Yuzyママ さん プロフィール

  •  
Yuzyママさん: モンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ハンドル名Yuzyママ さん
ブログタイトルモンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/montessoritime/
サイト紹介文7歳の娘とワーママのホームモンテッソーリ&国産バイリンガル育児記録。
自由文2歳でプリスクールに通うも、モンテッソーリ教育と出会い、母語優先の育児に変更。モンテッソーリ教育を主軸にした、母語土台のバイリンガル育児を、家庭内で実践。小1で英検準2級に合格。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/05/17 11:56

Yuzyママ さんのブログ記事

  • 「英語ができるようになりたい」
  • ダイニングの本棚に並べられているお馴染み”Spectrum"シリーズ。実はこちら、娘が2歳の頃、母が意気込んで購入したものでした。今では表紙もリニューアル(ってもう何年も経ってますね^^;)。もうこのカラフルなシリーズを見つけることの方が困難なのかもしれません。 Spectrum Reading, Grade 2 とにかく英語力を身に着けてほしいとすがるような想いで購入したこちらのシリーズ。けれども、娘が実際手を付けることはありま [続きを読む]
  • 親主導のタイムマネジメントよりも
  • 決して宿題が多いわけではない娘の学校。それでも求められているものがあります。 「自主的な学習」 そのために、毎日計画を立て、うまくいかなければ自分で修正する。そんなことが2年生になって求められるようになりました。まだ幼い娘にとってハードルが高い自主勉強。母と一緒に行うモンテッソーリのおしごとは喜んでやるものの、学校から求められているものは、いまいちペースが掴めていない様子でした。 今までは「やるべきこ [続きを読む]
  • 小学2年の夏休み
  • 気がついたらもう夏休みもすぐそこ。今年はよく学びよく遊べ!の夏となりそうです。 娘が最も楽しみにしているのはお友だちとのスリープオーバー?実はまだお泊まり会をしたことがない娘。お友だちの家には泊まりに行きたくないけれど、自分の家には来て欲しいという乙女心(笑)。どうやら同じ気持ちでいたお友だちと出した結論は「お互いの家に泊まる」というものでした^^ そして決定した「2泊3日のスリープオーバー」。この [続きを読む]
  • 好きこそ物の上手なれ
  • 身体を動かすことが大好きな娘。毎週末、楽しみにしていることがあります。 それは、パパとのランニング。 距離は5キロ程ですが、最近は想定したペースよりもだいぶ早くなってきたようです。こんな風に書くと運動神経抜群風ですが、母に似た娘… お世辞にも足が速いと言えません(??????) けれども、彼女には目指しているものがあります。 それは、運動会のリレーの選手(笑)。 1年生の時、そう告げられ、コーヒーを吹き [続きを読む]
  • モンテッソーリ教育とリーダーシップ教育
  • 最近、娘があることに立候補をしたといいます。それは、学校のサマーキャンプのリーダー。みんなをまとめ、マイク片手に話しをするような場面もあるといいます。一見、2、3歳児のぬりえのようですが、これは来月8歳を迎える娘が描いたもの(笑)。立候補をしたときの彼女の心の中だといいます。ピンクは恥ずかしい気持ち青は不安な気持ち緑はやってみたい気持ちその時の気持ちをプレゼンしてくれました(笑)。娘の学校では、リ [続きを読む]
  • 語彙が自分のものになる瞬間!?
  • そろそろ保持教室の初めてのテストが近づいてきています。お友達に感化され、単語帳デビューを果たした7歳児。けれども、見ていると、単語帳は実際娘の語彙学習にはそれほど役立っているようには見受けられません。表に書いた語彙の意味を裏に書かれた別の言葉で言い表す際のツールにはなっているものの、この単語帳で語彙を使えるようにはなってはいないというのが、率直な感想です。 けれども、この単語帳は娘には別に役割があ [続きを読む]
  • 小2、単語帳デビュー
  • 最近、娘がずっと欲しがっているものがありました。 それは「単語帳」(笑)。 「えっ!?なんで!?そんなもの必要!?」 というのが母の一声。けれども、学校の漢字テスト前は持ってくるお友達が多く、また保持教室のスペリングクイズ前もやはりみんな持っているというのです。 母が単語帳デビューしたのは高校生^^;最近では小学生から使うだなんて、驚きです。 あまり惹かれない単語帳でしたが、根気負け。ついに娘もデビュ [続きを読む]
  • 小2の歴史記録ノート!?
