Yuzyママ さん プロフィール

  •  
Yuzyママさん: モンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ハンドル名Yuzyママ さん
ブログタイトルモンテッソーリな時間〜バイリンガルに魅せられて〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/montessoritime/
サイト紹介文8歳の娘とワーママのホームモンテッソーリ&国産バイリンガル育児記録。
自由文2歳でプリスクールに通うも、モンテッソーリ教育と出会い、母語優先の育児に変更。モンテッソーリ教育を主軸にした、母語土台のバイリンガル育児を、家庭内で実践。小1で英検準2級に合格。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/05/17 11:56

Yuzyママ さんのブログ記事

  • 出来ることより出来ないこと
  • ホームモンテッソーリを始めて今年で7年目に突入する我が家。一時はモンテッソーリ園に通えなかったことを嘆いた時期もありましたが、ゆるゆるのおうちモンテでもやっぱりやってきて良かったと思う場面に出くわすことがあります。そんな風に感じることのひとつが、「出来ることより出来ないこと」に娘がフォーカスしている点。小学校に入学してから、点数を付けられたり、合格・不合格の判を押される場面も多くなってきました。100 [続きを読む]
  • 同じ空間でそれぞれの時間
  • 母がNAMCのモンテッソーリ教師養成講座をスタートさせたのは娘が2歳の時。もっぱら、課題に向き合うのは娘が寝た後でした。けれども、最近は少し様子が変わってきました。 小2になってから急激に読書時間が増えた娘。幼い頃からお世辞にも本好きと言えるようなタイプでなかった彼女が、自分だけのお楽しみ時間を得たようです。食事の時間になっても止められないこともしばしば。家で過ごす週末は6〜7時間読書する日もあります。 [続きを読む]
  • モンテッソーリ教師養成講座(9歳〜12歳)の算数教育が進まない!?
  • 亀の歩みながらも、今年もモンテッソーリ教師養成講座に奮闘中の母。もう、全然進まない教科が、予想通りの算数教育(笑)。 とにかく、マニュアルに書かれている一文字一文字が心に刻まれ、算数ながらも算数ではない感覚を覚えます。 なかなか適当な言葉が見つからないのですが、この6年の間、幼児期(3歳〜6歳)→低学年(6歳〜9歳)→高学年(9歳〜12歳)とモンテッソーリ教育を学ぶにつれ、改めて感じることは、モンテッソー [続きを読む]
  • サイエンスラボづくり@ホーム
  • 娘が子ども部屋をサイエンスラボにしてから早4ヶ月。おしごと部屋の教具棚に合った文化教育の教具や書籍などをすべて移動させ、少しずつ形になってきました。…といっても、宿題がない日は相変わらずクラフトやら実験やらを繰り返している彼女。 こちらも、いつの間にか出来上がっていました^^ あなたの誕生石がつくれる ジュエルせっけんキット (ガールズスタジオ こういったプロダクトが日に日に増えていくため、今までの棚で [続きを読む]
  • 言語教育を見つめ直す
  • 先日の「バイリンガル育児を見つめ直す」に続き、最近、母語についての気付きもありました。 帰省中、生まれて初めてサーカスを観た娘。ミュージカルはよく観るのですが、サーカスは一度も行ったことがないことにすら気付いていませんでした。 もう2時間、ずっと集中しっぱなしだった彼女。それはそれは、楽しかったようです。 帰宅すると、すぐに絵日記にこの日の感動をしたためようと机に向かったのですが。いつもは、用紙が足り [続きを読む]
  • バイリンガル育児を見つめ直す
  • 今日は韓国人の友人宅にお招きいただき、楽しいひと時を過ごしてきました。経済学の教授をされているご主人と、MBAが専門の友人。教育熱心なご両親のもと、日韓バイリンガルに育ったお子さん達。 しかし、ここ最近少し気になる現象が起きているとのこと。 それは、韓国語を話さなくなったそうです。 確かに親子の会話を聞いていると、ご両親は韓国語で話しかけているのに、返答はすべて日本語。さらなる質問を韓国語で投げかけて [続きを読む]
  • 2019 明けましておめでとうございます
  • 昨年中は、沢山の方々に遊びに来ていただき、ありがとうございました。こんな拙いブログにも関わらず、気付いたら読者登録者数も850名近く。幼稚園や保育園の先生方々をはじめとする幼児教育の専門家の方々にまでご登録をいただき、大変恐縮しています。小2に入り、残念ながら幼児期ほどホームモンテッソーリも進んではいないのが現状ですが、今は娘なりの学びの方法を構築している時期。今まで通り、見守り続けたいと思います。娘 [続きを読む]
