sorakaze さん プロフィール

  •  
sorakazeさん: 空風瞑想
ハンドル名sorakaze さん
ブログタイトル空風瞑想
ブログURLhttp://www.sorakaze.com
サイト紹介文本当の自分自身に目覚める空風瞑想。悟りや啓発、意識の覚醒を実現する瞑想についてのブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2013/05/10 11:49

sorakaze さんのブログ記事

  • 瞑想の原点(71)主体
  • 客観視できるものは自分ではない。私はこの事実を無視してきた。そして私は客観視できる自分を重要視してきた。私が本当の自分を知ったとき、私は客観的な存在ではないと気づいた。客体と主体の間には大きな溝がある。その二つは決して混ざりあうことはない。どれだけ素晴らしい客体を作り上げても主体にはならない。本当の自分になるためにはその溝を超える必要がある。 [続きを読む]
  • 01. The Origin Of Myself
  • I kept seeking answers to why I was alive. However, none of the answers satisfied me. The last answer was to find my true self.
    It is not about what kind of person I become, but knowing who my origin is. I encountered one silent intelligence during meditat
    ion. It was the oldest and the newest myself. I have always been this myself. When I realized that I had no o [続きを読む]
  • 瞑想の原点(70)沈黙
  • 私は自分のことを何も知らない思っていた。だから、答えとなる言葉を世界中で探し続けた。私が本当の自分を知ったとき、それが私の求めていた答えだと気づいた。ただ、本当の自分は何も語ることはなかった。それでも、その沈黙にすべての答えがあった。その存在そのものが完全な答えだった。言葉と本当の自分との間には埋められない溝がある。それはどんな言葉も沈黙にはならないということだ。しかし [続きを読む]
  • 92. I Have A Most Reliable Ones
  • I was looking for the most reliable ones in the world. I found something I can trust, but it was something missing. However, I t
    ried to believe it forcibly. When I realized my true self, I came to the realization that it is a reliable thing. It is in mysel
    f and I can check it myself. It is perfect without lacking parts. I can neither deny nor throw it away. I no [続きを読む]
  • 瞑想の原点(69)最高
  • 無音があるから音楽は美しく奏でられる。白紙があるから美しい絵を描くことができる。しかし、無音や白紙は誰からも価値を認められない。私が本当の自分を知ったとき、それが最高の価値ある自分だと気づいた。本当の自分はただ存在するだけで、形や動きがなく、意志さえもなかった。私はそこから個性豊かな個人を創り上げていた。存在という無個性の本当の自分があるから、世界は多様性の美しさを創造 [続きを読む]
  • 91. How To Change The Repetition of Your Life
  • I was alive in the repetition of the same thing every day. I got up in the morning, had a meal, worked, went to play and went to
    sleep. Sometimes, I did not know what I am living for. I tried changing my way of life, but this repetition never changed. When
    I realized my true self, I came to the realization that it was beyond daily repetition. The important thing in [続きを読む]
  • Sanctuary 0908
  • だが、世界が自分になることはないため、私の中で不満が募っていった。 [続きを読む]
  • 瞑想の原点(68)消失
  • 新しい人類に変わることは可能だ。その兆候は数千年前から始まっている。しかし、人類は自らの進化を恐れている。その恐れの壁を乗り越えることで、新しい人類に生まれ変わることにつながる。私が本当の自分を知ったとき、新しい人間に変わったことに気づいた。私は自分を失うことを恐れていた。その自分は完全に消えてしまった。しかし、今では決して失われない自分でいる。 [続きを読む]
  • 90. A Small Creature Go Beyond Happiness
  • I could live without knowing the true self. I was living a life full of happiness. However, if I became more happy, I wanted to
    know the true self. When I realized my true self, I realized it was beyond happiness. Unfortunately, I could not be happy by rea
    lizing my true self. However, I learned that being happy is a small thing. If I did not know about the true se [続きを読む]
  • 瞑想の原点(67)歓喜
  • 私は世界中で自分を喜ばせる何かを探していた。それを見つけることはできたが、すぐに消えてしまった。私は消えた喜びを探しに何度も世界の中へと出かけた。私が本当の自分を知ったとき、私はそれが喜びそのものだと気付いた。その喜びは決して消えることがない。それでも、身体や心が世界の喜びを求めることがあった。しかし、私はそれがどんなものでも消えてしまうと知っていた。ただ、私はすでに失 [続きを読む]
  • 89. Ask The Truth, Fear The Truth
  • I tried to find out my true self by meditation. On the other hand, I was resistant to finding the true self. I was afraid to bec
    ome myself that is different from my current self. When I realized my true self, I realized I could not escape from it. Like a s
    mall stone caught by the gravity of the planet, I was drawn to the true self. I felt terrified of my true self. [続きを読む]
  • Sanctuary 0901
  • その時、私は自分が映し出した世界に溶けて、すっかり自分を忘れてしまった。 [続きを読む]
  • 瞑想の原点(66)宿業
  • カルマは私の人生の障害となっていた。私は祈ったり、瞑想したりして、カルマを解消しようとした。しかし、カルマは減るどころか、次々と生まれてきた。私が本当の自分を知ったとき、カルマは存在しないと分かった。私は自分が個人だと信じているから、個人に依存しているカルマはなくならない。自分が個人ではない存在だと分かれば、カルマは依存する場所を失って消える。 [続きを読む]
  • 88. There is No Need to Believe in The Existence of God
  • I did not believe in God, because God did not tell me to believe in God. God did not force me to believe in God. When I realized
    my true self, I realized that the true self is God. The reason why God did not tell me to believe in God is because the true sel
    f is God. If I am a god it is not necessary to force me to believe it. All I have to do is to realize the true [続きを読む]
  • 瞑想の原点(65)不変
  • 私は何が現実なのかを考えた。恐れや不安は現実に感じる。楽しみや幸せも現実に感じる。私が本当の自分を知ったとき、それは恐れや楽しみよりも現実だと気づいた。私がいつもその現実で満たされていると、恐れや楽しみの現実はその中で小さな欠片になった。いま私はそれらがあってもなくても、私自身の何も変わらないと知っている。 [続きを読む]
  • 87. My Ultimate Destination is Here
  • I have learned and experienced a lot of things in the world. By doing so, I felt my growth. The world continued to give me the k
    nowledge and experience I wanted. I believed this is the meaning of living. When I realized my true self, I realized it was not
    the knowledge and experience so far. The true self is beyond knowledge and experience. I knew that there was n [続きを読む]
  • 瞑想の原点(64)未来
  • 瞑想して心の中を見つめていたとき、私は自分の根源とつながり、それとひとつになった。ひとつになった私は今までの私とは全く違っていた。私は本当の自分を知って、その存在と入れ替わったのだ。このことは特別な人にだけ起こることではない。これはあらゆる人種や国籍、宗教に関係なく起こる。古代の聖者たちはこのことを伝えようとしてきた。本当の自分を取り戻した人たちこそ人類の未来だ。全ての [続きを読む]
  • 86. What To Do Before Accumulating Your Beliefs
  • I experienced my life and created my own beliefs from that experience. And I have accumulated new beliefs on that belief. I beli
    eved that such accumulation will refine my existence. That happened when I realized my true self. I realized my existence distor
    ted. Everything was distorted because my first belief was distorted. I rebuilt my existence based on the true [続きを読む]