小夜 さん プロフィール

  •  
小夜さん: 花信風 季節と花を追いかけて
ハンドル名小夜 さん
ブログタイトル花信風 季節と花を追いかけて
ブログURLhttp://kasinhuu.blog.jp/
サイト紹介文気づくといつでも咲いている草花。季節を刻む写真と雑記。花の名前・由来・伝説などを集めています。
自由文バッグにはいつでもカメラ。コンデジは10年で4代目。腕前は初心者のまま、気持ちも初心で撮ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/05/11 15:26

小夜 さんのブログ記事

  • 大暑(たいしょ)二十四節気
  • 二十四節気 大暑(たいしょ)太陽黄経120°  7月23日ころ 夏の絶頂期で「盛夏」「酷暑」となります。梅雨が明けて蝉の声が響きます。日本上空は太平洋高気圧に広く覆われ、蒸し暑くなります。積乱雲が豪快な雨を降らせます。学校などが夏休みに入ります。外出時には帽子や日傘を用い、水分補給も忘れずに。夏の土用の最中で、暑気払いのスタミナをつけたくなる頃です。「大暑」の日に天ぷらを食べると夏バテ防止になるという言 [続きを読む]
  • 小暑(しょうしょ)二十四節気
  • 小暑(しょうしょ)太陽黄経 105°  7月7日ころ この日から暑中に入る。このころには梅雨の終わる頃で、暑さが加わる時期。暑中見舞いはこの日から立秋の前日まで。過ぎたら残暑見舞いとなる。酔を楽しむ行事が行われる。七夕祭り:阿佐ヶ谷 平塚集中豪雨気象用語で、比較的短時間に、局地的に多量に降る強い雨のこと。小暑から梅雨の終わり頃にかけてよく降る。ほおずき市7月9日と10日は、東京浅草寺の「四万六千日」の縁日 [続きを読む]
  • ストロベリームーンと土星
  • ストロベリームーン6月の満月2018.6.28.21:00 イチゴの収穫の時期で、昇ったばかりの月が赤くなることがあるところから。ネイティブアメリカンの呼び方のようです。当時は野いちごの収穫時期だったようです。ストロベリームーンを拝むことは、恋いのおまじないにもなっているようです。カジイチゴの実ユスラウメの実瓢箪木の実季語 【夏】  夏の月           夏の月皿の林檎の紅を失す 高浜虚子         [続きを読む]
  • 斑入り紫陽花
  • ふいりあじさい(斑入り紫陽花)斑入りの種類があることは、ブロガーさんの記事で知っていましたが、実際には初めて見ました。ほかの紫陽花と比べて、花房が小さいですね。葉が主役のようです。ご近所散歩にて □■□■□■□■□□■□■□■□■□?おうえん?????????? ありがとうございます [続きを読む]
  • 芒種(ぼうしゅ)二十四節気
  • 二十四節気 芒種(ぼうしゅ)太陽黄経75°  6月6日ころ麦秋 麦の熟したこと、またその頃の季節をいいます。夏の季語です。深山路を出抜けて明けし麦の秋  炭太祇 稲などの芒(のぎ)をもつ穀物の種を蒔く時期。稲は田植えをする頃であり、麦は刈り取りの時期を迎えます。蛍が現れ始める。お米を主食にしてきた日本にとって「田植え」は大切な日です。最近は品種改良され 田植えは早まっているそうです。天皇陛下による御田 [続きを読む]
  • かしわばあじさい(柏葉紫陽花)
  • かしわばあじさい(柏葉紫陽花)学名アジサイ科 落葉低木  原産:北米花言葉  誕生花  由来   和名は 葉の形が柏の葉に似ているところからです。 花が円錐形に付きます。  八重咲と一重咲がありますが、色は白です。 全体に小ぶりのモノを見たことあります。 柏葉紫陽花を見かけるようになったのは ここ10年くらいですが、もっと前から入っていたそうです。 飛び出す感じが陽気で、あまり梅雨を連想させないですね [続きを読む]
  • ばら(薔薇)カクテル?
