ジン さん プロフィール

  •  
ジンさん: 富岳放浪記
ハンドル名ジン さん
ブログタイトル富岳放浪記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sazamami_samba
サイト紹介文カメラ機材を背負い絶景を求め、富士山周辺の山を登っています。
自由文こんにちは。 ジンです。

山が大好きで富士山周辺の山々に登っています。

相棒の一眼レフと共に、絶景をご紹介していきます。

宜しくお願いします。m(_ _)m
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/05/11 09:36

ジン さんのブログ記事

  • ユニクロでTシャツを作ろうかな!?の巻
  • 皆さん、こんにちは〜。最近個人的にユニクロでオリジナルTシャツが作れるので、一人盛り上げっていました。そこで店員さんに詳しく聞いてみると...店舗で今作れますよ!更に話を聞くと3店舗で専用のプリンターがあるみたいですね。携帯電話にデータを持って行くと、その場で仕上げてくれるみたい。その店舗の1つが吉祥寺店、近いうちに頼んでみようかな〜。問題はプリントの明るさや色の出方ですが、これは1度サンプルを取らな [続きを読む]
  • ユニクロ 北斎ブルーを大人買いをするの巻
  • 皆さん、こんにちは〜。個人的に、毎年楽しみにしている事があります。それが、ユニクロのTシャツ。和柄の物が出ないかな〜と覗いてみると...ありました、ありました (☆ω☆)キラリhttp://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ut/hokusaiblue/店舗によって在庫が違うのですが、何故か近所のイトーヨーカドーで全種類揃っていたので、「武蔵境」の店舗へ向かいました。僕は実物を見て購入したい派なので、わざわざ足を運んだかいがあ [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2018/05/26 第7話 
  • 富士山好きの皆さん、こんばんは〜。では、最終話です。早朝の気温は7度。昨夜の雨の影響でしょうか、目の前に雲海が広がっていました。雨粒が付いたクマ笹をかき分けてポイントを探します。日の出の時間になりましたが、周辺を確認するとまだ染まらず。更に10分待ちます。やっと太陽が姿を現しました。次第に周辺が紅く染まりだします。勝負はここからです構図を再度考えて仕切り直しました。 EOS 5D Mark IV EF35mm F1.4L II US [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2018/05/26 第6話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、5話の続きです。午前1時。数時間前までガスっていたのですが、運良く雲はどこかへ流れていきました。これだけ晴れていれば、明け方に富士山を撮る事は出来るでしょう。久しぶりに、月が上がっている時の撮影。とりあえず撮ってみましたが、少し星の数が少なく感じました。この状況で何を撮れば良いのか考えると、七宝さんの作風を思い出します。EF100-400Ⅱで撮ってみます。真っ暗で富士 [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2018/05/26 第5話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、4話の続きです。山道にツツジの花びらが落ちていました。それにしても、この急登はキツイ。やはり暑さの影響で辛く感じるのでしょうか。やっと開けた場所に到着。するといつの間にか雨ヶ岳は雲のなか。嫌な予感がします...当初体力が残っていたらタカデッキまで歩こうと考えていましたが、そんな余裕は何処かへ行ってしまいました。この天候だしね。15時、雨ヶ岳山頂に到着。富士山見え [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2018/05/26 第4話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、3話の続きです。曇っていますが富士山が見えます。このまま姿が見えてくれれば良いのですが...端足峠から歩き始めは、なだらかな道が続きます。予定より遅れているので急ぎました。いろいよ急登が登場。懐かしい上り坂です。去年来た時は真っ白な光景でした。雪が深く少しでも浅いところを探して登りましたね。おっ腰まで落ちた場所を発見しました。なるほど...これは結構深いです...直 [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2018/05/26 第3話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、2話の続きです。緑が映える5月。先月より色が濃くなってるような気がしましたが気のせいでしょうか。小鳥のさえずりが癒やされます。途中で水場もあるので、手を洗ったり出来るのが有り難いですね。水の温度は、ややぬるかったです。きっとこの山行が梅雨前最後の撮影になるので、鮮やかな緑を目に焼き付けました。来月はきっと登れないだろうな〜。登りやすい山道。まだ序盤なので体力 [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2018/05/26 第2話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、1話の続きです。富士急行、富士山駅からバスに揺られて60分、根場に到着。今回も富士山西麓フリーパスを購入です。気温20度、蒸し暑い1日になる予感。数分歩くと、ゲートが現れました。この場所、よく覚えています。このまま、真っ直ぐ進みました。歩き始めて20分後、貯水池に到着。空は真っ白です。本当に翌日晴れるのか富士運が良い僕も不安が過りました。緑が綺麗な自然歩道。ここか [続きを読む]
