心呼吸room 心理学ママ さん プロフィール

  •  
心呼吸room 心理学ママさん: ママの心理学  呼吸と量子力学で風景が変わる  岐阜
ハンドル名心呼吸room 心理学ママ さん
ブログタイトルママの心理学 呼吸と量子力学で風景が変わる 岐阜
ブログURLhttps://ameblo.jp/tree05/
サイト紹介文病気時、治療に多くを費やした経験を経て母に。誰でも自分でできる調心身法を追求。元フリースクール主催。
自由文学生時代、原因不明の病をきっかけに、心と身体の学びを始める。フリースクール等子供に関わる仕事を経て母親に。色々な治療や療法に通った経験から、心理学、量子力学、呼吸法、レイキ、呼吸瞑想を融合し、何かに通い続わなくても楽になっていく調心身法を追求。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/05/22 10:26

心呼吸room 心理学ママ さんのブログ記事

  • ベクトルが移り変わる過程
  • 誰かに自分の価値価値観生き方正しさ状態の良さ状態の悪さ幸福感不幸感を立証しても/しなくてもいい。又誰かの価値価値観生き方正しさ状態の良さ状態の悪さ幸福感不幸感を何とかしようとしても/しなくてもいい。何故ならからくりは両者共が自分自身であり観客さえも自分が創り出しているからです。瞬間瞬間創り出されている。自分の何かが変わると映る現実もくるっと変わるくらい相互に変化し続けている。「問題」とは自分が何かを [続きを読む]
  • 「量子もつれ」と解釈する実験
  • http://www.shinchosha.co.jp/book/350211/より今朝も数分の呼吸時間。呼吸(自動操縦)から呼吸法(手動)に換える実践。わずかな時間だけれど小さく体感が緩んだことを感じました。私の日常に溶け込んできた体に手を当てて呼吸を見守る時間。心地よさもあり毎日数分が続いています。今朝のこと。全くの想定外の話が家族から舞い降りました。遡ること数ヶ月前。今年こそは行きたいと思った音楽祭がありだけど指揮者である小澤征爾 [続きを読む]
  • 「求める」から「そもそも欠けていない」へ
  • 学びの機会を得て感じていることは何かを求める時例えば価値意味理由承認うまくいくこと愛情健康幸福感充足感etc…そもそも自分も他者も出来事も状況も何も欠けていないことを想い出すと捉える体感や映る風景が変わることです。ではその時どこから/何からそのことを想い出すのかと言うと命の起源から。太古の脳は知っている。そもそも欠けてないことを。「何一つ欠けていない」「減りも増えもしていない」本質が底に眠っている。大 [続きを読む]
  • 過剰も不足も無い毎日
  • 今日は学びの1日ホリスティック的な見方が腑に落ちてきたからか量子力学的な見方を採用するようになってきたからか毎日は過剰も不足も無く在ると映るようになってきました。出来事も出逢いも経験も学びも気付きも心も体も。今の自分にとって。命全体の中の1日にとって。宇宙全体の中の部分にとって。絶妙なバランスの中で瞬間瞬間の立ち位置が決まっている。だからどんな1日を過ごしたとしても例えば行きたかったものに行ったと [続きを読む]
  • 本当の豊かさとは
  • 毎日が豊かに「なる」方法は無数にあってその1つがこの言葉に現れていると思うのです。「その時々で決めたらどうですか。 自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、 後ろめたく思う必要はありませんよ。 サボテンは水の中に生える必要はないし、 蓮の花は空中では咲かない。 シロクマがハワイより北極で生きるほうを 選んだからといって、 誰がシロクマを責めますか。」(「西の魔女が死んだ」より)以前「西の魔女 [続きを読む]
  • 朝、1日を終えた時の「場」と繋がる
  • 大きな地震でした。災害のお見舞い申し上げます。昨年度大阪から受講して下さった方のお顔が浮かびました。一度出逢うと距離を越えて人生を共有していることを感じます。「今が変われば未来が変わる」とよく耳にしてきたけれど「今」「未来」「過去」はセットで同時・同場に在ることが空想でなく心理学でなく脳科学でなく物理学的に立証する試みが続いている量子力学の世界。時間に関する実験や検証を知ると「今」「過去」そして「 [続きを読む]
  • どちら側に支柱が在るのか
  • 春に父が亡くなりそれぞれの過ごし方をする中で子どもから教わっていることはそのままで居ることの状態がいかに周囲に安心の波を贈るかということ。「生む」「生み出す」でなく「生まれる」言葉や行動は身に沁みることを感じています。どこからそんな発想や言葉が生まれるのだろうとはっとする。きっと誰かの力になりたい時大切なのは逆説的ですが相手を助けたいとか励ましたいとかこうしたらこうなるだう/ならないだろうと期待し [続きを読む]
