法ではいくら歯ぎしりしてもできないから、五兆円も... [続きを読む]
  • 先祖供養と神想観の力
  • 人気ブログランキングへ  土日は生長の家宇治別格本山で開催されている「幸福な結婚をするための練成会」に参加した。  この練成は金曜日から月曜日にかけて開催されているが、私は学業最優先のため、泣く泣く昨晩家に帰った。  土曜日の夜の浄心行という行事から参加した。  浄心行とは、心の中の負の感情を燃やしてしまう行事であるが、これによって救われる人は多い。私もこれで救われたことがある。  今回もこれで気... [続きを読む]
  • 楠本加美野先生のこと
  • 人気ブログランキングへ  前生長の家宇治別格本山総務・宝蔵神社宮司の楠本加美野先生について、様々なデマを流されておられる方もいるが、私はありのままに先生について書かせていただきたい。  私の尊敬する大先生の一人が、楠本加美野先生である。  この尊敬の念は「崇敬」と言っても良いかもしれない。  つい「崇拝」と言ってしまう人もいるかもしれないが、個人崇拝はカルトであるから、ダメだ。  キリスト教でも聖... [続きを読む]
  • 安倍政権は尖閣を放置するな!――尖閣諸島問題と台湾問題
  • 人気ブログランキングへ  今年9月21日、またもや尖閣諸島の海域を中国の公船が航行した。 「公約にはできることしか書きません!」  平成24年(西暦2012年、皇暦2672年)の年末、自民党総裁である安倍晋三が選挙期間中に叫んでいた言葉だ。  この時、安倍自民党は尖閣諸島問題における「中国の脅威」を盛んに煽っていた。  そして、当時の自民党の公約にはこう記されていた。 「尖閣諸島に公務員を駐留させ... [続きを読む]
  • 安倍政権を支えてきた共犯者
  • 人気ブログランキングへ  安倍政権が右翼であり、愛国勢力であるというデマを、安倍信者だけでなく反安倍政権の人間までもが広めた結果、「平壌政府」のミサイル発射や核開発に不満を持つ勢力が安倍政権の支持者になっている。  これだから、私はこれまでずっと「安倍は左翼だ!」と言い続けてきたのだが、他の人間が「安倍は右翼だ!」という主張をずっと続けてきたせいで、次期衆院選でも安倍自民党がまたもや勝利すると見ら.. [続きを読む]
  • 解散風
  • 人気ブログランキングへ  衆議院解散とやらを政府はするようだが、またもやどうでも良い争点のつまらない選挙をする気らしいので、今回の選挙ではそういうつまらんことには関わらずに、ひたすら大学の勉強に励んでおく。  別に選挙で棄権する、という意味ではない。  地元の選挙区に人間として嫌いが政治家がいるので、彼が落選するように、との願いを込めて一票を投じる用意はある。  そもそも、私が新政未来の党を結党し... [続きを読む]
  • 「新政未来のつどい」は盛会に!政治団体設立届提出!
  • 人気ブログランキングへ  9月10日、京都市伏見区の「Vegans cafe and restaurant」で「ヴィーガン料理を食べながら考えよう〜自然と調和した家族国家共同体建設!第一回新政未来のつどい〜」を開催させていただきました!  参加者約二十名の大盛会でした。会場を提供してくださったヴィーガンズカフェ様、参加者の皆様、本当にありがとうございました。  遅れて参加したり全てに参加は出来なか... [続きを読む]
  • 私の原風景――小宅神社と生長の家龍野道場
  • 人気ブログランキングへ  私が生長の家のみ教えに触れたのは、生長の家の龍野道場でしょうか?  母が生長の家の熱心な信徒でしたので、幼稚園に入る前から龍野道場にはよく行っていました。  今年の夏も帰省している間、ほぼ毎日龍野道場での早朝神想観に参加していました。  明日から大学のために再び実家を離れる私。  今日は特別に早朝神想観での先導をさせていただきました。  龍野道場は私の信仰の原点です。 人... [続きを読む]
  • 稲盛会長と日本未来の党と生長の家
  • 人気ブログランキングへ  今回民進党の代表になった前原誠司氏については毀誉褒貶が激しいが、私はこれまでの民進党とは違った党運営をしてくれるのではないか、と少しは期待している。  前原代表と親しい経済人として著名な人間が、京セラ名誉会長の稲盛和夫先生である。  稲盛和夫先生は平成24年(西暦2012年、皇暦2672年)に「脱原発・自然エネルギー推進」を掲げる政党「日本未来の党」の結党宣言である「びわ... [続きを読む]
  • 第二次朝鮮事変は「アメリカによる先制攻撃」で始まる
  • 人気ブログランキングへ  マスコミは「平壌政府」の脅威をやたら煽るが、現時点で「平壌政府」が先制攻撃をしてくる可能性は低いだろう。  こういうと、「第二次朝鮮事変が今にも始まるかのように言っていたお前の主張はどうなった!」という人も出て来るかも知れないが、ちょっと待ってほしい。  私はこれまであえて「第二次朝鮮事変」という用語を使ってきた。  二次があれば一次がある。そして、この「第一次朝鮮事変」... [続きを読む]