  • メモ魔の娘。我が家には、娘の使いかけのノートが20冊くらい存在します(笑)。世界のことを調べても、それぞれ「国」ごとにノートが存在し、点が線になるにはまだまだ時間を要しそうです(^^;) 点ばかりが広がりを見せるこの情報を何か形にできないかと模索していたときに出会ったモノがあります。 "My Book of Centuries" モンテッソーリスクールではお馴染みの歴史年表。生命の歴史から始まり、エレメンタリーになると、さらに [続きを読む]
  • 7歳児、初めてのパステル画
  • 今まで通いたいと思いながら、通えずにきた絵画教室。海外には、オンラインで学べるアートカリキュラムが沢山存在することを知り、大興奮の娘!!記念すべき第一回目は、パステル画でした。 パステルはもちろん、用紙まである程度上質なものを!という講師の方のアドバイスがある中、我が家が選んだのはこちら。 マルマン 色画用紙 ミタント 361-667P A4 10枚 ブラック ゴンドラパステル 36色セット 初めてパステルを使用するには [続きを読む]
  • 将来の財産になる小2のノート!?
  • 我が家の7歳児・・・「メモ魔」です(笑)。これは良くも悪くもホームモンテッソーリの影響ではないかと思います。小さい頃から学んだこと、知ったことは何でも記録しておく・・・そういうルーティーンが出来上がっているため、学校のノートも人一倍使用するようです。2年生になり何ダース鉛筆を新調したか・・・^^; 授業中の説明を出来る限り書こうと、中には不要だと思われる部分も含まれています。そして驚くほど字が雑( [続きを読む]
  • 念願の絵画教室は異国にて!?
  • 幼稚園に入園した際、一番最初に考えた習い事は絵画教室でした。何よりも絵を描くのが好きだった娘。英語教室よりも子どもの家よりも、確実に喜ぶだろうなぁと考えたからです。 けれども、真っ白なキャンバスを心ゆくままに走らせるあの感覚が好きで、結局誰かに習うことなく小学校を迎えてしまいました。 相変わらず絵を描くことが一番好きだという娘。幼児の頃より確実に忙しい今だからこそ、日常の中でのアートの必要性を感じて [続きを読む]
  • 世の中の仕組みが分かるモンテッソーリ教育!?
  • 引越しを機に半年の休学期間を経て、やっとエレメンタリーモンテッソーリ教師養成講座も最終学期となりました。現在受講中の講座はLower Elementaryと呼ばれる6歳〜9歳までの講座。けれどもそれぞれの教科は、驚くほど内容が濃く、そして細分化されています。 こちらはPhysical Geographyと呼ばれる地理学にて学ぶ内容一覧。 地図と地図作成地球(予備知識)地球儀世界地図軽度と緯度方位磁石と方角地図帳 大洋と地球太陽系地球 [続きを読む]
  • プライベートレッスンの魅力
  • 現在の英会話教室に通い始めて、そろそろ5年目を迎える娘。3歳の誕生日に体験レッスンへと伺い、それ以来週1回というペースではあるものの、細々と続けてきました。 保持教室のグループレッスンと比べると、あくまでも娘のレベルに合わせたプライベートレッスンのため、「背伸びをする」という感覚がなく、時には物足りないと感じることもありました。今思うと、あの頃の母は、とにかく早く英語ができるようになって欲しく、常 [続きを読む]
  • 小2のガールズライフ?
  • 最近はホームスクールの記事が続いていましたが、実際我が家のホームスクールは隙間時間。7歳の娘の中心は、ガールズライフを謳歌することです? 特に大好きなのがミニチュア作り(^^) 紙粘土、ビーズ、レースなどを利用してクラフトが続きます。 2歳の頃から毎日のように続けてきたクラフトは小2となった今も健在。大作でなくとも、常にちょこちょこ何かを作り続けています。 そして最近はオシャレにも目覚めてきました。特に髪 [続きを読む]
  • 7歳児の英単語との向き合い方
  • 最近、娘がコツコツと向き合っているのが「英単語」。今までは、保持教室や英会話教室で習う以外に、単語学習といったことを敢えて行ったことはありませんでした。多読で自然と増えていった語彙も多い中、まだまだ自分では使えない語彙が多いのも確かです。 理解できる受容語彙と自分が実際に使うことができる発信語彙。今、娘が7歳児なりに行っているのは、「受容語彙を発信語彙に変える」作業なのかもしれません。 単語の学習と [続きを読む]
  • 英検準2級合格に効果的だったもの、そして2級への道
  • 最近、メッセージにて英検3級〜準2級に何が最も効果的だったかというご質問をいただきました。保持教室なのか多読なのか・・・。 質問を頂いてしばらく考えてみたのですが、母の中での答えは出ませんでした。 そして唯一思い付いたのが「相乗効果」というもの。 こちらが、ご質問いただいた方にお送りしたメッセージです。 「英検3級〜準2級に関しては、最も効果的だったと感じるものが1つに絞るのが難しいかもしれません。保 [続きを読む]
