仲山今日子 さん プロフィール

  •  
仲山今日子さん: シンガポール発☆仲山今日子のブログ
ハンドル名仲山今日子 さん
ブログタイトルシンガポール発☆仲山今日子のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyokotv/
サイト紹介文All About シンガポールガイド/フリーアナウンサーです。生活・グルメ情報を現地から発信中♬
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/05/18 12:18

仲山今日子 さんのブログ記事

  • 地元食材を使ったバリ島「Grow」
  • 近年感じるのは、フィリピンやインドネシアなど、これまであまり光が当たっていなかった東南アジアの各国で、地元の食材を使った、未来への可能性を秘めたレストランが次第に生まれて来ているということ。 2017年のAsia's 50 Best Restaurants で27位、The World's 50 Best Bars で31位と、レストランとしてもバーとしても世界の注目を集めている、Tippling ClubのRyan Clift シェフも、インドネシアのポテンシャルに注目し、去 [続きを読む]
  • Le Normandie
  • マンダリンオリエンタルバンコクのメインダイニング、ル・ノルマンディ。クラッシックなフレンチから一転、最近ではモダンなフレンチを出しているということで、お邪魔してきました! キッチンに立つのは、Arnaud Dunand Sauthierシェフ。5年前にバンコクにやってきましたが、今のスタイルになったのは2年前からとのこと。ふるさとアルプスの山あいの地方の素材と、ピュアでクリーンな味を織り込んだ料理を作っています。 (マン [続きを読む]
  • 四川飯店 x Royal Blue Tea ペアリングランチへ
  • 高級ボトルドティー、Royal Blue Tea の吉本社長にお誘いいただき、陳建太郎シェフ率いる、ミシュラン二ツ星の中華、四川飯店シンガポールでのペアリングランチにお邪魔して来ました! 四川飯店シンガポールの菅谷シェフやMandarin Orchard Hotel の高山シェフともご一緒させていただきました。 今回は、どの料理に何が合うのか、まずは全種類のお茶を注いで。こういったティーペアリングのことを、ロイヤルブルーティーでは [続きを読む]
  • 可愛すぎて食べられないデザート
  • バンコク滞在の間、世界中を食べ歩いている友人のLittiから、「弟がデザートバーをオープンしたから食べに来て!」とお誘いが。Littiはロールケーキの店、Kyorollなど、元々広くカフェや飲食店を手がけているのですが、日本が大好きで日本語ペラペラの弟さんが、デザートが大好きでついには自分のお店をオープン。なんといってもポイントはこの女子心をくすぐるプレゼンテーション。「カワイイ」が大好きなタイの人たちの心を鷲掴 [続きを読む]
  • Henriot のテイスティングへ
  • MAISONS ET DOMAINES HENRIOTのワインテイスティングにお邪魔して来ました! 会場はSt.Regisホテル。Henriot, William Fevre, Bouchard Pere & Fils, Villa Ponciagoと、関連の各ブランドのワインが楽しめるようになっています。 Henriotは1808年創設、ハンガリー王室御用達の家族経営のシャンパンメーカー。ピノ・ムニエを使わず、シャルドネとピノ・ノワールのみによるシャンパン造りが特徴です。 まずは、上質なシャ [続きを読む]
  • ワイン好きの方に、Robert Parkerの携帯アプリ
  • ワインの格付けで知られる、Robert Parker。パーカーポイント○点、と言うのをワイン選びの際の参考にされている方も多いでしょう。 そのRobert Parkerが、携帯アプリをスタートさせました。 会員になり、年間99ドルの会費を払うと、ワインについての情報を知ることが出来る他、なんと、シンガポール国内のミシュラン星付きを含むの50以上のレストランで、抜栓料無料で、ご自身のワインを持ち込むことが出来ることになりました。 [続きを読む]
  • レザミ
  • ミシュランで唯一クラッシックフレンチにカテゴライズされている店、二ツ星のLes Amis。 ミシュランが考えるクラッシックとはどういう意味なのか、そんな思いを胸にお邪魔して来ました。ワインペアリングをお願いして、まずはシャンパンから。 小規模な生産者、Bruno Paillard のシャンパン。 通常のシャンパンは15gほどドサージュするところですが、6gしかドサージュしていない、辛口シャンパン。ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ [続きを読む]