くーまん さん プロフィール

  •  
くーまんさん: さ! 今度は何処へいこう♪
ハンドル名くーまん さん
ブログタイトルさ! 今度は何処へいこう♪
ブログURLhttp://kuu.txt-nifty.com/docodoco/
サイト紹介文お山で出逢った風景に、山野草、動物、その他諸々・・・。お山の風景日記つけてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/05/26 06:53

くーまん さんのブログ記事

  • 銀杏に寒椿、水仙に仏座
  • 12月9日。脚に乳酸がたまってます。予定してた山行はお休みにして、この日は、廻りを気にしながら適度で流すことに。。この日の丹沢大山。この場所は神奈川県内、海老名と厚木の境にある相模三川公園。その先、何故かついつい見入ってしまう欄干橋梁。そして、イチョウが眩しい。。( ̄ー ̄)イチョウ、各地で色付きはじめてますね。この近くの神社(有鹿神社、海老名市)にもイチョウの木があったはずなので、お詣りがてら寄ってみ [続きを読む]
  • もみじをハシゴ 〜11末、塔ノ岳×大山モミジ祭〜
  • 11月23日、晴れのち曇り。久しぶりに山トレ決行。この日は塔ノ岳と大山をハシゴです。お目当ては、残り山野草に、モミジ観賞!塔ノ岳へは、毎度の大倉尾根から。その大倉尾根、標高700〜800m付近のモミジ道は今年も艶やか♪ただ例年に比べると、ちょっと色づきがウスいかなぁそんな中、黄色に染まる木々だけは何故かヤル気満々!(゚ー゚)尾根斜面、行燈のようなモミジの光景は例年とおんなじ♪今年は全体的に紅葉木々の数が少なかっ [続きを読む]
  • 三山駆けに挑戦3 〜皇海山へ〜
  • 2日行程の「三山駆け」山行、終篇です。11月16日の午前8時50分。鋸山をあとにし、三山駆け最終のお山、皇海山へ!しばらくは鋸山の北斜面、ロープのついた急斜を下降。木々には霧氷、足元には霜。眼下の影鋸につられて、振り返ってみるとおー、尖ってる尖ってる!(゚ー゚)鞍部に近づくほど霧氷が濃くなり、もうほとんど冬景色。鋸山北稜の中程から仰ぐ皇海山。この先、どうやら左手の小ピークを越えていくらしいその小ピークを緩く登り [続きを読む]
  • 三山駆けに挑戦2 〜絶峯、鋸山〜
  • 2日行程の「三山駆け」山行、その2です。2日目、11月16日早朝。夜明け前に「庚申山」を踏んだのち、2座目の「鋸山」へ向うべく稜線に突入しました。うわぁ〜、紅った♪(゚ー゚)6時20分。。。皇海山の頂がいい具合に、日の出の「時」を知らせてくれます。しかし、雲を境に、こうもクッキリ色分れするとは。。神々しすぎて、皇海山には神様が絶対いるって無条件に思っちゃうなぁそしていきなり御岳山!次いで駒掛山!三山駆けといいつつ [続きを読む]
  • 三山駆けに挑戦1 〜庚申講の総本山、庚申山へ〜
  • 11月15日、快晴午後1時。栃木県日光市足尾町、「国民宿舎かじか荘」の駐車場に到着。でもってここは、「庚申山」というお山に加えて「皇海山」の登山口。この日とその翌日の2日間(11/15〜11/16)。かねてから気になっていた信仰のお山「庚申山」を詣でがてら、その昔、「三山駆け」という呼び名で親しまれてきた伝統的なルート、庚申山〜鋸山〜皇海山の峰々を辿ってきました。庚申山というお山。知ることとなったのは、大山道を歩 [続きを読む]
  • 雨の中の八雲の社
  • 11月9日、雨この日はお仕事の関係で埼玉県の大宮へ。仕事帰り、かねてから気になっていた氷川神社に立ち寄ってきました。大宮はこれまで車で通過する以外は縁がなく、この地を踏んだのはこの日が初めて。氷川神社も初めてです。余裕があれば参道を端から歩きたかったのだけど、既に午後4時をまわってたので断念!その参道の木々はケヤキっぽいなぁ木々の紅葉はもう少し先といったところ。正面の赤い鳥居を抜けて。。その先の太鼓橋 [続きを読む]
  • 初秋の山 〜塔ノ岳、9月半ば〜
  • 9月17日。晴れのち曇り。悪天候の合間を縫って、この日は地元、塔ノ岳へ。行程はシンプルに大倉尾根をピストン。お目当ては秋の山野草です。麓。ネギ壮観!帰り、路地でネギ買っていこっか♪その畑の土手には沢山のニラの花。そして彼岸花も咲き始め。もうこんな時期かぁ(゚ー゚)登山道に入って。早々見かけたのはウバユリの実。そういえばウバユリの花、今年は見逃した〜><杉の根元でひっそり花をつけてたのはシュウカイドウ。相変 [続きを読む]
