けい さん プロフィール

  •  
けいさん: 趣味は読書です
ハンドル名けい さん
ブログタイトル趣味は読書です
ブログURLhttps://ameblo.jp/piano4season/
サイト紹介文ひたすら読んだ本たちの記録。 読書感想ブログ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/05/26 16:16

けい さんのブログ記事

  • セックスボランティア / 河合香織
  • セックスボランティア (新潮文庫)/新潮社¥562Amazon.co.jp「性」とは生きる根本――。それはたとえ障害者であっても同じことだ。脳性麻痺の男性を風俗店に連れていく介助者がいる。障害者専門のデリヘルで働く女の子がいる。知的障害者にセックスを教える講師がいる。時に無視され、時に大げさに美化されてきた性の介助について、その最前線で取材を重ねるうちに、見えてきたものとは――。タブーに大胆に切り込んだ、衝撃のルポ [続きを読む]
  • 告白 / 町田康
  • 告白 (中公文庫)/中央公論新社¥1,234Amazon.co.jp人はなぜ人を殺すのか――。河内音頭のスタンダードナンバーにうたいつがれる、実際に起きた大量殺人事件「河内十人斬り」をモチーフに、永遠のテーマに迫る著者渾身の長編小説。第四十一回谷崎潤一郎賞受賞作。 「ゴランノスポン」、「パンク侍、斬られて候」と読んできまして、満を持してついに、告白を読んでみました〜!又吉の「第2図書係補佐」でも紹介されていましたし、“ [続きを読む]
  • 女子会川柳3 / シティリビング編集部+ポプラ社編集部
  • 女子会川柳3/ポプラ社¥1,080Amazon.co.jpサラリーマン川柳全盛の1997年、女性たちもストレス発散を、と始まった「シティOL川柳大賞」も今年で第19回。これまでの応募総数も、8万句を超えました。「腰かけ」「寿退社」の時代がとうに終わり、OL読者の平均年齢も10歳以上アップ!婚活より終活(?)、デートより飲み会にまい進する、自虐的かつ攻撃的なリアルな日常を詰め込んだ一冊です。「女子会川柳」「女子会川柳2」に続く第3弾で [続きを読む]
  • 鷺と雪 / 北村薫
  • 鷺と雪 (文春文庫)/文藝春秋¥535Amazon.co.jp昭和十一年二月、運命の偶然が導く切なくて劇的な物語の幕切れ「鷺と雪」ほか、華族主人の失踪の謎を解く「不在の父」、補導され口をつぐむ良家の少年は夜中の上野で何をしたのかを探る「獅子と地下鉄」の三篇を収録した、昭和初期の上流階級を描くミステリ“ベッキーさん”シリーズ最終巻。第141回直木賞受賞作。 「街の灯」、「波璃の天」、と続いたベッキーさんシリーズの最終巻で [続きを読む]
  • 「音大卒」は武器になる / 大内孝夫
  • 「音大卒」は武器になる/ヤマハミュージックメディア¥1,728Amazon.co.jp「音大を出てどうするの?」 多くの音大生や、親御さんの共通の悩みといってもいいでしょう。 「音楽でご飯を食べていきたい!」これは多くの音大生の希望だと思いますが、現実はたやすいことではありません。しかしじつは、『音大での経験』は社会で生きるための強力な武器になります! 音楽を通じて学ぶこと、音大で身に付くスキルなどは、あらゆる分野に [続きを読む]
  • ある日、アヒルバス / 山本幸久
  • ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)/実業之日本社¥782Amazon.co.jpアヒルバス入社五年の観光バスガイド・高松秀子(通称デコ)はわがままツアー客に振り回されたり、いきなり新人研修の教育係にされたりと悩み多きお仕事の毎日。さらにある日、アヒルバスを揺るがす大事件も起きて…笑いあり、感動ありのバスガイドたちの姿を東京の車窓風景とともに生き生きと描く。面白かったです。キャラに愛着がわいたのが大きかったですね [続きを読む]
  • 救う力 / 吉岡秀人
  • 救う力 人のために、自分のために、いまあなたができること/廣済堂出版¥1,512Amazon.co.jp「本気」で動ける人は、未来を創造できる。国内外から熱狂的に支持されている医師が贈る、魂を揺さぶる44のエール!「死にゆく子どもを救え」や「飛べない鳥たちへ」の吉岡秀人さんの本です!ん〜今回は、一応「名言集」みたいになっていて、無理くり名言を最初に持ってきてその後エピソード、という感じだったので、いや普通にエピソード [続きを読む]
  • あのとき始まったことのすべて / 中村航
  • あのとき始まったことのすべて (角川文庫)/KADOKAWA / 角川書店¥価格不明Amazon.co.jp社会人3年目、営業マンとして働く僕は、中学時代の同級生、石井さんと10年ぶりに再会した。奈良の東大寺を訪れた修学旅行や、複雑な気持ちを秘めて別れた卒業式。当時の面影を残す彼女を前に、楽しかった思い出が一気に甦る。そして新たに芽生えた思い……。しかし、一夜を共にした僕らに待っていたのは意外な結末だった――。きらきらと輝いて [続きを読む]
