武漢オナガ Toshi さん プロフィール

  •  
武漢オナガ Toshiさん: 元日本語教師日記「のびのび」
ハンドル名武漢オナガ Toshi さん
ブログタイトル元日本語教師日記「のびのび」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/toshiyoshimura/
サイト紹介文日本語教育、異文化交流、他言語習得、相互理解、などについて考える。元日本語教師の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/06/01 09:33

武漢オナガ Toshi さんのブログ記事

  • 「間話:投票率」
  •  10月20日(金)、曇り時々小雨。早歩きで、ポステイング120枚と新聞やニュースの配達ボランテイア。途中雨が降ってきたが、傘は差さずにしのいだ。朝4時起き、約90分。健康には、とても良い。 選挙の議席獲得予測や各選挙区の情勢分析報道、非常に邪魔(負け予... [続きを読む]
  • 「間話:希望の党」
  •  10月19日(木)、曇りときどき雨。この秋、一番の冷え込みとか。かぜをひかないように厚着した。久しぶりに訪れた図書館は暖房がついていた。 ありがたいことに、いろんな集会の配信映像を見ることができる。たまたまIWJ(Independent Web Journal:岩上安身代表)のサ... [続きを読む]
  • 「間話:立憲民主党」
  •  10月18日(水)、曇り。昨日とは打って変わって、鉛色の曇り空が広がった。朝、選挙チラシのポステイング100枚。 夕方、新潟駅前では小池晃氏、森ゆうこ氏、西村ちなみ氏、万代シテイーでは、枝野幸男氏、等の演説会が予定されていたので、駆けつけて盛り上げたか... [続きを読む]
  • 「間話:憲法9条改定発議を許すのか」
  •  10月17日(火)、料理当番。快晴の空の下、行きつけの八百屋への買い出しから始める。その店のご主人のこだわりのせいか、新鮮で安い野菜が手に入る。 総選挙予想「自民堅調」を受け、「自民党内では結果を受け、秋に臨時国会を召集し、党として憲法9条の改正原案を示す案が早くも浮上。安倍晋三首相も選挙後の改憲議論を見据え、布石を打ち始めた」(朝日デジタル)というニュースが流れた。 確か1か月くらい前の世論調 [続きを読む]
  • 「間話:新潟は野党共闘対自公」
  •  10月16日(月)、曇り。急激に冷え込んできた。おでんを作った。大根が旬となって、うまい。おでんは煮ている時よりも、火を止めて放っておいた時に味が染み込むことを実感する。  この衆院選の投票日が終わるまでは、選挙の話題から離れられない。新潟の選挙区は、全国的に注目されているようだ。特に、自公側が危機感をもって、大物?を送り込んでいる、と地元テレビ局が伝えている。アベ首相、石破茂、麻生太郎、小泉進 [続きを読む]
  • 「間話:衆院序盤戦世論調査発表」
  •  10月13日(金)、曇り。夕方から冷え込んできた。今日も選挙に関わる。明日は、濃い親戚の49日法要に参加する。 「自・公堅調」は本当なのか。新聞広告になっている週刊誌情報では、自民60減とか80減を予想しているのに。 昨日紹介した白川勝彦氏が前回の衆院選の時に書いたブログには、このマスメデイアの世論調査発表についての見解が述べてある。大変興味深い。 http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/i [続きを読む]
  • 「間話:戦争を防ぐことは政治の最大の課題3」
  • 10月12日(木)、曇り。夕方から寒くなってきた。もう、年賀状が…のニュースにびっくり。今日もポステイング・120枚、そして、支持依頼(頼むのは苦手だが)。  新潟県十日町市出身、衆議院議員(6期)、自治大臣、国家公安委員会委員長、新党・自由と希望代表などを歴任した白川勝彦氏のブログを読んでいる。題名は「リベラリスト白川勝彦の永田町徒然草」である。http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index [続きを読む]
  • 「間話:戦争を防ぐことは政治の最大の課題2」
  •  10月11日(水)、曇り、朝方雨。アベに戦前の「日本を取り戻」させることがないように、「日本の政治史に残るであろう」選挙戦にかかわる。手っ取り早いのは、ブログの師匠もやっている「ポステイング(チラシ配り)」。今朝もやる。多言語習得より優先する。 隣人とは仲良くしたいと思っている。日本のメデイアは、北朝鮮や中国の「脅威」をステレオタイプ(画一的)に報道している(毎日のように北朝鮮のミサイル発射の映 [続きを読む]
