リップラボ さん プロフィール

  •  
リップラボさん: 独立系FPによるファイナンシャルコンシェルジュ
ハンドル名リップラボ さん
ブログタイトル独立系FPによるファイナンシャルコンシェルジュ
ブログURLhttp://riplabo.blog.fc2.com/
サイト紹介文保険・住宅(不動産)・住宅ローンなどをメインテーマにした独立系FPによる運営ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/05/10 09:04

リップラボ さんのブログ記事

  • 社会保険料の落とし穴!?
  • 皆様、こんな話を聞いたことはありませんか?「 4〜6月の3ヵ月間の給料は上げないようにしたほうがいい 」 と。これは、社会保険(厚生年金や健康保険等)の保険料を4〜6月の3ヵ月間の給料の平均額を元に計算される「標準報酬月額」を上げないようにして9月からの社会保険料を抑えたほうが得と思われているからに過ぎません。さて、「本当でしょうか?」目先だけを考えれば確かにそう思われるかもしれませんが、実はさまざまなこと [続きを読む]
  • 住宅ローン金利戦線に変化!!借換えのラストチャンスかも?
  • 最近、住宅ローンコンサルティングをおこなっていて住宅ローン金利戦線に変化を感じております。どういうことか?それは、表向きの金利表示ではわからないのですが、実際の適用金利の締め付けが厳しくなっているということです。変動金利の場合で説明してみましょう。変動金利のしくみから説明しますと、現在多くの金融機関では、 基準金利(店頭金利)-優遇金利=適用金利となっており、具体的には、2.475%-1.875%=0.6%とい [続きを読む]
  • 公示地価2018が発表されました!!
  • 国土交通省が昨日27日、2018年1月1日時点の公示地価を発表しました。全用途(商業・工業・住宅)の全国平均が0.7%のプラスと3年連続で上昇し、地方圏も26年ぶりに上昇に転じ、0.041%のプラスでした。全国的にみて、 ① 雇用・所得環境が改善する中で、利便性の高い地域を中心に   住宅地の地価が回復している ② 外国人観光客の増加による店舗・ホテル需要の高まり等を背景に、   商業地の地価が総じて堅調に推 [続きを読む]
  • 住宅ローンを早く返すワザ。「返済額の増額」とは?
  • 住宅ローンを早く返すワザとしては、「一部繰上返済」というのが一般的です。しかし、これをおこなうにはある程度まとまった原資が必要になります。少額でもおこなえますが、手数料がかかると効果が乏しくなってしまいますから。(ネットバンキングを利用して少額でも手数料がかからない場合もあります)でも、今回ご紹介するワザはまとまった原資が無くてもすぐに実行できます。それは、「返済額の増額」というワザです。要は、こ [続きを読む]
  • 中古住宅売買が変わります。改正宅地建物取引業法が完全施行!!
  • 2018年4月1日に改正宅地建物取引業法が完全施行され、中古住宅売買が変わることはご存知でしょうか?一体何が変わるのでしょうか?下図をご覧ください↓(NIKKEI STYLE記事より抜粋)中古住宅を購入するときの流れにあわせると図のような流れになります。大きなポイントは、 ①の媒介契約締結時の宅建業者の説明・対応 です。今回の改正は、インスペクションの義務化ではなく、その説明・書面の交付義務化です。宅建業者がインス [続きを読む]
  • 民泊新法(住宅宿泊事業法)がまもなく施行!!
  • 民泊とは、もともと「民家に宿泊すること」を意味する言葉でしたが、最近は、個人が所有する住宅の一部や別宅、マンションの空き室などに旅行者を有料で宿泊させることととらえられているようです。これまで民泊において、旅館業法に基づく簡易宿所の営業許可、特区民泊の認定を受けている場合は明白に合法でした。しかし、これら以外の民泊については実際はグレーな扱いになっておりましたが、いよいよ民泊新法(住宅宿泊事業法) [続きを読む]
  • 「マイナスの財産」が多い場合の相続対策、こんな裏ワザが!!
