きつつき父さん さん プロフィール

  •  
きつつき父さんさん: シングル父さん奮闘記
ハンドル名きつつき父さん さん
ブログタイトルシングル父さん奮闘記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kitutuki103/
サイト紹介文小中高と生きづらく、発達障害児支援を生業として30数年。シングル父さんの育児と発達障害支援奮闘記。
自由文学校や「街」での生きづらさから逃れるように山登りに明け暮れた「山屋」。しかし人が嫌いなわけではなく、心理学を学ぶうちに心身障害・発達障害児者支援を「街での日常」の生業に。40をすぎて息子と娘を授かり「山屋休業」したものの、いつしかシングルとなりました。育児と発達障害支援の両立に奮闘する日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/05/18 03:43

きつつき父さん さんのブログ記事

  • 「権力の検証や批評」が「非国民」として非難される社会の恐怖
  •  「統合幕僚幹部に勤務する現職幹部自衛官(三等陸佐=少佐)が、集団的自衛権行使に反対しイラク復興支援や南スーダンPKOの日報問題などで政府を追及している野党の国会議員に対して、議員会館前の路上で『お前は国民の敵だ』と暴言を吐き、統合幕僚長がこの野党議員に謝罪した」 との「衝撃的」なニュースが飛び込んできました。 このほかにも、取材中に財務事務次官から「セクハラ発言」被害を受けた女性記者に対して、 「被害 [続きを読む]
  • 入学・進学・進級の春に…
  •  春は、学齢期の子どもを抱える家庭の中で… 「入学・進学・進級にまつわる悲喜こもごも」の出来事が様々な形で繰り広げられます。 今年は例年の仕事上だけではなく、私生活でも息子と娘の進学があり、 「保護者の立ち位置から新入生を見守る」春になっています。 本来、4歳違いの息子と娘が同じ春に「進学」することは無いのですが、バスケ部のキャプテンとして燃え尽きてしまい、中3の2学期から自律神経失調で発熱と低血圧 [続きを読む]
  • 優生思想…多数派のための「公共の福祉」の怖さ
  •  宮城の60歳代女性による、 「優生保護法によって不妊手術を強制されたことに対する国家賠償請求訴訟」を受けて様々な報道が行われ、国会でも超党派の議員連盟が発足し、都道府県単位での実態調査も進められる中で、 「当時の厚生省が、優生保護法による不妊手術件数が予算額を下回っているので、都道府県において優生保護法(不妊手術)の趣旨・目的についての啓蒙活動を行い、予算通りの手術件数を達成するように…」という趣旨 [続きを読む]
  • 「支援」による「自殺」を防ぐために…
  •  先日、新聞のコラムで…   「他人に語らない部分にこそ、社会が注目すべきものが映し出される」という社会学者の箴言が紹介されていました。   私自身も含めて、子育て支援や教育・福祉にかかわる者には、 「自分自身の生き方や、それに根差した実践的な価値観を言葉にして伝える・語る」役割も求められています。 しかし、この社会学者は、東北の東日本大震災被災地を巡って当事者の話を聞く過程で… 「当事者の話を聞 [続きを読む]
  • 「支援」がきっかけになった「自殺」
  •  約1年半前に青森県内の町立中学1年生が自殺した事件に関連して、町の「いじめ問題再調査委員会」が… 「学校の対応の不備が原因となった可能性を否定できない」とする調査報告書を町長に提出しました。 この「対応の不備」の内容は、 「学校側が男子生徒の後ろの席の同級生に対して、『男子生徒が授業に集中していない時に、男子生徒の椅子を蹴って集中を促す支援をしてほしい』と依頼していた」というもので、報告書は… 「 [続きを読む]
  • 旧優生保護法下の強制不妊謝罪へ…欠けている当事者意識
  •  「劣った子孫の誕生を減らす」対策を講じて、 「社会全体の生産性を維持して社会保障のコストを下げる」ことにより、 「社会を守る」という『社会防衛』の思想は、 「口減らし・姥捨て」など歴史上の事実とも伝説とも受け止められている、 「勝ち組だけが負け組を排除して生き残る…弱肉強食を是とする社会観」の遺物ですが、私たち現代社会の文化・人智の日常と遠い世界の価値観だとも言い切れません。 例えば、小学校で行 [続きを読む]
  • 見たいものしか見えない? 情報操作? …大人社会の嘘・ホント
  •  大阪・森友学園への国有地売却交渉過程記録・公文書の「改ざん」と、裁量労働制の国会審議に際しての総理大臣・閣僚答弁内容の根拠となる調査結果等の「情報操作」疑惑は、 「調査報道や国会審議によりぎりぎり担保された民主主義」の存在確認をしてくれたと同時に、 「情報の源(行政)に位置して、どの情報を下流(国民)に流すかを塩梅・按配できる権力者の恣意」の恐ろしさも示唆しています。 行政記録の公文書を都合よく(特 [続きを読む]
  • 育ちの個人差と育ちのつまづき…子育て支援に求められる役割
