北原竜也 さん プロフィール

  •  
北原竜也さん: 1日5分のキャリアセラピー
ハンドル名北原竜也 さん
ブログタイトル1日5分のキャリアセラピー
ブログURLhttps://ameblo.jp/kthara/
サイト紹介文働き方に悩んでいる方へ、キャリアの悩みの解決に役立つ記事を配信中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 141日(平均4.7回/週) - 参加 2013/06/09 15:10

北原竜也 さんのブログ記事

  • 成長と失敗について-理論や法則を添えて-
  • 中小企業診断士の北原です。 前回まで、「量質転化の法則」大切なのは量か質か「経験曲線効果」知ってますか?経験曲線効果「バスタブ曲線」失敗はバスタブのように「計画的陳腐化」成功は計画的に陳腐化しようを切り口に成長や失敗について書いてきました。 それぞれの法則や理論としての関連性はありませんが、成長や失敗を切り口にまとめられそうだなと思ったので4つを1まとめにして記事にしていみようと思います。 それぞ [続きを読む]
  • まだうまくまとまってはいませんが…
  • 中小企業診断士の北原です。 前回まで、「量質転化の法則」大切なのは量か質か「経験曲線効果」知ってますか?経験曲線効果「バスタブ曲線」失敗はバスタブのように「計画的陳腐化」成功は計画的に陳腐化しようを切り口に成長や失敗について書いてきました。 それぞれの法則や理論としての関連性はなく、成長や失敗について直接的に研究されたものばかりではありません。 ですが、この4つの記事を書いてみて成長や失敗を切り口に [続きを読む]
  • 成功は計画的に陳腐化しよう
  • 中小企業診断士の北原です。 マーケティングの手法に「計画的陳腐化」というものがあります。計画的陳腐化の説明はWikipediaに簡潔にまとまっていたので以下を参照してください。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜計画的陳腐化(けいかくてきちんぷか)とは、製品の寿命を人為的に短縮する仕組みを製造段階で組み込んだり、新製品を市場に投入するにあたって、旧製品が陳腐化するように計画することで、新製品の購買意欲を上げるマーケティン [続きを読む]
  • 失敗はバスタブのように
  • 中小企業診断士の北原です。 突然ですが・・・バスタブ曲線という言葉を聞いたことがあるでしょうか。バスタブ曲線とは、故障率曲線とも言われ、機械などの故障率を表したグラフです。 機械などは、使用開始直後は初期不良や製造上の欠陥などで、故障率が多いのですが、時間の経過とともにその故障や欠陥が取り除かれ故障は減っていきます。その後、さらに時間が経過すると劣化により故障は再び増えていきます。この現象をグラフ [続きを読む]
  • 知ってますか?経験曲線効果
  • 中小企業診断士の北原です。 前回の記事で「質量転化の法則」について書きました。大切なのは量か質か それに似たものに「経験曲線効果」というものがあります。 経験曲線効果とは、個人や組織が、課題を反復し経験を重ねていくことで、より効率的に課題をこなせるようになるものです。 そもそも経験曲線効果は前身である学習曲線をより広い範囲で発展させてものです。 学習曲線とは航空機の生産に対して、その生産機数が増加する [続きを読む]
  • 大切なのは量か質か
  • 中小企業診断士の北原です。 勉強や仕事などの作業をする際に量をこなすべきか、質を上げるべきか、考えたことはありませんか? どちらもあるに越したことはないのですが、まずは量を増やすことが大切です。 「量質転化の法則」といわれるものがあります。この法則は大まかな内容は以下の通りです。量をこなしていくと、質が上がってくる。質が上がってくると、量をこなせるようになってくる。 例えば試験勉強など。わからないな [続きを読む]
  • 頭に余白をつくること
  • 中小企業診断士の北原です。 前回から書くことが大切な理由は?といったテーマを書いています。書くことが大切な理由はなんだろう 個人的に大切だと思う理由は以下の3点です。 ①頭の中を見える化する②自分の考えや知識を整理すること③頭に余白をつくること。 書くことのテーマは今回でラスト。今回は「③頭に余白をつくること。」についてです。 いいこと、悪いこと。必要なこと、必要ないこと。日常生活のなかで、いろいろな [続きを読む]
  • 自分の考えや知識を整理すること
