hassan さん プロフィール

  •  
hassanさん: 加齢なる隠居生活 4年目2017
ハンドル名hassan さん
ブログタイトル加齢なる隠居生活 4年目2017
ブログURLhttp://inaka4.blog20.fc2.com/
サイト紹介文13年末に退職し第2の人生に、明日のことは分からない、やりたい事はすぐやろう!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/05/23 08:47

hassan さんのブログ記事

  • 台風一過
  •  朝に台風21号が去った日の夕方、夕焼けの中に富士山と三日月が見えた。台風一過のおかげ。 総選挙が終わった。中身も実績もない小池のおばはんの希望の党が惨敗して良かった。 [続きを読む]
  • 入った温泉 長野2017秋
  • 信州北部を中心に今回は7ヶ所9湯湯田中温泉 丁子屋、大湯、脚気の湯 無色透明で熱め丁子屋の露天風呂大湯大湯 高温と温めの2槽に分かれている 桶しか置いていない七味温泉 紅葉館(高山村)緑がかった濁り湯 硫黄泉野沢温泉  ふるさとの湯 アルカリ性の硫黄泉野沢温泉に13もある外湯が実質無料で入れるとは知らなかった。ふるさとの湯に入浴。湯の花が浮く少し白濁の露天が良かった。開場の10時に入ったが、ずっと貸し [続きを読む]
  • 滞在を短縮 長野2017秋
  •  7-8日目 晴れたのは2日のみでずっと雨続き。台風の接近であと数日は雨との予報が出ている。部屋がきれいでないことや、既に大分目的を達したので2週間の予定を半分にして帰ることに。お土産に、道の駅でリンゴ5種類とぶどうを買った。 折角だからと帰りに鹿教湯温泉に1泊。お試し居住21泊99,800円をやっているのを知っていたのでどんな所か確かめることにした。鹿教湯は上田からも松本からも遠く、想像したより閑散としていた [続きを読む]
  • 5-6日目 長野2017秋
  •  野沢温泉での入浴の帰りに、飯山市の高橋まゆみ人形館と飯山市美術館へ。人形館の展示点数は少ないが、我が幼い頃を思い出させる爺婆の人形の表情が面白い。美術館でやっていた中川岳二の木製人形は面白いと思った。これから人気が全国的になりそうな作家だと思う。 地獄谷野猿公苑 猿は何時も居るわけではないので、ネットのライブカメラで確認してから、出かけた。駐車場から2?近く20分以上の道のりは結構遠いと感じたが、 [続きを読む]
  • 2-4日目 長野2017秋
  •  宿選びは外れたが、気を取り直して、近場を回る。 翌日は隣町の中野市の高野辰之記念館へ。一人で貸し切り状態。故郷や紅葉、日の丸など身近な唱歌の作詞者の出身地。日本土人形資料館とぽんぽこの湯も回ってきた。イオン中野で食品を買って戻る。道の駅で買った皮のまま食べられるぶどうやりんごは産地だけあって安く美味しい。記念館前の歌詞 昨年は天皇ご夫妻も訪問された 3日目は雨の中遠出して、高山温泉郷の一番奥の七 [続きを読む]
  • 秋の中期滞在は長野で 長野2017秋
  •  長野県で2週間滞在して、紅葉と温泉巡りをすることに。 今回は車中泊なしで高速道を走って直接目的地へ、休憩や買い物をしながら約5時間で湯田中温泉の宿に着いた。高速道路は楽だ。走行距離約300?。 宿は、6月のニセコの宿と大違いで、部屋は狭く古く汚い、が第一印象だった。ここで2週間は、参ったなぁ・・・。真ん中の看板のない建物の3階が部屋 前の赤っぽい建物は共同湯の脚気の湯 [続きを読む]
  • 商店街のイベントに参加
  •  駅前の商店街のイベント開催通知がポスト投げ込みのタウン紙に載っていて、応募受付日に電話して参加した。 一つ目はタリーズコーヒーでの珈琲の入れ方講座。初めて見た紙不要の金属製フィルターで入れてみた。今まで良い成分だと思っていた泡は灰汁だったことを初めて知った。 二つ目は、高級スーパーでクロアチアワインの試飲会。イタリアの東側、世界遺産のドブロブニクの町が有名な国。正直、微妙な味の違いは我が舌では分 [続きを読む]
  • アイコニックで昼食
