たけちゃん さん プロフィール

  •  
たけちゃんさん: 晴耕雨書 農楽里日記
ハンドル名たけちゃん さん
ブログタイトル晴耕雨書 農楽里日記
ブログURLhttp://snn-05.jugem.jp/
サイト紹介文秀明自然農法で田圃、畑、をしています。安全で健康に良い米、野菜を提供しますし見学も可能。
自由文北陸は加賀平野で秀明自然農法で田圃、畑、をしています。気がついた事、思いついたことを書きます。
自然農法、有機農法、慣行農法の違いがわかるようにと思っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/06/03 01:13

たけちゃん さんのブログ記事

  • ナスを縛るその2
  • さて、まだ日没まで1時間以上あるので、ナスの畑の草刈りとナスを縛ります。僕は縛るより縛られる方が良いな〜これは前回から縛っているナス。気のせいか、成長が良いな実をしっかりつけている。さて、枝が分かれてきたナスを縛るぞ〜縛る前と縛った後の様子です。一応もう一枚暑いので、写真を撮りながら汗が出ます。とりあえず、茄子30本の内8割くらい縛りました。1本しかないナスが5〜6本ありましたがそれは縛りようがない [続きを読む]
  • こぼれ種農法の大根の準備2
  • さて、先日の土曜日奈良の木戸さんの田んぼに行きました。今回で確か2回目、前回は確か8月下旬でした。今回は8月上旬でまだ分決の途中でした。1株最高で60本が今回は30本〜40本くらいでした。 一緒に行った生産者が、僕が分けた農林48号を作っていて、今年はそば畑の後に植えて、今1株60本と言っていました。実際に数えたらしいです。木戸さんとの違いは、木戸さんは1粒の種から60本になっている48号の方は数本植え [続きを読む]
  • 冬野菜の準備、究極の自然農法、大根はこぼれ種農法
  • さて昨年の冬野菜で大根は豊作でした。ことしも梅雨明けとおもっていましたが、正式には本日北陸東北と一気に梅雨明け宣言です。大根のトウがたっちぱの畑を草刈りしました。とりあえず草刈り機大根のトウ立ちした種がなってる茎を刈って、後で必要な種を取ります。 しかし、そして、トラクターで浅く起こします。その後天からの恵みの雨を待ちます。そうすると自然に大根が芽を出します。 そして大根が生えていない場合に採った種 [続きを読む]
  • 冬野菜の準備、究極の自然農法、大根はこぼれ種農法
  • さて昨年の冬野菜で大根は豊作でした。ことしも梅雨明けとおもっていましたが、正式には本日北陸東北と一気に梅雨明け宣言です。大根のトウがたっちぱの畑を草刈りしました。とりあえず草刈り機大根のトウ立ちした種がなってる茎を刈って、後で必要な種を取ります。 しかし、そして、トラクターで浅く起こします。その後天からの恵みの雨を待ちます。そうすると自然に大根が芽を出します。 そして大根が生えていない場合に採った種 [続きを読む]
  • 自然農法のささげ、カボチャ、バターナッツ
  • こちらは先日収穫したササゲの棚です。いまからどんどん実を着けています。こらが先日収穫したささげです。カボチャも大きくなってきています。先週はまだ緑色でなはく薄い緑でしたが。直径20cmくらいになっています。バターナッツも長さが20cmくらいに成長していました。1本の株に何個着くかな?楽しみです。心配なのはスイカです。草ぼうぼうになってきました。草を少し抜いてあげないとと思っていますが、手が回りませ [続きを読む]
  • 自然農法のナスとトマトの様子。ナスは縛り始めています。
  • さて、田んぼの合間に畑も作業は待ってくれません。白ナスが大きくなり、木が倒れています。それで、茄子全て支柱をしました。茄子が30本、白ナス25本、長ナス15本ですが3本仮払い機で切って2本は別の畑に植えてあります、前回約10本に支柱を立てたから残りは55本にとりあえず立てました。大きい木はさらに枝も縛りました。縛って上に伸ばすと植物のホルモン作用が活発になり、実を多く着ける。まずは仮払い機で周りの草を刈 [続きを読む]
