illust-glass さん プロフィール

  •  
illust-glassさん: FacebookとTwitterの果て。
ハンドル名illust-glass さん
ブログタイトルFacebookとTwitterの果て。
ブログURLhttps://ameblo.jp/illust-glass/
サイト紹介文Facebookを通じて世間を眺めれば、 いつもと変わらない日々も、 それなりの物語になっているのかな?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 152日(平均4.1回/週) - 参加 2013/05/15 09:26

illust-glass さんのブログ記事

  • 格好つけたってしようがない。
  • 昭和は随分前に終わり、平成も今年で終わりを迎える。そんな時代に、色んな業界で、暴言、暴力、不正が、行われている。もういいだろう。そういう組織は、終焉の時だ。偉そうにしてもしょうがない。格好をつけてもしょうがない。皆んなと目線を合わせて、一緒に頑張ろうという時代だ。 [続きを読む]
  • 今が原因で過去は結果。
  • 煙があっての、煙突ではなく、煙突があっての煙。世も同じ。過去があっての今でなく、今が全てで、過去を永遠と生み出す。多くは、それが当然として、今を懸命に生きるが、人だけが、過去が原因で、今があると考える。今が原因で、過去は結果。今どうするかで、過去の解釈は変わる。 [続きを読む]
  • 少し離れる。
  • どうしても、止められないことが、誰しもきっとある。そこは強要せずに、独りで楽しもう。世の中こうでなきゃいけない、なんてことはない。色んな人がいるのだから、丁寧に伝えよう。誤解もあるし、暴力や暴言じゃなく、丁寧に。もしくは少し離れる。距離は、癒しや答えをくれる。 [続きを読む]
  • 信念を貫く。
  • 左に行けという人もいる。右に行けという人もいる。上に行けも、下に行けも、色んな意見があって、聞き出すとキリがない。どの道を進んでも、信念さえ貫けば、間違いは無い。逆に言えば、正解もない。いいんだよ自由にすれば。この世の中に、してはいけないことなど、何ひとつない。 [続きを読む]
  • 2018/08/15
  • 彫刻の街こうべ。国道2号海岸線周辺にある、山崎正義さん作の、ブロンズ像、作品名『反射』1990年に設置。神戸市内には、彫刻が500点以上あり、1960年代の後半から、『花』『緑』『彫刻』で、街づくりをし、三宮や、メリケンパーク、大倉山、六甲アイランドなど、沢山の彫刻があります。 [続きを読む]
  • 2018/08/15
  • 1973年に、神戸市と、友好都市提携を締結した、中国の天津市から、友好都市20周年の1993年に、贈られた、連翼亭(れんよくてい)です。新幹線の新神戸駅の下を通り、海に注ぐ生田川沿いの、生田川公園にあり、ふたつの屋根が繋がった東屋で、両都市の友好と発展を、願っているそうです。 [続きを読む]
  • ひとりじゃない。
  • 世の中、色んな人がいる。色々絡んでくる人がいても、放っておけばいい。それでも絡まれるならば、公的機関で、相談やアドバイスに、のってくれるところは、たくさんある。ひとりで考え込まずに、勇気を出して、相談をしよう。必ず道は拓ける。必ず、必ず。キミは、ひとりじゃない。 [続きを読む]
  • 2018/08/10
  • 神戸の、ポートセンター街園の、彫刻たち。手前は、1993年に設置された、ブロンズ像、新谷澤子さんの作品、『MAN』で、奥に見えるのは、同じく1993年設置の、ブロンズ像、新谷英夫さんの作品の、『みどりのいずみ”憩い”』まさに憩いの場で、暑い中でしたが、涼しげな気分になりました。 [続きを読む]
  • 2018/08/10
  • 神戸の、ポートセンター街園の、彫刻たち。手前は、1993年に設置された、ブロンズ像、新谷澤子さんの作品、『WOMAN』で、奥に見えるのは、同じく1993年設置の、ブロンズ像、新谷英夫さんの作品の、『みどりのいずみ”憩い”』まさに憩いの場で、暑い中でしたが、涼しげに過ごせました。 [続きを読む]
  • 楽しさと苦しさの波。
  • 苦しいことの後には、楽しいことが訪れる。楽しいことの後には、苦しいことが訪れる。結局は、どちらが良い訳でも、悪い訳でもなく、ただそういう波があり、その波を感じられるのが、人らしいところ。楽しむ楽しまないは、人それぞれ、思考が深い人ほど、苦渋は多いが、発見も多い。 [続きを読む]
  • 2018/08/09
  • メリケンパークにある、日時計。神戸開港120周年の、記念となる昭和62年に、神戸南ライオンズクラブが、寄贈した日時計。神戸の街中には、いろんなオブジェや、モニュメントがあり、いつも見慣れているものでも、それぞれ物語があり、書かれている文字を読むと、歴史が思い浮かびます。 [続きを読む]
  • 大きな目で見て見る。
