Yuzyママ さん プロフィール

  •  
Yuzyママさん: モンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ハンドル名Yuzyママ さん
ブログタイトルモンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/montessoritime/
サイト紹介文7歳の娘とワーママのホームモンテッソーリ&国産バイリンガル育児記録。
自由文2歳でプリスクールに通うも、モンテッソーリ教育と出会い、母語優先の育児に変更。モンテッソーリ教育を主軸にした、母語土台のバイリンガル育児を、家庭内で実践しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2013/05/17 11:56

Yuzyママ さんのブログ記事

  • 保持教室の不思議な宿題!?
  • 画像はお借りしています。 最近は保持教室の宿題も自分一人で済ますことが出来るようになってきた娘。一時は、グラマーミスやスペリングミスがあるとついつい直したい気分に駆られていましたが、最近では本人の気付きに任せるようにしています。 昨夜は久しぶりに宿題に手こずっていた彼女。ふと彼女の書いているものを覗くと、飛行機の各部名称について書いてくるというものでした(笑)。えっ!そんな宿題ある?と一瞬不思議な気 [続きを読む]
  • 自分を観察する
  • モンテッソーリの書籍を読んでいると「子どもを観察する」ことの重要性が様々な部分で説かれています。 物事が上手く運ばないとき・・・子どもを観察すると見えてくる。 そんなことを意識して、母自身も娘の観察を行なってきました。ただ、いくら観察しても見えてこない時もあるのも事実(笑)。 当時の母は、悩んでいました。モンテッソーリのおしごとと楽しく向き合う娘。けれども、いつも「ママ、見てて。」と母を隣に呼ぶので [続きを読む]
  • 家庭で整えるモンテ環境
  • ホームモンテッソーリと向き合って早5年。家庭はモンテッソーリ園にはならないと分かりながらも、なんとか家庭にモンテッソーリの環境を持ち込んできました。けれども、家庭はやはり生活の場。そして、母親はやはりモンテッソーリ教師にはなれない。こんな事実を突きつけられながらも、それでも我が家がホームモンテッソーリを実践するには、マイナスな部分よりもプラスの方が圧倒的に多いからでしょう。 この5年間、娘がホーム [続きを読む]
  • 英語のプライベートレッスンに求めるもの
  • 現在娘の通う英会話教室はチケット制です。毎回200回まとめて購入し、約2年で使い切るペースで来ています。3歳からスタートしたこちらのお教室。すでに400回レッスンを消化し、現在は今年新たに200回購入した分の4分の1を使い切った状態です。今のペースで行けば、今回のチケットの終了も小2終了辺りとなるでしょうか。 オンライン英会話が主流の中、通学制の英会話教室を選んできた我が家。色々と検討はしてみたものの、予約合戦 [続きを読む]
  • 自然の恵みに感謝する
  • 娘が小学校でとても楽しみにしている時間があります。それは土いじりの時間(笑)。母の通った都内の小学校は、校庭ですらコンクリートという環境であったため羨ましく感じます。幼稚園の頃から、様々な作物を育ててきた彼女。昨日は、立派なカブを持ち帰りました。 きっと、今このような学校の活動に心から感謝できるのは、モンテッソーリ教育と出会ったから。モンテッソーリ教育を知り、自然の恵みに感謝する心を改めて育むこと [続きを読む]
  • モンテッソーリな生活
  • 木の匂いが漂ってくるような美しい教具が並べられた空間。教具と真剣に向き合う子どもの姿。そんなイメージが先行し、憧れ続けたモンテッソーリ教育。けれども、実際行なってみると、そんな美しい姿はどこにも見られない・・・。それが、我が家のホームモンテッソーリのはじまりでした。 用意したおしごとには見向きもせず、そうでないものに異様な興味を示したりする(笑)。 負の連鎖ばかりが続いた時期も長かったものの、今思う [続きを読む]
  • 娘の生活動線を考える
  • 気が付けば今年も残すところあと1ヶ月半。この間入学したと思っていた小1生活も残り数ヶ月となってしまいました。そして新居への引越しまでもあと1ヶ月。本来であれば娘の小学校生活のスタートに合わせて新生活が始められれば良かったのですが、今となってはこの時期で良かったのかも・・・と思える部分も出てきました。実際小学校生活をスタートさせたからこそ見えてきた部分。 それは娘の生活動線。 彼女の活動スペースを考 [続きを読む]
  • 英語の多様な要素を準備する!?
