トリプルデイP さん プロフィール

  •  
トリプルデイPさん: アイマスタジアム
ハンドル名トリプルデイP さん
ブログタイトルアイマスタジアム
ブログURLhttp://imastadium.blog.fc2.com/
サイト紹介文アイドルマスターについて色々と書いていきます。
自由文07年からのPですが、13年になってブログを始めることにしました。アイマスの「これまで」と「これから」について色々と考えていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/06/02 10:23

トリプルデイP さんのブログ記事

  • MTG09 & 10 イベント レポート 後編
  • 花ざかりWeekend(4 Luxury)バブリーでゴージャスな曲調に、等身大の歌詞が映える会心の一曲。ボーカル力の高い4人で華やかに、美しく歌い舞うステージは、5thの大舞台とは異なる、このライブハウスのステージではより臨場感を増し、非常に見応えのあるものとなり、その花ざかり感を存分に満喫できました。MCここで一旦4人でのMCに。当然楽曲についての話になり、既にソロバージョンが世に出ている高橋さん以外の3人の音源につい [続きを読む]
  • MTG09 & 10 イベント レポート 前編
  • 本日はこちらのイベントの昼の部に参加してきましたので、いつも通りそのレポートを書きたいと思います。5thライブを経て今回のリリースイベントは、私としてはMTG04&MS06以来、ということでかなり久しぶりな感もある参加となりました。リリイベ自体は5th後という意味では二回目となりますが、その5thでは発売前だったMTG09と、発売前どころか楽曲初披露だったMTG10、ということで、「5thライブを経て」という意義をより色濃く感じ [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 総括
  • さて最後はいつものように総括の記事で締めとしたいと思います。新情報1日目に発表されたのは、既報でしかない765プロ腕時計の発売と、ネコ・トモコラボ、そしてハッチポッチBDの発売決定、でした。ネコ・トモに関しては「あいことば」を使ってやよいの「トップ!クローバー衣装」をゲットできる、と具体的に説明となったのは初と思われますが、だからどうした、以外何も言いようがありません。…というかクマ・トモのときもそう [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 レポート 後編
  • ユニットソング1日目06.きゅんっ!ヴァンパイアガール(釘宮・原・沼倉)「プロジェクトイオリー」というどこかで聞いたような気しかしないユニット名のトリオで披露されたのがこの曲でした。CDのオリジナルでは「プロジェクトフェアリー」での曲でしたが、長谷川さんではなく釘宮さんがセンターで、そしてこのユニット名で、この曲、という非常に無難な選曲だとは思いました。パフォーマンス自体はキュートさとセクシーさを合わせ [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 レポート 中編
  • 裏プロデューサーミーティング/ステラステージ会議前回はプラチナスターズのMV垂れ流し、という事実上の休憩タイムだったこの時間、果たして今回はどうする…と思っていたら、流石に前回と同じ轍は踏まず、全く別のコーナーが差し込まれる形となりました。1日目は「裏プロデューサーミーティング」と題して、坂上氏、久夛良木氏、中川氏、柏谷氏、佐藤氏、という「いつもの」メインスタッフが登壇してのトークとなりました。ステ [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 レポート 前編
  • 紅白応援V(ビクトリー)(中村・今井・浅倉・仁後・若林・たかはし・釘宮・平田・下田・原・沼倉)開幕曲はまさかのこの曲でした。昨年に続いてですが、「まさかの」なのはもちろん長谷川さんが欠席でフルメンバーが揃っていないから、ですが、そこはモニターのシルエットと音源でカバーし、11人でのパフォーマンスを披露。「盛り上がるための曲」と言っても過言ではないこの曲で、熱いスタートとなりました。開幕の挨拶前回同様に [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 レポート 開幕前編
  • さて今回のイベントについてもいつも通りの形式で書いていきたいと思います。まずは開幕前のアレコレから。物販前日物販ではほとんどのアイテムが売り切れることがなく、私も購入したかったものは限定CDを含めすべて購入することはできました。しかし当日1日目はより早く、多くの売り切れが発生し、2日目は更にそれが加速、という状態となったようで、案の定「余裕がある」状態ではありませんでした。まぁこれでもミリオン5th等 [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 2日目 速報
