くーまん さん プロフィール

  •  
くーまんさん: さ! 今度は何処へいこう♪
ハンドル名くーまん さん
ブログタイトルさ! 今度は何処へいこう♪
ブログURLhttp://kuu.txt-nifty.com/docodoco/
サイト紹介文お山で出逢った風景に、山野草、動物、その他諸々・・・。お山の風景日記つけてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/05/26 06:53

くーまん さんのブログ記事

  • 湿度98% 〜7末の塔ノ岳〜
  • 7月21日。場所は毎度の大倉登山口。午前3時。標高を290mにセットして、スタート真っ暗で何も見えない中、強い芳香で気づかされたヤマユリ。その後、暗夜黙々と登って。。朝の5時、標高1300m付近。わぉ。。夜明け前の富士山に、雲海がどどどど〜コレ見れただけでも、来てよかった♪(゚ー゚)南に目を向けると、水平線にはうっすらと赤い帯。明るくなるに従って、お花にも目が向き始めます。さっそく、閉じてるウツボグサめっけ♪標高1 [続きを読む]
  • 樹齢7年にしてようやく♪ 〜どんぐりくん日記29〜
  • 2011年。北丹沢で拾ってきた、樹齢7年の最古参ドングリくん。今年に入って大きな変化があったので御報告です。今の時期、先端にツンと新芽を出し、すくすくっと、ちょっとづつ背丈を幹を伸ばしていくのは毎年のことなんだけど。。今年の5月26日。早朝水遣りをしてた時。あれあれ?先端で、今まで見たことのない突起物を発見。その1ヵ月後。6月26日早朝。謎の突起物は前よりひとまわり大きくなって。。さらには外殻の逆さ鱗模様も [続きを読む]
  • 実り、けっこうあるんだなぁ♪ 〜塔ノ岳、6月初旬〜 
  • 6月8日、晴のち曇。また1ヶ月あけての山トレです。行先は毎度の塔ノ岳、大倉尾根ピストン、お花見兼ねて。登山口手前、大倉周辺の民家の生垣には、初々しいアジサイ。登山道に入るやいなや、路肩はドクダミ天国。そのドクダミに混じって、この時期らしく、ヒメレンゲ。標高を200mほど上げると、アカショウマが咲き始めてました。繊細。。(゚ー゚)その繊細な花影、葉っぱの上でもユラユラっと♪標高800m付近。この辺りはヤマザクラが [続きを読む]
  • 御在所岳3 〜帰路、4末の国見尾根〜
  • 4月28日の御在所岳、終篇です。御在所山上公園の第一ケルンから、「裏道」登山道に入って。しばらくはこんな道を下っていき。。ポンと視界が広がって、正面には御在所三角点の頂。この角度からのアカヤシオもいいなぁ♪第一ケルンから20mほど下って、国見峠に到着。裏道ルート(湯の山温泉方面)はここから下山です。が、御在所岳をお隣から仰ぐべく、もう少し足を伸ばして国見岳方面に直進!80mほど登り返して、岩のゴロゴロし [続きを読む]
  • 御在所岳2 〜4末の頂〜
  • 4月28日の御在所岳、続きです。朝陽台をあとにし、山頂に向かうゲレンデにて。ゲレンデから見返した、御在所岳のお隣、国見岳の山斜面。この頃、風とガスがこの日一番激しかったんだけど。。ガスが、アカヤシオの斜面を撫でてく感じ、素敵だったなぁ。そしてラストの登り。気がはやりますそして御在所岳にタッチよしゃ!御在所岳の標高は1212m。この山頂は一般の観光客さんも混じってて、そこそこの混雑。どうしよっかなぁ〜と思 [続きを読む]
  • 稜寒麓温 〜4初、塔ノ岳×丹沢山〜
  • 4月8日、晴ときどき雲り。久々の山トレです。行先は地元、塔ノ岳に丹沢山。毎度の大倉登山口からのスタート。麓には早くもヤマブキ。大倉登山口に咲くシャガ。お、春らしいなぁ♪(゚ー゚)少し登っていくと。。ヒトリシズカの群落に遭遇。今年はこの花を見に陣馬山まで行こうかと思ってたけど、ここで出会えてラッキー♪ほか、マルバコンロンソウに、白いタチツボスミレ、でもって、ヤマルリソウ、麓はコレが多かったなぁ。標高900m付 [続きを読む]
