momoandbon さん プロフィール

  •  
momoandbonさん: ナチュラリストの散歩道
ハンドル名momoandbon さん
ブログタイトルナチュラリストの散歩道
ブログURLhttp://denjiha55.blog.fc2.com/
サイト紹介文生活を支援する病気や症状に対する東洋医学的健康情報、癒し情報、風景写真、歴史的事件に関連したブログ
自由文生活を支援する病気や症状に対する東洋医学的健康情報、癒し情報、風景写真、歴史的事件に関連したミステリアスなエッセイ情報、謎解き、かわいい動物や植物写真、イラスト作品、パソコン修理奮闘記、整体業開業マニュアル、ビジネス情報、ダイエット情報、本能寺の変、西郷隆盛の謎など幅広い題材を網羅したブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供329回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2013/05/25 03:05

momoandbon さんのブログ記事

  • 世間には美味しい饅頭や蟹を怖がる人がいる?!
  • そこにある食物が怖い!?子どもの食物アレルギー、治療や検査で8人が重症横浜市の医療機関で食物アレルギー治療の臨床研究に参加した子どもが一時心肺停止になった問題に関連し、全国でほかの子ども8人も治療や検査で重い症状が出ていたことが19日、わかった。2017年11月19日 朝日新聞デジタルhttp://www.asahi.com/articles/ASKCM6FX9KCMUBQU011.html人にはそれぞれ食物に好き嫌いといった嗜好がある。 どうしても酒が飲め [続きを読む]
  • パソコン廃棄と同時に自営業を廃業しました!?
  • PC98ついに起動せず!愛用品というか、どうしてもそれを使わざるを得ない状況があって、いままで30年以上以前の古いパソコンを使い続けてきました。これほど長期にわたって同じ機種を使い続けるということは通常では考えにくいことなのです。当然処理能力などの機能面を比較すれば、いまのパソコンとは雲泥の差があります。中古品としてもほとんど見かけることもなくなったような古いパソコンをいまだに使用しているのは、WI [続きを読む]
  • 柴犬は飼い主以上に寛容である!
  • 寒くなると仲良し!最近は少し外気が冷たくなってきたようです。我が家の愛犬や愛猫もいよいよ寒さ対策が必要になってきたようです。いつもは別々に離れて寝ているのですが、最近は同じ寝床に仲良く入っていることがあります。愛犬モモの方はそうでもないのですが、愛猫のボンは寒さには敏感で温かいところで寝ようとします。それで寒くなると勝手にモモの寝床に潜り込んで寝てしまいます。最初は端の方にボンは寝ていますが、次第 [続きを読む]
  • 多機能年賀はがき作成ソフトが無料で使える!
  • すべて無料とはいえ、超優れものことしも年賀状書きの季節になってきたが、郵便局の郵便年賀サービスに「はがきデザインキット」という無料アプリがあるのをご存知であろうか。これは使いこなすとすこぶる便利である。年賀郵便だけでなく、一年中、季節ごとの各種はがき印刷にはすべて対応できるので使い勝手がいい。ここ何年かはこのアプリを専ら使っているのだが、毎年バージョンアップしてきてより高機能になってきている。毎年 [続きを読む]
  • 四季を通して観察出来るタデ原湿原を訪れる
  • 初冬のタデ原湿原を訪れる大分県九重の長者原の中にはラムサール条約登録湿原であるタデ原湿原があり、環境省長者原ビジターセンターを起点に約1.3kmの長者原自然研究路(遊歩道)が整備されています。ここは阿蘇くじゅう国立公園内にあって、九重連山の登山口として広く知られています。どの季節に訪れても美しい風景が広がっています。秋が訪れると一面にススキの穂が風に揺れています。初冬に再度湿原を訪れてみました。ここは [続きを読む]
  • 一杯のカリン酒が喉を守ってくれる!
  • いまこそカリンを酒に漬けるときカリンという果実があるのをご存知ですか?形がリンゴにちょっと似た秋の果実です。例年通り今年もその果実でカリン酒を作ることにしました。 知り合いの94歳のおばあさんに聞いて、カリン酒がとても喉によいということだったので11月に山までカリンの実を採りに行ってきました。 半月近く置いておいたのですが、すこし黄色くなってきたのでいよいよカリンを漬けることにしました。 カリ [続きを読む]
  • 自前でもここまで書けるきPOPテクニック!
  • 自前の手書きPOPが冴えわたる!仕事の現場では手書きで張り紙やPOP文字を書かなくてはならないときがある。ブラックボードやタペストリーを活用すれば、集客や販売促進にはより効果がある。街中ではこうしたPOP文字やブラックボードが随所で活躍している。プロにいちいち頼んでいたら大変であるから、下手でもどうにか工夫して書かざるを得ないときがある。こういうとき手軽に見栄えのするPOP文字の描き方のテクニックを知っている [続きを読む]
  • 年末のプリンターのお手入れはお済みでしょうか?
