学童野球チーム監督 さん プロフィール

  •  
学童野球チーム監督さん: エンジョイ・ベースボール・コーチング
ハンドル名学童野球チーム監督 さん
ブログタイトルエンジョイ・ベースボール・コーチング
ブログURLhttp://enjoy-baseball-coaching.blogspot.jp/
サイト紹介文東京都江戸川区の学童野球監督ブログ。科学的で楽しく厳しい指導を目指し日々奮闘中!
自由文管理人プロフィール

中学生時代 ポニーリーグ全国優勝
高校生時代 日大三高野球部エース
大学生時代 慶應義塾大投手(早慶戦登板)
社会人時代 東京好球倶楽部監督

現在は息子が所属する少年野球チームで監督をしています。 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 323日(平均0.6回/週) - 参加 2013/05/17 15:22

学童野球チーム監督 さんのブログ記事

  • 2018.1.14 練習試合vs両国セブンアローズ
  • 新チームの練習試合2戦目は両国セブンアローズさんにお手合わせ頂きました。相変わらずしっかりした素晴らしいチームですね。いつもありがとうございます!さてこの日のテーマは、もちろんバッティング!結果は、なんと1安打…でした(^^)またしてもスーパー貧打線が大爆発!今年は例年に比べてフリーバッティングやロングティーなどの打撃メニューをかなり増やしてますが、そもそもの打撃フォームを改善しないと、数をこなすだけ [続きを読む]
  • 2018.1.13 練習試合vsホワイトウイングス
  • 今日は新Aチーム初練習試合でした。結果は…見事完封負け!!はい、打てなさすぎです。ということで、バッティングの強化が最大の課題!この時期は課題を明確にして、ひとつひとつ潰していけばよいので、焦らずコツコツと頑張っていきましょう。3月までに目指せマシンガン打線!ということで、頑張って打撃向上を図っていきたいと思います。選手諸君は頑張ってください。さて以下は細かい反省点。スタッフも含め、しっかり勉強し [続きを読む]
  • キャッチボールの指導方法
  • スタッフの皆さんへ今年はキャッチボールのときに以下の2点を徹底して指導いきましょう。①投げる子モーションに入る前に必ず的を狙うこと。→的を狙わず惰性で投げている子は流さずに注意してください。②受ける子中腰で構えリリースの瞬間に集中。悪送球の場合、一番捕りやすい場所へ瞬間移動して、絶対に後ろへ逸らさないこと。→足に根っ子が生えてしまう子は、横着するな!と注意しましょう。これがまずは基本!キャッチボー [続きを読む]
  • グランド開きと初詣
  • 先週は3号グランドのグランド開きでした。みんなで楽しくお雑煮を食べましたよ。お雑煮のあとはみんなで初詣。必勝祈願をしました。おみくじは『吉』でした。さあ、今年はどんな1年になるかな?神様に味方して貰えるように日々の練習を頑張っていこうね!今年も1年よろしくお願いいたします! [続きを読む]
  • 3連休のミーティング
  • 3連休(先週末)は練習後に3日間連続でミーティングをやりました。3月末の全日本江戸川大会までは、毎週ミーティングを入れていきます。帰宅が遅くなりますがご理解のほどよろしくお願いいたします。【主な内容】★1/6(土) 攻撃サインの確認ミーティングでも言いましたが、サインを覚えることは当たり前。監督がどんな場面でなぜそのサインを出すのか?それが分かれば、サインミスも減るし、野球が楽しくなりますよ!★1/7(日) 今 [続きを読む]
  • 3連球のテーマ(Aチーム)
  • 今週末からいよいよ新チームの活動がスタートします。最初が肝心ですので、惰性で練習するのではなく、テーマを明確にして意味のある活動にしたいと思います。スタッフも保護者も以下ご一読のうえ、子供たちのフォローをよろしくお願い致します。①今年の目標設定まずは子供たちと今年の目標について話し合います。支部大会は優勝、江戸川大会は最低ベスト16など結果目標もさることながら、それを達成するための行動目標も明確にし [続きを読む]
  • 2018年シーズンに向けて
  • 皆さま、明けましておめでとうございます。いよいよ2018年が始まりました。今年も1年宜しくお願い致します。さて昨年は長い時間をかけて種蒔きをしてきた成果が少しずつ芽として表れはじめた年だったと思います。低学年の子どもが増え、それに伴いお父さんスタッフも増えました。雰囲気も良く、今からとてもワクワクします。今年はしっかりと芽を育て、花を咲かせる1年にしたいと思います。新年を迎えるにあたり、今年の目標を掲 [続きを読む]
  • 投球動作研究会に登壇させて頂きました!