  • 雨ヶ岳 2018/05/26 第1話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。これから富士山好きの物語が始まります。今回の舞台は、本栖湖の西南にある雨ヶ岳です。この山は約1年前に登ったのですが、雲海や絶景を山の神に見せて頂きました。あの時は雪が積もっていた影響で殆ど前に進めず、苦労した思い出が蘇ります。あんな辛い状況は初めてだったので、次回は無雪期の雨ヶ岳を歩きたいと考えていました。この日の天気は、終日曇天。雲が多いのですが、翌日に少しだけ [続きを読む]
  • 吉沢山 2018/04/20 第7話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、最終話です。風もなく穏やかな早朝5時。天候に恵まれた今回の撮影でした。 EOS 5D Mark IV EF35mm F1.4L II USM cokin NDGZ4SO紅く染まる富士。雲が多い影響でしょうか、全体的に紅く染まる富士山。厳冬期の富士は、てっぺんからジワジワ下がって染まる感じです。そして、ベストな時間帯は本当に短い。その非現実的な自然現象を見るために、山屋のはしくれは頑張って登っています。最近 [続きを読む]
  • 吉沢山 2018/04/20 第6話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、5話の続きです。午前0時に起床。月が沈み真っ暗です。3時頃には明るくなってくるので、急いで撮影の準備に取り掛かります。夜景が綺麗でしたね〜。気温もそんなに下がらず快適でした。空を見上げると、天の川が肉眼で確認すると事ができました。素晴らしく現像的な光景です。下界からでも見えるのかな標高が高い方が星は見えやすいと聞きますけどね。霞が街明かりに照らされて御殿場、小 [続きを読む]
  • 吉沢山 2018/04/20 第5話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、4話の続きです。撮影ポイントは発見する事ができたのですが、問題は何処でビバークをするのか。それが重要なポイントになってきます。深夜も撮影するので、よく考えて決断しなければなりません。その後寝床を確保した僕は、撮影に集中する事ができました。風も無く穏やかな夕焼け。さっきまで暑かったのに、徐々に気温が下がって肌寒く感じました。 EOS 5D Mark IV EF35mm F1.4L II USM [続きを読む]
  • 吉沢山 2018/04/20 第4話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、3話の続きです。所々にツツジや桜が咲いていたので、癒やされて辛さが軽減された今回の山行。今しか味わえませんね。道が狭くなり峠が近い予感がします。1度登っているのに全く面影がなく、新鮮な気持ちで登ることができました。13時、鍵掛峠に到着あの山の向こう側に吉沢山があるのでしょうね。まだまだ遠い...アップダウンの繰り返し。できれば登ったら下りたくないのが本音です。13 [続きを読む]
  • 吉沢山 2018/04/20 第3話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、2話の続きです。この日は季節外れの初夏の陽気。直ぐに汗が出てきます。富士を見ようと横を見ると、武者と町娘がw僕はタイムスリップしたのか桜と鯉のぼり、そして富士山。素晴らしい光景が見れたのでテンションが上がります名残惜しいのですが先を急ぎます。歩き始めて直ぐに見覚えのある場所に到着。前回ここで水を補給しましたね〜。それから5分後、「ゴボッゴボッ」と不思議な音が [続きを読む]
  • 吉沢山 2018/04/20 第2話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、1話の続きです。季節外れの気温で暑い早朝の河口湖駅。気温18度。平日なのに観光客の方々が多くビックリしました。グリーンラインのバスに乗って約60分「西湖いやしの里根場」に到着。懐かしいバス停です。全てはここから始まります。周辺を見ると桜が咲いていました。皆さん夢中になって写真を撮っていましたね〜。王岳と鍵掛峠の分岐点に到着。行きは右、帰りは左の道を歩きます。要す [続きを読む]
  • 吉沢山 2018/04/20 第1話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。これから富士山好きの山行が始まります。今回の舞台は、山梨県西湖の西北にある吉沢山。西湖北側の稜線は絶景が多く、僕も約3年前に歩いた事があります。その時は鍵掛峠から鬼ヶ岳まで歩いたのですが、岩場の上からの風景は絶景でした。気になった稜線は、その真逆の鍵掛峠から王岳のコース。そのなかで気になったポイントが吉沢山。僕の地図には表記されていません。地味な山ですが興味が湧い [続きを読む]