  • 考える障害者 / ホーキング青山
  • 考える障害者 (新潮新書)/新潮社¥778Amazon.co.jp往々にして世間は障害者を汚れなき存在のように扱う。 一方で、表には出てこないが、「厄介者」扱いする人もいる。そんな両極端の捉え方ってなんかヘンじゃないか――身体障害者芸人として二十余年活動してきた著者は、偽善と建前を痛烈に嗤い、矛盾と盲点を鋭く衝く。 「24時間テレビ」「バリバラ」「乙武氏」「パラリンピック」から「やまゆり園事件」まで、本音度一〇〇パーセ [続きを読む]
  • 君が夏を走らせる / 瀬尾まいこ
  • 君が夏を走らせる/新潮社¥1,620Amazon.co.jp小さな手。でたらめな歌。喜ぶ顔。増えていく言葉。まっしぐらに走ってくる姿。夏はまだ残っているというのに、それらをすべて手放さないといけないのだ。寂しい、悲しい。そういう言葉はピンとこないけど、体の、生活の、心の、ど真ん中にあったものを、するっと持っていかれるような心地。金髪ピアスの俺が1歳の女の子の面倒をみるなんて!?16歳の少年の思いがけない夏。青春小説の [続きを読む]
  • 勇気凜凜ルリの色 福音について / 浅田次郎
  • 勇気凛凛ルリの色 福音について (講談社文庫)/講談社¥713Amazon.co.jpついにとったぞ、直木賞。受賞前後の興奮と戸惑いを綴るエッセイ。爆笑のち涙。やがてじんわり効いてくる!恋焦がれた直木賞。紆余曲折はあったけど、ついに雪辱、祝受賞。その前後の喜怒哀楽を、ときに格調高く、そしてときに下品に綴った貴重な記録の傑作エッセイ。他人の弱点を笑いとばし、自らの身を嘆息する。しかし我が道を信じ邁進し、手に入れたのが売 [続きを読む]
  • いま行っておきたい秘境駅2 / 牛山隆信
  • いま行っておきたい秘境駅2/自由国民社¥1,512Amazon.co.jp秘境駅オーソリティ牛山隆信厳選第2弾!いますぐ行くべき46の秘境駅ガイド!廃止された秘境駅の過去と現在、秘境信号場の現状取材!「いま行っておきたい秘境駅」の続編です。今回はなぜか駅の写真が曇り空ばかりで、写真はかなりいまいちでした。こういう本や写真集を見ると、やっぱり北海道って強いですね〜!北海道の秘境駅に行かずして、秘境駅好きは名乗れないな、と [続きを読む]
  • Xの悲劇 / エラリー・クイーン
  • Xの悲劇 (角川文庫)/角川グループパブリッシング¥778Amazon.co.jp満員電車の中で発生した殺人事件。被害者のポケットからは、ニコチンの塗られた針が無数に刺さったコルク球が発見された。群衆ひしめく巨大なニューヨークで続く第2、第3の大胆な殺人にも、目撃者はいない。この難事件に、聴力を失った元シェイクスピア俳優ドルリー・レーンが挑み、論理的で緻密な謎解きを繰り広げる。本格ミステリの不朽の名作。 読みにくかった [続きを読む]
  • 日本の歴史5 源氏と平氏―鎌倉時代・前期 / 堀江卓
  • 学研まんが 日本の歴史 (5) 源氏と平氏―鎌倉時代・前期/学習研究社¥価格不明Amazon.co.jp源氏と平氏が戦った時代の様子を、有名な人物の活躍を中心にまんがで分かりやすく構成。歴史学習に役立つ写真・地図・年表なども豊富。巻頭・巻末でその時代の特色や要点を詳しく解説。学校の勉強に役立つ工夫がいっぱい。日本史シリーズ第5巻。ついに、鎌倉時代まで来ました!とりあえずこの本は、1180年〜1220年ぐらいまで。やっぱりこの [続きを読む]
  • 働き方の教科書 / 新将命
  • 伝説の外資トップが説く 働き方の教科書/ダイヤモンド社¥1,728Amazon.co.jp人としての器を広げ、仕事でのスキルを磨くには――。“伝説の外資トップ”と呼ばれる著者が半世紀近くに及ぶ自身の経験をもとに確立した「自分マネジメント」の原理原則。 中々に、読みやすかったです。読んでいて、かなりポジティブな気持ちになれました。確かにそうよね〜、とか自分も次からそうしよう!と思えるところがたくさん。ご紹介します。「情 [続きを読む]
  • 書店ガール2 / 碧野圭
  • 書店ガール 2 最強のふたり (PHP文芸文庫)/PHP研究所¥720Amazon.co.jpあの熱いコンビが帰ってきた! 吉祥寺に出店する大手書店チェーンに転職を果たした理子と亜紀。しかし、大型書店という、いままでと違う職責に理子は戸惑っていた。一方、文芸書担当として活躍する亜紀にも問題が。妊娠をきっかけに起こった夫との確執、書籍の回収騒動――。そんな忙しい日々の中、本と本屋の力を信じる二人が立ち向かう新たな挑戦とは?全国 [続きを読む]
  • どんぐりの家 / 山本おさむ
  • 小説 どんぐりの家/汐文社¥価格不明Amazon.co.jpろう重複障害者の生活し、働く場所となる作業所作り、気の遠くなる金額、周囲の偏見、気兼ねなど不安をかかえながらも、共同作業所「どんぐりの家」への理解と支援の輪が広がり始める。コミック、アニメ映画の文学版。元は、山本おさむさんによる漫画なんですよね。これはそれの、小説版。すごーーーく、よかったです!今までに読んだ障害系の本で、1、2を争うぐらいよかったです。 [続きを読む]