  • 「間話:戦争を防ぐことは政治の最大の課題」
  •  10月10日(火)、曇り時々小雨。「市民+野党」統一候補・西村ちなみ氏の第一声(新潟駅前、午前8時から)に、その後は「共産・比例」候補・にしざわ博氏の第一声に、駆けつけようと思っていたが、義母の病院(呼吸器科)引率で行けなかった。新潟県は、2区以外(1〜6区)は協定書を交わし、市民と野党の統一候補が実現した。 井上ひさし氏の『読書眼鏡』(P103)を読んでいたら、次のような文章があったのでメモし [続きを読む]
  • 「間話:市民と野党共闘の流れは止められない3」
  •  10月6日(金)、曇り。昨夜の満月はくっきりときれいに見えた。  昨日、佐々木寛氏(市民連合@新潟共同代表)の談話を紹介したが、大月書店から野党共闘についての著書が出版されるという。電子版で、一部読めるようだ。まだ読んでいないが。https://yondemill.jp/contents/32018?view=1  同じ紙面で、ドイツ文学翻訳家9条の会世話人・池田香代子氏が印象的な談話を寄せている。 「開会してわずか100秒だったそうです [続きを読む]
  • 「間話:市民と野党共闘の流れは止められない2」
  •  10月5日(木)、晴れ。朝・晩、非常に寒くなったが、昼は日が差し、快適だった。昨日・今日と福島県の裏磐梯、桧原湖、五色沼などを訪ねた。 選挙の状況から目が離せない。新潟県は、わかりやすい構図になってきた。新潟2区の鷲尾英一郎氏・民進党県連代表前職も無所属出馬を決断した。今日、旅先から戻ってきて、地元紙で確認した。 最近、安保法制廃止の総がかり行動集会でもあまり顔を見なくなった(海外に行っていたと [続きを読む]
  • 「間話:市民と野党共闘の流れは止められない」
  •  10月3日(火)、曇り時々雨。また寒くなってきた。突然、義母(94歳)を病院に。足が弱って、車椅子。階段は、おんぶする。 今日、衆院選新潟1区の西村智奈美と4区の菊田真紀子が「希望」には行かず、無所属で出ることを公式に表明した。 これで、3区を除いて、5つの区で野党共闘の実現の可能性が復活した。とても嬉しい。参院選、県知事選での野党共闘はしっかりと根づいていた。 元民進党県連代表の黒岩宇洋がテレ [続きを読む]
  • 「間話:この政治劇はなんなの?」
  •  10月2日(月)、曇り時々雨。我が家の衣替え(敷物をかえたり、扇風機をしまったりも)にだいぶ時間を費やす。 最近の政治状況を注視している。最新の情報を早く知りたいものだから、twitter、テレビ、新聞などをよく利用している。その分、やりたいことができないのだが。 問題意識は、次の衆院選で自分も親も、子どもや孫も大嫌いな昔の「大日本帝國(中国語習得は戦争のためだった)」に突き進むような政治状況を作り出 [続きを読む]
  • 「多言語習得・NHK語学講座8・切れ目の半年」
  •  9月29日(金)、晴れのち曇り時々雨。秋らしい?天気。早朝のボランテイア(奉仕活動)は寒かった。腹立たしいのは、地方で積み上げてきた野党共闘を壊す動き。これも後で。 NHK語学講座が半年の切れ目を迎えた。今日が最終日の講座が幾つかあった。1年間続くものもあるし、3か月とか、もっと短い期間で終わるものもある。 自分が聴いているものでは、次のものが終わった。「まいにちスペイン語」「エンジョイ・シンプル [続きを読む]
  • 「多言語習得7・中国語教室交流会」
  •  9月28日(木)、秋雨が降り、大風が吹いたら、急に寒くなった。衆院選を前に政治の方でおかしなというか、国民・県民・市民を舐めきったような動きがあり、看過できない。いろいろ発信したいが、後にしたい。 某大学の語学講座の受講生を中心に、半年に1回、夜の交流懇親会がある。中国語会話5の教室の受講生が中心なのだが、わたしにも声がかかる。楽しみにしている。 貴重な情報交換の場なので、毎回出席する。こういう [続きを読む]
  • 「多言語習得6・中国語教室・こんなこともある」
  •  9月26日(火)、快晴。この数日、気持ちのいい秋晴れが続いている。今日は、雲ひとつない澄み切った青空だ。 前に、ある大学の「中国語会話7」を受講したら受講者が一人だった、そして、90分の授業が60分になったこともあってなんとか全回出席したことをここに書いた。わたし「90分だと集中力がもたないので、60分がいいです」中国人教師「二人まで60分です」わたし「そうなんですか。一人だと寂しいので二人で6 [続きを読む]
  • 「多言語習得5・オンライン英会話教室2」
