anna さん プロフィール

  •  
annaさん: Journal
ハンドル名anna さん
ブログタイトルJournal
ブログURLhttp://anastasianabukov.blog87.fc2.com/
サイト紹介文私の日記です。本のこと、音楽、映画、地域のことが中心です。
自由文私の日記です。日々思った事を書き残しています。昔の記事への回想録も後に追加していきます。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/05/15 10:34

anna さんのブログ記事

  • マーボー豆腐
  • 以前にも書いたのですが、例のセイロン人の店で川花椒と書かれたものが売られていたので、何に使うものかと聞いたら、わからないというので、調べてみました。それを今になってやっと買いました。日本では花椒というらしいです。マーボ−豆腐に入れるようです。牛はあっても豚肉や鶏のミンチはフランスでは見つからないので、バイオの店で買った、大豆のプロテインという、肉もどきを使い、料理に挑戦しました。豆腐もセイロンのお [続きを読む]
  • 火星についてなど、色々と考える
  • かの火星に、5月4日の夜中の夢で行ってきてしまいました。とはいえ、夢ですが。使いの者が現れ、連れて行ってくださいました。素晴らしかったので、その後、検索で火星についてばかり調べていたら、あっという間に今日5月7日になってしまいました。本当に訪れたい。20年後でもいいから。昨日、例の彼に、例のバナナ風味の大豆のパテがサンドされた餅菓子を休憩時間に食べてもらおうと思い、近くのあの店で買って上げました。2種あ [続きを読む]
  • スリランカのレンズマメカレー
  • スリランカのカレーは、ココナッツミルクを入れるのが特徴です。レンズ豆のカレーのレシピを見つけました。早速作りましたが、そんなに辛くなかったです。スリランカ(セイロン)と日本、実はとてもつながりがあります。敗戦により、日本が、4つに分かれさせられようとしていた危機から救ってくれたのが、スリランカ大統領でした。彼のスピ−チのおかげで日本は、今の日本でいられたわけです。 [続きを読む]
  • 復活祭
  • カトリックの復活祭です。キリストが復活した日です。卵型のピ−ナッツチョコを手に入れました。その後のロシア オ−トドックスのお祝いのための卵のデコレーションもあります。大好きな彼は、わたしのことを、日本語で先生とか先輩とか呼びます。W戦場のピアニストに出てきた曲で、ショパンバラ−ド1番、華麗なるポロネーズが心に残っているので、さらっていますが、いい曲だ。 [続きを読む]
  • バナナ味の餅菓子 緑色バ−ジョン
  • バナナ味の餅菓子の緑版というのがありました。この手のお菓子は結局東南アジアのもののようです。緑は日本では沖縄にしかない草が 入っているらしい。横から見ると、スポンジのようです。タイのグリーンカレーのペイストも、インドのレトルトカレーもそのお菓子を買ったところで求めましたが、フランス料理でもない和食でもないものは、気分転換いいですね。前には、タイ料理とかインド料理とか、わざわざレストランに行っていま [続きを読む]
  • バナナ味の餅菓子
  • 餅は餅でも、バナナ味の大豆の餡がサンドされた四角いものがあって、大福の次に好きだと、例のお方がのたまったので、日本では見たことないし、日本パティシエ新作のお菓子かと思って、頭をひねっていたら、彼は、ネットでその写真を検索し始め、エッフェル塔のデザインのあるパッケージの写真が出てきました。エッフェル塔なので、フランスのお菓子かなあ、日本にはないよ。というと、中国のかもしれないと言われました。その後、 [続きを読む]
  • フランス人から日本のことを学んでいる
  • 日本にいたころは、小さいときからクラシック音楽をやっていたり、親なども、食などは西洋的な生活を好んだため、私は日本の古典や文化、そしてヨ−ロッパにかなり前から来たので、特に現在の日本に疎かったです。例えば、仕事関係で知り合った例のジャズ音楽のフォトグラファーが、私が阿波踊りや日本の太鼓について知っていると思いこんでいたり、スーパーの人が、私が漫画やピカチュウのことに精通していると思っていたことなど [続きを読む]
  • この頃、日本づいている