  • 遺言等が無い場合の相続は概ね、相続発生時の被相続人(亡くなられた方)の「プラスの財産」と「マイナスの財産」を洗い出して、その内容をもとに①単純承認  ②限定承認  ③相続放棄 の選択を判断することでしょう。※ 相続開始を知った時から3か月以内に所定の手続きを行わなければ  単純承認したとみなされます。では、現金はそこそこあるものの借金などの債務が多く、マイナスの財産のほうがかなり多い為、相続放棄を選 [続きを読む]
  • 税務上の扶養親族とは?
  • 「仕事を辞めて○○の扶養に入る」などという話は、一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか?今回は税務上の扶養親族についてお話したいと思います。皆様、扶養親族というと、老親や子供だけをイメージされてませんか?実は、税務上の扶養親族の定義は思ってみえるより広く、下記のように定義されております。 ① 配偶者以外の親族(6親等内の血族および3親等内の姻族)または   児童福祉法の規定による里子や老人福祉法 [続きを読む]
  • 大手住宅メーカーの新築住宅の一棟単価は4年で約1割アップ!?
  • 少子高齢化などの進行で近い将来(2030年度頃)には、市場が現在の半分程度になると予測されている住宅建築業界ですが、各住宅メーカーはその対応策のひとつとして一棟単価を上げることに注力しているようです。決算書等より、大手住宅メーカーS社においては、一棟当たり単価は、13年には3450万円⇒16年には3719万円⇒17年予測では3791万円と見込んでいます。なんと、4年間で9.9%アップです。また、M社でも13年度上期平均3490万円 [続きを読む]
  • ◇ 謹 賀 新 年 2018 ◇ \(^o^)/
  •               ◇ 謹 賀 新 年 2018 ◇             旧年中は格別のお引き立てをいただき            厚く御礼申し上げます              本年もいっそうのご厚情を賜りますよう            何卒宜しくお願い申し上げます!!              本年も皆様にとって良い年でありますよう            ご祈念申し上げます (-∧-)合掌・ [続きを読む]
  • 「ステップダウン住宅ローン」 とは!?
  • 新生銀行が2017年11月1日より、「ステップダウン住宅ローン」なるものの販売を開始致しました。今回はその内容についてお話したいと思います。ステップダウン住宅ローンとは、当初の借り入れから○年経過後に又は、○年経過後○年毎に適用金利が下がっていく住宅ローンのことで、全期間固定金利型に適用するものです。(変動金利や当初固定金利タイプでは使えませんし、借入期間中に、他の金利タイプに 変更することもできません [続きを読む]
  • 財産意識がほとんどない相続財産 『借地権』 について
  • 土地所有者ではありませんので、日頃は財産意識がほとんどないと思われますが、『借地権』 は立派な相続財産です。借地権とは、土地を借りて、その上に借主名義の建物を建築することを目的に設定される権利です。法律的には、借地権という用語はなく、地上権(物権)又は、賃借権(債権)になります。さらに、賃借権(債権)は旧法賃借権、新賃借権、定期借地権に分かれます。借地人には”借地権者”としての権利があります。(一 [続きを読む]
  • NHK受信料 初の憲法判断が本日出されました!!
  • 本日(2017/12/6)、NHKの受信料制度が争われた訴訟の上告審判決が出ました。まず、結果をお話する前にポイントを整理しましょう。今回のポイントは、 ① 放送法64条は、憲法が保障する「契約の自由」に反するかどうか   * 放送法64条とは、テレビなどの放送受信設備を設置した世帯や事業所は    「NHKと受信契約をしなければいけない」と規定するもの。 ② 契約の成立時期はいつになるのか ③ 消滅時効の適用はあ [続きを読む]
  • ペット保険の基礎知識
  • 人と違って、ペットには健康保険制度というものがありません。そのため、病気やケガの治療をすると飼い主に思わぬ負担がかかる場合があります。今回は世の中に広く認知されて、人気と進化が進んでいるペット保険の基礎をQ&A形式でお話したいと思います。Q. そもそもペット保険とは?A. 人でいうところの医療保険のようなもので、補償の対象になるのは治療や手術、入院で、  ほとんどが1年契約の掛け捨てです。Q. どこが運営し [続きを読む]
  • 「 加給年金 」 と 「 振替加算 」 とは?