  • 12/23(祝)に第4回投球動作研究会が開催され、シンポジストとして登壇させて頂きました。この研究会の受講者は理学療法士などの医療従事者の方が多いため、私よりも知識が豊富な方々ばかり(^^)完全アウェイな感じではありますが、学童野球の現場の声を自分の言葉で伝えさせて頂きました。今回のテーマは、「リリース」ということで、小学生の投球フォームをスクリーンに映し出しながら、自論を解説させて頂きました。今回で3年連続 [続きを読む]
  • 声を回せ!〜 甘ったれはぶっ飛ばします 笑〜
  • 今日は最近とても気になっていること。それは、誰かが号令を掛けたり、何かを指示したときに、リアクションをしない子が多いことです。例えば、キャプテンが「整列!」と号令をかけているのに、誰も反応しないことがあります。例えば、副キャプテンが「かばん並べて!」と指示しているのに、ひとりもリアクションが無く、何となくやり始める子、何となくやらない子がいたりします。「聞こえてるなら返事くらいしろ!」と怒られて、 [続きを読む]
  • 夏の思い出〜サマーキャンプへ行ってきました〜
  • 先週末は毎年恒例のサマーキャンプでした。私も小学生のときに泊まりで合宿へ行き、忘れられない思い出になりましたので、このイベントは大会以上に気合いが入ります(笑)まずは出発式。団体行動の大切さについてお話しをしました。その後、千葉の幕張へ移動して、幕張昆陽クラブさんと練習試合をさせていただきました。毎年千葉の強豪チームさんと試合をさせていただき、大変勉強になっています。宿泊は生命の森リゾート。オリンピ [続きを読む]
  • 挟殺プレーを成功させるために(後編)
  • さて挟殺プレーの後編です。(前編を読んでない方は合わせてご一読を!)後編は、なぜ挟殺はミスが多いのか?どうすればミスは減るのか?について掘り下げて考察してみたいと思います。長文ですがお付き合いください。? 挟殺か始まったら最初にやることは?挟殺が始まったらまず最初にやるべきことは一体何でしょう?(よく子供たちにも質問します。)正解は、「ベースカバー」と「バックアップ」です。挟殺は突然始まるため、思わず [続きを読む]
  • 挟殺プレーを成功させるために(前編)
  • 今回は挟殺プレーをどのように教えたら良いかをまとめてみます。ちょうど我がチームでは、現在4年生が挟殺プレーを勉強中ですので、彼らを想定して書かせて頂きます。? まずは基本的なシステムを教えるベースカバーに誰が入り、送球したらどこへ行くのか?など、基本的な動き方(システム)をまずは覚える必要がありますね。これは基本中の基本なので詳細は割愛しますが、ミーティングや実戦練習を通じて繰り返し教えていきたい部 [続きを読む]
  • 挨拶の意味とは?
  • 先日、母校日大三高小倉監督の講演会を聞く機会がありました。その中で「挨拶」についてお話しがありました。「挨拶」という言葉は、「挨」 開く「拶」 迫るという語源があるらしく、「相手の心を開き、お互いの距離を縮める」「お互いが押し合う(与えあう)」そんな意味があるそうです。野球はチームスポーツですから、お互いの信頼関係がとても大切ですね。相手の心を開き、自分も心を開き、お互いが影響し合ったり助け合ったり… [続きを読む]
  • フライで「お見合い」や「衝突」をしないために!
  • 野手と野手の間にフライがあがった時、声をかけずにお見合いしてポテンヒットにしてしまったり、ふたりが捕りにいって衝突したり…よくある光景です。大きな怪我に繋がる可能性もあるプレーですので、低学年のうちからしっかりと練習をして、声を掛け合って捕球できるようしたいと思っています。では、どうすれば、うまく声を掛け合って捕球を出来るようになるのでしょうか。間のフライをスムーズに捕球するための基本について考え [続きを読む]
  • 野球の原風景〜次のステージへ繋げるために〜
  • 私が学童野球の指導者をやりたいと思った理由は…自分自身が中学、高校、大学、社会人とプレーを続けた中で、何度も挫けそうになり、野球を辞めたいと思うこともあったのですが、そんなときにいつも頭をよぎったことが、小学生の頃に日が暮れるまで(日が暮れても)、無我夢中で白球を追いかけた…あの頃の気持ちでした。やっぱりオレは野球が好き。やっぱりオレは野球の仲間が好き。子供の頃の原風景が鮮明に自分の中に残っていたか [続きを読む]
  • がんばれ、江戸川エンジェルス!
  • ひと昔前は「野球は男子のスポーツ」というイメージがありましたが、最近は男子顔負けの女の子がたくさんいますね。現在、学童女子の都大会が行われており、地元江戸川区の女子選抜チーム、『江戸川エンジェルス』が快進撃を続けています。実は我が二小クラブからも、6年生のリナがメンバーに選ばれて活躍中(^^)リナ曰く、エンジェルスで知り合ったお友達は本当に仲が良く、今は野球が楽しくて仕方ないみたいです。目をキラキラさ [続きを読む]
  • 美化運動 〜みんなで近所のゴミを拾おう〜