  •  9月22日(金)、晴れ。日中、かなり気温が上がった。でも、30℃は超えない。朝方、寒かったので、長袖に長ズボンでボランテイアをすると、大汗をかいた。 「新しくなったEFクラスルームをどうぞお楽しみください!」とあるから、初めてnew version新機能版で、online English lesson英会話教室に参加してみた。 ただでさえ、会話教室に参加するのにはそれなりの心構えがいる。「えい、やあ!」という強い気持ちが必要なの [続きを読む]
  • 「多言語習得4・オンライン英会話教室」
  •  9月21日(木)、曇り時々晴れ。昨日夕方からの大雨と大風で、今日の山歩き(大蔵山・菅名岳縦走)計画は中止になった。 正直言って、コンピューターやインターネットには詳しくない。基本的なことを全く学んでいないので、一人で調べてやるしかない。 今はないが、パソコンを叩き壊したくなるほど、トラブル(問題)に見舞われたこともある。ウイルスにも感染したことがある。  ほんとに、いろんな技術的トラブルに遭いな [続きを読む]
  • 「多言語習得3・朝読書」
  •  9月15日(金)、晴れ。涼しい。朝、1時間ボランテイアをしながら、歩く。「足(歩くこと)がこんなに大事だったか、と今になって思う」という先輩諸氏の言葉が耳に残っているから。 朝早く起きて、外国語(ほぼ英語だが)の文章を読むようにしている。朝刊が来るとそれを読まなければならないので、その前である。 しかし、最近それがうまくいっていない。早朝にやるべき用事が増えたこともあるが、最近は朝思うように起き [続きを読む]
  • 「多言語習得2・励ましも必要」
  •  9月14日(木)、晴れ。昨日は、尾瀬沼歩きを楽しんできた。朝5時に出発し、夜9時に帰宅。山歩きの師匠とブログの師匠も一緒である。朝方までの雨も上がり、快適だったが、木道の荒れ方と植物(特に水芭蕉の葉、鹿によるものか)の荒れ方が心に染(し)みを残した。 先日の「ラジオ英会話」のセリフ、「(Sighing)Mark,I’ve been studying Italian for four hours a day.(ため息をついて)マーク、私、一日4時間イタリ [続きを読む]
  • 「多言語習得」
  •  9月12日(火)、曇りのち晴れ、時々小雨。明日、久しぶりに山歩きで遠出する。準備に追われる。間が空くと、準備の仕方を忘れるし、必要なものがすぐ出てこない。継続性が必要な点では、多言語習得と同じ。 「日本語を鍛える」という話題を設定したら、このブログから多言語習得のねたが消えてしまった感がある。しかし、その課題に日々取り組んではいる。効果が上がっているかどうかはわからない。海外旅行(家庭の事情でな [続きを読む]
  • 「間話:満蒙開拓平和記念館(長野県阿智村)5:証言2」
  •  9月8日(金)、曇り時々雨。予報に反して、一日中雨がちらついた。朝・晩、涼しくなった。 証言を読んでいると、「満蒙開拓」がどんなものだったのかわかる。 次は、小木曽弘司さん(1923(大正12)年10月生まれ、上久堅村開拓団、シベリア抑留を経て1948(昭和23)年6月引揚げ・帰国)の証言。 「(貧しさからの脱却)おれの親父は大工だったんだけど、ちょうど昭和七、八年頃から景気が悪くなって仕事がな [続きを読む]
  • 「間話:満蒙開拓平和記念館(長野県阿智村)4:証言(続き)」
  •  9月7日(木)、雨。一日中、秋雨が降り続けた。久しぶりに、図書館で他言語学習や読書。 高山すみ子さん(1924(大正13)年1月生まれ)の証言の続き。「(集団自決)照明弾がいたるところに落ちて昼間のよう。団長さんが「もうみんなの命を預かることはできねえから、ここで覚悟してもらいてえ」って、銃殺。おれもここでもうこれはダメだって覚悟して。左に小さい子ども、右に三才前の子どもをおいて言った。「内地( [続きを読む]
  • 「間話:満蒙開拓平和記念館(長野県阿智村)3:証言」
  •  9月6日(水)、雨のち曇り、時々雨。緊急事態から、ようやく通常の生活リズムを取り戻した。 満蒙開拓平和記念館の実名で語る証言がすさまじい。映像で見ることができるのだが、その証言の一部を冊子にしたものがある。 「(働いて、働いて)満州のことは、本当に地獄のような生活だった。米ねえ(ない)、味噌ねえ、漬物ねえ、水はねえ。そんな所によく国をあげて追い出してくれた。移民じゃなくて棄民だ。働いて、働いて、 [続きを読む]
  • 「間話:死は前よりしも来らず(徒然草)」
  •  9月5日(火)、晴れのち曇り。昼間の暑さが戻ってきた。8月31日(木)から3日間、母の実家の葬儀にかかわり、村上市にいた。ブログが書けなかった。 人の死に直面すると、清川妙さんの本を読んでから強く意識した「徒然草」155段の最後の部分を思い出す。 「死期(しご)は序(ついで)を待たず。死は、前よりしも来(きた)らず、かねて後(うしろ)に迫れり。人皆死ある事を知りて、待つことしかも急ならざるに、覚 [続きを読む]