  • 最近、日本を知りたいとか、日本が好きとか、そういうフランスの友達が周りに出てきました。昨日は、フランスの写真家で、フランスミュージックのラジオ番組に出るジャズのミュージシャンの写真を撮るのが専門の人が連絡してきて、4月、某公園で、お花見イヴェントがあり、日本の阿波踊りのスペクタクルがみられるから一緒に行こうと誘われました。お弁当、ゴザ持参の催し物らしい。日本の音楽や文化には疎いのですが、その人は、 [続きを読む]
  • 京子食品店の豆大福
  • パリでついに、豆大福を見つけ、例の人にあげたら、すごく喜んでいました。彼は今日も仕事だったので、結局手作り大福が作れなかったのです。大福は、月曜以降に作るそうです。初めての体験となるので、どうなるか、楽しみです。なんでも、コ−ンスタ−チとクリスタル砂糖を材料に使いたいので、それをまだ買っていないから、遅れているっていうのですが、それって、どうしても必要なのか。私だったら、適当な材料でやりそう。とい [続きを読む]
  • テロがス−パ−で起こる
  • 今日は、カルカッソンヌのス−パ−Uにテロリストが出没しました。ス−パ−uといえば、例の人が働いている店が以前そのス−パ−uで、今では他の店に吸収されたのです。そんなことも知らず、一生懸命働いていた彼は、今度は苺大福と栗大福、みたらし団子にチャレンジすると張り切っていました。また、この話題になってしまい、テロのこと、教えてあげる暇がなかったです。というか、私も、食べ物にきょうみがあるので、どうしても、 [続きを読む]
  • マクロンが登場したおかげで
  • マクロンという不思議な人の到来によって、ちょっと生きやすくなりました。前のオランドのおかげで結婚制度も変わったところで、その後、マクロンが年の差のかなりある奥さんがいることから、年の差を気にしなくても付き合える時代に一気になったのでした。例の人は年下なので、かなり気にしていましたが、こういうポジティブな例をお手本にすれば、マイノリティーという立場も、精神年齢が近いからだ、と、割り切れますよね。私に [続きを読む]
  • サルコジ、とうとう逮捕されるか
  • ハンガリー系ユダヤ人の父を持つサルコジは、いろいろ噂があり、イルミナティメンバーかともいわれてきました。ついに、3日前から拘束されてしまいましたね。妻となったブルーニも、元ミック ジャガーの彼女だったし。結構イルミではないかと言われていましたね。今後フランスのこういった賄賂、厳しくなっていくことでしょう。トランプ、マクロンなど、取締の厳格な政権下においては、これからも、他に出てくると思います。なん [続きを読む]
  • おととしの暮れに見た夢
  • 一昨年の暮れ、凄くはっきりした夢を見ました。エデンの園のようなところ。隣には私の毎回の世での恋人であったであろう人。そこには神様もいました。今いるこの世が嫌になったら、もう、いつでも、戻ってきていいのだよ。と言われました。私は、何だ、この世は夢で、このエデンが本当の場所だったのか。と、思い出し、そのまま留まろうとも思いました。神様は、何でも今いるこの世から、ここに戻るための理由を作ってあげることが [続きを読む]
  • スリランカ人の店で米粉を発見
  • 灯台下暗し、とはよく言ったもので、忙しい時、無理にパリに行かなくても、一歩先のところに米粉があったということに気づきました。うちの近くのスリランカ人の店には、南アジア系、東南アジア系、中国系、インド洋の南アフリカ系の食材が置かれているのですが、偶然米粉があるのを見つけました。今までもあったのだろうけれど、気にしていなかったので、注意してみるとあるものですね。バイオの店ではなかった米粉、糯米の粉、2 [続きを読む]
  • 昨晩またまた夢を見ました
  • 今更ながら、夢って不思議ですね。昨日の朝4時ごろ、森でキャンプした夢を見ました。蚊がいっぱい出て、刺されました。バンガローに泊まっている人もいれば、キャンピングカーできている人も。私は自分で普通の自動車を運転してきて、森の中の小屋に滞在していました。そこに、3次元の世界でも知っている男性が出てきて、突然彼のことをどう思っているかと聞かれました。私は思わず手を握りました。そして仲良く腕を組んでしまい [続きを読む]
  • 久々の夢
  • 昨晩夢の途中で久々に夢だと気づきました。いつも、覚めたければ、目をぎゅっとキツくつぶると起きられるはずが、出来なくなってしまい、辛かったです。起きられなくなるなんて。というか、現実のここに、戻れなくなってしまった恐怖で、もがいていました。小学生の低学年のころ、これを体験したことがありました。朝、夢から覚められなくなって、夢の世界に閉じ込められてしまったことがあります。最後にやっと、戻れたのですが。 [続きを読む]