  • 先般、公的年金で大量の支給漏れがあったことがニュースになりましたが、ご記憶にございますか?未払いだったのは「振替加算」と呼ばれる年金の上乗せ部分です。今回はこの「振替加算」とあわせて「加給年金」について少しお話します。まず、最初は「加給年金」ですが、これはざっくりと言えば、” 家族手当 ” のようなものです。御主人様が65歳になって年金生活に入った時に、生計を維持している妻や子がいる場合に生活の手助け [続きを読む]
  • 2017年10月以降 フラット機構団信 VS 収入保障保険
  • 2017年10月からフラット機構団信がリニューアルされたことは以前に「マネーの達人」内記事でお伝えしました。「マネーの達人」内の過去記事はこちら↓https://manetatsu.com/2017/06/95880/リニューアルに伴いまして、収入保障保険で代用したほうが保険料的に有利である基準が大きく変わりました。注)全く同じ土俵での比較ではありませんので、考え方の相違は多少あるでしょう今回はその目安をお話したいと思います。(比較条件) [続きを読む]
  • NHK受信料 合憲 or 違憲!? 年内に初の憲法判断。
  • 皆様も、過去に一度は疑問に思ったことがあるのではないかと思われるNHKの受信料。そのNHK受信料について、最高裁が年内に初の憲法判断をする見通しです。昨日10/25、自宅にテレビがあるのに契約せず、受信料を支払わない男性をNHKが訴えた訴訟の上告審弁論が最高裁大法廷で開かれ、結審しました。その判決が年内にも出る見通しなのです。 弁論では、 男性側は、契約は視聴者の意思で結ぶべきものだとした上で、放送法の規定 [続きを読む]
  • 【年末調整】面倒な生命保険料控除計算をどうしたらいいのか!?
  • 続々と年末調整に向けた控除証明書類がお手元に届いてみえることかと存じます。よく再発行のご依頼のお電話を頂きますので、紛失されないよう一か所にまとめておきましょう。今回は新旧の制度が併走しており、計算が面倒な生命保険料控除についてお話させて頂きます。 「 皆様、控除証明書類をひとつひとつ集計して御自分で  計算されてみえないでしょうか?」 「 実は、ひとつひとつ御自分で計算されなくても  いいんです。 [続きを読む]
  • 『 自転車保険加入義務化 』 が続々と!!
  • 名古屋市では、平成29年10月1日から市内で自転車を利用する人を対象に「自転車損害賠償保険」等への加入を義務化する条例が施行されました。下図をご覧ください。続々と義務化や努力義務化が各自治体で進んでおります。名古屋市の場合、違反しても罰則は設けられていないようですが、注意点としましては名古屋市民に限らず、名古屋市外から、通学・通勤などで市内に入る場合も対象となることです。(所有世帯が対象) ※ 条例内容 [続きを読む]
  • ” いざなぎ景気を超えた ” と言うけれど・・・。
  • 政府は今の景気回復は4年10か月にわたって続き、長さでは、高度経済成長期まっただ中の好景気「いざなぎ景気」を超えた可能性が高いという認識を示しました。皆様、景気回復の実感は感じられてみえますでしょうか?「ほとんど感じられていない」というのが大多数ではないでしょうか。そうなんです。確かに長さでは戦後2番目になるかもしれませんが、その内容は「これが本当に景気回復しているということなの?」と思ってしまう [続きを読む]
  • 平成29年の基準地価が公表されました!!
  • 平成29年9月20日に国土交通省より、平成29年の基準地価が公表されました。基準地価とは、国の公示地価と似たような位置付けですが、基準日が毎年7月1日時点となっており、公示地価の毎年1月1日時点とは半年ずれております。公示地価と公表時期が異なるため、公示地価を補完する形になり、参照時期によっては、公示地価よりも最近の動向を反映していることがあります。さらに、基準地価は都道府県価格調査とも呼ばれ、公示地価でい [続きを読む]