  • さてプロデューサーミーティング2018の2日目も無事終わりましたので、速報を書きます。まずはセットリストから。OP.紅白応援V(ビクトリー)(中村・今井・浅倉・仁後・若林・たかはし・釘宮・平田・下田・原・沼倉)01.ToP!!!!!!!!!!!!!(中村・今井・浅倉・仁後・若林・たかはし・釘宮・平田・下田・原・沼倉)02.そしてぼくらは旅にでる(中村・浅倉・仁後・たかはし)03.星彩ステッパー(釘宮・下田)04.Vertex Meister(今井・若林・平 [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 1日目 速報
  • さて本日プロデューサーミーティング2018の1日目が無事終わりましたので、いつものように速報を書いておきます。まずはセットリストから。OP.紅白応援V(ビクトリー)(中村・今井・浅倉・仁後・若林・たかはし・釘宮・平田・下田・原・沼倉)01.ToP!!!!!!!!!!!!!(中村・今井・浅倉・仁後・若林・たかはし・釘宮・平田・下田・原・沼倉)02.そしてぼくらは旅にでる(中村・浅倉・仁後・たかはし)03.星彩ステッパー(釘宮・下田)04.Vertex [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 展望
  • ついに明日明後日がプロデューサーミーティング2018。昨年「失望」させてくれた同イベント、そして「夢」を魅せてくれた初星宴舞を経て、再び開催される今回のイベント。果たして何が起きるのか…という事を含めいつも通り色々考えます。出演者今回のイベントでは以下のメンバーが出演者と発表されています。中村繪里子さん今井麻美さん浅倉杏美さん仁後真耶子さん若林直美さんたかはし智秋さん釘宮理恵さん平田宏美さん下田麻美さ [続きを読む]
  • プロデューサーミーティング2018 セットリスト予想
  • イベントの発表から実際の開催までの期間がいつも以上に長く、「まだまだ先」と思っていたこちらのイベントも気が付けば今週末、ということで、いつものようにこの記事から書いてみたいと思います。…とは言え昨年同様、「純粋なライブではない」このイベント。予想の余地も狭い、というのはありますが、その上でやってみます。OP.神SUMMER!!(中村・今井・浅倉・仁後・若林・たかはし・釘宮・平田・下田・原・沼倉)01.Vertex Meist [続きを読む]
  • アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 3巻
  • 「Clover」デビューへ!第9話 海美ちゃんも自分の夢を叶えてね第10話 まるで魔法をかけられたみたいに第11話 私は歌が好き第11.5話 2人は「ダブルエース」可奈、志保、海美、星梨花の4人による「Clover」が前巻で結成され、いざユニット活動へ…という今巻は、この4人を中心としつつ、他のメンバーにもスポットライトが当たる展開も見えてきます。第9話 海美ちゃんも自分の夢を叶えてねタイトル通りの「海美回」。ユニッ [続きを読む]
  • 13周年ニコ生 新情報!
  • さて本日放送された13周年ニコ生において新情報が発表されましたので、今回はそれについて少し書きたいと思います。番組について新情報の前に簡単にこの番組自体についての確認を。10周年を超え、765プロが周年ライブを失ったと同時に始まった「アイマス周年記念合同ニコ生」であり、今回は13年目の記念番組になります。765、シンデレラ、ミリオン、SideMに加えて今年から始動したシャニマスの声優も出演、となり、各チーム2人ず [続きを読む]
  • アニON劇場(シアター)カフェ スペシャルトークショー
  • さて本日はこちらのイベントの2回目に参加してきたので、簡単にですが書いておこうと思います。アニON スペシャルトークショーとはそもそもアニONとは、時期によって対象作品の変わる、その作品のコラボメニュー音楽や映像を流すオタク系コンテンツのキャラクターカフェで、今の時期はちょうど秋葉原でのミリシタ1周年記念と合わせてミリオンのコラボをしている、というものとなっています。そのアニONでのスペシャルトーク [続きを読む]
  • シアターデイズ プレー雑感 その12
  • 1周年イベントも無事終了、ということで、前回から大して間も開いていませんが、ここで書いておくこととします。プレー状況まずはいつものように現在の進捗について。プロデューサーレベルは180、劇場ファン数は66万超のSランク売れっ子プロデューサー。…短期間で前回からの伸びが大きいのはもちろん1周年イベントをそれなりにこなしたからで、開始直後は「毎日5000ポイント」というのをとりあえずの目標にしましたが、実際には [続きを読む]
  • ミリシタ1周年!サンキュー生配信 新情報!
