あずき煮えた さん プロフィール

  •  
あずき煮えたさん: ワンダースター航星記
ハンドル名あずき煮えた さん
ブログタイトルワンダースター航星記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nietaazuki
サイト紹介文心の旅を綴ったフォトエッセイです。奈良の観光、平野町めぐり、季節の花めぐり、イベントなど。
自由文地元・奈良や勤務先・大阪市平野区を中心に関西一円の観光情報、人情報、グルメ情報など、盛り込みました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2013/06/01 11:43

あずき煮えた さんのブログ記事

  • 「第2回長原東わいわいフェスタ」 Vol.1 〜満員御礼!
  • 「第2回長原東わいわいフェスタ」 Vol.1 〜満員御礼! 去る11月11日に開催した「第2回長原東わいわいフェスタ」は昨年を遥かに超えるお客さんを迎え、大盛況で終えることができました。 主催者の長原東地域活動協議会では約1500人の来場者と推定しています。 出展、出店、出演いただいた皆さん、関係者の皆さん、協賛いただいた皆さん、お疲れ様でした。 当日のシーンを振り返ります。(写真は友人の増田氏から提供いただき [続きを読む]
  • 興聖寺 〜晩秋の宇治散策
  • 興聖寺 〜晩秋の宇治散策 興聖寺(こうしょうじ)は鎌倉初期に道元禅師が創建した道場。 宇治の紅葉の名所でもあり、「琴坂」と呼ばれる参道にはカエデが両脇に赤々と広がり紅葉のトンネルになる・・・はずであったが、この日、16日はまだ早かった。 白の漆喰が眩い楼台にアーチ形の門は、中国建築らしい竜宮門。 足を踏み入れると薬医門と本堂が目の前に見え、本堂、書院、方丈等の堂宇が一巡できるように回廊で繋がれている [続きを読む]
  • 「御田植神事」 シェラトン都ホテル公演
  • 「御田植神事」 シェラトン都ホテル公演 上本町のシェラトン都ホテルにおいて、大阪府神社庁の講演会・表彰式があり、その中で神事紹介として、杭全神社の「御田植神事」(国指定登録無形民俗文化財)の公演があった。 600人くらいの観衆の前で公演するというのは、もちろん初めてのことで、独特の雰囲気も相まって、いささか、緊張した。 演じるは全興寺の川口住職を中心とした「御田植神事保存会」のメンバー。 控え室で準備 [続きを読む]
  • 「言葉にできない」 〜深まる秋に寄せて
  •  「言葉にできない」 〜深まる秋に寄せて                各地で紅葉便りが聞かれるようになってきた。 「言葉にできない」美しさは、限りある生命の最後の挽歌か。 終わりがあるなんて、思ってもいなかった。 ずっとずっと、続くものだと思っていた。 目の前に突き付けられた現実にただ愕然として、 今は、もう「言葉にできない。」                                   [続きを読む]
  • UHフェスタ 〜地域コミュニティの祭典
  • UHフェスタ 〜地域コミュニティの祭典 11月4日(日)瓜破東小学校で瓜破東地域活動協議会主催「UHフェスタ」が開催された。 このイベントは地域コミュニティの更なる拡充を目指したもので、本年も地域の多くの方が来場された。 橋詰会長のオープニングスピーチは諸般の事情により、短くなったとか?。地域のアーティストが多数、出演。校庭の模擬店も大繁盛。 橋詰会長の「海の声」熱唱をバックにフラダンス。(諸般の事情 [続きを読む]
  • 平城宮跡〜“ススキヶ原”に晩秋の気配
  •   平城宮跡 〜“ススキヶ原”に晩秋の気配                 いつの頃からだろうか、平城京跡が、晩秋ともなると一面の“ススキヶ原”の様相を呈してきたのは。  今や、ススキの名所といっても過言ではない。                                                                             空も青く澄んで、たなびく雲に秋た [続きを読む]
  • 紙再生工房 20周年 ② 〜6年目のパートナーシップ