  • 10年以上使用のプリンターの手入れ方法どうやらなおし込んでいたプリンターが必要な時期が近づいてきました。そうです、年末ということでさっそく年賀状書きのシーズンがやって来たということになります。毎年プリンターで印刷するのですが、いつもはレザープリンターを主に使うことが多いこともあって、ほぼ1年近くインクジェットプリンターの方はまったく使用していませんでした。さっそくインクジェットプリンターのテスト印 [続きを読む]
  • カラス退治は電磁波レーザーが効果的です!
  • カラスを撃退する電磁波光線銃!現在巷で外国製の高出力レーザーポインターが、一部で注目されています。強力な指向性を持つ電磁波が照射出来るものです。それも本来の使用目的とは違って、むしろその桁外れとも思える強力な電磁波パワーそのものが人気を集めているようです。マッチやライターがなくとも電磁波エネルギーでタバコに簡単に火が付けられます。犬や猫、カラスまでもが、片手で電磁波照射するだけで簡単に撃退できる便 [続きを読む]
  • カサノバとサンジェルマン伯爵とは詐欺仲間であった!
  • 謎のタイムトラベラー不老不死は人間の最大の夢であるが、それだけに不死に関する逸話は数限りない。 不死ということですぐに思い出すのは、十七世紀をはさんで二世紀近くヨ−ロッパで活躍したというサンジェルマン伯爵である。 ルイ15世時代のフランス宮廷に突如登場したサンジェルマン伯爵は年令不詳であり、公私にわたる記録によれば八十才半ばでありながら、見た目には四十代にみえた。宮廷に出入りしただけでなく裕福で [続きを読む]
  • パラダイス文書までもがついにハッキングされた!
  • 最大流出元「ハッキング受けた」 パラダイス文書2017年11月6日http://www.asahi.com/articles/ASKC40040KC3UHBI025.html?iref=pc_rellinkパラダイス文書の内訳は、①大手法律事務所アップルビーの内部文書683万件②シンガポールの法人設立サービス会社「アジアシティ」の内部文書56万6千件③バハマ、マルタなど19の国・地域の登記文書604万件だ。パラダイス文書「U2」ボノ氏の名も 1340万件入手2017年11月6日ht [続きを読む]
  • 半世紀以上使うことがなかった装備品の飯盒
  • これも骨董品?!これが旧日本陸軍で使われていた飯盒です。ロ号飯盒といわれるものです。材質は薄いアルミ製ですので、古い傷や凹みが全体にあります。親父が戦時中に使っていたものですが、戦後はシベリアにまで携帯していった経歴があります。これで道ばたの野草を煮て食ったといっていました。すでに塗装も剥げている古物なのですが、なかなか捨てきらずに保管しているものです。内側から見ると凹みがありますが、内皿はわりと [続きを読む]
  • 試してみませんか耳年齢モスキート音検査!
  • 音波で蹴散らすことも可能コンビニなどの商店では、店舗前にたむろしたり座り込む若者を追い出すなどの目的に使われているものに「モスキート音」を発生する忌避装置がある。これには通常17.5kHzから18.5kHzの周波数が利用されていて、主に25歳未満の若者層が対象である。「モスキート音」は若者の耳には15〜20メートル離れていてもその不快な音が聞こえ、5分から10分たつとそれに耐えられなくなる。欧米で開発されたもので、タイ [続きを読む]
  • 日本人の祖先は遠いところからやって来た!
  • えっ、日本人の祖先はユダヤ人なの!?昔から言われているところの日ユ同祖論(日猶同祖論)とは、日本人(大和民族)とユダヤ人(古代イスラエル人)とは、共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説のことである。これは明治期に来日したスコットランド人のニコラス・マクラウド(ノーマン・マクラウド)が著した論説を発端にしたもので、それ以降一部の日本人とユダヤ人によって提唱されているスケールの大きな説である。かって古 [続きを読む]
  • 秋恒例のジャパンポップス演奏の夕べへご招待!
  • 秋のジャパンポップスの夕べいまも活躍するザ・ベンチャーズが演奏するジャパンポップスの数々を紹介します。思い出の名曲がそろっています。ザ・ベンチャーズが作曲したものも少なくありません。ザ・ベンチャーズ 雨の御堂筋〜京都慕情 Hokkaido Skies 北国の青い空 - Ventures Live in Japan 1990二人の銀座 GinzaLights The VenturesVENTURES・・日本を奏でる。 「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」 「 [続きを読む]
  • 看板猫だからこそ自ら店頭に立つ!
