プラモ職人見習い さん プロフィール

  •  
プラモ職人見習いさん: プラモスタジオ −プラモ職人への道−
ハンドル名プラモ職人見習い さん
ブログタイトルプラモスタジオ −プラモ職人への道−
ブログURLhttp://plamostudio.com/
サイト紹介文カーモデルをメインとしたプラモデル製作ブログ。ついつい積んでしまうのが悪い癖。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/05/24 09:52

プラモ職人見習い さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 研削・研磨
  • 研削と研磨、よく似ている言葉でどちらも“研ぐ”ことを表していますが、違いは“削る”と“磨く”です。金属加工の世界では、形状や寸法が変化するような加工を研削、変わらない加工を研磨と言うことが多いようですが、その明確な定義はないようです。当サイトでは、ヤスリやルーターで形状を整えるのは研削、サンドペーパーやコンパウンドで表面を処理したり仕上げるのは研磨として記載しています。ハンドグラインダーハンドグラ [続きを読む]
  • 塗料をはじめとして、塗る作業を行うときに必要になるのが筆です。筆の穂先には天然毛と樹脂毛があり、弾力性や穂先の揃い、耐久性などそれぞれ異なります。筆の扱いやすさや穂先のまとまり具合は、塗装の仕上げの善し悪しにつながるので、筆選びにはこだわりたいですね。 筆の種類プラモデルの塗装に使われる筆には、主に平筆、丸筆、面相筆があります。塗装対象の広さや細かさによって筆を使い分けます。平筆口金が平らで穂先の [続きを読む]
  • エアブラシ
  • エアブラシとは、 圧縮した空気などの圧力によって塗料を霧状に噴射して吹き付ける塗装工具、および、それらの塗装工具を用いて描画や着色を行う技法のことです。 カーモデルなどの広範囲をキレイに塗装するには、エアブラシでの塗装が適しています。エアブラシ以外のスプレー塗装として代表的な缶スプレーは、手軽に扱えますが販売されている色が限られてしまいますし、ひとつのキットでは一缶使い切らないことが多いので不経済で [続きを読む]
  • 切削・切断
  • ランナーからの切り離しやゲート処理、パーツの切断や穴開け、デカールのカットなど切断・切削は、プラモデル製作における基本作業のひとつです。“切る” “削る” “穴を開ける”などの切断・切削ツールは多種多様です。完成時の仕上がりにも影響するので、用途に応じて必要なツールを揃えましょう。ニッパーニッパーは、パーツをランナーから切り出したり、プラ棒や金属線などの素材をカットするときに使用するツールで、プラモ [続きを読む]
  • 塗料
  • 塗料とは、塗装の対象物を保護・装飾・機能付加するためのものでそれぞれの役割の例としては・保護:防汚、防錆、紫外線防止・装飾:美観、色彩、光沢、蛍光・機能付加:導電、耐火、撥水、遮熱などが挙げられます。プラモデルの世界では、プラモデル用塗料を「ラッカー系、アクリル系、エナメル系」と分類することが一般的ですが、その塗料のほとんどは「合成樹脂塗料」であり、塗膜中の溶剤が蒸発して塗膜が硬化する“揮発乾燥型 [続きを読む]
  • 塗装ブースの排気ダクト改良
  • 依然としていろいろと放置プレーが続いていまして、半年ぶりの投稿です。日々、なかなか作業に取りかかれないのはどうしてかと考えた結果、塗装ブースの排気ダクトのセッティングがちょっと面倒なのが原因のひとつではないかということで、簡単にセッティング出来るように改良することにしました。 こちらが改良前。ダクトを差し込んだプラダンを、作業のたびに窓を開けてサッシにはめ込むのですが、結構これが面倒でして・・ [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #70
  • いよいよ最終号となりました。今号のパーツはこちら。バックボディカバー、左右の指、脚カバーテープ、ロビのココロ(microSD)など。 指を取り付けます、左も同様に。 余ったケーブルを フレーム内に納めて 脚カバーテープを貼ります。 ロビのココロをマイコンボード差し込んで、バックボディカバーを取り付けて完成! 自立の画。 初回起動の動画を取り忘れてしまいました・・・ということで、70号にわたるロビの製作はこれで完了 [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #70