  • 7歳児の心を照らすもの
  • 小さい頃から花が大好きだった娘。7歳になった現在も変わりません。絵を描くことも大好きな彼女。天気の良い週末はスケッチブックを片手に公園に行くことがお気に入りです。 7歳児の心を照らすもの・・・。それは「自然」だと感じています。 幼い頃は、"Nature Study"と呼ばれるような自然観察を意識したことはありませんでしたが、最近は具体的に何を観察したいか、意識しながら公園に出かけることも増えました。 水色が大好き [続きを読む]
  • 小2の「キクタン」デビュー
  • 保持教室のGrade3-4クラスに進級してから、娘の英語の学び方に変化がありました。昨年は、ライティングの宿題に時間をかけていたのですが、今、彼女が圧倒的に時間を割いているのは語彙。いくらライティングの書き方を学んでも、表現をするための語彙がなければ、いつまで経っても思うような表現が出来ないと7歳児なりに気付き始めたようです。 今までは語彙と言っても調べたらそれで終わりでしたが、最近は・・・ ①辞書の定義を [続きを読む]
  • 気分転換という術を持つ
  • 小2の娘。毎日の宿題は漢字、計算、音読、読書などです。ここに保持教室、英会話教室の宿題、ピアノのレッスンが加わると、いっぱいいっぱい!けれども何とか毎日ホームスクールの時間も確保しようと試みています。 モンテッソーリのおしごとを中心に、最近はシャーロットメイソン式のものも取り入れています。そしてやっぱり欠かせないのは、モンテッソーリの日常生活の練習です。エレメンタリー過程になると「上級」と名が付く [続きを読む]
  • 小2授業参観、算数は国語!?
  • 先日、小2に進級してから初めての授業参観がありました。見学したのは「算数」の授業。1,000までの数の大きさを比べるというものでした。あらかじめ先生が用意してくださった数字カードをそれぞれの桁の分をランダムに引き、隣の子とどちらが大きいか比べるというもの。勝った〜!と大喜びをする姿は、まだまだ低学年そのもの。子どもたちがゲームに没頭する中、先生が質問を投げかけます。「どこに着目をして勝ち負けを判断して [続きを読む]
  • 世界のお宅にお邪魔する!?
  • 我が家がホームモンテッソーリを行う中で、大切にしてきた分野があります。プライマリーのときの言葉を借りれば「文化教育」。エレメンタリーの用語で言うと「地理学」です。モンテッソーリ教育では0歳の時から地理学が始まっています。宇宙の中での自分の居場所を見つけていく乳幼児たち。自分の安全を守ってくれる場所が家族であることを無意識的に吸収していくのでしょう。3歳から6歳になると、物理的な世界について学んでいき [続きを読む]
  • 小2保護者会で見えてきた課題
  • 先日、保護者会がありました。入学したての頃は、これから始まる本格的な教科学習に娘がどのように関わっていくのか。公文やそろばん塾などに通わない彼女は遅れを取ってしまうのではないか。そんなアカデミックな部分ばかりが不安材料でした。 2年生となり、ますます教科学習も複雑になっていく中、やはり今年も懸念材料は同じまま。特に抽象的な概念が入り出す3年生を来年に控え、今年は今まで以上に襟を正していく必要がある [続きを読む]
  • 英語は小学生になってから!?
  • 我が家の7歳児が、NHKハングル講座を見始めて1ヵ月半。単語レベルでポツポツだったのが、最近センテンスで話始めるようになりました。まさに、「パターンプラクティス」と呼ばれる文の型を覚え、そこに知っている単語を入れていく方式。1つ型を覚えると、知っている単語を総動員して、ひたすらリピートを繰り返しています。 NHKテレビテレビでハングル講座 2018年 06 月号 [雑誌] 「あそこは、お母さんの部屋ですか。」「いいえ [続きを読む]
  • CMピクチャースタディー「時と場所から始めてみる!?」
  • ここ一ヶ月ほどリサーチに励んでいる「シャーロット・メイソン(CM)」の教育。彼女の教育法は、とにかくバラエティーに飛んでます。そして、学校教育の用語を借りれば、国語・算数といった主要教科のみならず、音楽や美術といった副教科にも重きを置いているのが特徴的です。 そしてモンテッソーリ教育との決定的な違いは、その日から実践できるということ。数字では言い表わすことが出来ない程のトレーニング時間が必要なモンテ [続きを読む]
  • モンテッソーリ・コスミック教育「過去とつながる時間」
  • 小学校へと入学してから娘には触れることの多くなった時間があります。それは、 「過去とつながる時間」 自分中心だった幼児期とは異なり、周囲が見え始めた学童期。時間軸においても、現在しか感じられなかった幼児期から、過去と未来というとてつもなく長いスパンで時間を意識することが出来るようになってきました。 小学校に入ってからも、モンテッソーリ教育に触れる機会が多い娘には、とりわけ過去は見過ごすことが出来ない [続きを読む]