  • ミリシタ1周年記念という事で本日開催、配信された当放送での新情報等をまとめておきたいと思います。イベント内容イベント自体はライブ&トーク、というシンプルな形式で、ライブパートはオープニングの「Brand New Theater!」にエンディングの「Welcome!!」、「UNION!!」の3曲だけでしたが、5thライブでも干された「Welcome!!」、そしてミリシタ1周年記念曲「UNION!!」は5th以来、という形で観られたのは非常に良かったっと思 [続きを読む]
  • シアターデイズ プレー雑感 その11
  • 本日ついにミリシタ配信1週年!、ということで諸々の企画が開始となりましたので、ここで書いておきたいと思います。プレー状況まずはいつものように現在の進捗について。プロデューサーレベルは167、劇場ファン数は57万超のSランク売れっ子プロデューサー。先日やっとグレイトフル・ブルーが52着揃い、シャイニートリニティ+やタイプ別衣装、SSRやイベントでの個別衣装など、どれを着させようか頭を悩ませる、ということで、非常 [続きを読む]
  • ミリオン5thライブ 総括 後編
  • 新情報ライブでも披露した「Eternal Harmony」のミリシタ登場予告とPV公開、「咲くは浮世の君花火」「UNION!!」のCD発売情報、ゲームとリアルでの両方のミリシタ1周年記念イベントの告知、さらにはシアターブーストのティザーPV…とミリシタ関連は充実していましたが、それは誰もが予想できた、「当たり前」のレベルの範疇。それを超える「新情報」と真に言えたものは、そう6thライブツアーの発表、に他なりません。3rdツアー千秋 [続きを読む]
  • ミリオン5thライブ 2日目 ライブレポート その4
  • 26.ジレるハートに火をつけて(稲川・上田・種田・藤井・桐谷)1日目にユニット曲の扱いについて説明があったとはいえ、この曲だけは特別扱いだろう、という確信はライブが進むごとに、ユニット曲が披露されるたびに強まりましたが、やはりCDとは異なるライブ用イントロとともに始まったのはこの曲で、このメンバーでした。「鬼気迫る」という表現が似つかわしかった4thとは一転し、柔らかい表情、とまでは曲調柄言わないまでも、ず [続きを読む]
  • ミリオン5thライブ 2日目 ライブレポート その3
  • 18.Sister(小岩井)これまでの朋花曲の雰囲気を踏襲しつつも、「作詞・作曲:小岩井ことり」という強力なファクターを得て生まれた、このライブでも待望の一曲がここで登場。自らが描くその世界を、自らがステージ上で表現者として拡げる、というアイマスでは例のないパフォーマンスで、天空橋朋花の世界、というものをよりダイレクトに、リアルに感じることができました。19.ふわりずむ(桐谷)ここで全く雰囲気が異なる曲へ。タイト [続きを読む]
  • ミリオン5thライブ 2日目 ライブレポート その2
  • 10.Angelic Parade♪(Machico・稲川・田村・角元・桐谷・夏川)ここで天使達によるパレードの時間に。1日目同様、妨害映像に苛まされることがありながらも、ぴゅあぴゅあな世界を6人で構築し、その清らかなハーモニーで癒しの時間を作り上げてくれたと、そう思います。11.咲くは浮世の君花火(上田・大関・駒形・浜崎・渡部)ステージ下段中央に現れたの5人の集団。一体何が始まるのか…と思っていたら、ここで来たのが完全初披露 [続きを読む]
  • ミリオン5thライブ 2日目 ライブレポート その1
  • 01.Brand New Theater!(田所・Machico・稲川・田村・上田・大関・角元・愛美・駒形・種田・小岩井・諏訪・藤井・野村・浜崎・桐谷・夏川・山口・渡部)2日目も幕開けはもちろんこの曲から。1日目とは異なり、表情など全く見えない距離でしたが、その分全体像はよりはっきり見えた、というのはそれはそれでよかったと思います。しかし、だからこそ、センターモニターにちゃんと演者を映せ、と余計に思いましたが。それはさておき、 [続きを読む]
  • ミリオン5thライブ 総括 前編
  • 2日間、全く別のメンバーで、サプライズゲストなんてものもなく披露された、この5thライブのレポートは、この総括記事で締めたいと思います。まずはその前編より。出演者ミリオンスターズ39人中38人が2日間に19人ずつに分かれて出演した今回のライブ。サプライズゲスト()なんてものもなく19人ずつで見事にやり遂げ、担当した楽曲数も、「ソロ1」+「ユニット3」+「全員曲4」=「8曲」で平等でした。このバランス感は非常に [続きを読む]
  • ミリオン5thライブ 1日目 ライブレポート その4
  • 26.Melty Fantasia(雨宮・南・阿部)「クール系美少女ユニット」によるクールでファンタジックな一曲。その冷たくも熱い世界観を、アイドルさながらのクール系美女が歌い踊ることでしっかりと表現し、ダイレクトに感じることができました。27.はなしらべ(郁原)リリースイベントで「もっと凄いものが観られるはず」と期待した一曲、それを観られるときがついに来た、というこのステージ。可憐で美しい世界を大会場に広げ、まるで花が [続きを読む]