kasa5o さん プロフィール

  •  
kasa5oさん: 2ndFrame
ハンドル名kasa5o さん
ブログタイトル2ndFrame
ブログURLhttp://kasa5o.exblog.jp/
サイト紹介文ベースである福岡空港の他、各地の空港で撮影した飛行機の情景写真。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/05/28 07:59

kasa5o さんのブログ記事

  • 限られた空 - 天草空港
  • 曇りの予報だったため期待していませんでしたが、良い空に恵まれました。天草の送迎デッキからの眺めは障害物があり、狙える構図が限られます。今回の1枚も、この構図から左右に振る余裕はほぼなく、これ以上引くこともできません。便数が少ない中、この場所で流れる雲がバランス良くフレームに収まるのは、結構難しいことなのです。2017.10 [続きを読む]
  • 花文字山の眺望2017 / 2 - 長崎空港
  • 長崎も737クラスの便が多く、大型機は貴重。そんな中、光線状態の良い午後にやって来るANA663便は、花文字山からの撮影の目玉的な存在。引きで山々の稜線を取り込む構図は、787のような大きな機材でないと成立しません。花文字山の開放は年に一度だけ。その開放日に、787がやって来たのは今年が初めて。2017.09 [続きを読む]
  • 花文字山の眺望2017 / 1 - 長崎空港
  • 9月30日、長崎空港空の日のイベントで開放された花文字山へ。2回に分けて、その様子を紹介します。到着機+出発機。花文字山の開放には何度か足を運んでおり、2年前にも同じ便の絡みで似た画がブログにも掲載済み。しかし、今回の1枚の方が攻めているのでアップしておきます。到着機+船。頻繁に船の発着があるものの、今まで撮れそうで撮れなかった組み合わせ。2... [続きを読む]
  • 白いエンジン - 福岡空港
  • 前回アップした霧の朝の約2時間後。一見すると普通の晴天ですが、エンジン内部に発生している真っ白なベイパーが湿度の高さを物語ります。ベイパーは変化が激しいもの。1秒間に撮影した9コマのうち、左右のエンジンがともに白くなっているのはこの1コマのみでした。2017.09 [続きを読む]
  • 雨のち快晴 - 福岡空港
  • 前日の雨から一転し、晴れの予報だった朝。霧の予感がし、夜明け前に天候をチェックすると、予想通り空港周辺には霧が立ち込めていたので出撃。日の出とともに、少しずつ霧が晴れてきた時のこと。背後の国際線ターミナルや街並みを包み隠す霧、雲一つない快晴の空、そして朝の光を浴びる777。これまであまり目にしたことのない、幻想的な光景が広がりました。2017.09 [続きを読む]
  • 夕ぐれのSSJ100 - 佐賀空港
  • 9日の往路に続き、またもや大幅な遅延で13日夕刻に佐賀へ到着したヤクティアの復路便。点灯したランウェイライトを活かしたいと思い、滑走路上で180°ターンする姿をRWY11エンドから。RWY29へ着陸し、エンドまで転がらずにターンされたのは誤算。少々焦りましたが、何とか佐賀らしい場所で切り取ることができました。散々待たされ、最終的には仕事のため時間切れで、この後の鹿児島へ... [続きを読む]
  • 闇に浮かぶオーロラ - 佐賀空港
  • 9月9日、佐賀へ姿を現したヤクティアのSSJ100。16:10着予定でしたが、機材トラブルで6時間ほど遅れての到着。闇の中、前方を照らす光の筋と尾翼に描かれたオーロラが浮かび上がります。30分で折り返すべく出発準備を進めたようでしたが、プッシュバックを開始したのは到着から約45分後。大幅な遅れに待ちくたびれた乗客を乗せ、ハバロフスクへ出発しました。2... [続きを読む]
  • 北風の南ぬ島 - 石垣空港
  • 8月末に石垣へ。この時期を選んだのは、海に夏らしい美しさを残しつつ、北風が吹くこと期待して。希望通り北風で晴れの予報でしたが、台湾の南を通過した熱低の外側の雲が予報に反して発達したため薄曇り。十分な光線がないため、海を入れたショットは到底狙うことができず。しかし、視程は良く、陽炎が少ないコンディションを活かして、RWY04から離陸する787をカラ岳から切り取りました。2... [続きを読む]
  • 瀬長島・情景 - 那覇空港
  • 今夏2度目となる沖縄遠征で石垣、那覇へ出かけました。残念ながら天候に恵まれず散々な結果に終わりましたが、3枚だけアップしたいと思います。まずは那覇、瀬長島の情景。北風に吹かれ画面左へ去りゆく雲と浮かぶ2艘の小舟を取り込み、少し変化をつけることができました。2017.09 [続きを読む]
  • 南ぬ島の盛夏 13 - 石垣空港
  • 今回の石垣のベストショット。構図的には工夫のない定番ショットではありますが、海の色と機体への光線のバランスが最も良い13時台。4年目にして、やっと少しはカラ岳のポテンシャルを引き出せた思いです。定番をしっかり押さえたいと言う呪縛から解放され、次からはもっと気楽に、もっと自由にカラ岳に臨めそうです。2017年 盛夏の石垣編は、これにて終了です。2017.06 [続きを読む]
  • 南ぬ島の盛夏 12 - 石垣空港
  • 今回、最も印象に残った盛夏の雲。石垣、与那国ともに来る日も来る日も、曇りや雨の予報でした。石垣へ向かう機内では気が重かったですし、明日こそダメかと思うことの連続。挙句の果てにはノーマークだった台風3号が発生し、予定を切り上げて福岡へ帰ることさえ考えました。しかし、島の天気は本当に分かりません。蓋を開けてみれば、連日視程良好な夏空が顔を見せてくれました。2017.06 [続きを読む]
  • 南ぬ島の盛夏 11 - 石垣空港
  • 昨年10月から石垣に姿を見せるようになり、このサマースケジュールから本格的に投入されてる787-9。今回、787-9を撮影する機会は一度きりで、カラ岳山頂から撮影した最後にして最大の獲物がこの機体でした。この夏の石垣の目玉をモノにするまでは落ち着かず、最後の最後まで緊張感のある撮影となりました。787-9は、南ぬ島の滑走路に落ちる最も大きな影の主。2017... [続きを読む]
  • 西の果て 5 - 与那国空港
  • 台風3号が真夜中に八重山諸島へ最接近。その影響が心配されましたが、大した風雨もなく迎えた朝。台風は遠ざかり始め、前日までの東風から西風に変わっていました。那覇からの朝イチRAC721便は、台風の影響で条件付きの運航でしたが、何事もなく穏やかな天候の与那国へ着陸。写真は折り返しの石垣行きRAC742便。与那国からの離陸は、風が弱ければ石垣方面へ真っ直ぐ向かうRWY08が... [続きを読む]
  • 西の果て 4 - 与那国空港
  • 与那国で絡めたい風景は、空港北西にある断崖の岬、馬鼻崎。この島を訪れたのは、この1枚を撮るためだと言っても過言ではありません。馬鼻崎は先端まで車で行くことができます。わずか1日4便の空港ですから、時間は十分過ぎるほどあったので足を運んでみました。断崖の上から透き通った海を見下ろすと、沖縄では刺身で良く見かけるイラブチャーの緑の魚影、そしてウミガメの姿も。2017.07 [続きを読む]