  • 保持教室の英語、英会話教室の英語、学校の英語、家庭の英語・・・。それぞれ時間数は限られているものの、英語に触れる場は分散しながらなんとか確保し続けている我が家。でも、娘にとって一番楽しみな英語の場は、3歳から通う英会話教室だと言います。なぜなら「サイエンスレッスン」があるから。 現在、サイエンスレッスンは隔週のため、娘にとっては「お楽しみ」の位置づけ。元々、サイエンスレッスンを希望した時は、語彙が [続きを読む]
  • 今の英語力を押し上げてくれるもの
  • 引越し後の習い事をどうするかということを夫と話し続けています。現在の彼女の習い事は・・・ ●帰国子女保持教室●英会話教室●モンテッソーリ子どもの家●ピアノ 特に保持教室と英会話教室は家から徒歩で通える場所だったのが、今度は車での送迎が必要となります。ここでカットのターゲットとなったのは、保持教室。平日のため、送迎を実父にお願いしなければならないためです。 2学期に入り学校の宿題も格段と増え、家庭で英語 [続きを読む]
  • 忙しさの代償
  • 娘の小学校では、学習面だけでなく生活面でも親のサインが求められるものが沢山あります。そのサインを忘れると、サインし忘れたのは親とは言え、結局それを確認しなかった子どもが嫌な思いをすることは言うまでもありません。 幼稚園の頃から続くこのシステムには慣れているはずの母ですが、最近サインを忘れてしまうことがありました。 当然、娘は学校で気まずい思いをし、かと言って、確認を怠った自分の責任でもあるため、母を [続きを読む]
  • 知識そのものよりも・・・
  • きっと男の子であれば1つや2つ、当たり前のように知っているであろう「恐竜」。我が家においては、全く接点がないまま過ごしてきました。家庭に存在しないものは、なかなか子どもにも行き渡らないもの。 そんな娘が恐竜に興味を持ち出したのは今年のサマースクール。学んだ知識を元に作ったジオラマ。大切に部屋のよく見える場所に飾っています。 そして今学期に入り、子どもの家でも中生代について学び始め、恐竜について触れ [続きを読む]
  • ミニマリストとモンテッソーリ教具
  • 最近気になっているキーワードはこちら。 「ミニマリスト」 今までの人生、この言葉からかなり遠い生活をしてきました。特に本に囲まれていないと、落ち着かない性分。 けれども、唯一「ミニマリスト」にちょっぴり近づいた生活をした時期があります。それは大学時代。 アメリカ人5人と暮らした家を出て、日本人のルームメイト2人アパートを借りて住んだ時。アメリカ人のルームメイトは自宅から色々なものを持ってきていたため [続きを読む]
  • 娘のバイブル「小学生の新レインボー漢字読み書き辞典」
  • 小学生になり最も娘がエキサイトしていることが「漢字学習」。日ごろ、ワークやプリント学習を取り入れていない我が家では、宿題のワークはルンルン。 宿題のワークのお供は学校で使っている「小学生の新レインボー漢字読み書き辞典 」。最近、これが彼女のバイブルと化しています。 小学生の新レインボー漢字読み書き辞典 第5版 彼女がもっとも気に入っているのが、ページ最後にある「かきコツ」。お手本を忠実に再現したいとい [続きを読む]
  • 学んだ語彙を意識的に使う
  • 娘の通う保持教室では読み書きに力が入れられています。 「たくさん読み、たくさん書く」 当たり前ながらも、このストイックなアプローチの大切さを最近ますます感じています。ただ、そんなプロセスの中で特に大事だと個人的に感じているのは「使える語彙を増やす意識」です。 ある程度自分の意見が文章で書けるようになってくると、どうしても自分の知っている語彙で完結しがち。いくら多読を繰り返していても、娘の場合は、知っ [続きを読む]
  • 優しくなれる源
  • 娘の小学校では幼小共に活動する機会が多くあります。自分が幼稚園だった頃、優しく接してくれた上級生が沢山います。中には、もう中学校へと進学してしまい会えなくなってしまった上級生もいますが、優しくしていただいた体験は今でもしっかり彼女に刻まれているようです。 自分が小学生となった今、幼稚園のお友達に渡すためのハロウィン菓子を一つずつラッピング。至福に包まれた時間でした? どうしても通わせたかったモンテ [続きを読む]
  • ”英語を身につける方法とは?”