  • 3末の相模三川公園
  • 3月25日、晴れ。この日はジョギングがてら、海老名市の相模三川公園へ。公園の賑やかな花や野草に癒されてきました。公園の土手には黄スイセン。こちらは鈴蘭水仙。同じ土手、ツクシくんにスギナくん(゚ー゚)相模川河川敷から見たこの日の大山。空は春の気候らしく、薄青色に春霞み。その河川敷には大きな桜がぼこぼこと。ここの桜、8割方咲いてたかな♪公園内にある旭川を、さくら橋から。ここには川に沿ってユキヤナギが沢山。正面 [続きを読む]
  • 第33回・大山登山マラソンに初挑戦
  • 3月11日。この日は神奈川県伊勢原市主催、「大山登山マラソン」の開催日。この日、山仲間と連れ立ってこのイベントに参加してきました。大山登山マラソンは初参加。というより、公のマラソン大会の参加自体、初めてです。午前7時、会場になってる伊勢原小学校へ。受付を済ませにいきます。ゼッケンとともに手渡されたRSタグ。これを靴紐にくくり付けてタイムを計測するらしい。。今の技術、すごいな。(黒塗り箇所は加工、ゼッケン [続きを読む]
  • 朝練 〜大山山麓のミツマタ〜
  • 3月10日。朝露まみれのミツマタ。大山の女坂ではミツマタが咲き始めてます。ちょっと標高の低い宿坊辺りは満開♪帰りがけに路地で買ったフキノトウ。テンプラにして食べました。お花部分とらないと苦いなぁ><ノいい季節になってきました。マラソン大会まであと少し。それまで山はお預けです。 [続きを読む]
  • 江島詣13 〜向かい波の中の三つ鱗〜
  • 今年1月6日の江島詣。終篇です。富士山に丹沢大山。江の島弁天橋の中ほどから。江の島に近づいてきて、西磯。釣り人はこの時期さすがにいないっか弁天橋を渡り終え、目の前には江島神社の大きなノボリ。ノボリてっぺんにつく赤い紋は、江島神社の社紋、「向かい波の中の三つ鱗」。その先の青銅鳥居です。扁額は梵字でちょっと分かりにくいけど、「江島大明神」の文字。江戸時代は「大辨財天」と掲げられてたみたいです。おじぎして [続きを読む]
  • 江島詣12 〜ゑのしま道3、腰越の龍神〜
  • 1月6日の江島詣。最後の寄道は「龍の口」。江の島道篇その3は、龍口山の南麓から。江ノ電の走る交差点付近に、ひっそりと佇む鳥居あった、ここここ♪扁額には「龍口明神社」の文字。ここが弁財天女の旦那さん、五頭龍大神を祀る社。おじぎしてっと弁財天女と五頭龍大神の馴れ初め。江島縁起によればこんなとこかなぁ。(以下、くーまんざっくりまとめ)その昔、村人を散々苦しめ悪事を働いていた、5つ頭の龍、五頭龍。欽明天皇13年 [続きを読む]
  • 江島詣11 〜ゑのしま道2、諏訪社の丘から〜
  • 1月6日の江島詣。江の島道篇その2は、江の島道、片瀬小学校以南の道のりを。片瀬小学校・江の島道標の右隣、江の島道標よりひとまわり大きな弘法大師の石柱その石柱には大きく「弘法大師」、左下には「拾八番」の文字。ここは弘法大師ゆかりのお寺さんで、相模国大師廿一の第18番霊場。また相模国準四国八十八ヶ所の札所。(43番)お寺の名前は、「片瀬山 大聖院 泉蔵寺」。(せんぞうじ)宗派は高野山真言宗。総本山は高野山金剛 [続きを読む]
  • 江島詣10 〜ゑのしま道1、カモメと鵜〜 
  • 1月6日の江島詣。遊行寺詣りののち、江の島道に入りました。遊行ロータリーの交差点から先は、藤沢駅の北、「遊行通り」。通り名のとおり、ここはちょっとした遊行寺見物♪藤沢駅の北口にでました。市役所の新庁舎が完成してるみたいなので、ちょっと寄ってみたわっ、こんなんなっちゃったかぁ駅の地下通路をくぐって、藤沢駅の南口へ。バスターミナルや商店街を抜け。。ここは「鵠沼石上」地区の砥上公園前。ここには本日4基目の [続きを読む]
  • 江島詣9 〜藤沢宿篇3、遊行寺詣り〜