  •  仕事柄、私たちが接するのは、ご家族や子育て支援機関の支援者によって… 「要支援の発達課題」が把握された子どもたちですが、この「要支援の発達課題」もその初期段階では… 「育ちの個性・個人差」として認識されており、特に男の子の場合には祖父母の世代から、 「男の子はそんなもの…」と評価されて、支援開始が一歩・二歩出遅れることも少なくありません。 一方で、この… 「様子見期間」のおかげで、 「晩生(おく [続きを読む]
  • 不良な子孫を減らす=根強く残る社会防衛の価値観
  •  旧優生保護法下で行われていた、 「本人同意を要しない強制的な不妊手術」による人権侵害に対して、国を相手取った「国家損害賠償請求訴訟」が起こされたことで… 「1996年(平成8年)の母体保護法制定」まで有効であった同法の、 「社会防衛思想」の問題点がクローズアップされています。 いくつかの県が、 「優生保護法による強制不妊手術の実例」について「自戒」を込めて公表し始めていおり、およそ16000人(同法成立の194 [続きを読む]
  • オリンピックと子育て
  •  韓国・平昌(ビョンチャン)で開催されている冬季オリンピックは、 「核・ミサイル開発への(圧力)制裁」に抗しようとする北朝鮮による「南北合同チーム」の… 「政治利用」に対して欧米諸国から非難の声が上がっていますが、ナチス・ドイツにより政治利用された1936年のベルリンオリンピックを筆頭に、政治利用の意図を持たない… 「純粋にスポーツの祭典として開かれたオリンピック」の方が少ないのかもしれません。 実際にオ [続きを読む]
  • 「障害受容」と「子育ち・子育て」
  •  心身障害の呼称・表記については「障害」ではなく「障碍」や「障がい」とする場合もありますが、個人が抱える状態像を指すのではなく、「個人の個性・特性」と「社会」の関係性を踏まえた「適応を阻害する要因は社会の側にある」という視点から、私自身は「障害」という表記を用いています。 この心身障害との関連で… 「育ちと暮らしの歩みに支援や配慮を要する」状態にある場合、その「障害」を補うための「支援・配慮」を要 [続きを読む]
  • 国難=少子化と北朝鮮の脅威…今こそ公正な事実の報道を
  •  昨年の衆議院解散・総選挙の「大義・争点」として安倍総理が強調していた「国難」… 「少子化対策と北朝鮮の核・ミサイル開発」を天秤にかけてみたら、 「国民の生命財産を北朝鮮の核・ミサイルから守る(中国の脅威から領土を守る)」ことがとても大きな優先事項だったので、 「責任ある選択(政策)」として、政府与党は… 「一機100億円を超える戦闘機や輸送ヘリ(オスプレイ)、一セット1000億円を超すミサイル防衛システム(イ [続きを読む]
  • 強制不妊手術と人権=人の尊厳
  •  精神疾患や心身障害、一部の伝染性の疾患等について科学的な理解が進んでいなかった時代には、洋の東西を問わずに… 「無理解に基づく偏見と差別」が社会全体に蔓延し、法制度に隔離(山奥や離島)政策が位置付けられ、国家権力による「棄民」が正当化された時代がありました。 それらの法制度は、1970〜1980年代までに多くの先進国では、 「無知故の過ちへの反省」とともに廃止されましたが、私たちの国では「旧らい予防法」が [続きを読む]
  • 幼児期の「生きにくさ」と「育てにくさ」…考
  •  地域の「子育て支援事業」に人材派遣・遊具貸出しで協力させていただく中で、 「心身障害の有無にかかわらず、個性と個人差を抱えて人知れず生きにくさに直面ている子どもたちと、我が子の育ちの凸凹と中々折り合いがつけられずに育てにくさ感を抱えるお母さん」の葛藤を目の当たりにしています。 私たちの職場は、主に… 「心身に何らかの障害を抱えている」子どもたち青年たちや、 「育ちの経過に平均からの偏りが大きいた [続きを読む]
  • 放課後等デイサービスの功罪
  •  心身の機能障害を抱える子どもたちやご家族にとって、2012年(平成24年)度に「障害児通所支援」として児童福祉法に位置づけられた… 「放課後等デイサービス」は、高齢者の… 「デイサービス」同様に、ご本人とご家族にとって、 「心身機能の維持・改善(育ち)と日々の生活の支え…」となる、とても大切な、 「社会保障の基盤としてのセーフティネット」として広がりを見せて、定着しています。 その「広がりと定着」は、 「 [続きを読む]
  • 早期療育・育ちのつまずき改善支援の効果
  •  一人一人の子どもたちや青年たちの育ちや発達の課題に、当事者としてかかわり続ける中で… 「発達障害特性やいくつかの成育環境面の課題を抱えた子どもたちの育ちのつまずきと早期療育」について、日々の支援手法の原点に立ち返って深く考えさせられることがあります。 先日も、療育相談の機会を「クリスマスプレゼントをもらったような気持ち」と表現されたご家族とお子さんとのかかわりの中で、 「先入観を持っていると見え [続きを読む]
  • 沖縄の米軍ヘリ不時着より成人式晴れ着事件…?
