momoandbon さん プロフィール

  •  
momoandbonさん: ナチュラリストの散歩道
ハンドル名momoandbon さん
ブログタイトルナチュラリストの散歩道
ブログURLhttp://denjiha55.blog.fc2.com/
サイト紹介文生活を支援する病気や症状に対する東洋医学的健康情報、癒し情報、風景写真、歴史的事件に関連したブログ
自由文生活を支援する病気や症状に対する東洋医学的健康情報、癒し情報、風景写真、歴史的事件に関連したミステリアスなエッセイ情報、謎解き、かわいい動物や植物写真、イラスト作品、パソコン修理奮闘記、整体業開業マニュアル、ビジネス情報、ダイエット情報、本能寺の変、西郷隆盛の謎など幅広い題材を網羅したブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2013/05/25 03:05

momoandbon さんのブログ記事

  • 久しぶりに素足で浜辺を歩いてみました!
  • 春の海を訪れる年に何度か海を見に出かけます。旅行というほどのことでもなく、今回はほんの日帰りといったところのお出掛けです。 まず、当地から最短できれいな砂浜というと糸島の海岸がすぐに思い浮かびます。糸島地方には砂浜だけの海岸もありますが、少し離れてそこに巨石然とした黒い玄武岩が並んでいる景色なども風情があっていいと思います。 国道をまっすぐ車で走っているとやがて糸島半島の海岸線にぶつかります。 [続きを読む]
  • 惑星探査の宇宙望遠鏡TESSが打ち上げられた!
  • 地球と同サイズの惑星探せ 宇宙望遠鏡TESS打ち上げ 2018/4/20https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000016-asahi-sci地球に似た惑星「プロキシマb」に海が存在する? 生命体存在への期待高まる:研究よりsorae.jp 2016年10月11日(火)一昨年の8月に発見された地球によく似た惑星に「プロキシマb」という惑星があります。この惑星には水が液体で存在可能な状態にあるということで、「ハビタブル惑星」と呼ばれてい [続きを読む]
  • これが満開のイヌザクラなのか?!
  • はて、ナンジャモンジャとは何じゃろう?いまが見ごろということで、ナンジャモンジャの花を探して佐賀県神崎町まで出かけました。通常はナンジャモンジャと呼ばれる植物はヒトツバタゴのことだそうですが、対馬に多数群生しているとか聞いたことがあります。「ナンジャモンジャ」と名付けられる植物の樹種は、ヒトツバタゴのほか、ニレ、イヌザクラ、ボダイジュなど様々な種類があって、元々は占いや神事に利用されていたものとい [続きを読む]
  • セクハラ女性問題が四月期に集中する理由とは?
  • 官僚・政治家は何故に辞任するのか?!女性問題は政治家や校長先生だけではない、精力絶倫を深く考察するテレ朝「社員がセクハラ被害」 財務省に抗議へ2018/4/18https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000093-asahi-pol新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」毎日新聞2018年4月18日https://mainichi.jp/articles/20180419/k00/00m/040/065000c中川俊直氏、女性問題で政務官辞任 「重婚ウェディング」と週 [続きを読む]
  • 春の観賞魚といえばメダカです!
  • 春の小川のメダカの学校以前よりメダカを飼いたいと思っていたのですが、つい先日知人から7匹ほど譲っていただきました。大きさは2センチあるかないかほどの小さな淡水魚なのですが、これがまた非常に可愛いのです。ぴっぴっと素早く泳ぐのですが、ずっと見ていても見飽きません。鉢の中に水草を入れてやっているのですが、ときたまその陰から出てきて泳ぎ回っています。子供のころ遊んだころは、それほど可愛いとか感じてはいな [続きを読む]
  • 思わず絵本を買ってしまいました!
  • ふと手に取った絵本のこと先日「はいくのえほん」という絵本を買いました。絵本を買うということは久しくなかったのですが、この絵本を見たときその画風にひかれました。児童画家であった鈴木寿雄画伯が描いた絵本なのですが、子供向けというよりは大人が見ても楽しめるものでした。その画風は日本画なのですが、人物や動物の表情が豊かでほのぼのとした雰囲気が醸し出されています。見ていてつい微笑んでしまうようなおかしみが表 [続きを読む]
  • 電磁波被曝を身近に感じたことはありますか?
  • 電磁波から身を守る!電磁波過敏症には特有の症状経過が伴う!その特徴とは?身近な家族にも理解してもらえない症状だとしたら?自分でも本当の原因に気付いていないとしたら?2017年にある国際的な事件が米国内で報道されていたのですが、ご存知でしたでしょうか?電磁波攻撃自体は海外では決して珍しい事ではありません!脳損傷や中枢神経の損傷、認知症やうつ病状態!電磁波攻撃で米国大使館員21人が入院状態になったので [続きを読む]
  • 花王といえば当然牡丹のことなんですが?!