  •  ひらまつの株主フェアでアイコニックへ行ってきた。ひらまつグループの都内のレストランは女房が株主になって以来、すでに幾つもの店を回ったが、昼食は2度目か。この前のメゾンポール・ポキューズが大したことなくて、値段半分の今回に期待していなかったが、鱧(はも)に地鶏にホッケなど和の食材がメインでなかなか美味しかった。昼間から飲むワインも新鮮味があって良かった。ここはまた行きたい。2皿目 岩手県産ムール貝と [続きを読む]
  • 巾着田の曼殊沙華
  •  ネットで調べると見頃になっており、台風一過、好天気の平日、行くなら今日と、埼玉の日高市という所へ曼殊沙華の群生を見に行ってきた。関東に長く住んでいても西武鉄道に乗るのは、記憶にある限り、わずか2回目、池袋から1時間の距離にあった。 平日とあって電車から降りたのは老人ばかり、ツアーのバスも来ていて、年に一度の稼ぎ時?仮設の飲食/お土産屋も多く出て盛況だった。公園なのにこの期間だけ有料になるのは仕方な [続きを読む]
  • 芭蕉句碑 月岡/高湯温泉旅
  • 出雲崎町の芭蕉園 この碑の文章の中に 荒海や佐渡によこたふ天河 の句がある長岡市寺泊/西生寺 新しい石碑に 文月や 加羅さけおがむ 乃寿三山(ふみづきや からさけおがむ のずみやま)とある。寺泊 日蓮上人の銅像がある祖師堂境内(聚感園近く) うたがふな 潮の花も 浦の春(うたがうな うしおのはなも うらのはる)弥彦村の宝光院(競輪場入口) ここにも 荒海や佐渡によこたふ天乃河 の句が [続きを読む]
  • 入った温泉 月岡/高湯温泉旅
  •  今回は新潟2、福島1の計3湯。 まずは道の駅みつまたに隣接する街道の湯 アルカリ性単純温泉で普通 次に、月岡温泉 含硫黄−ナトリウム−塩化物泉の湯で女性に人気があるらしい。湯が緑がかっていた。 最後は高湯温泉 硫黄泉 前に有名な玉子湯に泊まったので宿を替えた。この日は5人しか泊まっておらず、湯はいつも貸し切り状態で良かった。 福島からの帰りに去年買ったおもて那須手形を使って入浴しようと考えていたが [続きを読む]
  • 訪ねた一の宮 月岡/高湯温泉旅
  •  越後一の宮の弥彦神社、鹿苑や絵馬殿もあって予想以上に立派な神社だった。一時は盛況だったと思われる温泉街や競輪場まである一の宮あっての弥彦村と思われる。弥彦駅 採算が取れるとは思えないがJRが信越線東三条駅から新幹線の燕三条駅経由で弥彦まで電車運行されている。 [続きを読む]
  • 実際の行程 月岡/高湯温泉旅
  •  やはり予定とは異なり、実際は8/27日 自宅〜道の駅みつまた(越後湯沢近く)28月 出雲崎町−長岡市寺泊−弥彦村−道の駅国上29火 燕三条駅ー月岡温泉30水 月岡温泉−高湯温泉 31木 高湯−猪苗代−道の駅天栄9/1金 疲れて那須の温泉には寄らずに直帰した。 走行距離1,010?高湯から猪苗代へは磐梯吾妻スカイラインを通った。途中、火山ガスの危険があるため駐停車禁止の場所もあった。最後の方になってようやく磐梯山が見 [続きを読む]
  • 夏の終わりの温泉旅
  •  涼しくなるのを待ちきれず、今年も夏の終わりに短い旅に出ることにした(同時期、1年目は北陸、2年目東北、3年目東北/南北海道へ出かけた)。 新潟までゆっくり車で行き、3日後女房と落ち合って、温泉地を2ヶ所巡って、また別々に帰ってくる5泊6日の旅。明朝、出発する。 7月中旬に宇都宮へ日本酒を飲みに出かけた(ササラガーデン2017) 蒸し暑く、肴がもう一つだったせいか酒の味はもう一つだった [続きを読む]
  • 銀座の中国人
  •  休日で歩行者天国になっていた銀座の通り 中国系家電店の前にバスは横付けできず中国人はここでは目立たなかった それにしても昔の日本人の海外旅行も今の中国人のように傍若無人だったのだろうかライオンビアホールの向こうが最近開業したギンザシックス [続きを読む]
  • 有料老人ホームを見学
  •  新聞折り込みのミニコミ誌に載っていたそう遠くない所にある有料老人ホームに見学に行ってきた。 電話で申し込み後、事前に送られてきた説明書を読むと、一番狭い42?の部屋で入居一時金が2,582万円、月額15万円。入居一時金なしの月払いだと29万円と安くないし、入居は70歳からとなっていて、こりゃ無理だと思ったが、物は試しと出かけた。 50年以上前に設立された老人ホームで、始めた生命保険会社は潰れて米系保険会社に変 [続きを読む]