  • 3月11日菅直人氏パリ訪問
  • 3月11日、元総理、菅直人氏がパリ訪問しました。いま日本では、マスコミは他の報道で盛り上がっているようですが、フランスでは、日本での問題は、ラジオでもテレビでも報道されていません。しかし、菅氏の来仏のことは、報じられました。その国によって、マスコミが流す報道は違いますね。興味のありどころ、その国にとっての重要性の違いということもあるのでしょう。 [続きを読む]
  • ほとんど捨て猫同然の猫
  • 2年ぐらい前からうちに毎日来るようになった4歳ぐらいの雌の虎猫は、うちの猫たちが見向きもしない物が好き。それは、卵の空き箱です。噛みついてみたり、爪を研いでみたり、じゃれてみたりしています。毎回、あっという間に破壊してしまいます。引っ越ししていってしまった以前の飼い主のところでも、やっていたのでしょうね。2匹の姉妹猫だったうち、おとなしいほうの子を連れてあっという間に、去年引っ越ししていってしまっ [続きを読む]
  • 大福餅
  • 例のバレンタインチョコのフランス男子 、なんか不思議な人だ。米粉(餅米粉?)を売っている店が知りたいというので、パリの京子という日本食材の店を教えてあげました。どうして、米粉がほしいのかと思ったら、自分で餅を作りたいというのですよね。もち?ふ−ん。という感じで、聞き流していましたが、昨日、どうして、もちを作りたいのか、って聞いたら、中に、小豆を入れたお菓子を作りたいからだってことがわかりました。そこで [続きを読む]
  • NEEMというインドのハーブ
  • ニームという草を粉にした、シャンプー代わりになり、ふけ予防にいいものが売られています。モイスチャーローションで、手や体にぬるタイプのものは、イギリスのネットで買えます。顔につけるタイプのものもあるようです。髪の毛用のは、2度ほど試してみました。この二−ムというインドの草は、バイ菌を消す効果があるので、ふけ予防になるのですね。女性だけでなく、男性にもよいと思います。 インド人という感じのモデル [続きを読む]
  • 辛ラ−麺というのを買ってみた
  • 辛ラ−麺というものが売られていました。日清のラ−麺より2倍高かったです。ジェニファーさんのビデオで焼きそば風のものを食べていたのを見たので、私のはラ−麺ですが、私も焼きそば風に、水分少な目で作ってみました。もやし、ドイツ製のフランクフルトを入れました。そしたら、凄く、辛くて日本のものとあまりにも違うのでびっくり。麺はもちもちしていて、量は日本のものより多いです。大きいサイズなので値段が高かったので [続きを読む]
  • 超早かったバレンタインお返し
  • いただきました。昨日、お返しのチョコのプレゼントを。感激してしまいました。しかし、お返しは3月14日らしいですね。私が日本を離れてから、ホワイトデーという習わしができたようで、まだ、実践したことがなかったです。それを言ったら、"ちぇッ、 知らなかったよ !"という答えが。でも、反応が早ければ早いほど嬉しいではありませんか。久々に頂いたイノセント 溢れるプレゼント [続きを読む]
  • ドイツの会社の出前一丁激辛ラーメン
  • 出前一丁は、スリランカ人のお店で購入できます。日本のライセンスを持っているドイツの会社と香港のと、2種類あり、ドイツのはハンガリー製です。豚骨味、カレー味、激辛味などがあります。日本ではとんこつ味はないようですね。今日は白菜を売っていたのでそれも入れて、激辛を試しました。病みつきになりそうです。しかし、冬に白菜って、なくてはならないですね。体にいいって感じがしませんか。とんこつ味も、カレー味も、食 [続きを読む]
  • バレンタインチョコのお返し
  • ビックリ。先程、バレンタインデーのお返しをしたいって、例の方から言われました。十代のとき、チョコを、恥ずかしくて渡せなくて、一回だけ実行したのは、なんと、友に頼んで渡してもらった思い出があります。お返ししたいと、電話があり、うちの前で受け取ったところ、お母さんに見つかり、交際を壊されました。まあ、十代ですからね。公衆電話の時代で、親に電話内容を聞かれたくないときには、夜、墓場の横の赤電話までいかね [続きを読む]