  • 紙再生工房 20周年 ② 〜6年目のパートナーシップ 紙再生工房さんとの最初の出会いは、地域の企業やNPOを知るための取材業務の一環で作業所に出向いたときだった。 もう、5年以上前の話。 研修で企業とNPOが提携できることの一例として、アウトドア用品のメーカー、シマノさんと紙再生工房が繋がった話※を聞いていたので、紙再生工房さんはもっとも、興味あるNPOだった。※大和川の水質浄化に役立つヨシをシマノさんが処 [続きを読む]
  • 奈良公園の菊人形 〜天平菊絵巻
  • 奈良公園の菊人形 〜天平菊絵巻 遣唐使をかたどった菊人形や、色とりどりの菊花で秋の古都・奈良を飾る新イベント「天平菊絵巻〜文化・芸術の伝来〜」 奈良春日野国際フォーラム甍(いらか)前の「御蓋(みかさ)山会場」には、717年に遣唐使として唐に渡った阿倍仲麻呂や吉備真備(きびのまきび)、僧・玄房)の3人の菊人形を展示している。 (〜4日まで) 私のように、子どものころ、京阪沿線に住んでいた者からす [続きを読む]
  • 興福寺・中金堂 〜光と音楽のイリュージョン
  • 興福寺・中金堂 〜光と音楽のイリュージョン 約300年ぶりの再建が進められていた世界遺産・興福寺の中金堂(ちゅうこんどう)が落慶を迎えた。 中金堂は、和銅3年(710)に藤原不比等によって創建され、平安時代以降7回にわたって焼失と再建を繰り返してきた。 今回の再建は、創建1300年に当たる平成22年(2010)に立柱し、古来伝わる木工技法を踏襲。 裳階(もこし)付きの二重屋根、鮮やかな朱に塗られた柱といった創建当初 [続きを読む]
  • 11/4 (日)UHフェスタ開催!!
  • 11/4 (日)UHフェスタ開催!! 地域コミュニティの更なる拡充を目的とした瓜破東地域活動協議会主催「UHフェスタ」が瓜破東小学校で10時から16時まで開催されます。 これに先立ち、「広報ひらの」、「平野タウン新聞」、「だんじり新聞」などで報道されています。  [続きを読む]
  • 喜連音楽祭 2018 〜「情熱大陸」
  • 喜連音楽祭 2018 〜情熱大陸 10月21日、喜連環濠地区まちづくり研究会主催「第8回喜連音楽祭」が喜連小学校講堂にて、開催された。 今年も300人を大きく超える来場者があり、盛大な音楽祭となった。 全国大会に出場する喜連中学校吹奏楽部や地元出身ピアニストの連弾があったりと素晴らしい音楽に浸れた一日だった。 天野会長はじめ、まちづくり研究会の皆さん、アーティストの皆さん、お疲れ様でした。  人気ブログラ [続きを読む]
  • 長居公園の「木の子展」と「薔薇展」
  • 長居公園の「木の子展」と「薔薇展」 長居公園・自然史博物館のネイチュアホールで「薔薇展」と「きのこ!キノコ!木の子!展」が開催されていた。  「木の子展」ではフリーズドライのきのこなどの標本約500点、学術者が描いた図譜や絵画約200点、また、関西にまつわるマツタケ・ブームの歴史、最近のアーティストの作品までがそろい、まさにきのこ尽くしの展示になっていた。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 全興寺 ② 〜子ども食堂
  • 全興寺 ② 〜子ども食堂 「くすのき市」や「ひらちゃり」、「里山倶楽部」など多彩な市民活動家である長尾さんが全興寺で、「子ども食堂」を始めたと聞いて、早速、取材。 長尾さんは愛車ミーブに食材・食器・かまどを積んで、14時に全興寺に現れた。 まずは、かまどでご飯を炊く準備。子どもたちも興味津々。 さあ、炊けたかな?ぼわあんと湯気が上がる。 今日のメニューは「おでん」。盛るのは、ご住職夫妻と長尾さん。た [続きを読む]
  • 全興寺 ① 〜昭和の薫り
  • 全興寺 ① 〜昭和の薫り 杭全神社で平野環濠清掃のあとは、平野のネジロ「喫茶アート」で、モーニングを注文して、ほっと一息。  ゆっくり、寛いだあと、昨晩、「町づくりを考える会」で行ったばかりの全興寺に向かう。 思えば、平野での就職試験の前にお参りしたのが杭全神社と全興寺。 もう、6年が経つんだなあと感慨深い。  そのとき、ここで、舌を一枚、抜かれた。 (二枚あったものですから。) ご住職は境内の一 [続きを読む]
  • 平野環濠清掃 〜ボランティア集合!!
