呼吸と量子力学 心理学ママ さん プロフィール

  •  
呼吸と量子力学 心理学ママさん: ママの心理学  呼吸と量子力学で風景が変わる  岐阜
ハンドル名呼吸と量子力学 心理学ママ さん
ブログタイトルママの心理学 呼吸と量子力学で風景が変わる 岐阜
ブログURLhttps://ameblo.jp/tree05/
サイト紹介文病気時、治療に多くを費やした経験を経て母に。誰でも自分でできる調心身法を追求。元フリースクール主催。
自由文学生時代、原因不明の病をきっかけに、心と身体の学びを始める。フリースクール等子供に関わる仕事を経て母親に。色々な治療や療法に通った経験から、心理学、量子力学、呼吸法、レイキ、呼吸瞑想を融合し、何かに通い続わなくても楽になっていく調心身法を追求。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2013/05/22 10:26

呼吸と量子力学 心理学ママ さんのブログ記事

  • 外が嵐でも関係無い
  • 何とも言えないあったかさ呼吸×瞑想時間を毎日大事にしていると外が嵐でも/晴れでも外がキラキラでも/ぐだぐだでも全てが一過性であって一面であって一状態であるように映るようになってくると感じています。そこは重要ではない幸福と「=」ではない今ここの私は波であり粒。どんな波から一瞬一瞬の「粒(形)」になっているのだろう。変容していく波。移り変わっていく波。変容し続ける粒。移り変わり続ける粒。そして全体の [続きを読む]
  • 何が先なのか
  • 人は瞬間瞬間何かに注目しています。それは「望むことに」なのか「望まないことに」なのか。現実を決めるのはただその違いなのだということに気付いてきました。私たちは、あなたが望んでいる状態について語っているのだ。自分が望まないことを語っているのではなく、自分が望んでいることを語っているということです。望まないことについて、それを分析したり、比較したり、原因を追及したりすればするほど、本来の在り方である幸 [続きを読む]
  • 豊かな人生である質問
  • 豊かな人生を望むのか豊かに見える人生を望むのか豊かと誰かから認められる人生を望むのか。豊かな人生であるために必要な質問は「私、今、どんな状態?」と問い掛けること。「過去は?」「これからは?」でなく。「相手は?」「周りは?」「外は晴れ?嵐?」でなく。「正解?」「得?」でなく。「今」の「ここ」の「自分」の状態に○も×も無くそして実はどんな時も「出来事」との関連性もなくただ「どんな状態だろう」と好奇心と [続きを読む]
  • 「受け身」と「委ねる」の違い
  • もやもやすること良くないと感じることを敵と位置づけると「起きる干渉」「想定の外の 過去や未来の移り替わり」とどんどん離れ逆に「私の不安」「私の想定内」はもれなく叶うのだとそしてその仕組みはまるで量子のゼノン効果のようだと思うようになりました。「私」が叶う「私」に移り変わるそう捉えると逆説的ですが人生は誰でもいつからでも今ここから自分から大丈夫な仕組みに出来ていると言え私はその仕組みに委ねることを試 [続きを読む]
  • 徹底的にプラグマティックになってみる
  • もしも量子力学を理解できたと思ったならば...それは量子力学を理解できていない証拠だ。科学はすべて近似にすぎない。(ノーベル物理学賞 ファインマン)不確定不確実曖昧そして未解決を許可して生きる力。瞑想(マインドフルネス)呼吸法氣など心身を観察することはそういったネガティブケイパビリティ(消極的受容力)がつくと言われています。不確定想定外こそが常もやもやや一点の染みを取り除こうとするエネルギーを未知数の量子の [続きを読む]
  • 【量子力学的】”リトルミィの姉の生き方”
  • 空想して、ねこがいるわ、と思えばいいのよ。そしたらもう、あんたにも、ほんとにねこがいるのよ。(リトルミィの姉 ミムラ姉さん)ミィのお姉さん量子力学を学ぶと「ある」と「ない」は同じ性質で同じ可能性であることが分かります。「ある」ということにすると「ある」と映り「いる」ということにすると「いる」で展開し「ない」ということにすると「ない」と映り「いない」ということにすると「いない」で展開する2年前の記事 [続きを読む]
  • 「大丈夫」が肌感覚になっていくアプローチ
  • 毎日心地良くて「続けている」というより「続いている」私の朝の呼吸時間。自分で目が覚めた10分。どんな時もありますが例えば家族に「起きて」と起こされる時は「今、呼吸時間だから待ってて」と言って10分。体に手を当てて「今」の呼吸「今」の体を今在るまま操作しようとせず○×をつけず楽な時は楽なままざわっとする時はざわっとするままじわーっとしたりほわっとしたりきゅーっとしたり明るさがあったり暗さがあったり暖かさ [続きを読む]
  • 安心の粒(電子)の色