  • 花の季節到来いまの時期は綺麗な芍薬の花が花壇に咲いています。芍薬は、ボタン科ボタン属の植物で、冬になると地上部が枯れてしまう多年草です。日本ではヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤクの2種が分布していますが、現在栽培される芍薬のもととなったものは、牡丹同様平安時代に中国から渡来したものとされています。芍薬も牡丹も古くはもっぱら薬用植物として栽培されていましたが、江戸時代になると次第に観賞用として改 [続きを読む]
  • くまモンは熊本を応援し続けている!
  • あのくまモンと歌って踊れるばんたくまモンは熊本県PRキャラクターとして全国的に知られていますが、くまモン公式ソングが紹介されています。歌の作詞はKANと小山薫堂、作曲はKAN、ギターは秦基博、そして歌うのは森高千里というとても豪華メンバーとなっています。九州人なのですが、残念ながらいまだに本物のくまモンに遭遇したことはありません。くまモンは観光地に常駐しているわけではなようです。 「くまモンもん」(MV) [続きを読む]
  • いい物はやはり捨てがたいものです!
  • 日本語には最適なんです!?35年ほど以前にワープロ(OASYS)を操作する際には、日本語入力に「親指シフトキー」を使っていました。それは日本語入力には最適だったからです。通常のキーボードを使うよりは、日本語入力に特化したこの専用キーボードはとても便利で使いやすいものでした。最初は通常のキーボードでもブラインドタッチに挑戦してみたのですが、思ったほど素早く使いこなせなかったのです。文書作成もそのうちパソコ [続きを読む]
  • たしか子供のために絵本を作りました
  • 我が家の手作り絵本我が家のパンダを題材にした手作りの絵本です。 30年以前に家族で描いたものです。パンダを描いていたら次々と仲間が登場することとなりました。 画像を すると全部の画像が閲覧できます。「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」 「日本人奴隷貿易」ノンフィクション「時代小説短編集・憑依(つく)商品詳細★電磁波中和放電装置「電磁番」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの [続きを読む]
  • 東洋人が続々と集まる観光スポット?!
  • 東洋人に人気のワイキキの浜辺ハワイは日本とは全く違った風土ということになります。その違いが観光地としてのハワイの魅力を一段と高めています。熱帯というよりは、じめじめしていないところが何だかさわやかさがあります。常夏のハワイの魅力でもあります。まず空の青さが際立っています。それに海の色も全く違った色に見えてしまいます。しかしながら、ハワイは東洋人・日本人観光客がとにかく多い。大挙して、日本人が続々と [続きを読む]
  • イギリスの季節限定の不可思議な催し物とは?
  • 制作グループに参加しませんか?ミステリーサークルそのものは人為的なものであるとして決着したかにみられていたが、どうやらここにきてさらに様子が変わってきている。イギリスではいまだにミステリーサークルが、麦畑に出現し続けている。その規模も、大きなものは幅120メートルにも及ぶほどである。こうしたミステリーサークルは収穫前の麦畑で勝手に作られるわけで、発見されれば不法に農地に侵入したとして高額の罰金刑をく [続きを読む]
  • ネット時代の賢い電磁波対策とは
  • フランスで「危険な電磁波」を理由に中国製携帯がリコールフランスの通信大手「オレンジ(旧フランス・テレコム)」は、同社が販売する携帯電話「Hapi 30」が高レベルの電磁波を放っていることを理由に、リコールするとアナウンスした。 (2018/4/12)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00020555-forbes-sci執拗な電磁波攻撃に対応策はあるのか!?いきなり「電磁波攻撃」というと何だかSFの世界のことのように [続きを読む]
  • 真実にほど遠い地球温暖化説の背景!
  • 不動産投資の百年後を考える?!いま現在地球上の氷が急速に解けつつあるが、南極や北極の氷河も年々目に見えて減少しつつあるという。このまま地球の温暖化が進んでいけば、やがて急激な海面水位の上昇を見ることになるという情報もある。地球上の氷がすべて溶けると海面が6,70メートルも上昇することになり、気象変動と共に海面下に水没してしまう国も出てくるというわけである。これは本当であろうか?地球温暖化の傾向は抑制 [続きを読む]
  • 桜並木と野生タヌキのコラボ
  • 野生の狸さん、こんにちは!海抜の高い地域は桜の満開時期がずいぶんと遅いということで、当方は遅めの花見に出かけました。山の中腹まで車で行って、それから先は歩いていきました。途中で珍しく野生の狸と遭遇しましたが、何か餌でもを探していたようで当方にはまったく無関心の様子でした。大きな尻尾が見えました。最初犬かと思いましたが、狸さんでした。たぬきはすたすたと森の奥へ去っていきました。やがて桜が植えられてい [続きを読む]
  • ホラ貝祭りについての怪異譚
  • 松本清張が注目した怪異譚とは?昔、八百歳まで長生きしたという八百比丘尼伝説が日本各地に、それも日本海側に似通った伝説が多く残されているようである。民俗学者柳田国男は八百比丘尼伝説について「山島民譚集二」で触れている。  「八百比丘尼は恰も右の大化と大同との中間に生まれた人でなければならぬ。何となれば比丘尼が山城の京に来て世人に囃されたのは正しく宝徳元年の夏である。此事実は当時の記録に三種まで見えて [続きを読む]
  • 春の人気温泉郷に行ってきました!