  • 2018年の振り返り
  • 今年も残すところ10分足らずですが、家族が健康で過ごせたことに感謝しています。小2となった娘の今年のハイライトは…。○書初め大会準大賞○音楽会でのドラム演奏○英検準2級取得○サマーキャンプ○運動会○リーディングコンテスト○ライティングコンテストなどなど。でも、一番大きな収穫は『科学者になりたい』という夢が見つかったこと。新年度からは、子供の科学の定期購読と同時にUK発のサイエンスの通信講座をスタートさせ [続きを読む]
  • 宿題 vs. お手伝い
  • 酪農の世話をしているような姿ですが、ウッドデッキをブラッシング中の娘(笑)。 『宿題 vs. お手伝い』だったら、100発100中お手伝いを選ぶ我が小学2年生^^でも、これは私たち夫婦が望んでいる姿だったりします。 モンテッソーリ教育と出会ったとき、興奮冷めやらぬまま、夫にその素晴らしさを伝えようと試みた母。正直、その時はどの部分にどのように惹かれているのか、よく分からなかったのですが…。でも、来る日も来る日 [続きを読む]
  • 小2、縄文女子から鉱物女子へ
  • モンテッソーリ教育におけるキーワードともいえる「敏感期」。娘の敏感期を最初に発見したのは、彼女が2歳の頃でした。とにかく何でも並べたい敏感期。あれから、6年が経った今でも、「敏感期」と呼べる現象を日々目の当たりにしています。 今年の夏には「縄文女子」化が進んでいた彼女。2学期は子どもの家では「日本の歴史」がテーマだったため、縄文のみならず、日本の様々な時代へとタイムスリップをし、今では平安時代がお気に [続きを読む]
  • 2018 クリスマス
  • 2018年のクリスマス。朝起きると、無事、娘の元にもサンタさんがやってきてくれました^^彼女がお願いしていたのは、こちら。 元々は、理科の先生にお勧めされた電子顕微鏡を欲しがていた娘ですが、まだ小2ということもあり、まずは学習用としてこちらにしました。 マイクロスコープ 900倍 プロジェクター機能付き ちなみにこちらは、韓国の友人からいただいた母のクリスマスプレゼント(笑)。雙和茶(サンファチャ)と呼ばれ [続きを読む]
  • 2018 クリスマスイブ
  • 今頃ほっと一息をつかれたパパさん・ママさんも多いのではないでしょうか^^祝日だった今日(ってもう日付変わってますね^^;)は、我が家も家族でクリスマスを楽しみました。午前中は買い出し、午後は娘がサンタさん用のクッキー作り、そして夜は祖父母や母たちからのプレゼントを受け取り、もう天にも昇る気分だったろう娘(笑)。明日の朝は、どんな顔を見せてくれるのかな^^* 母は先週で仕事納めだったため、こうして夜 [続きを読む]
  • 2018 クリスマスイブイブ
  • クリスマスイブイブだった今日は、一番仲良しのお友達と我が家でプチクリスマス。性格も好きなことも全く違うふたり。けれども、磁石のように引き合わされる彼女たち。夏のお泊り会以来のプレイデートだったため、今日もべったりでした^^ 唯一彼女たちに共通しているのは「モノづくり」が大好きなこと。今回はクリスマスのクラフトとして、こちらを用意しました。 プッシュステンド ピラミッド ちょうど図工の授業でカッター [続きを読む]
  • 小2娘のクリスマスプレゼント
  • 2018年も残すところあと10日ちょっと。 今年も祖父母や友人などから沢山のクリスマスプレゼントをいただいています。昨年は圧倒的にLEGOが多かったのですが、今年は完全に科学にシフト?????*゚ Omnibot Meccanoid(メカノイド) G15 TYPE61 マイクロスコープ 900倍 プロジェクター機能付き 新日本通商 クリスタルキット ITEM#2341 酸性&アルカリ性 おもしろじっけんセット E2387-1白衣  実験衣(ホワイト) (140cm) メゾ [続きを読む]
  • 科学に興味を持ち続ける理由
  • 5年前には「プリキュア」になりたいと言っていた娘ですが、ここ1年ほどはずっと「科学者」になりたいと言っています^^;そもそも科学者とのはどのような職業を指すのか、理解しているのかすらも疑問ですが、そこは親があれこれと教え込むより、自分自身で見出していく方が楽しいに違いないと、ただただ見守っています。 購読し始めて2年が過ぎた子ども新聞ですが、最近は自分の興味のある記事はキーワードに線を引き、スクラッ [続きを読む]
  • 子どもの家小学部で培っているもの!?