  • 昨日はとっても嬉しい気分になることが重なって。こういう時私は「私の中の小さな安心の粒(電子)」と「常に/既に 現実全ての媒体のように 在り続けている 安心の量子」とが干渉を起こしている図が浮かぶようになりました。私の安心の量子の色のイメージ「私の中の小さな安心の粒」が振動するのは「あぁ良かった」「あぁ嬉しい」の瞬間であったり「美味しい」「綺麗だなぁ」の瞬間であったり。「まぁいいか」「任せよ」「あき [続きを読む]
  • 引き寄せの法則は平等
  • 今日一日望むことと望まないこととどちらを考える時間が多かったか。「〜が嫌だな」「〜が不安だな」「こうならないように」「もっと〜だといいのに」「社会が悪い」「物騒な出来事が多い」「思い通りにはいかない」「どうやったら思い通りになるだろう」…そんなことを信じながらそんなことを言いながら望むことを言ったり思ったり行動に起こしたり努力したりしていなかったか。明日を創るのは今日1日「何をしたか/しなかった」 [続きを読む]
  • 現実は「する」でなく「なってしまう」性質
  • Amazonの画像よりリチャード・ファインマン(物理学者)現実とは「する」ものでなく「なる」ものでなく「なってしまう」もの。勝手に。オートマチックに。予想外に。想定外に。そして探すものでなく付け足すものでなく既に今ここに全て在るもの。その物理的な理論仮説学びの咀嚼実験の日々が講座会そして私の日常です。最前列中央席をプレゼントされた想定外も日常今日はある会社の応接室にて量子力学講座でした。小さなお子さんも一 [続きを読む]
  • 「サラとソロモン」 言葉と振動
  • 例えば言葉。大切なのは「形」でなく「手法」でなく「良い言葉」でなく「正解の言葉」でなく「望ましい言葉」でなく「理想の言葉」でなく「ポジティブな言葉」でもなく体感気持ち気分…小さな振動今ここの自分の状態の大切さ。君が今使っている言葉は、君をいい気持ちにさせていると思う?それとも悪い気持ちにさせていると思う?by「サラとソロモン」一見抵抗感があっても何かわくわくするとか違和感があっても何か大切な気がする [続きを読む]
  • 日替わりで大丈夫
  • 人は「手動」で現実と自分の体感とを切り離すことができる。人は「自動装置」により体感が湧くのだけれど「手動」により「この出来事=不安体感」の時も「この出来事=違う体感」に移り変わる。そしてやさしいことにその方法・切り口はたくさんあって。例えば呼吸法マインドフルネスイメージングヒーリングセラピー夢中になること自然…私自身色々出逢い「自分にとっての良さ」を組み合わせていくことの恩恵を実体感しています。く [続きを読む]
  • 自分比を区切りとして生きる
  • 今を区切りとして生きる自分比を区切りとして生きる「手動」でできることは常に「自分比」で「今ここ」が少しほっとする少し心地良い試みをすること。それは現実がどうであるとか現実がどう映るとかと関係なく行える試みであって。過去がどうとか未来がどうとか昨日がどうとか明日がどうとかと関係なく行える試みであって。今の自身を今の誰かを良く思えようが良く思えまいが関係なく行える試みであって。その「関係なく行える」の [続きを読む]
  • 人生のサイコロ
  • 荒波があることを想定内にすると波に乗ることができる。個性探しを止めると備わりが表に出てくる。そして不幸と感じる状況を許可すると幸福に居ることができることに気付いてきました。どういうことかと言うと何かの一面を求め望み想定内とすることは逆に言うとその反対側の面を恐れ想定外とし生きることでもあってサイコロはそもそも6面が在る「どの面も出ていい」と許すことで「どの面が出てもいい」と許されていることを知るこ [続きを読む]
  • 「似たり寄ったり」と「コア」の共存
  • 昨日こんな記事を書きながら今日は音楽の学びに出掛けた先で「惹かれるもの」についてしみじみと感じることがありました。私は「音楽」の中でも「ピアノ」に「音楽」の中でも「自分が惹かれる曲」に「音楽」の中でも「自分が惹かれる音色」に惹かれてやまない。惹かれるものって狭い領域だなぁと。ふと思い浮かんだこと。私は昔からリセットしたい気分の時足が向く場所はclassicの演奏が流れる場所であること。例えば「空間に惹か [続きを読む]
  • 「違い」を取り沙汰するのを止めてみる
  • 私自身例えば「価値観が違う」「感覚が違う」「感性が違う」など「違う/違い」に目が向いていたものが「同じ」「似たり寄ったり」と映るようになってきた不思議。以前より。自分比ですが。「同じ」とは例えば「生きている」「生かされている」「生き抜いてきた」「最善が働いてきた」「想いがある」「願いがある」「幸せを望んでいる」…「似たり寄ったり」という許可。「同じがあっていい」という許可。「違いがあっていい」とい [続きを読む]
  • 追記 克服しようがしまいが変わらない
