yas さん プロフィール

  •  
yasさん: yasの優遊自適
ハンドル名yas さん
ブログタイトルyasの優遊自適
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nmjkc354
サイト紹介文食べて、走って、登って、オッサンが遊び倒しております。 時折、毒も吐きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2013/05/12 10:59

yas さんのブログ記事

  • 撃たないで
  • 先日、毎朝の習慣であるポタリングのコースを走っていた。コースの中で桜並木の下を走る場所があり、その桜並木へは田圃の真ん中の農道を左折して途中から入る。だから農道を走っていると桜並木が横に広がって見える。その桜並木の一本の樹の下に誰かが座っているのが見えた。こちらに身体を向けていて後ろを通る道路から隠れるような位置に座っている。近くに来ると70代くらいの小父さんである事が判る。驚いたのは彼が抱えている [続きを読む]
  • ポピー
  • その昔、ドライブに不可欠だったのがドライブインでした。ドライブインはレストランであり休憩所であり土産物を買う場でもありました。そんな中に若者が集う場所としてゲームセンターというモノが在りました。簡単な食事が出来てトイレが借りられてゲーム等で時間つぶしが出来ました。南区(旧白根市)のR8沿いはゲーセンの密集地帯で全国でも有名でした。現在は全国的にも一部を除きコンビニや道の駅等に取って代わられてしまいま [続きを読む]
  • 鼠ヶ関へ⑥
  • 道なりに進んで行くが大型車などが私を追い抜くのに苦労してそうだと思うと旧道に入って行く。この時は、まだGW明けなので道の彼方此方に雪解け後として小枝の塊が残っている。R7に戻っても除雪の影響もあり路面は荒れている。以前、九州の人に「新潟って何処に行っても路面がデコボコだよね」と言われた事がある。旧道は通り辛い所もありそうで、春先よりは晩秋の方が通り易そうだ。しかし、幾本も川が流れていて景観が懐かしく楽 [続きを読む]
  • 鼠ヶ関へ⑤
  • JR鼠ヶ関駅は「新縦の旅」のスタート地点でもあります。2009年7月3日今から略9年前に?きらきらうえつ”に乗ってこの駅に降り立ったのがスタートでした。山形の鶴岡市に在る此処鼠ヶ関から新潟県に入り各市町村を巡りながら少しずつ県内を巡って回った。一昨年に富山県との県境まで行って一旦終止符を打ったかのような形になったのですが…新潟県には30の市町村があったのでした。懐かしさにウロウロしていると駅舎の脇に「自身検 [続きを読む]
  • 新選組!!!幕末ぞんび 斬られて、ちょんまげ
  • 新選組!!!幕末ぞんび  斬られて、ちょんまげ 著者   高橋由太 発行所  双葉文庫 定価   ¥593(+税) 購入価格 ¥108(税込) 巷に数ある新選組の読み物。 それこそジャンルは千差万別。 歴史上の新選組を辿ったとされる時間の通りに描かれた歴史ものと呼ばれるモノからSF・恋愛モノ・コメディー・ボーイズラブ物まで本当に各ジャンルにわたって書かれている。 しかも、あれだけの個性的キャラクターが集まっていたのだから誰を [続きを読む]
  • 鼠ヶ関へ④
  • 板貝キャンプ場のトイレで小用を足して支度をしていると羽越本線の線路から何か音が聞こえる。電車が来る訳では無し…と思ったら二人乗りの電動トロッコが?スイ〜”と通り過ぎて行った。気持ちのよい空の下、追い風を受けながらペダルを漕ぎ狐崎で笹川流れは終了。寝屋の港に到着、何か此処からの景色好きです。R345からR7に合流。R7を北上し鼠ヶ関に向います。風向きが少し変わりつつあるようです。鼠ヶ関に到着。まず最初に県境 [続きを読む]
  • 聖火リレー
  • 2020年東京オリンピックの際に聖火リレーがある。聖火リレーは東日本大震災の被災地である福島県をスタートして日本中47都道府県を周るという。コースについては各都道府県に委託するらしい。此処で、新潟県知事にお願いがある。新潟県のコースは海沿いは一部のみにして市街地を走らせるべきだ。海沿いは散々アピールされている。そして、案外つまらない。日本一周の旅行記などを読むと新潟県の部分が案外短いのは辟易するほど永遠 [続きを読む]
  • 鼠ヶ関へ③
  • 最初は好天気の元、追い風に乗って信号の無い道を快調に飛ばして行く。中学校か何かの遠足?か何かか?大勢の生徒が歩道を歩いていたので、ついつい老体に鞭打ってアピール。サイクルコンピューターで58km/hを記録したが生徒が見えなくなった途端にスピードダウン。30km/h位で巡航していくとネズミ捕りが行われていて「ほ」とする。調子に乗って走っていたら今頃。自転車で青切符を切られているところでした(笑)目の前に大きな岩が [続きを読む]
  • ロッキー救出の裏
  • TVやSNSで犬のロッキー君の虐待・救出の模様が流されて話題になっていますが「救出するのはロッキー君だけで良かったのか?」とか思ってアップしました。虐待を行い、ロッキー君の足まで折った元飼い主の女性。あの虐待は「愛情の一環だった」とか言ったらしい。もしかしたらだが、元飼い主の彼女は虐待されて育ったのではなかろうか?虐待されて育つと虐待が子育ての一部と刷り込まれるという話を聞いた事がある。確かにそういう [続きを読む]
  • NEW MACHINE?