  • いよいよ最終号となりました。今号のパーツはこちら。バックボディカバー、左右の指、脚カバーテープ、ロビのココロ(microSD)など。 指を取り付けます、左も同様に。 余ったケーブルを フレーム内に納めて 脚カバーテープを貼ります。 ロビのココロをマイコンボード差し込んで、バックボディカバーを取り付けて完成! 自立の画。 初回起動の動画を取り忘れてしまいました・・・ということで、70号にわたるロビの製作はこれで完了 [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #69
  • 今号では、上半身と下半身を組み合わせ、頭部を完成させます。 今号のパーツはこちら。ボトムボディカバー、赤外線LED/マイクボード、ケーブルほか・・・ まずは、上半身と下半身をドッキング! ボディ内の配線を行い、バッテリを収納します。 続いてリモコンの設定。テレビ電源のオン/オフ、チャンネル変更、音量のアップ/ダウン信号をリモコンボードに登録します。 赤外線LED/マイクボードにケーブ津を接続して、フロントヘッド [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #69
  • 今号では、上半身と下半身を組み合わせ、頭部を完成させます。 今号のパーツはこちら。ボトムボディカバー、赤外線LED/マイクボード、ケーブルほか・・・ まずは、上半身と下半身をドッキング! ボディ内の配線を行い、バッテリを収納します。 続いてリモコンの設定。テレビ電源のオン/オフ、チャンネル変更、音量のアップ/ダウン信号をリモコンボードに登録します。 赤外線LED/マイクボードにケーブ津を接続して、フロントヘッド [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #68
  • 今号では、ロビがテレビを付けたりチャンネルを変えたりするためのリモコンボードを取り付けます。 今号のパーツはこちら。リモコンボードです。 リモコンボードの2つのコネクターにケーブルを接続します。 音声認識ボードの上にリモコンボードを取り付けて、今号は完成です。Copyright © 2018 プラモスタジオ -プラモ職人への道- All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #68
  • 今号では、ロビがテレビを付けたりチャンネルを変えたりするためのリモコンボードを取り付けます。 今号のパーツはこちら。リモコンボードです。 リモコンボードの2つのコネクターにケーブルを接続します。 音声認識ボードの上にリモコンボードを取り付けて、今号は完成です。Copyright © 2018 プラモスタジオ -プラモ職人への道- All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #45
  • 今号で左足首周辺が組み上がります。 今号のパーツはこちら。左足のカバーとパネルです。 37号で組み立てた横回転サーボを取り付けます。ケーブルをきちんと溝にはめて挟み込まないように気をつけます。 こちらもケーブルを挟み込まないように、前号で足首テープを貼った縦回転サーボを取り付けます。 動作テストの後、カバーを付けて今号は完成です。 [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #45
  • 今号で左足首周辺が組み上がります。 今号のパーツはこちら。左足のカバーとパネルです。 37号で組み立てた横回転サーボを取り付けます。ケーブルをきちんと溝にはめて挟み込まないように気をつけます。 こちらもケーブルを挟み込まないように、前号で足首テープを貼った縦回転サーボを取り付けます。 動作テストの後、カバーを付けて今号は完成です。 [続きを読む]
  • 週刊 ロビ 第三版 #44
  • 久々のロビ製作記です。 今号のパーツはこちら。サーボモータ一ひとつ、いつものパターンですね。 今回のIDは10。 26号と同様に足首テープを貼ります。 今号では、右腕に取り付けてあったマイコンボードを取り外し、41号パーツのプレートに付け替えて左腕の動作テストを行いました。 [続きを読む]
  • McLaren MP4/4 Display Ver.A #7
  • ご無沙汰しております。6ヶ月ぶりの投稿です。2月末の確定申告以降、年度末から新年度にかけて職場環境の変化や子供の進学、学校行事など・・・この半年ほど、公私共にイベント続きで、気がついたら夏休みという状況でしたが、やっと余裕が出てきました(^_^;)ということで、夏休み最終日は久々の作業となりました。 前回どこまで進めたかを過去の投稿で確認するも、あまりよくわからないので、とりあえずデカール貼りから再開 [続きを読む]
  • 過去の記事 …