  • 五月の華ばら(薔薇)初夏は薔薇の季節ですね。お庭に咲いているのを見かけます。勝手に写真を撮ることもできませんが。この一重咲きの薔薇はカクテルでしょうか2018も同じ場所で咲いていました。ここは横断歩道の近くなので、信号を待ちながらパチリ。大きく波打つ花びら 一重咲きですが華やかです。 □■□■□■□■□□■□■□■□■□?おうえん?????????? ありがとうございます [続きを読む]
  • 小満 二十四節気
  • 小満(しょうまん)太陽黄経60°  5月21日ころ陽気盛んにして万物長じ、草木が茂り天地に満ち始めるころ。山野は緑に満ち、昔は田植えの準備をはじめたという。また蚕が卵からかえって桑の葉を食べ始める時期。桑の葉ウツギ 別名:卯の花卯の花腐し:陰暦の4月のころ、卯の花の咲く頃に降る雨。暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始め、花が盛んに咲き乱れます。沖縄では小満から次の芒種にかけてが梅雨の時期 [続きを読む]
  • 立夏(二十四節気)
  • 立夏(りっか)太陽黄経45°  5月5日ころ 暦の上ではこの日から立秋の前日までを夏とします。木々が若葉し、1年中で最も快い時期です。南北に長い日本列島。このころは北海道では桜が満開になります。関西以西ではすっかり夏模様となり、新緑の若葉、すがすがしい風が吹き、陽光に真の到来を実感します。すがすがしい空気に油断して日光に当り過ぎると、日焼けをしてしまいます。日中は半袖を着ることが多くなってきます。スー [続きを読む]
  • フジ(藤)                               別名 野田藤(のだふじ)学名 ウィスタリア フロリブンダ マメ科 つる性の落葉小高木  花期:4〜5月  原産:日本花言葉 陶酔する恋、ようこそ美しき未知の人、佳客誕生花  由来  花が風に散る姿「風散」に由来しているそうです。     ウィスタリアはウィスターという人の名前にちなんだもので、     フロリブンダは「多花の」と [続きを読む]
  • 穀雨(こくう) 二十四節気
  • 二十四節気穀雨(こくう)太陽黄径 30゜4月20日頃穀雨とは、「穀物を育てる雨」の意味。 春の雨は、作物や全ての植物を潤し育てる。菜の花の盛りで、雨が長引くと「菜種梅雨」と呼ばれます。この頃に立春から数えて88日目の「八十八夜」東京ではを迎え、新茶の最盛期となります。穀雨の頃の花藤牡丹木香薔薇春の季語 菜種梅雨          菜種梅雨念仏の膝つめあわせ 桂信子                    [続きを読む]
  • 花桃(はなもも)
  • はなもも(花桃)学名Prunus persicaバラ科モモ属 落葉中木 花期:4月 原産:中国花言葉  誕生花  由来    花を鑑賞するための桃。花つきがよい。花色は白、桃色、紅色など。桃の節句に飾られる。3月3日に飾られるのは温室さ咲かせています。多くの品種が作られた。「桃」は、花屋身を多く付けることから木ヘンに兆の字を当てたといわれています。桃の節句も、旧暦が似合うと感じます。季語    春:桃の花、白桃、 [続きを読む]
  • 三葉躑躅(みつばつつじ)
  • みつばつつじ(三葉躑躅)学名ツツジ科 落葉低木 花言葉  誕生花  由来    落葉する躑躅で、花の後、枝先に葉が3枚ずつ出る。この淡い花色 陽に透けて とてもきれいです。長い雄しべが5本、ほかのツツジは10本。季語   春          吾子の瞳に緋躑躅宿るむらさきに  中村草田男 □■□■□■□■□□■□■□■□■□2018.3.26?おうえん?????????? ありがとうございます [続きを読む]
  • 辛夷(こぶし)
  • こぶし(辛夷)別名 田打ち桜、種まき桜学名モクレン科 落葉高木 高さ:20M花言葉  誕生花  由来    辛夷の名は、蕾みの形が赤ちゃんの拳に似ているから説。       果実が拳のようだから説などある。花の径は6〜10cm。花弁は6枚、3枚の萼も花弁のように見えます。里山では この花が咲くころ農家は忙しくなる。     季語    春                   みな指になり風つかむ花辛夷  [続きを読む]
  • 姫踊子草(ひめおどりこそう)
  • ひめおどりこそう(姫踊子草)学名シソ科 一年草 原産:ヨーロッパ 草丈:10〜25cm花言葉  誕生花  由来     踊子草に似ていて小さいことから名付けられた。花は唇型春野、空き地にも生える。ホトケノザやオオイヌノフグリなどど一緒に咲いていることも多いです。でも、繁殖力が強く 在来種を脅かしているそうです。葉っぱの感触も好きなんです。季語    春野:雪の消えた野、青々とした野、花の咲く野。     [続きを読む]
  • 梅護寺数珠掛桜
  • 梅護寺数珠掛桜(ばいごじじゅずかけざくら)学名 Prunus leveilleana cv. Juzukakezakuraバラ科 落葉花言葉  誕生花  由来     原木は新潟面北蒲原郡京ヶ瀬村梅護寺にあり「親鸞上人数珠掛けの桜」といわれる。花は二段先で淡紅色、咲き始めは濃いが、満開時は淡色となる花径は4.5〜5cmあり、花弁には大小あわせて130〜210枚ある季語    八重桜 牡丹桜          満ち足らふことは美し八重桜  富安 [続きを読む]