  • ユーが見た日本人は淫蕩な人種だった?ご存知の方は極めて少ないと思うのだが、日本は古代から明治期の辺りまでは混浴がごく普通の当たり前の習俗風景があった。江戸時代の銭湯も簡単な仕切り程度の、ほぼ混浴の状態が庶民の生活の中に自然なものとして溶け込んでいた。とくに地方の温泉地などはその傾向が明治以降も強く残っていて、大分県では昭和30年代までは混浴の温泉が普通にあった記憶がある。そうした従来からの伝統的な [続きを読む]
  • 大庭園用の石材石像をみてきました!
  • 展示販売の夥しい石材群!昨日、地元の田主丸植木市場を訪問したのですが、隣接して造園関係の石材が置かれている特設コーナーがありました。これも広い敷地内にあって、夥しい数の各種石材が置かれていました。大きいものは高さも2メートル以上あります。移動運搬にはもちろんクレー車が必要です。ここには画像のように、一般の造園地や公園といった施設、そうした場所に置くような多岐にわたるたくさんの石材、石像がありました [続きを読む]
  • 頭と手先を使っての玩具作りも楽しい!
  • 作るまでがそこそこ知恵がいる?テンセグリティ (Tensegrity) は、tensional と integrity の造語で、引っ張る力と圧縮する力によって均衡を保たれるバランス構造(体)のことです。建築や造形での構造のバランスを考える時や、さらには最近では整体分野でも人体の筋肉と関節の動きを再現する時の検討材料としても注目されているものです。簡単な材料でテンセグリティが造れるというので、今回挑戦してみました。細い木材と輪ゴ [続きを読む]
  • 原子力規制委員会のやることが怖い!
  • 大元から漏れる重大事故!原子力規制委が原発構内図などを誤って公開原子力規制委員会は3日、公式サイトで3月20日に公開した東北電力女川原発(宮城県)の審査資料で、テロなどへの悪用を避けるため空白とすべき構内図や写真を、4つのファイルで57カ所にわたってそのまま掲載するミスがあったと発表した。04月03日https://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/sankei-lif1804030038.htmlこうした重大な落ち度は罰せられな [続きを読む]
  • 最強の剣法は幕末維新に開花した!
  • 三船敏郎の抜刀術・映画『椿三十郎』少年の頃始めて本物の刀を触らせてもらった時、そのずしりとした重量感には驚いた。本当に真剣は重いのだと思った。昔の武士はそうした重い刀剣を戦場で自在に操っていたわけだから、それ相応の膂力を身に付けるべく日々鍛錬していたことになる。それも一瞬のうちに抜き打ちする抜刀術となると、その俊敏さは想像を絶する。そういうこともあって、以前から黒澤明の映画『椿三十郎』で主演した三 [続きを読む]
  • 独立開業には確かに勇気がいる!
  • 自ら独立開業を計画する先日ある医療関係の方と初対面ではあったが、3時間ほど親しく話す機会があった。話の内容は個人的な相談事に近いもので、その方の希望は将来代替医療の分野で独立して仕事がしたい、それもいわゆる整体療術の分野で開業したいということであった。整体療術業のことは勿論であるが、今後どのような方策を採ったらいいのか参考になる話しを聞かせてもらえないだろかということであった。当方も医療分野での伝 [続きを読む]
  • 日本からの頭脳流出が止まらない理由?!
  • 日本発の高品質な科学成果発表はさらに3.7%減少http://univ-journal.jp/20092/国内大学の論文数、化学、材料科学、物理学分野が急減http://univ-journal.jp/19950/2017年の特許出願数、中国が日本を抜いて2位に--3年以内に米国を上回りトップへhttps://japan.cnet.com/article/35116497/米国に迫る中国の軍事力 驚異的な軍備の近代化、課題はソフト面https://newsphere.jp/world-report/20180216-4/日本はいずれ衰退する!?「な [続きを読む]
  • 辻馬車で巡る観光地・大分県湯布院町
  • 楽しい観光辻馬車が走る街!湯布院観光の目玉として30年以上前から開設されたものに、「辻馬車」があります。所要時間は約50分で湯布院のおもな名所を紹介しながら回るもので、コースは、由布院駅を出発して〜仏山寺〜六所宮(宇奈岐日女神社)〜由布院駅に戻るというものです。とにかく、「観光辻馬車」はまず子供たちが大喜びします。お馬さんに近くで触れ合える体験は、いい思い出になります。ただし、天候や馬の体調でお休みに [続きを読む]