ことば探検家ひろ さん プロフィール

  •  
ことば探検家ひろさん: ことばの魔法 ことばのチカラ
ハンドル名ことば探検家ひろ さん
ブログタイトルことばの魔法 ことばのチカラ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kotoba-com/
サイト紹介文言葉を味方につけると世界が広がる!世界の人との会話や言葉の自然習得。ことばに宿る不思議なチカラ。
自由文「言語」という意味のコトバ
セラピー、カウンセリング、コーチングetc...「セッション」で交わされるコトバ
家族、友達、同僚etc...「会話」として交わされるコトバ
ココロに響いた歌詞や本の中のコトバ
そしてまだ解明されていない、人間だけが持つとされている赤ちゃんの頃から誰もが自然と身につけてきたコトバたち
本業がセラピスト&コーチの、ことば探検家ひろが体験から語る言葉と人間
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/05/08 20:26

ことば探検家ひろ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 説明がメンドクサイ!外国語を学ぶ理由
  • 「ことばが好きだから」という理由で 「◯◯語、ちょっとわかるよ」と言うと、納得してもらえないことが多い。 どうやらその言葉が話せる理由、またはその言葉を学ぶ理由の『納得できる明確な答え』が欲しいらしい。 理由なんてなくても、 好きなんだから 知りたいんだからいいじゃない!と思うのだけれど。どうも納得しづらいらしい。別に、納得してもらわなくてもいいのだけどね、本当は。相手が納得するための理 [続きを読む]
  • 相手の心に寄り添う言葉
  • 興味はあっても、私はエスペラントを学ぼうとは思わなかった。 理由はちょこちょこあった気がする。けれど一番大きな理由は、  ラテン語由来の単語が多いから。 つまり、  結局ラテン語圏の人たちが有利なんじゃないかな〜? 全然平等に思えないな〜。 と思ったわけ。 しかも話者もそんなに多くない。結局、まだまだ英語が強い。 言葉が好きで今でこそ、多言語と出会ってことば探検 [続きを読む]
  • エスペラントは現実的?非現実的?
  • エスペラントの存在を知った私は衝撃を受けた。理由はふたつ。  言葉って人工的に作れるの?  世界中の人たちにとって平等で対等な言語なんてものが存在するの!? と。 語学学校の先生の狙いは、まさにそこだった。仮にも、世界の中心言語にされている英語の語学学校。先生の母語も英語。  「この言語について、どう思う?」 それがディベートのテーマだった。ディベートだから、自分の [続きを読む]
  • エスペラントって何ですか?
  • スェーデン人のFちゃんと出会った。彼女のご主人は日本人。エスペラントを通じた交流で出会ったのだという。  エスペラント?  …って、何? そんな方も多いと思うので、まずは私とエスペラントの出会いからお話を。    私がエスペラントを知ったのは、オーストラリアにいた頃。語学学校で宿題が出た。  「明日までに調べてきて」と先生。  ホワイトボードには大きく [続きを読む]
  • どうして同じ単語で表すわけ?
  • 外国語を学んでいると「何故」がたくさん生まれる。多くの何故の根本には、おそらく母語の影響がある。たとえば英語の【run】ジーニアス英和辞典によると 「走る」「駆ける」からはじまり 「(川などが)流れる」 「(洗濯して)色落ちする」 「(インクなどが)にじむ」 「(機械などが)動く、作動する」 「(物事・人生が)進んでいる」 「立候補する」 「(道などが)続いている」など、様々な和訳が載っている。(ち [続きを読む]
  • エレベーターに命令!
