Yuzyママ さん プロフィール

  •  
Yuzyママさん: モンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ハンドル名Yuzyママ さん
ブログタイトルモンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/montessoritime/
サイト紹介文7歳の娘とワーママのホームモンテッソーリ&国産バイリンガル育児記録。
自由文2歳でプリスクールに通うも、モンテッソーリ教育と出会い、母語優先の育児に変更。モンテッソーリ教育を主軸にした、母語土台のバイリンガル育児を、家庭内で実践しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2013/05/17 11:56

Yuzyママ さんのブログ記事

  • 自立の芽を摘み取っている!?
  • 出勤を控えた朝。時間がない中でバタバタ着替えていると、背中のファスナーが引っかかってしまいました。隣にいた娘が、さっと手伝ってくれて一言。 「こういう時、一人暮らしだったらどうするんだろうね。」 小1の素朴な疑問と捉えていいのでしょうか・・・(笑)。 そして、その夜。 少し咳が出ていたため、処方されたシールタイプの咳止めを背中に貼ろうとしている娘。届かないと思い、手を貸そうとすると、やんわりお断り(^^; [続きを読む]
  • モンテッソーリ教育の出発点
  • 母がモンテッソーリ教育に恋をしてから、今年で6年。妊娠中にこの教育法と出会ったと仰るママさん方が多いことを考えると、決して長い年月ではありません。 けれども、この6年間の間、本当に沢山のことを学びました。 実際には「学んだ」というよりは「感じた」という言葉の方が正しいのかもしれません。今まで知らなかった自分の中の様々な感情が呼び起こされ、喜びを感じることもあれば、痛みを感じることもありました。 勘 [続きを読む]
  • 読書が止まらないシリーズ!?
  • 年が明け、1月ももう半分が過ぎてしまいました。学校が始まったかと思えば、あっという間に冬休み明けのテストが始まります。そんな中、大量のテキスト・ワーク類を持ち帰ってきているものの・・・ それらには一切触れず・・・(笑)。 熱中しているのはこちら・・・。 Hetty Feather この数ヶ月、"Jacqueline Wilson"の世界に完全に引き込まれています。一番初めに読んだ”The Suitcase Kid”がとにかく面白かったらしく、以降 [続きを読む]
  • できないこと vs. 必要としていること
  • 先日、今年初の教授会がありました。その時、イギリス人の上司からこんな話がありました。大学には様々なニーズを持った学生が集まってくる。大学は、彼らのニーズに応えて学習環境を整えなければいけない。でも、"What's your problem?"と聞くのはNG。必ず"What are your needs?"と聞くこと。ふと、こんな言葉をノートに書き留めながら、同じ小学校のママとの会話を思い出しました。「うちの子、こそあど言葉が全然理解できていな [続きを読む]
  • 静と動な週末
  • MACTE認可のモンテッソーリ教師養成講座を受講時、モンテッソーリ園の様子の映像を視聴し、観察結果をレポートするという課題がありました。園児たちの1日をダイジェストで見て、一体子どもたちが何をどう感じているのかを読み取るというものでした。その時に出てきたキーワードが「静と動」。朝のサークルタイムを終え、3時間のおしごとに没頭する子どもたち。かつてモンテッソーリ女史が見たような円柱さしを何度も繰り返す3 [続きを読む]
  • エレメンタリーの環境設定
  • 引越しをしてから3週間が過ぎようとしています。やっと段ボール生活に終わりを告げようとしているここ数日。おしごとスペースにもモンテッソーリ教具を出し始めています。 が・・・ 多過ぎ。 この極小のスペースに対して、教具が多過ぎます(・・;) そして、感じたのは・・・ 案外必要なのは、教具棚の整理よりも、教具をしまっておくクローゼットの整理のような気がしています。 なぜなら、プライマリーの頃、娘の敏感期に合わせて [続きを読む]
  • 我が子が手に負えないとき
  • 2週間に渡る休暇も今日で最後。明日からは平常運転です。今年はまだ引越しのバタバタが落ち着かない中、帰省をし、気付いたら年明けしてしまった、そんな印象です。帰省先でも冬休みの宿題と格闘していた娘。幼馴染みと遊びたい気持ちが先走る中、毎日やらなければならないら宿題をやらせることに苦労した母。つい娘に対してイライラしてしまうこともありました。新年早々、こんな気持ちになるだなんて・・・と、自己嫌悪に陥って [続きを読む]