  • 富士山2018 〜宝永づくし篇・結び〜
  • 8月20日、富士登山2日目。午前3時半に起床するも、外は強烈な雨風の音この時点で御来光は諦めて、2度寝そして午前5時50分。合掌日の出時刻は5時頃の予定でしたが、この朝日が事実上の御来光となりました。山小屋からは私も含めて、天候の頃合いを見計らってた方々が続々と。この時もまだ霧雨が舞ってて、皆さん頭から足まですっぽりの完全防備。風もちょっと強め!山小屋の脇には 「是より奥宮境内 浅間大社」 のお札さ、いこか〜 [続きを読む]
  • 宝永づくし4 〜絶景かな♪七合九勺〜
  • 8月19日の富士登山、其の四。1日目の〆篇です。宝永山到着は午後1時。この時間、ちょうど雲が湧いてしまって。。全方位観望とまではいきませんでしたが、頂からの展望を2つ程。宝永山からの南景です。正面に愛鷹。駿河湾を挟み、その奥には天城連峰を頂点とする伊豆半島。この日の伊豆はホント綺麗に見えたなぁ(゚ー゚)西の火口側。。。火口底は見えないかぁ。天子南稜の先に高峰が見えました。位置的にテカリ(光岳)かな?高さ的に3 [続きを読む]
  • 宝永づくし3 〜宝永火口巡りに、宝永山登頂〜
  • 8月19日の富士登山、其の三です。いよいよ宝永の核心部へ突入!御殿庭上の先の斜面。斜めに付けられた道を辿って、左の小ピークへ。オンタデ以外、この斜面でよく見かけたのはミヤマオトコヨモギ。このヨモギ、今回のコースではこの辺りが一番多かった。キオンかな?パッチ状に点在するオンタデ緑の中、ポツポツ見かけます。歩いてきた道、見返しです。斜面底部は、宝永の第三火口。右の樹林帯が御殿庭の森になるのかな?(゚ー゚)あと [続きを読む]
  • 宝永づくし2 〜御殿庭の森を抜けて〜
  • 8月19日の富士登山。続き其の2です。上双子山で想像以上に体力を使ってしまったのでこの先は少しのんびり歩いてくことにしました。しばらくは上双子山を巻くように、サクッサクっと針葉の幼木がポツポツ目立ち始めます。見上げると、先ほど踏んだ上双子山斜面にもびっしり。その幼木の正体は、茶筅♪じゃなくって、カラマツ(゚ー゚)眼下は、いつの間にかカラマツの親木で埋め尽くされてました。麓から吹き上げる風に、タネがのっかっ [続きを読む]
  • 宝永づくし1 〜御殿場口から双子山へ〜
  • 8月19日、快晴。ここは御殿場口新五合目の登山口。「富士山眺望遺産」と銘打たれたこの場所からの眺めは、手前に宝永山、奥に富士山。気持ちの高ぶる瞬間♪付近にあった世界遺産の標識です。No.1-3 /25、須山口登山道。(現在の御殿場口登山道)この辺りも富士山の構成資産だったんだ。この日、昨年に引き続き富士山に登ってきました。日程は8/19〜20の2日間。そして今年はルートを変え、ここ、御殿場新五合目からのスタート。でも [続きを読む]
  • 湿度98% 〜7末の塔ノ岳〜
  • 7月21日。場所は毎度の大倉登山口。午前3時。標高を290mにセットして、スタート真っ暗で何も見えない中、強烈な芳香に誘われ、気づかされたヤマユリ。その後、暗夜黙々と登って。。朝5時、標高1200m付近。わぉ。。夜明け前の富士山に、雲海がどどどど〜コレ見れただけでも、来てよかった♪(゚ー゚)南に目を向けると、水平線にはうっすらと赤い帯。明るくなるにつれて山野草にも目が向きはじめます。さっそく、花閉じのウツボグサめ [続きを読む]
  • 樹齢7年にしてようやく♪ 〜どんぐりくん日記29〜
  • 2011年。北丹沢で拾ってきた、樹齢7年の最古参ドングリくん。今年に入って大きな変化があったので御報告です。今の時期、先端にツンと新芽を出し、すくすくっと、ちょっとづつ背丈を幹を伸ばしていくのは毎年のことなんだけど。。今年の5月26日。早朝水遣りをしてた時。あれあれ?先端で、今まで見たことのない突起物を発見。その1ヵ月後。6月26日早朝。謎の突起物は前よりひとまわり大きくなって。。さらには外殻の逆さ鱗模様も [続きを読む]
  • 実り、けっこうあるんだなぁ♪ 〜塔ノ岳、6月初旬〜 
  • 6月8日、晴のち曇。また1ヶ月あけての山トレです。行先は毎度の塔ノ岳、大倉尾根ピストン、お花見兼ねて。登山口手前、大倉周辺の民家の生垣には、初々しいアジサイ。登山道に入るやいなや、路肩はドクダミ天国。そのドクダミに混じって、この時期らしく、ヒメレンゲ。標高を200mほど上げると、アカショウマが咲き始めてました。繊細。。(゚ー゚)その繊細な花影、葉っぱの上でもユラユラっと♪標高800m付近。この辺りはヤマザクラが [続きを読む]