  • 中小企業診断士の北原です。 前回から書くことが大切な理由は?といったテーマを書いています。書くことが大切な理由はなんだろう 個人的に大切だと思う理由は以下の3点です。 ①頭の中を見える化する②自分の考えや知識を整理すること。③頭に余白をつくること。 今回は「②自分の考えや知識を整理すること。」についてです。 しばし、頭の中だけで考えていると思考がぐちゃぐちゃと絡まってしまうことがあります。それは、例え [続きを読む]
  • 頭の中を見える化する
  • 中小企業診断士の北原です。 前回から書くことが大切な理由は?といったテーマを書いています。書くことが大切な理由はなんだろう 個人的に大切だと思う理由は以下の3点です。 ①頭の中を見える化すること。②自分の考えや知識を整理すること。③頭に余白をつくること。 今回は「①頭の中を見える化すること。」についてです。 例えば、悩みやストレスなど、たくさんの悩みやストレスを抱え込んでいるようで、同じようなことが頭 [続きを読む]
  • 書くことが大切な理由はなんだろう
  • 中小企業診断士の北原です。 メンタルヘルスケアでも、目標の達成でも、しばしば書くことの有用性が言われます。 では、なぜ書くことが大切なのか。個人的に思うことを書いていこうと思います。 書くことが大切である理由はいくつもあるとは思っていますが、大きく分けて3つほどある気がしています。 その3つとは①頭の中を見える化すること。②自分の考えや知識を整理すること。③頭に余白をつくること。 ①〜③については、ま [続きを読む]
  • メモは大事
  • 中小企業診断士の北原です。 今日のブログにこんな内容を書こうと大まかな骨組みを昼間、思いついたのですがいざ書こうと思ったら完全に忘れてしまっています…。 思いついた時にメモをとっておこうかとも考えましたが、まあいいやと、そのままにしていたので記憶を引き出すヒントもありません。 スマホに一言でもメモを残しておけばと絶賛後悔中です。 でも、案外こういうのはふとした瞬間に思い出したりするので、そのときはし [続きを読む]
  • なにごともスモールステップで
  • 中小企業診断士の北原です。 いままでの記事でも端々で触れてはいますが目標の達成にしても、メンタルヘルス・マネジメントにしても、やりたいことや、すべきことを、まとめてこなそうとせずに細かく区切って少しづつ処理していくことは非常に大切です。 大きなことも小さく区切ってスモールステップに。 少しづつ、少しづつです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー本出してます。kindle、koboで電子版も発売中です。 自 [続きを読む]
  • 梅雨を楽しむ
  • 中小企業診断士の北原です。 梅雨の時期に入ってきましたね。雨が続いたり、じめじめしたりで憂鬱な気分になったりもしますよね。 そんな時期だからこそ、梅雨ならではを楽しめるといいのだろうなと思っています。 例えば、普段は読まないジャンルの本を読んでみたり。普段は見ないジャンルの映画を見てみたり。 そもそも、本も映画も普段はあまり触れないのであれば触れてみたり。 上記はあくまで例なので他にも室内でできる楽し [続きを読む]
  • ネガティブも役に立つ?
  • 中小企業診断士の北原です。 メンタルヘルス・マネジメントに関しては精神的にポジティブにしていく方法が多いです。 ですが、ネガティブは本当に悪いことばかりでしょうか?実は個人的にはそうは思っていません。 なぜかといえば、僕自身はネガティブな感情を原動力に動いた時の方がうまくいったことが多いからです。 例えば、起業を決めた理由もネガティブな理由でした。詳しくは拙著に書いてあるので読んでいただけると嬉しい [続きを読む]
  • リラックスする呼吸法
  • 中小企業診断士の北原です。 ストレスへの対処法の1つとして呼吸法に意識を向けるものがあります。 「丹田呼吸法」といい、簡単にいえば丹田という場所に意識を集中し、ゆっくりと腹式呼吸を行うものです。 精神状態に大きな影響を与えるものが自律神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経が優位になれば興奮状態、副交感神経が優位になればリラックス状態になります。 「丹田呼吸法」は副交感神経を優位に [続きを読む]
  • 継続化のコツみたいなもの
  • 中小企業診断士の北原です。 昨日、継続化について思うところを記事(継続は本当に重要か?)にしたら継続化のための方法について問い合わせがあったので今回は僕自身が何か継続させたいときに意識していることを書いていこうと思います。 現在のブログ更新もですが、中小企業診断士試験など、資格試験の勉強を継続してする必要があるときなども同じように心がけていました。 その方法は大きく分けると下記の3つです。 ①ハードル [続きを読む]
  • 継続は本当に重要か?