  • 我がチームでは、年数回ですが、美化運動(街の清掃活動)を行っています。上級生から下級生まで、全員でゴミ袋を持って、ホームグランド近隣の歩道や公園のゴミ拾いをします。とても良い伝統だなと思うので、これからもずっと続けていきたいと思ってます。ところで、そもそも何で街のゴミ拾いをするのでしょう?子供に聞かれたら、なんて説明しましょう?ちょっと考えてみます(^^)①自分たちの街は自分たちでキレイにするもの家や学 [続きを読む]
  • 第二リードって何のためにやるの?
  • 第二リードって何のためにやるのでしょう?第二リードの注意点って何だろう?ちょうど今は4年生の子たちに、こんな問いかけをして第二リードを教えている最中です。なんとなくやっていた第二リードも「目的」と「意識すべきポイント」を知れば、もっと意識高く取り組めるはず。では本題…。【目的】第二リードの目的は以下の2点です。① 1センチでも次の塁に近づくため!(1センチでも次の塁に近づけばセーフになる確率が高くな [続きを読む]
  • 練習の準備と片づけ〜自分から進んでやろう〜
  • 練習の『準備』や『片付け』って正直面倒臭いですよねー。だから、言われるまでやらない…言われたら渋々やる…言われても聞こえないフリをする…出来るだけ人任せにする…出来るだけ楽な仕事を選ぶ…・・・そしてコーチに怒られる(笑)怒られるから、またやる気が失せて…さらにチンタラする…・・・そしてまたコーチに怒られる(笑)・・・最後はお母さんにも怒られる(苦笑)これ、学童野球あるある?ザ悪循環、ザいたちごっこですね [続きを読む]
  • シートノックのお約束 〜全員でひとつのボールを守るために〜
  • うちのチームではシートノックのときに、ちょっとしたお約束があります。それは「全員でひとつのボールを守る」という約束事です。いくつかご紹介すると…①全員がひとつのボールから目を離さない!まずは「ひとつのボールから目を離さないこと…」これが基本だと考えています。例えばサードゴロの時に外野の子がよそ見をしていた場合、私は即座にノックを止めてその子を名指しで注意します。目に余る場合は呼びつけて説教します。 [続きを読む]
  • サヨナラ勝ちしました‼?〜はじめての練習試合〜
  • 先日は3年生以下のはじめての練習試合でした。結果はなんと、サヨナラ勝ち〜??????みんなご立派です??サヨナラ2点タイムリーのT君(2年生)。これからが楽しみな選手です。試合前は「試合になるのかなあ?」「アウト取れるかなあ?」とかなり心配しましたが、案外なんとかなるものですね??試合前に「小さな出来た」を大切にしようと言いましたが、もう数え切れないほどの「出来た」があった試合でしたよ‼?ランニング [続きを読む]
  • 小さな「出来た」を大切に!〜初めての練習試合〜
  • 明日、いよいよ待ちに待った3年生以下の初練習試合をやります??まだルールが分からない子やキャッチボールもままならない子も多いですが、野球は試合をするスポーツですから、まずは試合を経験して、楽しさや悔しさを感じて貰いたいと思っています。そして、うまく出来たら「もっと頑張りたい‼?」うまく出来なかったから「もっと練習したい‼?」そんな気持ちを引き出せたら大成功かなと思います。子供達には、「記念すべき初 [続きを読む]
  • 中継プレーについて考えてみました。
  • 今日は中継プレーについて考えてみます。例えば外野オーバーのランニングホームランのような当たりを打たれた場合に、中継をうまく繋げばタイミング的にはアウトだったかもしれないのに、中継が繋がらず結局ランニングホームランにしてしまったり…中継は繋がったのだけど、バックホームやバックサードが間一髪セーフになってしまったり…非常に悔やまれるプレーですよね。どうすれば中継プレーをうまく決めることが出来るのでしょ [続きを読む]
  • 審判さんの判定は絶対! 感謝とチームワーク
  • 今日は少し厳しいお話。審判さんの判定に腹を立て、いつも通りのプレーが出来なくなる選手がいます。高学年くらいになると「審判さんの判定は絶対」ということを頭では分かっているのですが、自分が当事者になると、判定への不満や怒り、ショックをコントロール出来ずに気持ちを乱してしまう子がいます。そしてそこからプレーが雑になり、更に傷口を深くしてしまう…なんてことはよくありますよね。ぶっちゃけ大人でもありますから [続きを読む]
  • 昨年のエース君について書きます!
  • 今日は昨年のエース君について少し書きたいと思います。(昨年はブログにログイン出来ず、何も書けなかったので今更ですが書かせて頂きます 涙)昨年は6年生が1名のみで、唯一の6年生であったT君が主将兼エースでした。お世辞にも運動神経がずば抜けて良い方ではなかったので、他のチームであればエースでは無かったかもしれない選手です。ただこのT君、僕は大好きな選手でした。球速は6年生にしては遅い方で、マックスでも80 [続きを読む]