  • 2018 明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます。昨年も沢山の方々にご訪問いただき、ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。皆さん、いかがお過ごしですか。元旦の今日は、娘はパパとじぃじと山登り!母と義母は、家でお茶をいただきながら、ガールズトークに花を咲かせました(??????)明日からはまた現実ですが、今年は様々なことにチャレンジしたいと思います。特に昨年は守りの一年だったため、今年は自分から [続きを読む]
  • 2017年の振り返り
  • 毎年あっという間だったと書いていますが、今年ほどあっという間に過ぎ去った1年はなかったような気がします。月ごとにざっと振り返ってみると。1月○初めての英検受験2月○モンテッソーリエレメンタリー教師養成講座開始(母)3月○幼稚園卒園○スプリングスクール参加4月○小学校入学○帰国子女保持教室Grade2-3クラス進級○子どもの家小学部開始7月○サマースクール参加8月○7歳誕生日○洋書熱上昇9月○漢字学習開始○ [続きを読む]
  • 2017富士山女子駅伝
  • 晴天に恵まれた今日、富士山女子駅伝の応援に出かけてきました。スポーツ観戦大好きの我が家。ジャンルを問わず、よくテレビではスポーツ観戦をします。毎年欠かさない駅伝を生で見ることが出来て、大興奮の娘でした。富士山の麓を全速力で駆け抜ける女子選手たちに、大きな刺激とパワーをいただいた様子の娘。毎週末、パパとランニングに出かける彼女ですが、ますます走りたくなったようです(??????)今年は娘も小学校生活が [続きを読む]
  • Merry Christmas 2017
  • メリークリスマス!!無事にプレゼントのセットも終わり、ホッと一息付いています。クリスマスイブでも、朝はいつものルーティンの読書から。韓国で購入した、日本語を学ぶ韓国人用のテキストにはまっている娘。イブの日のトピックは、富士山(笑)。沢山知らなかったこととの出合いがあり、楽しかったようです。午後はサンタさんのためのクッキー作り。大量に作ったため、粉ふるいに苦戦していました^^;無事、なんとかサンタさん [続きを読む]
  • 娘の漢字学習の盲点・・・。
  • 小1の娘。2学期に入り漢字学習が本格的にスタートして喜んでいました。 ・・・が。 「漢字テスト」という名のチェックが入るようになってから、楽しんでいた漢字学習に少々亀裂が・・・^^; 読み・書きと共に出題される書き順に引っかかり始めたのです。 母のいない時間に終わらせる漢字学習ノートからは分からなかった漢字学習の盲点。 もちろん授業でも書き順は習ってくるし、使用中の小学生の新レインボー漢字読み書き辞典 [続きを読む]
  • 新たな自分への道
  • 今年の仕事も残すところあと1日。娘と一緒に母もしばしの冬休みに突入します。この秋から冬にかけては、引越しの準備に追われ、なかなか娘と上手く向き合うことができませんでした。そんな中でも、小学校生活において必要なことをこなし、今までだったら母に頼っていたであろうことも、自らできるようになってきたことを見ていると、決してこういった時間も無駄ではなかったと感じています。 娘の成長を目の当たりにしながら、今 [続きを読む]
  • テレビもネットもない暮らし
  • 引越しをして2日目。相変わらずの段ボール生活。開けても開けても減る気配のない段ボール^^;ミニマリストには到底近づくことの出来ない現実を突きつけられています。 そんなことは、もちろん想定内のこと。でも、引越し真近になって想定外のことが!!電気、水道の住所移転ぐらいの軽い気持ちで旧居にて使用していたケーブルテレビ会社に連絡をすると、年末で混み合っているため、工事はまさかの年明けとのこと・・・!!日頃か [続きを読む]
  • エレメンタリーのおしごと空間
  • 今週末より新居に少しずつ荷物を運び入れ始めました。まだ何もないおしごと空間。狭すぎて、実際おしごと部屋として機能するかは分かりませんが、ここに娘の旬のおしごとを準備したいと思っています。 キーワードは「旬」。 モンテッソーリスクールのように、すべてのおしごとを1つの空間に美しく配列することは物理的に不可能なため、あくまでも娘にとって必要なおしごとを置きたいと思っています。羨ましい海外のホームスクー [続きを読む]
  • 敏感期をサポートするということ