  • 1月6日の江島詣、藤沢宿篇その3。街並み見物のあと、「遊行寺(ゆぎょうじ)」に立寄りました。遊行寺橋、渡り中。足元を流れる川は境川、河口付近でのまたの名を片瀬川。遊行寺の表玄関、「惣門」に到着。遊行寺。正式名は「藤澤山 無量光院 清浄光寺」。(遊行寺は通称)宗派は浄土門の流れを汲む時宗(じしゅう)で、ここは時宗の総本山。開祖は一遍上人。門の上、中ほどにある「三」の紋様は、時宗の宗紋、「隅切三」。おじぎ [続きを読む]
  • 江島詣8 〜藤沢宿篇2、街並・昔の趣を伝える数々〜
  • 1月6日の江島詣、続きです。この先は遊行寺橋のたもとまで、気ままに旧東海道を歩きました。おー、石積みの蔵だ入口もさりげなく豪勢。重々しい建物のわりに、入口扉、ベンガラの細い桟が素敵♪調べてみたら、この建物は「旧鎌田商店」の石蔵。明治30年築で、商いは紙、保管庫のみが現存。石蔵は明治以降、肥料商や米穀集荷商が集中した際、それらの保管庫になってたそうで、当時の商用を伝える貴重な建物なんだそうな。ちょっと奥 [続きを読む]
  • 江島詣7 〜藤沢宿篇1、義経と弁慶ゆかりの地へ〜
  • 1月6日。江島詣、2日目。午前7時。伊勢山山頂からの朝陽。朝陽を受けて、真っ赤に染まった河津桜の蕾。蕾、3日前は気づかなかったぁ。そして3日ぶりに仰ぐ江ノ島。この日の目標確認!(゚ー゚)ゞそして藤沢宿へ突撃!タッタッタッタッこの日は小田急江ノ島線・藤沢本町で下車。そののち1月3日のフィニッシュ地点、伊勢山を再登。ここで前回行脚をつなぐとともに、目標の江ノ島を確認。一路、江ノ島を目指しました。藤沢本町駅にもど [続きを読む]
  • 2018年2月、すごいコがやってきた♪ 〜どんぐりくん日記28〜
  • 2月10日。昨年お山で拾ってきた木の実のうち、その1つが芽吹いてたのをこの日発見!お〜、トチの実、きたかぁ♪葉柄がトップで3本にわかれて、それぞれに葉が5枚。葉は1柄に5〜7枚つくのがトチノキの特徴みたいだから、間違いはなさそう。このコの出身地、そしてお母さんはよく覚えてます。出身地は、七面天女を祀るお山、七面山。お母さんは、七面山裏参道・安住坊の前にある大トチノキ。樹齢およそ700年で、日蓮上人の高弟 [続きを読む]
  • 江島詣6 〜大山道から藤沢宿へ (藤沢市城南、藤沢地区)〜
  • 大山から江ノ島を目指す1日目の1月3日。この日のフィニッシュ篇です。前回で田村通り大山道を歩き終えて。。四ッ谷交差点前の「四谷不動」。その脇には「大山みち」と彫られた御影石柱に案内板。四谷不動の案内板には。。不動さんの載る道標は、東海道と大山道の交差する四谷辻に建てられていたということ。そして、正面に「大山道」、両側面に「これより大山みち」と彫られてること。江戸時代を通じて、江戸町人の大山参詣が盛ん [続きを読む]
  • 江島詣3 〜田村通り大山道3・平塚篇2 (田村地区)〜
  • 1月3日の「たむら道」くだり。伊勢原市南部、平塚市横内と抜け。。この大山道の名前にもなってる、平塚市田村に突入です。旧田村十字路の手前、民家で見かけた八重咲きの山茶花。旧田村十字路に到着。この交差点の一角には、大山道標がドンと!ちょっと読みにくいですが、正面の文字は「たむらみち」。左側面の文字は「田村講中」かな。道標とは別に、この一角には「十王堂跡碑」と彫られた石碑が建ってます。江戸時代には十王堂一 [続きを読む]
  • 江島詣2 〜田村通り大山道2・平塚篇1 (横内地区)〜
  • 1月3日の「たむら道」くだりは、伊勢原市を抜けて、平塚市北東部に突入。現在地区は平塚市横内、県道44号線をひたすら南下中。尋常でないスピードで、カターンカターンカターンカターン東海道新幹線。。見れてちょっと嬉しい型こそ違うけど、ちっちゃい頃、コレを見てワクワクしたものです。新幹線のガードをくぐって。大山とはここでしばしお別れ。そのガードのすぐ先、御霊神社(ごりょうじんじゃ)という社がありました。ここも [続きを読む]