  • 最近、サイクルショップに遊びに行ったりすると新車の時期という事もあり、SALEが行われており少し安くなったバイク達にキョロキョロと「心此処に在らず」な状態。勿論、そんな中にいると金銭感覚もおかしくなって来る。「おわ!30万…お買い得だね、買っちゃおうかな…」「厭々待て待て」心の中の自分がストップをかける。確かにお安くはなっているが、ぽんと出せる金額じゃあないだろう?「嗚呼このフレームのラインが綺麗だよね [続きを読む]
  • 鼠ヶ関へ②
  • R7を走り出して直ぐに思い直し左に進路を取り三面川沿いの土手を走る。基本は安全面を考えて内側を回れる反時計回りである。しかし前回は峠越えの後で海側に出たので、逆に海側から時計回りに進もうと思ったのだ。三面川は鮭の溯上で知られており古くからの独自の鮭文化は有名だ。村上市大町にある「千年鮭 きっかわ」さんのお店の奥を覗くと沢山の塩鮭が吊るされており、それを見るだけでも壮観であり、鮭文化の一部に降れた気分 [続きを読む]
  • 悪意
  • 悪意 著者   東野圭吾 発行所  ㈱講談社 定価   ¥691(+税) 購入価格 ¥108(税込) 順番関係なしで読み始めた…というよりもTVドラマが面白かったので途中から読み始めた加賀恭一郎シリーズですが、この作品だけが最後まで手に入りませんでした。 先にシリーズ後半の作品を読んだ為、比較的簡単に集まるかと思いきやこの作品だけは入手するまで半年ほどかかってしまいました。 他の作品は既に集まっていたので読み始めていた [続きを読む]
  • 鼠ヶ関へ①
  • 山でもサイクリングでも行き先を選定する事から始まる。目的は景色だったり食べ物だったり。切欠は雑誌を読んだり、TV番組だったりニュースソースは様々だが、周囲状況などが自分に向いているのか?ある程度調査してから出かける様にしている。又、気に入れば二度三度と足を運ぶ場合もある。今回はそれに近いのかな?或いはリベンジか?昨年、葡萄峠を越えて山形県まで行ってみようと計画を立てたのですが、なんやかんやでスタート [続きを読む]
  • ERA
  • DOLOMITIのサドルがヘタって来た。購入時そのままに乗っていたので完成車純正のselle san marcoの「panza」をずっと使用していました。少し前の様々な完成車に使われているサドルで純正品にしてはかなり評判の良いサドルでした。しかし、私の体重に耐えかねたのか?中央がヘタって来た。気になり出すと気になって来る…という事で新しいサドルを購入する事にした。流石にゴリゴリにレースをしようと言う訳でもなく、遊べる程度で私 [続きを読む]
  • 晩酌
  • 最近、晩酌をしているとPONが何かと煩い。仕事の夜番もあり年間半分は飲めないので、それほど気を付ける事も無いと思っていたのです。しかし年齢的にも気を付けるに越した事は無いと思い、ビールから酎ハイやハイボール、発泡酒や第三のビール等の糖類が0の物に変更しました。代わりに350mℓ缶から500mℓ缶に増量!最近はアルコール度数もアップしていて7〜9%となっておりとても好い気分で寝る事が出来ますが、少し無理すると直 [続きを読む]
  • 松平山へ行ってみた⑩
  • 魚留滝に戻って来ました。沢の冷たい水で手を洗うと非常に気持ち良い(岩に捕まりながら片手ずつ洗いました)。膝の調子が悪かったのでしゃがんで顔を洗う事は断念した。河鹿蛙(カジカガエル)が岩にくっついていました(彼方此方に結構沢山いました)。涼しげな鳴き声から江戸時代には専用の籠を作り飼育されたりしたそうです。江戸時代って比較的平和だったからか、風流とか趣味的な事が流行ったりしていたようです。私も河鹿蛙 [続きを読む]
  • 忘れてしまいたいことや
  • 私、昔から忘れ物が多い奴でありまして、小学生の頃には忘れ物王に君臨しておりました。 「このままでは立派な大人になれない!」と出来る限り忘れ物の無い様に努めてまいりました。 そのお蔭もあって立派かどうかはさておいて一応人並みに大人になる事が出来ました。 …が、寄る年波には勝てず最近出かける時になると必ず何かを忘れてしまう。 山に登るのにサングラス忘れたり、輪行してサイクリングしようと思っていてボトルを忘 [続きを読む]