  • モンテッソーリの関連書籍に必ず出てくるという敏感期という言葉。子どもが、ある一定の時期に、一定のことに興味を表すこと。特別な働きかけをした訳ではないのに、子どもが自ら興味を持つことがある・・・。こういったケースは沢山あるでしょう。けれども、この敏感期もサポートがなかったら、長くは続かないのかもしれません。 娘の場合、長く続いているのが「書く」という敏感期。元々は「描く」からスタートしました。 今思う [続きを読む]
  • 小1テスト期間中の雑感
  • ただいまテスト期間中の娘・・・。普段持ち帰らない教科書やワークなど色々と持ち帰り、机の上に広げてみます。でも、結局行なったことと言えば、「開くだけ」(笑)。結局は、日頃学んだことをきちんと消化できているか。「テスト」はあくまでもそのチェックであり、何か特別に大変なことを強いられるものではないのだと、まだ1年生だからなのか・・・感じています。 それよりも、娘にとって大事なのは、「学びの瞬間」。もっと [続きを読む]
  • 小1娘のクリスマスプレゼント
  • ついに12月。 「いい加減、クリスマスプレゼントのリンクを送って〜」 毎年娘にクリスマスプレゼントを送ってくれる親友の有難いお言葉(笑)。家族以上に遠慮がない彼女には、本気で娘が欲しいものをいつもお願いします^^; と言うことで、やっと今年のプレゼントも出揃いました。サンタ役の父母、両祖父母、親友などなど。与えすぎ〜と毎年思いながらも、クリスマスくらいは欲しいプレゼントを両手いっぱい抱えさせてあげて [続きを読む]
  • Grade 3 - 4 クラスに向けて
  • 娘が保持教室から新たなテキストをいただいて来ました。今までは3冊のテキストを常時使用していたのが、今度からは1冊にすべてがまとまっているため、かなり厚め。けれども、新たなテキストに心躍らせているようです。 このまま順調に進級できたら、来年はGrade 3 - 4クラスがスタートします。ただ、これは周りのお友達の話で娘の話ではありません^^;というのも、3年生レベルになるとググっとレベルがアップし、学校との両 [続きを読む]
  • モンテのエレメンタリー環境、何をどう整える!?
  • 今年小学1年生となった娘。けれども、我が家が新調したのはこの長机のみでした(笑)。母自身も新たにモンテッソーリのエレメンタリー教師養成講座を始めたものの、1年生はまだまだ「プライマリーからエレメンタリー」の移行の年。大々的な環境設定を行なうこともなく、行ったことと言えば、かろうじて教具を少し入れ替える程度。そんな状態が続いていましたが、引越しを機に、やっとエレメンタリーの環境設定をすることが出来そ [続きを読む]
  • ホームモンテッソーリに求められるもの
  • モンテッソーリ教育を家庭で実践しようとしてみたけれど、敷居が高くて・・・。 こんな声をよく聞きます。実際、母自身も常にそれを感じています。きっとその理由は「マニュアルがないたから。」 もちろん、おしごとのマニュアルは、教師養成講座を受講すれば付いてきます。けれども、それをいつどのタイミングで子どもに提示していくか・・・。どちらかというと、そっちが知りたいと思いながらも、そのマニュアルはないのが現実で [続きを読む]
  • それでも保持教室へと通う理由
  • 先日保持教室にてイベントがありました。そしてこの日は、イベント終了後、数時間のブレイクを挟み、通常授業がスタート。結局、この日の待ち時間は計7時間!!小学校も保持教室も同じクラスのお友達のパパママと、7時間に渡る英語談義をしてきました(笑)。 ・・・と言うのも、こちらのご夫妻。家族ぐるみで仲良くさせていただいているのですが、パパは幼少の頃海外へ移民、ママも学生時代数年を除いてはずっと海外。大学時代 [続きを読む]
  • 11月最後の週末
  • 幼稚園から皆勤賞を続けている娘が、まさかの発熱。そして、母もここ数週間、謎の蕁麻疹に悩まされています。きっと、今のこのダンボールの中で暮らすという環境がストレスなんでしょう(笑)。この1ヶ月でブックオフに引き取りをお願いした書籍の数はダンボール12箱分!!それでも、全く減る気がしないこの引越しの荷物。案外、多いのは教具をはじめとした、モンテッソーリ関連のもの。娘の今までのおしごとは写真に収め、か [続きを読む]
  • ママに見ていて欲しい理由
  • 夏休み前はほとんどなかった学校の宿題も、2学期に入って少しずつ増えてきました。そして、宿題に向き合う娘の姿にも、少しずつ変化が見られるようになってきています。 以前は、常に母に隣にいて欲しかった娘。 「ママと一緒にやりたい。」 学校の宿題でも、保持教室の宿題でも、そしてモンテッソーリのおしごとも。母が隣にいることを望んでいた彼女。 そんな時、モンテッソーリアンの講師から聞かれたことがあります。 「ママ [続きを読む]