アリンコ さん プロフィール

  •  
アリンコさん: バスケ選手・指導者のための理学療法士が語るバスケ論
ハンドル名アリンコ さん
ブログタイトルバスケ選手・指導者のための理学療法士が語るバスケ論
ブログURLhttps://ameblo.jp/arinco-power55/
サイト紹介文千葉・茨城を中心に活動する理学療法士です。バスケが上達するための知識やトレーニング方法を提供します。
自由文コンセプト
・動きの重要箇所の硬さをとる
・動きに直結するコアトレーニング
・パワーポジションの獲得
⇒身体が小さくても当たり負けしない、もしくは身体が大きくても素早く動けるバスケ選手の養成を目標にしています。

そのために必要な知識やトレーニングをブログでは紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/05/15 08:30

アリンコ さんのブログ記事

  • 体幹バランストレーニング③ ポールシットアップ
  • 体幹バランストレーニングの3つ目はポールシットアップトレーニングですこれはストレッチポールEX上でバランスを崩さずに上体起こし動作を行うトレーニングですポールシットアップ良好例ポールシットアップ不良例胸郭、脊柱、骨盤の調整を行うと即時的できるようになりますトレーニングのポイント・足幅を狭くするほど、難易度が上がります・膝の位置、骨盤、胸郭の位置に左右差が出ないように起き上がる・どちらに崩れるかを確 [続きを読む]
  • 体幹バランストレーニング② フルレンジバランス
  • これまでも高身長選手に推奨するトレーニングとして、大の字トレーニングを紹介してきました高身長選手に多い特徴①頭部が前方へ抜けやすい②骨盤が後方へ抜けやすい③背中が丸まりやすい今回はその特徴を改善するトレーニングメニューを紹介します正面からみたフルレンジバランス上方からみたフルレンジバランス全員で一斉に行いますこの際にバランス強化、体幹強化に加えて姿勢調整も要求します高身長選手ほど頭部、骨盤、背中 [続きを読む]
  • 体幹バランストレーニング① パワーポジション編
  • 体幹トレーニングはスポーツに携わる人は誰もが聞いたことがあるかと思いますバランストレーニングも同様に誰もが馴染みのある言葉ですしかし、体幹に着目したバランストレーニングは一般的ではありません今年から帯同チームには新しいトレーニングプログラムを導入していますそのうちの1つがバランスディスク上にお尻を乗せてバランスを保つ、体幹バランスのパワーポジションですトレーニングのポイント・Aラインを保つ・背中を [続きを読む]
  • コンタクト動作を強くする側転シコトレーニング
  • 現在、相撲界では相次ぐ力士の故障が問題視されています↓↓↓https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000095-asahi-spo原因は一概に判断できないため、これを全て肯定している訳ではありませんが、一部では四股の減少が問題視されているのは事実ですまた、多くのスポーツ関係者がトレーニングにおける四股の効果を推奨しています↓↓↓http://sports-crowd.net/detail.php?no=3436http://deepmuscle.info/training/230/ [続きを読む]
  • 腰痛を抱える選手は体幹の脂肪量が多い?
  • 先日、宮崎県で行われた第43回日本整形外科スポーツ医学会にて発表してきた内容の紹介です今回の研究では結論から言うと、腰痛を抱える選手は体幹の脂肪量が多い傾向であったという結果です専門用語が多く、わかりにくいかと思いますが、実際の発表内容ですこれは今年で5年目に突入したメディカルチェックからの結果です体幹の脂肪量を減らすためには、体幹の筋肉量を増やす必要ことも重要ですこの結果からも、体幹トレーニングの [続きを読む]
  • スポーツ選手の腰痛の原因。腰を痛めずに競技を行うには?