  • 松平山へ行ってみた⑨
  • 煩い位の沢は左側を流れており時折右の斜面から支流が流れ込む。数日前に結構な大雨が降ったので支流自体も水量が多い。小鳥が鳴いているかの様な声がします。と思ったら足元にタゴガエルが飛び出しました。何でも発見?されてから60年以上と言うか案外世間に認知されていないらしい。まあ、態々山に入って蛙を観察する人も珍しいと思うし、足元に現れてもアカガエルとかカジカガエルだと思われている様だ。私の様に撮ったカエルの [続きを読む]
  • 本間勲引退試合
  • 先日アップした本間勲選手の引退試合の参加メンバーは以下の通りです。GK21 野澤洋輔   23 北野貴之   1 渡辺泰広   1 木寺浩一DF28 早川史哉   17 内田潤    4 鈴木大輔   19 永田充17 安英学    3 大井健太郎  13 新井健二   30 永芳卓磨2 三田光    2 木澤正徳   5 千代反田充  4 広瀬健太14 高橋直樹   22 西大伍    52 神田勝夫   25 青野大介 [続きを読む]
  • 本間勲 引退試合
  • 本間勲  1981年4月19日生まれ37歳  新潟県胎内市出身 新潟県中条町立(現 胎内市立)中条中学校卒 千葉県習志野市立習志野高等学校卒 2000年よりJ2アルビレックス新潟所属 2004年アルビレックス新潟J1昇格 2014年途中より期限付き移籍でJ2栃木SCへ、2015年完全移籍となった。 2017年J1アルビレックス新潟に復帰、この年引退。 長期の所属で新潟県出身という事もあり「ミスターアルビレックス」と呼ばれている。 この日引退試合 [続きを読む]
  • 松平山へ行ってみた⑧
  • 熊の影に怯えながら木の上にも気を配っていたらコブシの花が咲いていました。こういう時は「臆病なのもアリだな」と思ってしまう。朴の木の花が落ちてました。高い所に咲く花なので余りじっくり見た事は無い。スッカリ熊の事は忘れて朴の木を探していたら谷側に白い花を見つけました。日を受けて大きな花が咲いているのですが、正面からは見えない(泣)山の中の花は大きくなれば大きくなるほど形の良い物を見る事が難しくなる。今 [続きを読む]
  • 稲村亜美
  • 6月の頭にBCL(BASEBALL CHALLENGE LEAGUE)の試合を観に行きました。 その試合の始球式で稲村亜美が登場! 稲村亜美と言うと小中学校の時に野球をやっていた。 元巨人の監督の原辰徳をして「非の打ち所がない」と言わしめ、缶コーヒーのCMども有名な「神スイング」が有名だが実はポジションはピッチャーをやっていた。 そういう所から始球式の機会が多いらしい。 始球式での球速は最速105?/hという。 でも贅沢を言うのなら「神ス [続きを読む]
  • 松平山へ行ってみた⑦
  • 道中ちょくちょく見え隠れしていたガマズミの花が咲いていました。この花があって気温が高いという事は…案の定、小さい虫が発生していました。大量発生という程ではないのですが、流石にコッヘルを出す気になれず(天然胡麻が塗されてしまう)。仕方が無いのでコンビニおにぎりと菓子パンでランチとする。小さい黒い虫に交じって案の定トンボが飛んできました。あまり見かけないトンボだな停まったと思ったら交尾が始まりました。 [続きを読む]
  • youtuu
  • 梅雨に入ったからなのか?腰の調子が今一。何だかイライラする日が続いていたのですが、今週に入って時折痛んで酷い時は動けなくなったりする。今日はトイレから暫く動けなくなってしまった。会社に出社したのですが何だかイライラする。コレは不味いなと、急遽代休を使用する事にして医者へ行く事に。急遽だったのでお昼まで仕事をして一旦家に帰ってお昼を取った後でかかり付けの医者へ。Yahoo画像よりレントゲン写真を撮って診 [続きを読む]