  • いつも参考にさせていただいている船津徹先生のブログ。英語育児を実践されているご家庭には、これほどの宝があるだろうかと思えるほど、英語育児に関するヒントがいつも記事の中に隠されています。 そして今回は、親子英語家庭においては最も知りたいであろうトピック「英語を身につける方法とは?」。 船津先生のお答えは驚くほどシンプルです。 それは「英語の読書指導」。 スピーキングではなくリーディングを育てることに着 [続きを読む]
  • モンテッソーリ教育における模倣と創造
  • 帰宅後、娘がルンルンで向き合っていたのは、書写の宿題。2学期に入り、本格的な漢字学習がスタートする中、書いているのはひらがな(笑)。けれども、何度書いても楽しいといいます。書写を習っているお友達が書く、息を呑むような美しさはなくても、とにかく「楽しい」ことが先行する娘の「書く」という行為。特に、お手本を置きながら、模倣する時間はかけがえのない時間のようです^^ 母のバイブル本「お母さんの工夫」。こ [続きを読む]
  • 国語の教科書を共に味わう
  • 先日入学したと思ったら、もう1年生も半分終了。幼児期に「おしごと」しかしてこなかった娘が、小学校へ入学したら苦労する部分があるのではないかと懸念していましたが、今のところ、今までとは違った学び方は新鮮で、毎日の授業が楽しくて仕方がないようです。 単調になるかと思いきや、毎日の宿題の音読も、こちらが恥ずかしくなるほど演じきっている彼女は、それはそれは楽しい様子(笑)。新たな音読素材を持ち帰った日には [続きを読む]
  • 謎めいた「子どもの家小学部」!?
  • 小学1年生と言えども、忙しい毎日を送る娘。そんな中でもとりわけ楽しみにしている時間があります。それは週1回の「子どもの家」。3歳の時約1年お世話になった子どもの家が、7歳となった彼女にどう映るのか。非常に気になる点でもありました。 3歳から6歳までの自己選択の「おしごと」をベースにした時間とは異なり、週1のエレメンタリー過程では、モンテッソーリアンの先生方が世界を見せてくれる時間。 "Adults need to [続きを読む]
  • 「間違いを指摘しない」モンテッソーリ教育
  • 新学期がスタートして1ヶ月。平常運転に戻り、疲れが出てきたのか、週末久しぶりに発熱。予定していたお楽しみはすべてキャンセルとなり、自宅で過ごすことを余儀なくされてしまった娘。 玩具類の購入は誕生日とクリスマスと決めている我が家ですが、病気に弱い母(笑)。思わず、新たなLEGOを追加してしまいました。 レゴ (LEGO) フレンズ ミアと子犬のドッグショー 41300 目を輝かせながら組み立てる娘・・・。途中、「あっ、 [続きを読む]
  • 限られた英語時間、効果的なリーディング!?
  • 娘の小学校では国語の授業の割合が多く占められています。「午前にも国語、午後にも国語」という時間割を見たとき、多いなぁと感じた母^^;けれども、国語の授業で展開する様々な要素を考えると、多すぎるということはないのかもしれません。それに加え、毎日の音読と読書。漢字練習などの家庭学習も含めると、やはり国語に費やす時間はそれなりにあると言えるのでしょう。 それに比べて英語。保持教室で週2時間。英会話教室で [続きを読む]
  • 2歳児のシゴト
  • 2歳の娘を理解することが出来ずに苦しかった時期。モンテッソーリ教育が救ってくれたことを
    、今まで何度も綴ってきました。 当時、モンテッソーリアンのチューターからいただいた言葉が
    あります。 "A young 2 year old is a brand new little person . Ttheir job is to bounce around and eventually within a few
    months they start to settle down a little and start to focus and stay with activities for longer than 30 s [続きを読む]
  • できないことは、知らないこと!?
  • 現在小学校1年生の娘。7歳ともなると、案外たいていのことは出来てしまいます。だから、こちらも当たり前のように接してしまいます。 先日サマーキャンプに出かけた際のこと。娘の後姿を見たとき、リュックの紐の長さが左右対称でなく、どこかアンバランスでした。 [コールマン] リュック トレックパック 2000027138 ネイビードット 「左右、長さが違うよ。」 そう声をかけると、リュックをおろし、長さを調節しようと奮闘。け [続きを読む]
  • 漢字暗記 vs. 漢字探求
  • ホームモンテッソーリが中心の我が家では、「ワーク」は相変わらずスペシャルな存在。書店に並べられた色鮮やかなワークに心惹かれ、買ってほしいとせがまれ、購入した漢字ワーク。 小学教科書ワーク 光村図書版 漢字 2年 最初は、字も丁寧に鼻歌交じりに向き合っていたワークですが、最近雲行きが怪しくなってきました。 2年生になると急に画数も増え、読めても書くのは難しい。十の画べえで組み立てるときは、画数が多けれ [続きを読む]