  • 中小企業診断士の北原です。 ブログの毎日更新を始めてから66日。再びネタ切れ感があり、最近はなにを書こうか困っている毎日です。 さて、そもそも無理して毎日継続すること意味があるのか。ある意味でそれは意味のないことだと思っています。思いついたテーマに対して時間をかけて書いていく方法がいい場合もあるでしょう。 ただ、今の自分にとっては毎日継続することは大切なことです。2月にブログを再開してその頃は気まぐれ [続きを読む]
  • 最近、歩いていますか?
  • 中小企業診断士の北原です。 ストレスの解消には運動も有効です。今さら言うまでもないかもしれませんが… 運動のなかでも特にストレス解消に有効なのはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。 ストレス解消に有効な有酸素運動でさらにお勧めなのはウォーキングです。 時間をとってウォーキングをするのもいいですし、日常生活のなかで少しだけ歩く距離を増やすのもいいでしょう。 実際に欧米などでは精神疾患の治療でウ [続きを読む]
  • 組織・チームを強くする貢献感覚
  • 中小企業診断士の北原です。 今回はいつもと少し視点を変えて、メンタルヘルスと組織の関係を見ていきたいと思います。 前回、紹介した貢献感覚。前回の記事はこちら→同じことをしていても 個人としては貢献感覚を高めることでより良い心理状態で仕事など物事に取り組むことができます。 この貢献感覚を組織やチームとして高めることは企業など様々な組織・チームでも重要になります。 企業でいえば、離職率の高い企業はこの貢献 [続きを読む]
  • 同じことをしていても
  • 中小企業診断士の北原です。 「貢献感覚」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。 「貢献感覚」とは、自分のやっていることが価値を生み出している、役に立っているという感覚のことです。 この貢献感覚を感じると人は心理的によい状態になると言われています。 例えば、同じ仕事をしている人がいるとして、、「自分のやっている仕事に価値がある」と感じている人と、「自分のやっている仕事に意味がない」と感じている人がい [続きを読む]
  • うつ病になったから、起業という選択肢がうまれました
  • 中小企業診断士の北原です。 2015年発売の拙書「うつ病、就活200社落ち。なので、ぼくは起業しました。」がkindle、koboで電子書版の発売が開始されました。 自身のうつ病との闘いから克服までの体験と、就活200社落ち→内定→辞退→起業の体験を書いています。 あくまでも個人の体験談。けっして正解ではありません。 拙書の発売から3年。僕自身の状況も変わってはいます。 ですが、1つの事例としてうつ病との闘いから克服まで [続きを読む]
  • やっぱり自分を知ることから
  • 中小企業診断士の北原です。 メンタルヘスマネジメントにおいて自分自身を知ることはとても重要です。 自分を知る方法などは過去の記事などでもチラホラ紹介していますが、今回は「自己理解」という考え方を紹介します。 「自己理解」とは。ほぼ言葉の通りではありますが、自分の物事のとらえ方の特徴や傾向がどのようなもので、それが普段の生活にどのように影響しているかを知ることです。 もちろん長所だけでなく、短所や自分 [続きを読む]
  • 日本生まれの心理療法
  • 中小企業診断士の北原です。 このブログではメンタルヘルスを改善する方法など紹介していますが、その多くが海外の研究から提唱されたものです。 そんななかで今回は日本生まれの心理療法を紹介しようと思います。 それは森田療法とよばれるもので1920年ごろに森田正馬という精神科医によってうみだされたものです。 この森田療法の基本的な考え方は「あるがままを受け入れる」ということです。 歴史や細かい考え方はこちらをご覧 [続きを読む]
  • ネガティブを変える?ビリーフチェンジ
  • 中小企業診断士の北原です。 なにかを失敗したとき、みなさんはどのように考えるでしょうか?「なんて自分はダメなんだろう」「この失敗を次にどう活かそう」など、同じ失敗でも様々な考え方をする人がいます。 このように同じ出来事に対しても考え方には人それぞれクセがあります。 考え方のクセ。もちろん良いことにも、悪いことにも、あらゆる面でクセが出てきます。 このような考え方のクセを「コア・ビリーフ」といいます。 [続きを読む]
  • ケアレスミスも3つあったら・・・
  • 中小企業診断士の北原です。 まだ中小企業診断士受験生だったころ「ケアレスミスも3つあったら実力」こんな言葉を読んだのか、聞いたのかしました。 どこで読んだのか、聞いたのか覚えてはいないのですが…なるほどと思ったのは覚えています。 例えば、ちょっとした計算のケアレスミス。 僕自身、ケアレスミは多いかったのですが、、「ケアレスミスも3つあったら実力」この言葉に出会うまではおしかったで片付けていました。 [続きを読む]