  • 「奇跡」は物理学的な化学反応
  • 川で過ごしました。川の空気って本当に好きです。量子のもつれによりくるっと現実が変わっていることに人は気付くことができない。「今の観測」で「過去」が書き換わっていることに人は気付くことができない。既に変わっているのだけれど。既に変わっていたのだけれど。今も。昨日も。あの時も。「奇跡が起こりますように」と祈る時があったけれど量子のふるまいを日常に置き換えるようになってから本当は奇跡が起きた結果が今この [続きを読む]
  • 何もしたくない日にするといいこと
  • 引用「ぼのぼの」いがらしみきお?何もしたくない日にすることは「しないこと」をする。休むを「する」。それをしないことを「する」。やめるを「する」。やらないを「する」。行かないを「する」。期待に応えないを「する」。言われる通りにしないことを「する」。役に立たないを「する」。仕事をこなさないを「する」。予定をやめるを「する」。「自分にとっての普通」をしないことを「する」。「誰かにとっての普通」をしないこ [続きを読む]
  • 「そういうことだったんだ」という安心
  • 家族のやさしさに感謝した1日。人は絶えず目の前の出来事に対して憶測的な自己解釈を加え続けているそうです。それはどういう状態かと言うと見る=見る+頭のおしゃべり聞く=聞く+頭のおしゃべり嗅ぐ=嗅ぐ+頭のおしゃべり触れる=触れる+頭のおしゃべり味わう=味わう+頭のおしゃべりという状態。そして呼吸法や瞑想を試みるとこれらは実際は見る<頭のおしゃべり聞く<頭のおしゃべり嗅ぐ<頭のおしゃべり触れる<頭のおし [続きを読む]
  • 梅雨の雨間と今日の座標
  • 梅雨の雨間。今日はきっと心に残り続ける青空でした。ミクロの目とマクロの目。ズームインとズームアウト。風景が変わらなくても視界が変わることってあります。どうしてか/どうするといいのか分からない時は「分からないなぁ」「今は分からないなぁ」とそのままつぶやいて分かろうとすること決めておこうとすることを手放してみる。今は分からないのだから。今の視界には無いのだから。生きていれば時が時間が場所が焦点が出逢い [続きを読む]
  • 「分からない」にこそ救われる
  • 検証しきれない特定しきれない量子の世界。不確定原理そのミクロの世界をマクロの世界に当てはめると何事も「分からない」「分かり得ない」というのが真実だという捉え方に移り変わってきました。時間も存在も状態も原因も結果も因果関係も展開も出逢いも関連性も人智では特定できない。だから「今この瞬間」にただ生きる。「分からない」「無常」に安堵する捉え方の提案。ゼロになるからだ充たされてゆけ(覚和歌子さん)明日は無 [続きを読む]
  • 控えなくていい世界に移っても大丈夫
  • 世界は「在る」で満たされているから減らない抱き癖がつくからという理由で抱くのを控えなくていい。甘えん坊になるという理由で甘えさせるのを控えなくていい。人生は自力が大事だという理由で優しくするのを/優しくされるのを控えなくていい。何かに備えなければという理由で今を控えなくていい。自分の幸せの条件に100%当てはまらないという理由で笑顔で居ることを控えなくていい。いつか困るからという理由で今の子ども時間を [続きを読む]
  • 現状から抜けるおなじない
  • http://positive-words.xyz/atodekomaru-bonobono/より困る時。「まぁ、こんな時もある」「今は、こうなんだな」「まぁ、いいか」「あぁ、嫌だな」「あぁ、辛いな」等浮かぶ/湧くものは何でもいい。現状から抜けるおまじないは最後に「明日はどうか分からないけど」とつぶやく言葉。現実は流れている。決まっていない。変化し続けている。無常。では深刻になる時は。深刻になる時は現実を固定する。変化を許さない。常住と決める時 [続きを読む]
  • 軌道が変わる魔法の言葉
  • リセットしたい時やり直しをしたい時巻き戻したい時帳消しにしたい時。気付いてきたのはリセットしたい時やり直しをしたい時巻き戻したい時帳消しにしたい時はリセットしようとするよりやり直しをしようとするより巻き戻しをしようとするより帳消しにしようとするより分析するより追求するよりただ「今」に立つこと。ありのまま今のままそのまま。酷いと感じる時は酷いまま駄目だと感じる時は駄目なまま白旗を立ててそのままただ「 [続きを読む]
  • 「羊と鋼の森」と堂々と生き合うこと
  • 今日から公開の映画「羊と鋼の森」。観て良かったです。以前、本を読んだ時著者 宮下奈緒さんの描写の美しさに惹かれ映画になったらどんな感じになるのだろうと公開を心待ちにしていました。映画は映画の良さがありました。私とピアノ。私と森。ピアノの音。ピアノという楽器。私はどうしてピアノに惹かれるのか。どうして海や川や森に惹かれるのか。どうして言葉に惹かれるのか。色々なものが理由なく理由をつける必要なく繋がる [続きを読む]