  • 扇風機の買い替え
  •  自分専用で使っていた扇風機が回らなくなり仕方なく買い替えた。ネットで注文し、送料込みで3,590円、翌日に着いた。同じ中国製でも日本の有名ブランドだと高いが、そうでなければどれも安い。何年か使えれば十分だと思っている。 なお、壊れたのは9年前AEONで買った中国製。まだ家には20年近く前の安物押しボタン式の扇風機が頑張っている。 [続きを読む]
  • 中期滞在した感想 北海道2017
  •  初めて1ヶ所に2週間滞在する旅をしたが、事前に思っていたことと実際に差があり、近くの観光と温泉入浴では時間が持たなかった。 長く滞在するには、観光以外に散歩や読書、ゴルフや自転車などの自分の過ごし方ができる人でないとやっていけない。 北海道は野菜が豊富だと勘違いしていた。6月は雪が融けて野菜はまだ植え付けたばかりで、地元野菜で豊富なのはこの時期に芽を伸ばしてくるアスパラぐらいだった。アスパラは緑も [続きを読む]
  • ニセコ以降の湯 北海道2017
  •  ニセコを立った後、フェリーに乗るまでに3か所の温泉に入った丸駒温泉旅館 支笏湖と繋がっている露天の湯船が有名 慌てて撮ったせいかボケている 遠別つるつる温泉 温根湯温泉の中で硫黄泉を選んだ 写真なしランプの宿 森つべつ 早朝に屈斜路湖の雲海を見るために津別峠に一番近い宿を選んだ。期待していなかったが、遠別つるつる温泉よりつるつる感ある湯で、ロビーのガラス越しに庭にやってきた鹿や北キツネ、狸が間近で [続きを読む]
  • 二つの青い池 北海道2017
  • ニセコでの滞在を終え、フェリーに乗るまでの日を、青い池巡りにまずは美瑛の青い池へ自然の池ではなくて、河川工事でできた池のようだが、青かった 神の子池(清里町) 大きくないが泳ぐ魚が見えるほど澄んでいる神の子池近くの裏摩周展望台から 曇天の摩周湖オンネトー湖(足寄町) 紅葉時期はきれいだろう [続きを読む]
  • ニセコの昼ごはん 北海道2017
  •  食事は自炊が中心だが、時々は外へ栄養補給に。 行った中では、食事だとマッカリーナ、プラティーヴォ、丘の上のレストランポムがお勧めマッカリーナの前菜 オーベルジュで2年前に泊まったことがある 丘の上のレストランポムの前菜 豚/鶏/魚の3種からメインを選ぶ ボリュームあるが味は普通 税込み1,600円は高め こむぎ野 えんの定食 豆腐と野菜と玄米ご飯コスパも味も一番のお勧めは こむぎ野の昼食 同じ場所で重なら [続きを読む]
  • 温泉 ニセコ後半 北海道2017
  •  昼間は半袖で過ごせる天候になり、毎日ホテルの風呂と外湯の計2回入浴するのは体力的にしんどくなり、外で入る回数が減り、新たに4か所のみ ◎、〇、△、×は私的評価寿都温泉ゆべつのゆ 〇 公営で立派過ぎる施設 湯船もサウナも複数ありホテル甘露の森 〇 ホテルの窓から見える至近距離 女房はここが気に入ったよう月見の宿紅葉音(あかはね)△ 湯は雪秩父と同じ 古くて衛生さに少し欠ける黄金湯 ◎ 泡が肌に付く炭 [続きを読む]
  • ニセコの見どころ 前半 北海道2017
  •  自然はあっても観光地的な見どころはニセコにはほぼない。かろうじて紹介されている所には行ってきた。さくらんぼの木 羊蹄山を背景に畑の中にあった。道路に看板もないので行きにくかった。三島さんちの芝桜園 個人の庭 すでに盛りを過ぎていたのが残念賀老の滝(島牧村) ニセコ駅前温泉にあったパンフを見て知った。ホテルから90余?。高さ70m、幅35mとパンフにあり。駐車場から約1?、高低差150mを徒歩で往復。訪れる価 [続きを読む]
  • 温泉 ニセコ前半 北海道2017
  •  ニセコに来て早や1週間が過ぎた。 用がない毎日は、専ら温泉巡り。宿泊ホテルの湯に毎日入る他に、近くの温泉に入っている。滞在前半で入ったのは6湯(ニセコ湯めぐりパスも利用 ◎、〇、△、×で個人的評価)ワン・ニセコ・リゾート・タワーズの露天風呂 〇(毎日入湯 日替わりで男女風呂が入れ替わる)ニセコ五色温泉旅館 〇 10年前ニセコアンヌプリ登山後に入浴したことがあったいこいの湯宿いろは△ 写真なし 露天 [続きを読む]