  • 辛いことがありましたか?ま、色んな日があるものです。どうせ数年したら、忘れてるのだし、明確に覚えていたら、それはそれで宝としよう。宇宙から見たら、ちっぽけな人間。やりたいようにやればいい。我慢をせず、男性なら、たまに夜道でも歩いてみたら。そんな気分で寝るもよし。 [続きを読む]
  • 2018/08/08
  • メリケンパークにある、開港120年の記念で設置された、鯉のオブジェ、フィッシュ・ダンス。フランク・ゲーリーが設計し、 安藤忠雄が監修した作品。高さ22mで、メタルパネル被覆と、外壁を銅版で覆った、スパイラルタワー構造。初めて目にしたが、その迫力は、なかなかのものでした。 [続きを読む]
  • 2018/08/08
  • 神戸港の、中突堤(なかとってい)の、袂(たもと)に建つ、神戸ポートタワー。世界初のパイプ構造の建造物で、『鉄塔の美女』と称される。1963年に建設された、展望用のタワー。日本で初めて、ライトアップされた建造物で、現在は、40種類の、イルミネーション演出が、可能となった。 [続きを読む]
  • 人とは色んな形がある。
  • 人とは色んな形がある。そこで重要なのは理解だろう。価値観の違いを追求すれば、永遠に離れるし、似てると思えば似る。何故なら似るも違うも、世には無く、互いの感じかたにしかない。違いを楽しむか。似るを楽しむか。受け入れてこそ繋がり。ただ暴力があれば、公的機関に即相談。 [続きを読む]
  • 2018/08/07
  • 阪急塚口駅の南にある、住宅街を、パースの現地取材で、散策をしていたところ、せせらぎの道と呼ばれる、小径に出会いました。歩行者と自転車のための道で、とても素敵な雰囲気。並木も美しく落ち着きがあり、浅瀬の水の流れが猛暑のなか、思わず裸足になって浸かりたくなるほどでした。 [続きを読む]
  • 2018/08/07
  • 阪急、神戸三宮から、メリケンパークに向かう道中で、ココマイスターの、神戸旧居留地店にて、騎士を発見。ガラス越しに、写り込みも入り、鎧の無機質感も緩和され、今にも動きそうな感じと、背景にある、クラシカルな置き物も、高貴な感じを高め、素敵な雰囲気を、醸し出していました。 [続きを読む]
  • 好きなことをしてみる。
  • 色々考えが、行き詰まった時には、寝るのが一番。起きた時に、気分も変わる。あまり食べ過ぎも良く無いが、自分の好きな食べ物を、ちょっぴり食べるのもいい。私の場合は、フルグラと豆乳だ。これが素敵な組み合わせで、笑顔になれる。そして後は8時半まで、寝られるのを願うばかり。 [続きを読む]
  • 幸せとは坂。
  • 幸は坂と似ていると思います。上からは下り坂、下からは上り坂。坂の数は同じ。幸せも不を考えると不幸。可を考えると可幸。必要以上の幸せは、破滅の道だと考えた造語です。幸は成るのでなく、常にある。それを知るために、不幸を感じ、良くするために、進化はあるのだと感じます。 [続きを読む]
  • 幸せは目の前にある。
  • 幸せは坂と同じ。目の前にある坂。下を見れば不幸に感じる。上を見て、金儲けだ、引き寄せだ、チャンスだ、成功だとか、そういう言葉は、不幸の反対、全て可幸。幸せは望まなくても、普通にある。ならば人は、何故、辛く苦しくなるのか、それは普通と進化を、幸と、知るためだろう。 [続きを読む]
  • 2018/08/05
  • 私の苦しみは構はない。何せ成功だの、セレブだの、金持ちだの、ハッピーだの、引き寄せ云々など、およそ書店に並ぶ欲望の渦が、私の苦しみの、根源らしい。ホンワカと幸せを、感じられたら、それが幸せ、私の幸せより、人様の幸せ。それが唯一、人間に出来る、幸せの感じかただと思う。 [続きを読む]
  • 2018/08/05
  • 苦しくて嫌でしようがない。全てから逃げ出し、自分の思うように生きたい。誰かに話すとことは、出来ないか。命のダイヤルとか、自殺ダイヤルとか、嫌、どうせ繋がらないし、繋がっても、刹那な人との繋がりで、一時的なものだ。この心境は誰にも分かるまい。生活記録表でも書くか。 [続きを読む]
  • 嫌だと思ったら離れてみる。
  • 自分らしく生きる。無理をする時は無理をし、休む時は休む。余計な反発をすると、人と揉めるし、それが果たして、本来の自分かも考える。嫌なことがあったら、嫌と言うだけでなく、少し離れる。すると本来、自分を、心配する人も分かるし、分からなくとも、自分の道ならそれでいい。 [続きを読む]
  • 誰かの幸せを願い中和する。
  • 生きてりゃ、最悪な時もある。そんな時は慌てない。その時は、その時で、腹をくくるのもいいし、逃げ出すのもいい。自分の人生、後悔無きように。ちなみに私は、最悪の道を選んだりする。いいんだそれで。それが私の人生。その分どこかで、誰かが幸せなら、そう考えて中和する。 [続きを読む]
  • 2018/08/02
  • スタッフが、成相山(なりあいさん)より、上にある山の展望台から撮影。有名なのは向かいの、天橋立ビューランドからの、眺め。天橋立(あまのはしだて)は、日本三景として、宮城県の松島、広島県の宮島こと、厳島(いつくしま)と、並んで有名。こちらからは、若狭湾まで見通せる 。 [続きを読む]