  • 平野環濠清掃 〜ボランティア集合!! 10月20日、早朝8時半より、恒例となる大阪イブニングロータリークラブ主催「平野環濠清掃」があり、たくさんのボランティアが集合した。 集まったのは区役所から区長、副区長、職員の皆さん、杭全神社の皆さん、平野郵便局、天王寺学館高校、NPO紙再生工房など各種団体の皆さん、地域の有志の皆さんで、年に一度の交流会といった側面も出てきたように感じる。 私も平野で従事するようにな [続きを読む]
  • ススキたなびく頃 〜曽爾高原
  • ススキたなびく頃 〜曽爾高原 奈良のススキの名所といえば、曽爾高原。 この時期、この場所を何回、訪れたことだろう。 そのたびに、「ちいさなことにこだわるな」と銀色に輝く広大なロケーションに癒されていたように思う。 何度目かの秋、それは今も変わらない。お亀池と赤とんぼ。 帰りは桜井市笠のそば畑のそばのそば屋で、ネギそばをいただいて、大満足。 [続きを読む]
  • フジバカマの咲く頃 in 曽爾村 〜「旅する蝶・アサギマダラ」
  • フジバカマの咲く頃 in 曽爾村 〜「旅する蝶・アサギマダラ」 奈良県曽爾村伊賀見のフジバカマ植栽地に、「渡り蝶」として知られるアサギマダラが飛来している。 春に北上し、冬に南下して暖かい土地で越冬するということで、蔵王から飛んできた個体もいる。 台湾や中国大陸まで飛ぶツワモノもいるそうだ。 まさに「旅する蝶」である。 アサギマダラが好むフジバカマの植栽地は、三重県境に近い青蓮寺川沿いにある。 地元 [続きを読む]
  • 吉川MANA 〜 in 出戸駅前にぎわいフェスタ ②
  • 吉川MANA 〜 in 出戸駅前にぎわいフェスタ ② にぎわいフェスタに、もう一人の歌姫が帰ってきた。 地元平野区出身で、出戸駅前の現イオン、旧ダイエーには学生時代、お世話になったというシンガーソングライター、MANAちゃん。 一時、ギターを置いて?休止中だったが、歌を歌う喜びが忘れられず、昨秋、復活した。 久々の登場である。 「グラデーション」 「歩け」 そして、もうひとつ、BIGニュース。 11 [続きを読む]
  • あさひめ in 出戸駅前にぎわいフェスタ ①
  • あさひめ in 出戸駅前にぎわいフェスタ ① 10月13日の区役所主催「安心安全フェスティバル・出戸駅前にぎわいフェスタ」。 今や平野区でも引っ張りだこの「あさひめ」参上!動画青春時代  そしていよいよ、11月11日には、「長原東わいわいフェスタ」のステージでMCとして、登場する。 律儀に、“挨拶まわり”。人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 奈良豆比古神社の翁舞 ② 〜能の源流
  • 奈良豆比古神社の翁舞 ② 〜能の源流  町内の翁講・翁舞保存会の 人々によって奉納される伝統芸能である奈良豆比古(ならずひこ)神社の翁舞。 奈良時代に春日王の病気平癒のため、祈願の舞を 奉納したのが始まりとされ、能楽の起源ともいわれる由緒ある祭りだ。  私自身、杭全神社の御田植神事保存会の一員として、この厳かな舞に数々の共通性を感じた。動画ラストは三番叟の舞である。動画動画 <資料>国指定文化財 [続きを読む]
  • 奈良豆比古神社の翁舞 ① 〜秋祭り宵宮の民俗芸能
  • 奈良豆比古神社の翁舞 ① 〜秋祭り宵宮の民俗芸能 奈良豆比古神社の翁舞(ならずひこじんじゃのおきなまい)は、奈良阪町に伝わる民俗芸能で国の重要無形民俗文化財に指定されている。 毎年、秋祭りの宵宮(10月8日夜)に奉納される。 奈良豆比古神社は意外と小さな社ではあるが、8Cに始まるとされる古い歴史の風格が漂っていた。 午後7時半過ぎ、当家がかがり火をつけ、神主を先頭に翁講一同が拝殿に進み着座、お払いのあ [続きを読む]