  • ミレー ドライナミックメッシュ
  • 山登り好きの皆さん、こんばんは〜。汗冷えをして寒くなった事は有りませんでしたか?僕は毎回寒い思いをしています。夏場は暑いので少しは柔せていると思いますが、厳冬期の季節は死活問題。休憩した時に背中やお腹が冷えるのが嫌なので、なるべく休まないで登っていました。でも前から気になっていたアイテムがあります。ミレー ドライナミックメッシュを実物触りましたが、分厚く大きめの穴が空いていました。これは1番肌に近い [続きを読む]
  • 三ツ峠 2018/03/24 第7話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。それでは最終話です。撮影ポイントに近づくと、風の音が大きくなってきました。このまま4年前と同じように風に邪魔されるのか...撮影ポイントに到着後、不思議な事が起きました。なんと僕の立っている場所は殆ど風が吹かなかったのです。頂上の付近は強風が吹き荒れているようでした。また山の神が守ってくれたのかもしれませんね。 EOS 5D Mark IV EF35mm F1.4L II USM cokin NDGZ4SO今回の [続きを読む]
  • 三ツ峠 2018/03/24 第6話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、5話の続きです。強風の音で1時に目が覚めました。今回も風で苦しめられていますが、その後は嘘のように風は止み星の撮影日和に。夜明けまで時間が有りませんので、時間のかかる星の軌跡を一発撮り。久しぶりのバブル撮影でしたが、撮影の感覚は鈍っていませんでした。個人的に、合成とかトリミングは好きになれない...なので現地で道具やテクニックで完成度を高めています。実はこの夜 [続きを読む]
  • 三ツ峠 2018/03/24 第5話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、4話の続きです。日の入りが近づくと、風が強くなってきました。17時の時点では富士に雲が引っかかり姿が見えませんでしたが、奇跡を信じてポイントへ向かいます。強風の影響でしょうか、徐々に雲が流れ日没間際に富士の姿が現れました。 EOS 5D Mark IV EF35mm F1.4L II USM cokin NDGZ4SO今回も風で悩む事になるとは...この後は強風が弱まり無風状態になりました。「富士運」は好調な [続きを読む]
  • 三ツ峠 2018/03/24 第4話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、3話の続きです。富士山は雲の中...予想通りの天候です。僕の場合、日の入りと日の出の時に晴れてくれれば良いのですが、これだけ雲があると不安が隠せません。広場の積雪は、深い所で約30センチ。この雪も直ぐに溶けて無くなるのでしょうね。3月に、これだけの雪が降るのも珍しいと思いました。三ツ峠、開運山に到着。この後、撮影ポイント探しへ。やはり約4年も時間が空くと、ポイント [続きを読む]
  • 三ツ峠 2018/03/24 第3話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、2話の続きです。歩きやすい登山道。雪があるので、このコースにして正解でした。積雪は20センチくらいなのですが、地味に体力が奪われていきます。ハッキリとトレースがあるので安心して登れます。人気の山なので、後ろから多数の方々が登って来られました。いつも人が少ない山に登る僕は、後から歩いて来られるとプレッシャーがかかり、精神的に疲れましたね...このコースは急登がない [続きを読む]
  • 三ツ峠 2018/03/24 第2話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。では、1話の続きです。早朝の河口湖は暖かく、気温6度。今回は天下茶屋行きのバスで行こうとしましたが、まさかの終日運休。目の前で先に出発した、甲府駅行きのバスを見逃したのが悔やまれました。あれに乗れば三ツ峠入口まで行けたのに...過ぎた事は仕方がないので、バス停で一緒に待っていたオジサン達と相談し、タクシーで三ツ峠登山口へ向うことに。約30分程で、三ツ峠登山口に到着。そ [続きを読む]
  • 三ツ峠 2018/03/24 第1話
  • 富士山好きの皆さん、こんにちは〜。これから、春の山行が始まります。今回の舞台は、山梨県にある標高1785mの三ツ峠。この山に初めて登ったのは、2014年5月。まだ星の撮り方も、いまいち解らない頃でした。あの時は写真家の聖地に憧れて三ツ峠に登りましたが、夕方から朝まで風が強く撃沈。撮影ポイントも知らなかったので、右往左往して自滅した感じでした。あれから、約4年。構図やテクニックなどレベルを上げてきたので、もう [続きを読む]
  • 節刀ヶ岳 2018/2/23 第7話
  • 皆さん、こんにちは〜。では、最終話です。早朝の節刀ヶ岳。気温、氷点下8度。風が吹き荒れています。断続的に続く風ですが必ず弱くなる時があるので、それを狙って待ちます。EOS 5D Mark IV EF35mm F1.4L II USM cokin NDGZ4SOこの日は気温が大幅に上がる予報でしたので、既に富士は少し霞んでいました。春の訪れが近いと感じさせてくれます。殆どの作品は被写体ブレが激しく、納得いかない出来栄えでしたが、数枚だけ運良く撮 [続きを読む]