  • 小学生になってからの習い事を考えたとき、母の中で「子どもの家」は浮上しませんでした。当時はまだ、モンテッソーリのエレメンタリーについてもそれほど知識もなく、果たして日本の学校教育とモンテッソーリ教育が上手く両立できるのかがあまり見えてこなかったからです。 けれども、結局は娘の方から3歳の頃1年間通った子どもの家へと通いたい!との発言。通い始めて2年目の現在、保護者会を迎える度に、これほどまでに子どもを [続きを読む]
  • 身につけた英語 vs. 身についた英語
  • 先日、アメリカ人の友人とランチをしていたとき、こんな発言が出ました。 「Yuzyの英語は、身につけた英語じゃないみたいね。」 一瞬意味が分からなかった母。先日、初めて娘と会った友人。今までの英語習得までの苦労話を十分知っている彼女ですが、娘の英語は学んで身につけた英語だと思えなかったと言うのです。 自分自身が、スペイン語を第二外国語として身につけ、語学学習の大変さを身を以って知っている彼女。スペイン語で [続きを読む]
  • モンテッソーリ教育とお手伝い
  • モンテッソーリ教育っていうと、つい「教具」という言葉が思い浮かんでしまいますが、実際には教具を必要としないおしごとはたくさんあります。 お手伝いはまさにその典型!!提示を丁寧にすることで、子どもたちはその流れを知り、やり方を習得していきます。 去年、購入したクリスマスツリー。2度目となる今年は、金具を閉じる部分以外は、すべて一人で飾りつけをしてくれました。 こういった家庭内でのおしごとの分担を小さい頃 [続きを読む]
  • 小学生になってからのモンテッソーリ教育
  • 幼児期の頃は、家庭である程度モンテッソーリ教育に浸ってきた娘ですが、小学生になってからは、やはり時間的に限られていると感じています。 国語においては、母が学んでいる教師養成講座が言語が英語ということもあり、完全に学校がベース。算数においても、学校で学んできたことを教具を使用しながら確かめるという作業以外には、やはり学校がベースとなっています。 小2の現在は、理科・社会はまだ教科としては入ってきていま [続きを読む]
  • 「モンテッソーリの先生にはなれないよ。」
  • 小2の娘、テスト期間に入りました。・・・といっても、まだ小2。もちろん試験勉強は最低限。クラフトをしたり、元素記号を書き出したり(これに最近はまってる!)、リコーダーを練習したり、縄跳び@家の中をやってみたり(笑)。 娘の学校では文科省のテキスト以外に、学校独自のテキストが使用されます。なので、テスト勉強のメインはこちらのテキスト。特に算数は、学校で習った解き方を求められるため、親が教えるなんてこと [続きを読む]
  • 小2、習い事の見直し
  • 夏休みが明けてから、急に忙しくなった娘。毎日の運動会練習で疲れていたかと思えば、帰ってきても運動会練習(笑)。YouTubeで音楽を流しながら、数えきれないほど踊りまくる日々。体育の授業で逆立ちを習えば、当然家でも逆立ちの日々^^;とにかく学校から受けてくる刺激が多すぎて、勉強以外の部分でも非常に忙しくなった2学期でした。 …ということで、最近習い事の整理を少しずつ始めています。 ○ピアノ→月2回のレッス [続きを読む]
  • やりたいこと vs. やらなければならないこと
  • 期末試験を控え、周りのママ達も忙しくなってきた中。8歳の娘が行なっているのは、ひらがな練習(笑)。 幼稚園年長の頃、教頭先生が字を褒めてくださったことがありました。小学生になると、どんどん汚くなっていき、幼稚園生の方がよっぽどキレイだと仰るのです。 実際小学生になり、小2現在のノートの字…残念でなりません(笑)。書く敏感期が薄れてきているのかもしれませんが、娘曰く、キレイに書きたい気持ちはあっても時 [続きを読む]
  • 東大王な週末?
  • 幼稚園時代から皆勤賞を続けている娘。でも、風邪は引きます(笑)。いつも金曜日引いて、日曜日には治るパターン。この週末も風邪っぴきだった彼女。 そろそろ期末考査も近付いているため、学校からも復習をするように言われてはいるのですが、勉強なんて頭にはなかった彼女。愛読書を読み、好きなテレビ番組を観て過ごす夢のような時間でした(笑)。 彼女のダントツの愛読書はこちら。 東大王 知力の壁に挑め!最強クイズドリル [続きを読む]
  • 【3歳】「お姉さん」ロールを手渡す!?
  • 最近いただくコメントやメッセージは、なぜか3歳児のお子さんをお持ちの方が多い印象。その度に、羨ましくて羨ましくて仕方のない母ですが、当時はそんな風に感じる余裕は一切ありませんでした(笑)。 「魔の2歳児ではなくて、魔の3歳児の間違いじゃない?」 そんな話をしたことを今でもはっきりと覚えています。 エネルギーいっぱいの自由奔放な3歳児に振り回された1年。そんな時でもちょっぴりヒントになったのが、教師養 [続きを読む]