  •  今日夜の全国ネット各局ニュースを見ていて、とても大きな違和感を覚えました。 沖縄・うるま市で住宅地近くの浜辺に米軍ヘリが1/6の夕方に不時着し、その機体が午前中に大型ヘリで米軍基地内へと撤収されていく映像が流れていた矢先に… 「米軍の攻撃型ヘリが読谷村の海岸近くの空き地に不時着」というニュースが飛び込んできました。 日米安保の危険な側面を一手に引き受けされている沖縄で米軍ヘリの墜落や不時着・部品落 [続きを読む]
  • 川崎病発症から10年…娘の予後と『学年便り』
  •  小6の娘が持ち帰ってくる、 『学年便り』は3学期の初日で99号を数え、連休明けにも100号に到達しそうです。 年度当初にも書きましたが、その内容は学年主任の… 「入れ込み」が伝わり、 「何事もてっぺんを目指して!」という主張が通底しており、毎回のように付記される「学年主任のひとりごと」には、「自虐的」という学年主任自身の自己評価とは裏腹に、 「失敗を乗り越えた先生自身の成功譚」がつづられ、通読していると [続きを読む]
  • 発達障害・被虐待・不登校支援のエビデンス
  •  今年も余すところ1日となりましたが、一作日の仕事納め直後から発熱してしまい、休日夜間診療所で長蛇の列をなすマスク姿の老若男女にまじり… 「娘のインフルエンザ(先週発症)に感染していなくても、ここで感染してしまうのでは?」という危機感にさいなまれつつ、とりあえずは「インフル陰性」の結果と熱低下に安堵しつつ帰宅しました。   一昨年の師走には肺炎で約3週間入院するなど、近年の初冬は寒さになれていない体が [続きを読む]
  • 療育相談…クリスマスプレゼント
  •  先日、ある保育園の巡回訪問で集団活動に乗れずに、他害行為を含む不適応行動で… 「生きにくさからのSOS」を発信しているお子さんに出会い、園の先生方と相談してその日のお迎えの際に、 「希望があれば、個別の療育相談に応じます…」というメッセージを投げかけました。 就学までに時間的に猶予がある3〜4歳までのお子さんの場合、保育園の集団活動では不適応行動が示されていても、家庭内では「課題」が把握されていない [続きを読む]
  • 子どもに罪はない…命を支える価値観
  •  宮城県に住む60歳代の女性が… 「旧優生保護法の下で知的障害を理由に(10代で)不妊手術を強制された…」として、国家賠償と謝罪を求めて年明け早々にも国を提訴する予定であることが報じられていました。 また同時に、この女性を含む「優生思想(優生保護法)の被害者と支援団体」が厚生労働省に対して 「旧優生保護法下で強制的(本人の同意なし)に行われた優性(不妊・断種)手術の実態把握」を要請したとのことでした。 このニ [続きを読む]
  • 横綱・日馬富士事件…いじめと暴力指導の構図
  •  「暴力を伴うかわいがりによつて力士の『指導死』も出してきた」 大相撲界での事件を通して、 「弟子・後輩・生徒を思っての指導の延長であれば暴力は許される」という時代錯誤の理屈が、私達の社会に「本音」として根強く残っていることが示唆されていましたが、 「親方を伴っての横綱・日馬富士の引退会見」とそれに対する世の中の反応で、この「本音」と「いじめ(各種ハラスメントを含む)・暴力排除の建前」の存在が強烈に [続きを読む]
  • 教室の机・椅子全面に紙片…仲間のじゃれつき?
  •  神戸の私立高校の女子生徒が今年の2月にいじめを苦に自殺未遂を起こした事件について、いじめ防止対策推進法の基づいて設置された第三者委員会から、 「日常的にいじめがあった」との報告が行われましたが、その報道の中で… 「形状さえ分からないくらいに、全面に無数の紙片が貼られた女子生徒の机と椅子」の写真が示されていました。 その写真=机と椅子の様子には息をのみ、心が凍りましたが、ほぼ同時に… 「もしあの机と [続きを読む]
  • 育ちの個人差・個性…再考
  •  ここ数週間、国内外の政治に関する報道に接する中で、権力を持つ人たちが繰り返す「建設的」で「現実的」な判断と、「謙虚」で「丁寧」なはずの議論に潜む「本音と建て前」の使い分けの先にある… 「利己=自己愛」と、とても狭い視野・価値観の存在に気付かされ、愕然とし落胆させられています。 このような「大人の社会」の現実は、北朝鮮やアフリカのジンバブエなど、 「独裁者による人治国家」のみならず、 「法治が徹底 [続きを読む]
  • 防衛装備の無駄と学校の環境整備…優先順位は?
  •  厚遇を受けて、安倍総理とともに日米の「蜜月」を謳いあげ韓国へと出国したトランプ大大統領は、昨日の両首脳そろっての記者会見で… 「重要なのは日本がアメリカから膨大な兵器を追加で購入することだ。そうすれば日本にはミサイル攻撃から守られて安全が保たれ、アメリカには雇用が生まれる」と語り「アメリカ軍需産業のセールスマン」としての面目躍如でした。 隣の安倍総理は、単価が日本円にして100億円〜1000億単位の最 [続きを読む]