桑原ひろし さん プロフィール

  •  
桑原ひろしさん: 桑原ひろし政策スタジオ
ハンドル名桑原ひろし さん
ブログタイトル桑原ひろし政策スタジオ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hiroshikuwahara/
サイト紹介文佐伯市議会議員 桑原ひろし(維新の党)が佐伯市政、議会についてご報告いたします(*^.^*)桑原宏史
自由文桑原宏史 1970年4月16日生まれ
佐伯市議会議員(維新の党)
維新の党大分県総支部代表代行
特定NPO法人おおいた県防災教育振興協会理事長
佐伯ラーメン愛好会顧問
番匠川美化プロジェクト『つな☆ばん』理事
佐伯市倫理法人会会長
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/05/16 21:23

桑原ひろし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • マイキープラットフォームの活用について
  • ◇平成29年第3回定例会一般質問(9/14)◇維新の公約にスマホ投票(ネット投票)の導入があります。マイナンバーカードが提供するマイキープラットフォームで本人確認が容易になれば、スマホ投票が実現しやすくなります。今回の一般質問では、ネット投票によるフィードバック機能を拡大させることで、行政それ自体と行政が提供する各種サービス(図書貸出、教育、医療)を改善させる提言を行いました。〇行政への住民参加促進のため [続きを読む]
  • 海洋プラスチックごみを削減するには
  • 平成29年第1回大分県議会定例会 議員提出議案「海洋ごみの処理推進を求める意見書」への賛成討論より。海洋ごみのうち最も大きなウエイトを占めるのはプラスチックごみで、生き物が誤飲、誤食するといった生態学的被害に加え、漁網やロープに絡みつくといった漁業への影響、景観悪化による観光への影響などの経済的被害をもたらしています。 プラスチックごみの投棄の禁止や回収といった対策には限界があるので、微生物によって [続きを読む]
  • 燃料電池車普及への税金投入を止めよ
  • 平成29年第1回大分県議会定例会 議員提出議案「水素ステーションの整備促進を求める意見書」への反対討論より。経済産業省は、平成28年度の予算において、水素供給設備整備事業費補助金として62億円の予算を計上し、平成29年度では、燃料電池自動車の普及促進に向けた水素ステーション整備事業費補助金として52億円の概算要求をしています。しかしながら、次世代自動車としては、電気自動車の方が燃料電池自動車よりも、世界的に [続きを読む]
  • 地方に人が集まり経済成長してゆくには
  • 平成29年第1回大分県議会定例会 議員提出議案「過疎地域の追加と過疎対策事業債の対象事業の拡充を求める意見書」への反対討論より。平成12年に施行された過疎地域自立促進特別措置法は、その後延長される度ごとに、過疎対策事業債の対象事業をハード、ソフトの両面にわたって拡大させてきましたが、ほとんど効果はありませんでした。いくら過疎地のインフラを整備したところで、そこに人と企業が集まらない限り、過疎化問題は解 [続きを読む]
  • 一票の格差を是正するにはどうすればよいか
  • 平成29年第1回大分県議会定例会 議員提出議案「参議院議員選挙における合区の解消を求める意見書案」への賛成(条件付き)討論より。2年前の選挙制度改革で、公明党と民主党が大分県と宮崎県の合区を含む10県20合区を提案したこともあり、この問題は我が県にとっても他人ごとではありません。他方で、すべての都道府県が最低一人の議員定数を確保し、かつ一票の格差を縮小させようとすると、選挙区選出議員の定数を大幅に増やさな [続きを読む]
  • 砂糖税導入の検討
  • 〇平成29年3月13日本会議質疑〇「健康寿命日本一の実現」という名目でいろいろな事業に予算が計上されていますが、財政がひっ迫している状況を鑑みるなら、「税金を使って健康増進」ではなくて、「税金を取って健康増進」の方が身体の健全化だけでなく、財政の健全化にもつながります。〇実際、海外では多くの政府や自治体がソーダ税(砂糖入り飲料への課税)を導入し効果が評価されています。昨年、世界保健機関(WHO)は砂糖税 [続きを読む]
  • 過去の記事 …