  • コラムニスト契約をしている株式会社ラクシーズさんから、健康医療コラムをアップして頂きました昨年度、当チームでは足関節捻挫の次に腰痛の発生が多かったです文献の情報でもバスケットボールと腰痛の関係は多数の報告があります私自身、今年は2本の学会発表を控えており、いずれもバスケットボール選手の腰痛についての内容ですバスケットボール選手の腰痛を防ぐために色々と調査している最中です帯同チームでも腰痛予防のため [続きを読む]
  • 第72回国民体育大会関東ブロック大会優勝
  • 先日、行われた国体関東ブロック大会にて帯同チームが優勝を果たしました!その結果、愛媛県で開催される本戦出場を見事に果たしました!!普段、専属で帯同しているチームからも3名が選出されており、本戦での活躍も期待されます!!選手の活躍に刺激をもらいながら、メディカルでもストレングスでも、多岐にわたってサポートできるように頑張ります!!理学療法士Takata Akito [続きを読む]
  • 回旋ストレスでの怪我を防ぐ着地トレー二ング
  • バスケットボールにおいて、足関節や膝関節の靭帯損傷が多いことは皆さんが実感していると思いますし、研究報告でも出ています指導者の方々も選手がこれらの怪我によって、大切な試合に出られないということに直面したことはあるのではないでしょうか?さらに、これらの怪我は高い再発率があるため、しっかりと予防していく必要がありますそして、膝関節や足関節の靭帯損傷が最も起こりやすい動作として着地が挙げられます研究報 [続きを読む]
  • パワーポジションで重要な股関節屈曲を身体で覚える!!
  • これまでの記事でも紹介してきましたが、パワーポジションの秘訣として、股関節の屈曲が重要となりますしかし、実際のトレーニングの中では股関節屈曲の重要性を伝えたり、保持させたりすることが難しいのが現状ですそこで、使用するのがチューブによる感覚刺激です良い例トレーニングのポイント・チューブを股関節前面に巻きつけることで、選手に股関節屈曲を保持させることを強調できます・股関節の角度が変わったり、骨盤が後 [続きを読む]
  • パワーポジション獲得のためのブリッジング
  • 昔ながらのトレーニングには良いものがたくさんあります最近、指導者から猫背タイプの選手のパワーポジション獲得方法を相談されることが増えました極端な例ではこのタイプこのタイプでは静的にはパワーポジションが誘導できても、動きを加えると崩れることが多いのも現状ですこういった選手の場合、そもそも骨盤を立てるための背骨を反らす柔軟性や背筋力がないことが予想されますその有効な改善方法の1つがブリッジングです! [続きを読む]
  • 肉離れにおける「軽症・中等症・重症度」の見分け方
  • コラムニスト契約をしている株式会社ラクシーズさんから、健康医療コラムをアップして頂きました。テーマは『肉離れ』についてです。肉離れは私自身の研究テーマでもあり、スポーツ選手の悩みの種になることも多いので、まずは簡単な病態紹介をさせて頂きます。今回は肉離れの注意喚起を目的として、記事を投稿させて頂きますのでよろしくお願いします!↓↓↓https://latte.la/column/90824600理学療法士Takata Akito [続きを読む]
  • ヒップスウィング 上級編
  • 股関節には柔軟性だけでなく、あらゆる方向に可動させる・筋力・体幹との連動など多くの要素が求められますこれらは立位でのコントロールできるようにすることが大切ですヒップスウィング初級、ヒップスウィング中級である程度、股関節の機能を高めたら最後は動きの中で体現させることが必要ですヒップスウィング上級編 ※バランスもう少しヒップスウィング上級編 ※テンポX、バランスXトレーニングのポイント・接地する位 [続きを読む]
  • ヒップスウィング レベル2
  • ヒップスウィング基礎編はあくまで股関節の左右差や、わずかな骨盤の傾きをチェックするためのトレーニングですヒップスウィング基礎編がある程度行えたら、徐々にコアのスタビリティ(安定性)を保った状態で行えるようにレベルアップしていきますトレーニングのポイント・基礎編と同様に腰ー骨盤を固定する・スウィングする足は内外のバランスを保つ・リズム良く行う姿勢が変わるとできなくなる選手は、柔軟性があっても [続きを読む]
