評議会 さん プロフィール

  •  
評議会さん: 評議会のブログ
ハンドル名評議会 さん
ブログタイトル評議会のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/matrix2013/
サイト紹介文広く人々に「益」を繋げる。「弘益人間」宣言に基づいた建国精神の夢を全ての人々と見れば・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/06/01 07:10

評議会 さんのブログ記事

  • 幽霊労働組合
  • 宗教言うもんは、腐敗や不正が蔓延するようなもんになると「復古主義」的になる。昔(初期)に戻れと言うようになんねん。せやけど、昔も不完全やったから、最初はええかもしれへんけど、不完全さの流れを汲んで現状があるかもしれへん。「復古主義」は決してええもんやない。既得権保持の保守にとっては、反動的なもんに映りやすいけど、ある意味、保守が保守であるべきもんを持続させる為に「復古主義」を演出する方便を使うこと [続きを読む]
  • 根っからのニッポン風統一教徒や。
  • ニッポンの精神的支柱の「お上制度」は、人間の理性を重視するより、制度の隷属に合理性を求めてく。そうすれば、自分らはええ方向を保ち、やがて自分の世界(領域)を作ることができると思い、それが誰にも侵されへんもんと思い込む。せやから、みんながんばろうと言った一体感を持つが、自分本位が根幹にある。人間言うんは、生れながらにして天の父の下に皆平等で、天の父の下に生きて行ける権利を有していく、、、なんてもんは [続きを読む]
  • FPA創設大会訪韓後、何になる?!
  • ニッポンは元々、どちらかと言うたら大きな政府でサービスをちゃんとやります言うもんやった。ムラ社会的組織階級で裏金とか、業界団体を使うて金を配るなどする。自民党はその再配分に強い政党や。それを批判され、規制緩和、構造改革、行政改革に力を入れるようになる。すると「自己責任論」の方に傾いてきた。元々ムラ社会組織やったから、自己責任で自由を与えられてくと、人はどんどん孤立し、孤独になって、不安になる。そし [続きを読む]
  • 保守リベラル
  • 「リベラル」は、だいたい2つの方向に分かれてく。権力が個人の内面とか人権とか財産権とかに土足で踏み込んで制約をするんはええもんやないと言う「権力からの自由」と、みんなの自由を実現する為には、国や権力が個人の領域に介入するとになる。市場に任せとくと、格差や不平等が生じるから、金持ちからいっぱい税金をとって、みんなで分けて、各自が自由を追求するための基礎要件を国が賄うと言った権力が積極的に関わらせる。 [続きを読む]
  • リベラル
  • ニッポンでは、「保守」「リベラル」と言うて、アホなニッポン勝共や世界日報、ニッポン統一教徒系は、リベラル=左=悪と、自分らの罪悪を隠す隠れ蓑のように思想武装してる。「リベラル」とは、そもそもどういう概念なんやろか? それはキリスト教の宗教改革に起源があんねん。16世紀の宗教改革以降、カトリックとプロテスタントの対立で、ヨーロッパは二分された。両者の価値観をめぐる対立から、30年戦争が起きたわけや。その [続きを読む]
  • 赤子のように扱われる人が、、、
  • 真のリーダーシップを抱く為の成長過程で、有利な立場=強いほうを選ぶより、あえて弱い方を選んだほうがええ。弱い方に付くことで、強い方に身を置いてる時には見えへんかったことが見えてくる。ない時の有り難さ、なって見ての有り難さなど、天の父は全てを失った状態で、一番弱い立場から、愛の実現をさせてきはった。復帰の過程で、そう言った弱さを知ってる人こそが、最強になれんねん。強さ(サタン)の対極にある弱者(天の [続きを読む]
  • まだまだ蕩減時代のニッポンFPA
  • 家庭言うとこは、主に血縁と愛情によって結ばれた人らの構成で、過去からのルーツを学ぶとこでもある。先祖を知り、家族の温かみを感じ、家族ごとの多様性を経験しては、平和を知り、自分自身の存在を知るわけや。そう言った環境圏を通して、家庭内で作りあげた人格は、誠実さが身に付き、犠牲と奉仕の労を惜しまへんようになる。FPAは、各家族同士で礼節と尊厳をもって、拡大家族制度の意識の下、互いの愛情ネットワークを構成す [続きを読む]
  • 独自に出発の門出や!