  • 御在所岳3 〜帰路、4末の国見尾根〜
  • 4月28日の御在所岳、終篇です。御在所山上公園の第一ケルンから、「裏道」登山道に入って。しばらくはこんな道を下っていき。。ポンと視界が広がって、正面には御在所三角点の頂。この角度からのアカヤシオもいいなぁ♪第一ケルンから20mほど下って、国見峠に到着。裏道ルート(湯の山温泉方面)はここから下山です。が、御在所岳をお隣から仰ぐべく、もう少し足を伸ばして国見岳方面に直進!80mほど登り返して、岩のゴロゴロし [続きを読む]
  • 御在所岳2 〜4末の頂〜
  • 4月28日の御在所岳、続きです。朝陽台をあとにし、山頂に向かうゲレンデにて。ゲレンデから見返した、御在所岳のお隣、国見岳の山斜面。この頃、風とガスがこの日一番激しかったんだけど。。ガスが、アカヤシオの斜面を撫でてく感じ、素敵だったなぁ。そしてラストの登り。気がはやりますそして御在所岳にタッチよしゃ!御在所岳の標高は1212m。この山頂は一般の観光客さんも混じってて、そこそこの混雑。どうしよっかなぁ〜と思 [続きを読む]
  • 稜寒麓温 〜4初、塔ノ岳×丹沢山〜
  • 4月8日、晴ときどき雲り。久々の山トレです。行先は地元、塔ノ岳に丹沢山。毎度の大倉登山口からのスタート。麓には早くもヤマブキ。大倉登山口に咲くシャガ。お、春らしいなぁ♪(゚ー゚)少し登っていくと。。ヒトリシズカの群落に遭遇。今年はこの花を見に陣馬山まで行こうかと思ってたけど、ここで出会えてラッキー♪ほか、マルバコンロンソウに、白いタチツボスミレ、でもって、ヤマルリソウ、麓はコレが多かったなぁ。標高900m付 [続きを読む]
  • 3末の相模三川公園
  • 3月25日、晴れ。この日はジョギングがてら、海老名市の相模三川公園へ。公園の賑やかな花や野草に癒されてきました。公園の土手には黄スイセン。こちらは鈴蘭水仙。同じ土手、ツクシくんにスギナくん(゚ー゚)相模川河川敷から見たこの日の大山。空は春の気候らしく、薄青色に春霞み。その河川敷には大きな桜がぼこぼこと。ここの桜、8割方咲いてたかな♪公園内にある旭川を、さくら橋から。ここには川に沿ってユキヤナギが沢山。正面 [続きを読む]
  • 第33回・大山登山マラソンに初挑戦
  • 3月11日。この日は神奈川県伊勢原市主催、「大山登山マラソン」の開催日。この日、山仲間と連れ立ってこのイベントに参加してきました。大山登山マラソンは初参加。というより、公のマラソン大会の参加自体、初めてです。午前7時、会場になってる伊勢原小学校へ。受付を済ませにいきます。ゼッケンとともに手渡されたRSタグ。これを靴紐にくくり付けてタイムを計測するらしい。。今の技術、すごいな。(黒塗り箇所は加工、ゼッケン [続きを読む]
  • 朝練 〜大山山麓のミツマタ〜
  • 3月10日。朝露まみれのミツマタ。大山の女坂ではミツマタが咲き始めてます。ちょっと標高の低い宿坊辺りは満開♪帰りがけに路地で買ったフキノトウ。テンプラにして食べました。お花部分とらないと苦いなぁ><ノいい季節になってきました。マラソン大会まであと少し。それまで山はお預けです。 [続きを読む]
  • 江島詣13 〜向かい波の中の三つ鱗〜
  • 今年1月6日の江島詣。終篇です。富士山に丹沢大山。江の島弁天橋の中ほどから。江の島に近づいてきて、西磯。釣り人はこの時期さすがにいないっか弁天橋を渡り終え、目の前には江島神社の大きなノボリ。ノボリてっぺんにつく赤い紋は、江島神社の社紋、「向かい波の中の三つ鱗」。その先の青銅鳥居です。扁額は梵字でちょっと分かりにくいけど、「江島大明神」の文字。江戸時代は「大辨財天」と掲げられてたみたいです。おじぎして [続きを読む]
  • 江島詣12 〜ゑのしま道3、腰越の龍神〜
  • 1月6日の江島詣。最後の寄道は「龍の口」。江の島道篇その3は、龍口山の南麓から。江ノ電の走る交差点付近に、ひっそりと佇む鳥居あった、ここここ♪扁額には「龍口明神社」の文字。ここが弁財天女の旦那さん、五頭龍大神を祀る社。おじぎしてっと弁財天女と五頭龍大神の馴れ初め。江島縁起によればこんなとこかなぁ。(以下、くーまんざっくりまとめ)その昔、村人を散々苦しめ悪事を働いていた、5つ頭の龍、五頭龍。欽明天皇13年 [続きを読む]