  • 点字を学びはじめてちょうど1年。たった6つの点で言葉を表記する画期的なシステムは、学べば学ぶほど奥が深い。ほんのワンフロア分、エレベーターに乗った買物帰りのこと。ふと、「開」ボタンの上に表示されていた点字が目に入った。 【アケ】 えっ?! 命令形??!最近は開閉ボタンを三角形で表示しているボタンも多いが、私はあの表示が実は苦手。いつも一瞬、どっちがどっちなのか戸惑ってしまう。「開」「閉」と書いて [続きを読む]
  • Do your best! と 明けましておめでとう
  • オーストラリアで新年を迎えたとき。ホストマザーに連れられ、娘婿家族のニュー・イヤー・イブ・パーティに参加させてもらった。あちらでは大人も子どもも、みんな揃って夜を越す。パーティ会場はその家のご主人が自分で造っている最中だというガレージだった。 「ひろこ!ここに『Do your best!!』って日本語で書いて!」テンション高く彼が言う。『Do your best!』『Do my best!』向こうでは頻繁に耳にし、使っていた言葉だ。 [続きを読む]
  • 「よいお年を」
  • 「よいお年を」っていい言葉。 「Have a nice day!」 「Have a nice weekend!」英語でならしょっちゅうこんなことを言っている。でも日本語にそういう感覚はないな〜…なんて思っていた。 「よい週末を!」少なくとも私は言わない。「楽しんできてね」と言うことはあるけれど。でもそれは、相手が何かをするのを知っていることが前提だ。 「Have a nice day!」 「Have a nice weekend!」「よいお年を」は、感覚的にあれの新 [続きを読む]
  • ほこり除去される日本人
  • 我が家の高性能スキャナーには、『埃除去機能』がついている。写真を取り込む際、自動的に埃を分別して修正してくれるというスグレモノ。もうかなり昔になるけれど、主人と2人で映った写真をスキャンしていた。埃除去モードにすると、性能がアップする分時間がかかる。パソコン操作し、しばらく別の部屋で他の作業。戻ってみるとスキャンされた写真がデスクトップに映し出されている…はずだった。…のだが…そこには ものすごく [続きを読む]
  • 英語が “できる人” 気分
  • 「私ってば、英語ができる人っぽい♪」こう思えるのはどんなとき?長めの文章が言えたとか、難しい言い回しができたとか、きっとそれぞれあると思う。「あんな風に話せたら…」はみんないろいろあるもんね。「私ってば、英語ができる人っぽい♪」私がそう感じられたのは 「I do!」と言えたときだった。さて、意味がわかるだろうか?これは中学校で習った 「Do you have 〜?」 「Yes, I do.」の『I do.』ではない。(文法的意 [続きを読む]
  • ネイティブだって意味不明
  • 英会話スクールで、今までの総復習をしていたとき。一緒に進めていたアメリカ人のDさんがある一文を目にして首をかしげた。 【I could communicate with my body.】「うーん…この文、意味わかんないな。 どういうことだ?話すの? Hello, my foot. Hi my hands. ……??」首を傾げるDさんに、笑いながら答える。 「私はできるんだけどね」 「Really?!」まぁだからこそ、そこにそのフレーズがタイプされていたわけだけれど [続きを読む]
  • 日本人の「曖昧さ」はステレオタイプ?
  • 「日本人は曖昧だ」「日本人はYES・NOをはっきり言わない」こう言われて久しい。私自身、メディアやら学校やらで小さい頃から聞き続けているから、いつの間にかそんなものだと思っていた。でも以前も書いたけれど、すべての物事を黒か白か、ゼロか百かでなんてわけられない。むしろ「どっちでもない」「どうでもいい」ということの方が圧倒的多数だと私は思う。 本当に欧米の人たちはすべてにおいてYES・NOなのだろうか…?疑問 [続きを読む]
  • ムサシはムズカシイ?
  • ロイター通信の記事に載っていたアラブの超高層ビル。述べ12,000人の人が建設に関わったというそれは、オープニングの日まで高さが公表されなかったらしい。「建設中に公表しちゃうと、それより少し高いビルを建てようという人がすぐに出てくるからじゃない?」とはイギリス人のTさん談。なるほど。それからしばし、世界の有名な高層ビルやタワーの高さについて2人で話していた。「きっとエッフェル塔の方が東京タワーより高いよ [続きを読む]
  • ホームステイはキムチと共にワーホリになる
  • 以前我家にホームステイにやってきた韓国のEちゃんからメッセージがきた。「9月に東京へ行きます。ワーホリで1年間住みます!」わお?札幌にホームステイをしにきた彼女と、東京や神奈川で会えるとは!!お土産の希望を聞かれ、思わず「韓国のキムチが好き」だと言ってしまった私。(その前にちゃんと「韓国のりが好き」だとも伝えたけれど)私は辛いモノが苦手。わさびもからしも食べられない。マスタードもダメだし、チリなんて [続きを読む]
  • 過去の記事 …