  • さて、、、FPA は国民の声を代弁できるんやろか? 既成政党の声を真似てるようでは国民の声の代弁とはホンマの意味で言えへん。特にニッポンにおいては、既成政党(自公)の声では、既成宗教、既成伝統文化などを天の父の前に正当化させるだけの無駄な声に過ぎへん。せやったら、既成権力に苦言を言うて参加し、客観的で独立的な立場になれるんかとなる。アホな産経や世界日報の言論を借りた世論をあたかも正論のように言うても、 [続きを読む]
  • 呑んでクダ撒き、噛み付くアホ
  • 信仰観の違いなんか、ただ単に神輿の違いなんか、、、どうも左寄りになれば、「悪」と言った根拠のない悪説に偏りを擁してく傾向の中、似たり寄ったりのもんらが、規制枠を作り上げてく。こないなもんは、自分枠を守ろうとする危機統制の一つやけど、それなりの代価が伴ってまうことを知らなあかん。この規制枠で人を増やそうとすれば、いろんな面で成長は鈍化する。そこで倫理的、道徳的な行動をする人らを育てなあかんねんけど、 [続きを読む]
  • 立たへんニッポンの女性土台で、小池百合子でも無理や。
  • なかなかの女も所詮、日本会議の女や。排外主義的要素を持ち得て、民進党を解体させよった。「排除する」言うて、立憲民主党が生まれ、小池百合子劇場によるブームに陰りが生じた。風が弱まってきた感がある。う〜ん、安倍は延命するかもしれへん。延命できる選挙結果で、安倍の悪行も信任されたと言わんばかりに調子こくことやろ。ネトウヨは喜び、統一教系ニッポン人もほほ笑みながら、ニッポンの明日に希望を抱くわけや。希望の [続きを読む]
  • 高校無償化から見るニッポンの情恥
  • 朝鮮学校を高校無償化制度から除外した国の判断を「適法」とした広島、東京地裁判決について、原告側の学生らが、「朝鮮人と言うだけで排除する民族差別。法で裁かれないなら共生の未来は来ない」などと不条理を訴えた。国側は、「国連安全保障理事会が経済制裁を決議しているのに、ニッポン政府が朝鮮学校に就学支援金を出すわけにはいかない。『教育の機会均等』とは別次元の話だ」と言う。朝鮮学校の排除が北朝鮮への制裁という [続きを読む]
  • 閉じこもり? 宗教性自閉症?
  • これから、FPAのニッポン人には、韓民族固有の独特で豊かな精神的な遺産(レガシー)から繰り出される真父任のレガシーを垣間見ることができるやろか? それらによって道徳的特性を生み出せるまでに至るとは到底思えへんけど、顕進任が示される Korean Dream で、夢を共有し、共に育てることができひん状態で、何を望んでFPAで主人的意識を天に捧げようとするんか、先が見えへん。ただ単に、元統一教徒が更に小さな枠内に閉じこも [続きを読む]
  • 南北統一ビジョンは、霊肉統一ビジョンに繋がる
  • 古朝鮮からの「弘益人間」のビジョンを実現させる為には、今現在、先ず、南北統一をさせなあかん。今や半島国家の分断によって、韓民族はもちろんのこと、その周辺国家群をはじめとした世界の安全保障と経済に莫大なコストを生んでる。北朝鮮のミサイル、核爆弾によって、防衛費を膨らませ、米国の軍事ツールのお得意さんになってるニッポンは、制裁やーと言うてより負担を増やしていく現状から、なんら根本解決に至る方向性には行 [続きを読む]
  • より大義の為に、、、
  • 民進党の前原誠司代表は、希望の党との合流を決断し、党の了承を得た。理想の社会を作る為と称し、身勝手なアホ安倍の政権を終わらせ、もう一度2大政党を作ると言うた。政治家など個々は、様々な立ち位置にて一人一人の腹黒さに大差などない。そんな個々が集まり、徒党を組んだ時は、個々の事情を隠しもって大義をかざすもんや。民進党とは言え、野党第1党としての大義をかざし、自民党に対峙してきた。かつての民主党時代には政 [続きを読む]
  • 小池百合子、なかなかの女やで。
  • 風が小池百合子を中心に吹きよった。アホ安倍を放置して「しがらみ」の中で、憲法改正や構造改革や言うて、日銀の介入の市場経済を展開させてもなんら庶民にもたらしたもんは、期待はずれのイカサマで、安倍を信じてアホを見ただけやった。小池百合子は、「しがらみ」からの解放を唄った。そこに原発ゼロをもって、小泉純一郎がのかってきた。小泉は、しがらみのあった郵政に執着した。様々な「しがらみ」の中で、先ずは、郵政民営 [続きを読む]
  • 国難突破? 笑
  • 国難は、少子高齢化や北朝鮮ちゃうで。。。 お天道様から見捨てられるか否かや。お天道様から信用されへんような状態であれば国運にかかるわな。この国運によってお国が衰退するようでは「国難」となるわけや。 この国難を突破するには、あえて、お天道様に信用される国運になるんやと騒ぎ立てるもんやない。せやから、宗教をもって基台づくりをするうえで、信用されるもんを立てなあかん。宗教言うてもなんでもええわけやないで。 [続きを読む]