  • 桜-福禄寿
  • 福禄寿(ふくろくじゅ)学名Cerasus lannesiana ‘Contorta’バラ科サクラ属 落葉高木 サトザクラ系 八重咲の大輪 花期:4月下旬花言葉  誕生花  由来    「Contorta」は「ねじれた」という意味。花弁がねじれていることから、つけられました。花色は薄紅の八重咲き。大輪。結実しない。花弁の縁が濃いピンク色でフリルのように波打つ。葉は緑褐色で花よりもやや遅れて出ます。葉の縁は細かくギザギザ。明治期に荒川 [続きを読む]
  • 鬱金(うこん) 黄桜
  • 黄桜はほんとうにあるんです。 うこん(鬱金)別名 黄桜学名Cerasus lannesiana 'Grandiflora'バラ科サクラ属 落葉高木 花期:4月中旬花言葉  誕生花  由来    ショウガ科のウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来。花にも葉緑体を持っている花弁数が15〜20枚程度の大輪の八重咲きである。御衣黄(ぎょいこう)に似ているが、鬱金の方が花が黄色く、花びらも薄い。花はだんだん赤くなって終わる。□■□■□■□■□□ [続きを読む]
  • 清明(二十四節気)
  • 二十四節気 第5節 清明(せいめい) 太陽黄径 15゜ 4月4日か5日頃天地がすがすがしく明るい空気に満ちるという意味。桜や草木の花が咲きはじめる。日本は湿度が高くなり霞みがかかる。♪桜 桜 霞みか雲か♪夜は朧月となります。入学式もこの頃に執り行われす。電車、地下鉄で新社会人の姿も初々しいです。木の芽和え 山椒を摘んで擂鉢ですって、イカや筍などをあわせたもの。カエデの新葉と花カタクリ鵯(ひよどり)季 [続きを読む]
  • 啓蟄(けいちつ)二十四節気3 2018
  • 啓蟄(けいちつ)太陽黄径 345゜ 3月6日ころ二十四節気の第三節「蟄」は虫が土の中にこもることで、「啓」はひらくという意味。冬ごもり中の虫たちが外に出てくる頃とされています。花も咲き、虫達を待っています。北国でも福寿草が咲き始め、東京近郊にモンシロチョウが舞うのもこの頃です。この頃にとどろく雷を「初雷」といい、春の季語です。また「虫出し雷」といいます。雷が目覚まし時計の代わりなのでしょうか。地中で冬 [続きを読む]
  • 北極星に祈る
  • 北極星に祈る願い事が叶う おまじない画像 Wikipedia夜空の北極星にむかって願いごとをして祈ります。【由来】夜空の無数の星が皆、東へと移動していく中で唯一動かない北極星。どんなことがあっても揺るがないことの象徴として知られていることが由来です。 古の船乗りたちは、星の位置から航路を決めました。旅人もまた、この星を目印に夜道を進みました。 現在の北極星は、こぐま座のポラリスですが、地球の回転の歳差運動 [続きを読む]
  • 雨水(うすい) 二十四節気 2 
  • 雨水(うすい)太陽黄径 330゜ 2018年2月19日二十四節気の第二節 立春の15日目。雪が雨に変わり、根雪や氷が解けだしせせらぎになる。春の雨にありけるものを立ち隠り 妹が家路にこの日暮しつ万葉集・詠み人知らず春の雨なのに 雨宿りしてしていたので 妻の家に行く途中で日が暮れてしまった。 草木の芽が出始める。農耕の準備はこの日が目安とされてきた。「春一番」が吹き始めるのもこの頃。春一番が吹くと、一気に春の訪 [続きを読む]
  • 親指を握る おまじない
  • おまじない親指を握る心を落ち着かせる おまじない手のひらに親指を包んで握る。大勢の前に出て話さなくてはならないとき、心臓がバクバク・・・こんなときに効果的だといいます。自己顕示欲の象徴の「親指」をぎゅっと握り、気持ちを落ち着かせる。または、「気」を充満させることができるとされています。親指にまつわる話は世界的にあるそうです。たとえば、教会式の結婚式の際には、新郎は親指を中に入れて左手を握り、みぞお [続きを読む]
  • 相合傘
  • 花から暦に日本の風習にと気になるこは広がります。”おまじない”にもちょっとあいあい傘(相合傘)恋が叶う おまじない黒板や机、トイレの壁など、ひと目につくところに書かれます。冷やかされて恥ずかしい思いをした経験のある人もいるでしょう。自分でもノートの隅に小さく書いたりした人も・・・二等辺三角形の下に直線をおろした傘を描き、両側に2人の名前を記る。書き方は、世代によって違います。三角系の上にハートマー [続きを読む]
  • 立春 二十四節気 第一
  • 立春(りっしゅん)太陽黄経315°  2月4日陰暦では一年を360日とし、それを区切って二十四節気としました。さらに一つの節気を五日ずつに分けたのが72候です。立春はその二十四節気の最初の節で、八十八夜、二百十日などはこの日から数えます。立春の前日が節分で、この夜は悪魔を追い払い春を迎える行事。小寒大寒と一年で一番寒い時期があけ、自然界の復活の時です。日を追うごとに春の気配を感じるようになります。光の春。 [続きを読む]