  • ヒップスウィング 基礎編
  • アメリカの理学療法士であるグレイクックらの提唱しているJoint by joint理論では股関節にはMobility(可動性)が求められる関節に位置づけられています。世間では股関節の柔軟性として開脚が注目されることが多いですしかし、決して開脚が柔かいことがスポーツ動作に良い影響をもたらすわけではありません私が重要視しているのは股関節をムチのように振るヒップスウィングですヒップスウィング良好例トレーニングのポイント・腰 [続きを読む]
  • 頭部外傷に関する注意喚起・対処
  • 日本バスケットボール協会より発信された頭部外傷に関する注意喚起・対処についてをシェアさせて頂きます バスケットボールはコンタクトスポーツでありますが、命に関わる外傷は限られているので知識として抑えておく必要があります 今年最後の更新となりますが、プレイヤーズファーストの精神を大切に来年も頑張ります http://www.japanbasketball.jp/news/29589 理学 [続きを読む]
  • 大の字コーディネーショントレーニング
  • 以前に手足の長さに対する体幹の固定性を見いだす大の字スタビライゼーションを紹介させて頂きました今回は大の字スタビライゼーションからのコーディネーショントレーニングへの展開を紹介させて頂きます近年、どのスポーツでも体幹トレーニングが急速に普及していますが、スタビライゼーショントレーニング系統の比重が多いと感じますこういったトレーニングもとても重要であることに違いはありませんしかし、コアコンディショ [続きを読む]
  • バスケ選手に最も多い足関節捻挫 VOL2
  • コラムニスト契約をしている株式会社ラクシーズさんから、健康医療コラムをアップして頂きました。テーマはバスケ選手に限らず、スポーツ外傷の中で最も多いといわれている『足関節捻挫』の第2弾です。足関節捻挫は私自身の研究テーマでもあり、今後も学会発表や論文投稿、予防トレーニングの普及活動などを続けていこうと思っています。今回はスポーツ現場で足関節捻挫が軽視されないための注意喚起を目的として、記事を投稿させ [続きを読む]
  • 怪我を防ぎ、ボディバランスを高めるコンタクトトレーニング
  • バスケットボールは膝関節前十字靭帯損傷や足関節靭帯損傷が最も多いスポーツであるといわれていますその理由は空中での接触が最も多いスポーツであるからだと考えます野球は相手とのコンタクトが限りなく少なく、バレーボールはネットで区切られており、サッカーは空中での接触がバスケットと比較して少ないですバスケのような空中でのコンタクト動作が頻発する競技の傷害予防は単なるストレッチや筋力強化だけでは難しいのが現 [続きを読む]
  • 何故、スタンスは広くとらないといけないのか
  • バスケットボールの指導現場では特にセンターに対して、『もっとスタンスを広くとれ』という指導をよく耳にしますしかし、実際にスタンスをとる必要性を理解している選手は少ないですさらに、シュートホームの修正して確率が上がったなどとは違い、スタンスを広くとったことによって成功体験を得られる選手も少ないのが現状ですそこで、帯同チームではスタンスを広くとる理由を指導した上で、その効果を体感してもらい、トレーニ [続きを読む]
  • 足関節捻挫の発生を防ぐDBTプログラムの調査報告
  • 今回は第27回日本臨床スポーツ医学会で発表させて頂いた足関節捻挫予防トレーニング効果の研究結果を報告します毎年行っているメディカルチェックと日々の傷害調査から足関節捻挫が最も多い傷害でしたそこで、2015年4月から6ヶ月間のdynamic balance training(通称、DBT)を実施しましたDBT片脚スクワットDBT片脚ホップDBTは練習後に毎日実施しましたトレーニングのポイント・各30回ずつ行う・股関節を十分に曲げる・後方重心に [続きを読む]