  • 異様、異質やな
  • 今月下旬から臨時国会が始まる言うて、そん時、野党はこれまでの森友・加計問題で政権を追及する言うてた。しかし、安倍は、衆議院解散総選挙する言うた。きな臭い森友・加計問題回避の為、解散総選挙に打ってで、なんでも北朝鮮問題に論点を交わそうとするみたいやな!せやけど、どうもニッポンの外の目は、安倍は国防的な意味合いにすり替え、未だ、ニッポン経済の再生は既得権益によって妨げられ、アベノミクスへの懐疑的な目で [続きを読む]
  • 悲しいかな、真の父母より仮想自尊心優先を選ぶ
  • 真父任に言われ、それに輪をかけて言う韓国人に言われ、反省も悔い改めもなく対抗するニッポン人らが、自分らを優位にする物語を作り上げるんは、それにより自尊心が満たされるからや。ニッポン国内で、差別的かつ根拠性のない詭弁をニッポン社会は長年かけて少しずつ駆逐してきた。そこへ安倍晋三と言ったアホの登場で加熱させ、パンドラの箱の蓋を大きく開けてもうた。ニッポンで経済的・社会的な拠り所を失いつつあるもんらが、 [続きを読む]
  • 弘益人間から逃れた選択で、、、
  • 檀君神話によると、檀君の父「桓雄」が、白頭山周域を中心に統治しようと、周辺に根付いていた「熊族」と「虎族」との間で、政略的な融合をもたらした。熊族は受け入れたが、虎族は従わへんかった。虎族は、桓雄から逃れるように南下し、半島の南に移り住んでった。そして、桓雄と熊族とで政略結婚して生まれたんが、檀君やった。檀君は平壌に都をこしらえ、「弘益人間」宣言の下、国家形成をしてく。半島最南端にまで移り住んでっ [続きを読む]
  • 仕方な〜く服従。敢えな〜く玉砕。
  • 5万50万の摂理の失敗によって、ニッポンに残ったもんは、経済的恩恵だけやった。その為、経済を天に献上するだけになってもうた。この献金を摂理と称してきた。ニッポン統一教の信者は、仕方なく献金に服従する。やがて、韓国人が横槍するかのように感じるようになったニッポン人信者らは、自分らの置かれた立場よりも、自分らの位置を侵されたと思うようになり、韓国人にシブシブ追随しながらも奴隷のように服従させれたと嫌悪 [続きを読む]
  • 北朝鮮の核とミサイルと統一との闘い
  • 北朝鮮が核実験後に国連安保理で、制裁を加重されてから間も無く、またミサイルを発射した。恒例行事化して、ヤンヤヤンヤとニッポンは騒いだところなんもできひん。Jアラートを鳴らしたところ、何が変わるんか? Jアラートシステムは、発展発達してるんが取り柄かもしれへん。笑北朝鮮のミサイルが遥か上空を飛んで、警報を鳴らして、今度は竹やり(迎撃ミサイル)をもって撃ち落とすとイキがっては、空襲防衛を促してる。未だ落 [続きを読む]
  • 欠陥を補わずに行きんとして死を選ぶ
  • 顕進任を巡るスキャンダルが、最終的に統一教の信頼を完全失墜させた。この顕進任の問題が信頼失墜の真因やったんか言うとそうやない。ここを巡って、大まかに三局に分かれてもうた。この各局の信者どもが互いを牽制、批判、誹謗、中傷などをするに従い、各局の信頼失墜を持ち直すかのようにしてるが、各信者らは別にして、今や顕進任路線だけがニッポンを除いて進歩の途にある。ここニッポンにとって、顕進任の問題が不満を爆発さ [続きを読む]
  • 動かへんニッポンの摂理
  • 同一言語を持って、固有の文化と伝統を有して来た韓民族は、歪められた社会にあっても、伝統文化に帰ることで、再び天の父の前に立ってきた。そんな再起するチカラを持ってきた現在の韓国は、内戦動乱後の廃虚から製造と貿易と科学技術をリードする経済発展を成して来てる。そんな過程で、物質的豊かさを追い、進歩的主張と大衆迎合を合わせ、天の父と共にあった伝統文化と価値が失われつつある。これも歴史の一環として再起させる [続きを読む]
  • FPA は、統一ビジョンと連携する協会
  • 韓民族の建国神話は、韓民族の召命やった。せやから、この地において、天の父(ハナ任)の為に善悪分立を成し遂げようと身悶えし、阻もうとするサタンが直に工作する。サタンに屈しながらも、再起出来得る召命感に道筋を与えたんが、朝鮮の祖「檀君」や。檀君は、「弘益人間」のビジョンを描かせ、このビジョンの下に朝鮮の伝統と文化の形成を落とし入れるようにしたわけや。様々なサタンの工作猛攻を内外に受けながら、サタンに屈 [続きを読む]
  • 消費期限
  • 「ニッポンの摂理はそろそろ消費期限を迎える」そう言い切れるんは、これまで歩んで来たニッポンの信仰観にいよいよお天道様は、限界を感じてきてるからや。分断国家への協助を促すことを含め、国内の分断マイノリティ民族への保護策に不完全さを評価するに至ってもうた。とあるニッポン人が、とあるとこでニッポンに猛省を促してる。ニッポンが経済大国となれたんは、ニッポンが聡明やったからやない。最大の要因は、朝鮮動乱によ [続きを読む]