  • 引き「寄せる」は本当は無い
  • 現実は「自動」と「手動」の連鎖引き寄せとはこれから引き寄せるではなく本当は常に引き寄せている既に引き寄せている休む間もなく引き寄せている気付かないうちに引き寄せている。能動態。自動的。気付かないうちに起きて起き続けている呼吸の営みのようなもの。そしてそれは心理学脳科学スピリチュアルと言うより強いて言えば物理学的な化学反応的な現象で。その捉え方は正にReikiの在り方/仕組み/性質だと感じています。今日はh [続きを読む]
  • 「自分にとって腑に落ちる」の力
  • 「現実」とは今の自分にはそう「映る」今の自分にはそう「感じる」に過ぎない。そして「映る」「感じる」のはわくわくでももやもやでも安心でも不安でも自動でオートマチックに何と何が交渉してか分からない領域で起きている。だから「映る」もの・こと・人「感じる」もの・こと・人がわくわくでももやもやでも安心でも不安でも望むものでも望まないものでも「私にはそう映るんだ」「今の私にはそう映るんだ」「今の私は、そう感じ [続きを読む]
  • やりとりが行われているのはもっと全体的
  • 努力したらそのこと自体で報われるかもしれないし報われるかもしれない。誰かを愛したらその人自身から愛が返ってくるかもしれないし返ってもないかもしれない。何かを学んだらその学び自体で何かが変わるかもしれないし変わらないかもしれない。強みがあったらそのこと自体が影響するかもしれないし影響しないかもしれない。誰かに何かを与えたらその人自身から返ってくるかもしれないし返ってこないかもしれない。気付いてきたの [続きを読む]
  • 量子もつれが起こる仕組み
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000002-wordleaf-sctch&p=3より何があっても何が無くてもうまくいってもうまくいかなくても思い通りであっても思い通りでなくてもどうして大丈夫なのか。それが腑に落ちる切り口腑に落ちる方法腑に落ちるタイミング腑に落ちる出逢い腑に落ちる出来事はきっと人それぞれで。ただ実感していることは自分の腑に落ちると量子もつれが起き観測の決定が起き瞬時に「大丈夫」を共有(共鳴 [続きを読む]
  • 今を抜け出したい時
  • 週末。家族やいろんな方と森で過ごしたり野菜を収穫したりして過ごしました。蓮の花が綺麗な季節気付いてきたこと。人が怒る時は怖い時。責められるのが失うのが非難されるのが粗末に扱われるのが絶望するのが惨めな思いをするのが怖い時。人が意地を張る時は自分の思った通りにならないことをコントロールしたい時。意地を張ったらきっと今より察してくれる大切にしてくれる重大視してくれる流れが変わると思っている時。こういっ [続きを読む]
  • 量子はたくさん旅をする
  • 何があろうがなかろうが状況が良かろうが悪かろうが損/得増える/減る幸福/不幸と言い切れるものは何一つないことが「物理学的」に「科学反応的」に腑に落ちてきて好調の時は好調の中を不調の時は不調の中を生きれば大丈夫と自他共に映るようになってきました。私も好調でも不調でも良く目の前の誰かも好調でも不調でも良い。もし助けが必要なら助けることができる状況の人が助け助けを受け取ることができる状況の人が助けられそ [続きを読む]
  • 既に常に波に乗っている
  • 「今ここ」で自分がいい状態になると過去と未来もくるっと同じ状態になる。それはきっと物理的な化学反応で。量子力学の「量子のもつれ」を知るとミクロの世界のことがマクロの世界でもどう起きているのかなと想像することにわくわくし「今ここ」が味方になります。量子力学講座のリブログ記事昨日は不思議な繋がりだらけの1日でした。自分の心が緩むと身体が緩むと「あの時」と「今」がくるっと量子もつれを起こして既に波に乗っ [続きを読む]
  • 順番を180度ひっくり返してみる
  • 先日の量子力学の講座。「心のいばしょ悠」永金みち代さんあたたかいリブログ記事をありがとうございます。*  *   *ひとことで言うと  ラクになりました。 中略 少しだけ量子力学の世界を知って「驚いて」 でも今までの学びや、出逢った出来事は全てが、それでいいのだ と 「納得して」「腑に落ちて」「受け入れられた」 そんな感じです。伝わる? * 少しだけ私の心に残ったことやコトバも連ねてみます。全文 [続きを読む]
  • 共鳴引力の焦点が決まるのはいつか
  • 「古民家で呼吸瞑想の会」のお問い合わせをありがとうございます。6月、時間を30分長くして再開します。次回6月26日(火)です。「普通は」という言葉。普通はこうする。普通ならこうする。普通はこうでしょ。〜するのが普通。そんな言葉が出る時はきっと防衛本能が作動している時ということに気付いてきました。私自身も。他者も。自分は悪くない自分は正しいだから誰も責めないでと守ろうとしている時。無意識と言動の連携プレ [続きを読む]