  • 卒業式まで死にません / 南条あや
  • 卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)/新潮社¥562Amazon.co.jpここにいるのは、特別な女の子ではありません。もしかしたら自分だったかもしれない「もう一人のあなた」です。渋谷、ゲーセン、援交、カラオケ――。青春を謳歌しているイマドキの女子高生かと思いきや、実は重度のリストカット症候群にしてクスリマニア。行間から溢れ出る孤独と憂鬱の叫びが、あなたの耳には届くでしょうか。死に至る三ヶ月間 [続きを読む]
  • ハッピーロンリーウォーリーソング / 枡野浩一
  • ハッピーロンリーウォーリーソング (角川文庫)/角川書店¥価格不明Amazon.co.jp前代未聞のことば芸術、「かんたん短歌」の世界。話題のスキンヘッド歌人、枡野浩一のデビュー短歌集がついに文庫化。各界で絶賛の、まったく新しいことば表現が、ときに優しく、ときに刺激的に、触れたものの心を貫く。少し前にネットでこの本を知り、何か、ぐさっとくる短歌を読み、わ〜読もう〜と思って一冊読んでみたのですが、一体過去の自分がど [続きを読む]
  • 双頭の悪魔 / 有栖川有栖
  • 双頭の悪魔 (創元推理文庫)/東京創元社¥1,123Amazon.co.jp他人を寄せつけず奥深い山で芸術家たちが創作に没頭する木更村に迷い込んだまま、マリアが戻ってこない。救援に向かった英都大学推理研の一行は、大雨のなか木更村への潜入を図る。江神二郎は接触に成功するが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。川の両側に分断された木更村の江神・マリアと夏森村のアリスたち、双方が殺人事件に巻き込まれ、各々の真相究明が始ま [続きを読む]
  • 風の万里 黎明の空 / 小野不由美
  • 風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)/新潮社¥680Amazon.co.jp風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)/新潮社¥724Amazon.co.jp人は、自分の悲しみのために涙する。陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。祥瓊は、芳国国王である父が簒奪者に殺され、平穏な暮らしを失くし哭いていた。そして鈴は、蓬莱から辿り着いた才国で、苦行を強いられ泣いていた。それ [続きを読む]
  • ワーカーズ・ダイジェスト / 津村記久子
  • ワーカーズ・ダイジェスト (集英社文庫)/集英社¥454Amazon.co.jp大阪のデザイン事務所で働く奈加子と東京の建築会社に勤める重信。一度だけ仕事で出会った二人は、お互い32歳で同じ誕生日という事実を心の片隅に、仕事や日々の暮らしに立ち向かう。感想に、「平凡。」「刺激がない。」という言葉を多く見ましたが、それは、お仕事小説にとって、“褒め言葉”です。もう私は、序盤からきゅんきゅんきちゃいました!奈加子の朝のし [続きを読む]
  • イニシエーション・ラブ / 乾くるみ
  • イニシエーション・ラブ (文春文庫)/文藝春秋¥383Amazon.co.jp僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説――と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。・・期待はずれ、でした。いやいや。何か仕掛けのある小説だ [続きを読む]
  • 冬のフロスト / R・D・ウィングフィールド
  • 冬のフロスト 上 (創元推理文庫)/東京創元社¥1,404Amazon.co.jp冬のフロスト 下 (創元推理文庫)/東京創元社¥1,404Amazon.co.jp寒風が肌を刺す1月、デントン署管内はさながら犯罪見本市と化していた。幼い少女が行方不明になり、売春婦が次々に殺され、ショットガン強盗にフーリガンの一団、“怪盗枕カヴァー”といった傍迷惑な輩が好き勝手に暴れる始末。われらが名物親爺フロスト警部は、とことん無能な部下に手を焼きつつ、人 [続きを読む]
  • 僕らの仕事は応援団。 / 我武者羅應援團
  • 僕らの仕事は応援団。 ~心をゆさぶられた8つの物語~/大和書房¥1,404Amazon.co.jp会社を辞めてまで作った日本で唯一のプロ応援団、実話にもとづく感動ストーリー。我武者羅應援團という応援団のお話。こういう世界もあるんやね〜っていう感じで読みました。確かに、依頼はいっぱい来そうですね。それが仕事になるんだから、すごいことです。「頑張れ」は日本独自の言葉。外国語に訳すことはできない、っていうのは興味深いですね! [続きを読む]