  • 巷の看板猫とは世の中には看板猫とか看板犬とかいわれるペットが居る。とても不思議なことで、世界中でそのような現象が沢山起きている。江戸時代にもそれに類する話があって、ある小さなた店の経営が傾きかけて困っていた時、どこからともなく野良猫がやってきてその家に住み着いてしまったという。そしてしばらくするとその猫が店頭に居ることによって、急に客が集まり始めて店も繁盛するようになったという話が残されている。そ [続きを読む]
  • 湯布院「喫茶去cafe動真庵」・猫がいる癒やしどころ
  • 動真庵・湯布院癒しの空間を訪ねる湯布院を訪れると、まるで時間がゆっくりと流れているように感じられる時がある。日ごろの雑事や喧騒に追われた生活に慣れていると、誰でもがそうした感慨を抱くようになるのである。数年前、湯布院を訪れた時、地元の知人といっしょに食事をすることになり案内されて出かけたことがあったが、賑やかな町の中心部ではなくて車がどんどん山の中に入っていくのですっかり驚いてしまった。本当にこん [続きを読む]
  • 晩秋の水郷都市・筑後柳川の風景と廃市
  • 水郷柳河と掘り割りの風景柳川は水郷ともいわれるように、街中を縦横に掘割が走っている。柳川は戦国時代の蒲池氏の城下 (柳河城)として、安土桃山時代は田中吉政が入府し、さらに江戸時代には立花宗茂の柳河藩13万石の城下町として発展してきた歴史がある。こうした掘割は歴代の領主による治水工事でここまで整備されたもので、江戸時代当時とほぼ変わらない水路をいまも随所に残している。だから城下周辺の水路沿いの人家や寺 [続きを読む]
  • 相手が美女だったから歴史に残った戦国秘話
  • 年上の美女に押しかけられた話!戦国時代の肥前の龍造寺隆信といえば、きわめて残忍な武将であったと伝えられている。その龍造寺隆信の母といわれるのが、慶誾尼(1509〜1600)である。慶誾尼は本家村中龍造寺16代当主胤和の長女として生まれ、分家の周家に嫁ぎ嫡子隆信を産んだ。九州も戦国真っただ中にあったが、隆信は幼年期には寺に預けられたため一時期僧籍に身を置いていた。天文14年(1545年)に夫であった周家が殺されたた [続きを読む]
  • 今年も土手カボチャの季節となりました!
  • いまが旬「土手かぼちゃ」「土手かぼちゃ」という名称をご存知でしょうか?九州地方ではよく聞くのですが、その他の地方にも同じような品種があるのかどうかは判りません。当地では、昔から「土手かぼちゃ」というと女性の器量がよくないことの喩のように使われることもあるのですが、店頭で並んでいるのを観たことがありませんでしたのでいままで食用になるとも思っていませんでした。土手かぼちゃはとても古い品種のようで、田舎 [続きを読む]
  • 魅惑のフラメンコダンスの夕べ
  • ソフィアローレンの踊り実は当方フラメンコが大好きである。できたら本場スペインまでフラメンコを観るために是非訪れたいとかねがね思っている次第である。フラメンコはリズムの取り方が難しいのであるが、その激しいリズムがかえって軽快であって曲想そのものに深みを与えている。フラメンコダンスは、ダンサーの足の動きがすばらしくその足さばきに魅了される。Sophia Loren Dances Flamenco Flamenco dance (1) in Granada 201 [続きを読む]
  • 人類の月面探査は何故に終わってしまったのか?
  • 月に本物のかぐや姫が眠っていた三島由紀夫の小説に、「美しい星」というSF小説がある。SF小説といっても、たしかに作家三島由紀夫は決してそのスタイルからしてSF小説家としてもっぱら評価されていたわけではなかった。それでもSF小説まがいの作品も手掛けていたことだけは確かである。日本の古典文学に精通していた三島由紀夫は、その一方で「SF小説」は大人の童話だと言っていた。日本の古典文学にもSF小説がある。 [続きを読む]
  • 紙芝居にも西部劇が登場した時代とは!?
  • 何故ぜだかTV西部劇全盛の時代今思えば不思議な現象であった。1960年代には大量の西部劇が毎週のようにTV放映されていた。とても懐かしいシリーズ物もあったし、中にはほとんど記憶に残っていないものもあるが、当時のテレビ番組には必ず西部劇が組み込まれていたのは確かである。雄大なアメリカ西部とガンマンとが、本当にうまくマッチングしていたものだと思う。Rawhide ローハイド 拳銃無宿 Wanted Dead or Alive W [続きを読む]