  • 何かを「克服した」「乗り越えた」の真実はある瞬間、克服した「ということにした」乗り越えた「ということにした」だけのこと。本当は克服しようが/しまいが乗り越えようが/乗り越えまいが何も減りも増えもせず本質はそのまま在り続ける。昨夜書いている途中でアップしていました。感じていることは「克服する/克服した」ということに焦点を当てなくてもいいといいと思うようになったこと。どちらも全体のほんの一部で可能性の1つ [続きを読む]
  • もし心配した通りのことが起きたら
  • 何らかの形で不快な状況に直面した時、とっさに強く感情的に反応することは正常なことだ。君にとっての共鳴引力の焦点となる君の波動を決めるのは、君の最初の反応ではないんだ。最初の反応の後で、それに対して君が何をするかということが、後々まで影響を残すことになるんだ。「サラとソロモン」もし心配したことが的中したらもし心配した通りになったら…そう思ってざわざわする時は心配した通りになったら私=不幸あの人=不幸こ [続きを読む]
  • 見つめる鍋(量子)は煮え立たない
  • 現実は何から創られているか。イギリス数学者 アランチューリング博士の実験。放射性「原子」を頻繁に観測すると何故か放射線を出さなくなりその結果として放射性崩壊の時期が伸びたことが確かめられたそうです。「見つめる鍋は煮え立たない」見続けると変化が遅くなる?ワシントン大学セントルイスの研究チーム。100万分の1単位で観測できるハイテク機器で人口原子を測定。すると同じように変化が停滞する結果に加え全く逆の変 [続きを読む]
  • ”面白い逆説(byカール・ロジャーズ)”
  • ぽつぽつと届く会や講座を受けて下さった方からのご連絡。数ヶ月経って。1年以上経って。私も同じように「実験者」なのでこうした祈り合う存在に感謝します。ブログは実験生活の中の気付き仮説体験の足跡です。「ざわざわ」していると「ざわざわ」することを引き寄せる…のではなく大切なのは面白い逆説。ざわざわが問題なのではない。全文です「手動」の恩恵を知り「自動」の最善を知り「たくさんの学び」「手当たり次第の学び」 [続きを読む]
  • 「世界は本当はこんなに楽な所なんでしょうね」
  • 楽な体感。楽な感覚。緩む体感。緩む感覚。体感や感覚は思考でなく言葉で表現できるとは限らずじわっともわっと何とも言えず滲み出てくるもの。湧くもの。holistic×reikiの講座。いくつかのつぶやきを想い出しニュアンス的になりますがご紹介します。「私は 何でも 私『が』何とかしようと していたなぁと。 勝手にやりとりが起きているという 捉え方が 目から鱗です」「はぁ… 凄く楽。 私は凄く力が入って ずっと が [続きを読む]
  • ゼノン効果が働き続けている
  • 9〜11月個人/少人数共に講座や会のリクエストが折り重なり有り難い気持ちです。blog末にてご案内を載せています。タイミングが合う方がありましたらご一緒して頂けると嬉しいです。個別or極少人数の時間豊かな毎日であるために望む毎日であるために「手動でできること」は望まないことを考える時間を他の時間に換えること。「こうなったら嫌だな」「これが心配」「あの人が変わって欲しい」「この子がもっとこうなったら」…そんな [続きを読む]
  • 自分の創りたい現実とは関係ない byバシャール
  • 量子力学的に現実を捉えると「どうなるか分からない」「全貌は分からない」そんなつぶやきが望む奇跡を時に簡単に時に劇的に時に楽に起こす。反対に「こうなるに違いない」「こうに違いない」という決定固定は時にその通りに時に言う通りに望む奇跡や展開を止めると感じるようになりました。心配や疑いは、もう古い観念で、自分のまわりに創りたい現実とは、 まったく関係ありません。自分の現実の中に欲しくないものは、わざわざ [続きを読む]
  • ”そもそも音がずれない楽器は無い”
  • 実家に置いてあるピアノ。調律が酷くふと過去記事が浮かんだら不思議とちょうど一年前の記事でした。鳴らす限り必ず音は、ずれる。存在する限り周りの温度や湿度で必ず音は、ずれる。音がずれない楽器はない。そして調律が必要で調律を受け容れることでまた共鳴が甦る。ゴールは健康体ではない。ゴールは自分の心と体と「全体」と協力して助け合って対話して生きていくこと。全文です今、改めて思うのは音がずれないことを目指すの [続きを読む]
  • こうなって欲しくないことがある時 byバシャール
  • 中秋の名月。お団子を作り近所の家でお月見をしました。こうなって欲しくないこうなると心配こうなったら絶体絶命そう思う時はこうなる=不幸だと決めている時。本当はこうなる=大丈夫こうなる=その先に出逢いがあるこうなる=何かが助かるこうなる=命が守られるこうなる=転機こうなる=幸運かもしれないのだけれど。ただ学んで分かってきたのはこうなる=不幸と感じる時は思考の前に既に量子/場/脳が「怖い」「緊急事態」「命の危険」 [続きを読む]