  • 自然農法の銀坊主と農林1号、コシヒカリの比較
  • こちらは銀坊主です。左側が慣行農法の出穂しているコシヒカリです。右側が銀坊主です。銀坊主はコシヒカリの株の倍近く分決しています。これで味さえよければ、銀坊主があってそうですので、面積を増やしたい。収穫後に食見をするのが楽しみ!こちらは一番最後に植えた、農林1号です。一握りの種もみを頂いて、3日間で発芽させて、5月15日にマットに蒔きました。6月6日に田植えをしました。4畝あります。こちらもコシヒカリより [続きを読む]
  • 農林100号、農林48号と22号も電気柵の設置
  • こちらは別の自然農法のコシヒカリですが、走り穂です。1日遅れで田植えしました。種まきは3日遅れていますが。。。穂が出て、柔らかい時にイノシシが食べに来ます。水をためないから、体を洗うために稲を倒すことは無いですが右側の斜面は草刈りをしました。斜面と田んぼの間には手で素掘りした溝があります。その溝と田んぼの間には堀た土で畔、その畔には電気柵が。よく見ると、真ん中付近に白い花が咲いています。何だろう? [続きを読む]
  • 自然農法コシヒカリ出穂
  • 今年は暑さもつづいているためか、例年より1週間も早くコシヒカリが出穂しました。先週の溝切の時には穂ふが出かかっている稲もありましたので。今年は、種まきも1週間遅らせました。計算上は1週間遅れると思っていました。しかし、慣行農法のコシヒカリの出穂も例年より1週間以上早かったので、早いのは思っていました。50%くらいは出穂しています。やはり稲の花はよく見ると良いです。今後、40日から45日位で稲刈りの適期 [続きを読む]
  • 茄子も縛り、白ナスはこれから
  • 茄子も枝を縛り始ました。縛って、上に伸ばすと良いと道法さんが教えてくれました。本当は稲も縛ると良いのですが、あれだけ多くの稲を縛る方法は見当たりません。大きくなってきたナスから縛っています。白ナスもやっと始めました。これも縛っていきます。今年は支柱が足りません。追伸でカボチャ、とバターナッツカボチャです。これも道法さんによると、つるを上に縛って伸ばすと良とのことでカボチャまで試す余裕が無いです。 [続きを読む]
  • 大雨でトマトが割れる。フルーツトマトは大丈夫
  • 日曜日は大雨でした。トマトは大丈夫かな?赤くなっていないかなと様子を見に行きました。トマトの畝はこんな感じです。今年2月に道法さんの講演を聞いて、果樹でも野菜でも上に伸びる枝は切らずに、縛って伸ばした方が、植物のホルモン分泌が盛んになり収穫が増えるという考え方です。 それを聞いて、今年はトマトの脇芽を一切切らずにやってみようと思いました。それで、出てきた脇芽に支柱を立てたら40本以上になっています。 [続きを読む]
  • 大雨の中の溝切と農林22号
  • さて先週溝きり機と一緒に倒れてしまい、溝きり機のキャブレターから泥を吸って、泥がエンジンの中で焼き付いてしまい、エンジンがかからなくなりレンタル元の農機具やにもっていって、来週に再度かけることを伝えていました。 まさか日曜日にこんな大雨になるとは?白くかすんでいるのは雨です。でも大雨でもカッパを着てやりました。コシヒカリは出穂を真近に控えています。実際に、数本出穂しかかった穂がありました。コシヒカ [続きを読む]
  • 自然農法のスイカを防風ネットで。カボチャは
  • 今日、スイカとカボチャの草取りをするために畑に行って確認したら、小動物がかじった痕がありました。来週防風ネットで囲むつもりでしたが、急遽前倒しで今日囲みました。この畑の周りには猿、イノシシ、ハクビシ、キジ等います。これがかじられた痕それで急遽防風ネットで囲いました。手前がカブチャです。奥の2畝がスイカです。後は上からの侵入防止のために、糸を張る予定です。カボチャはもう直径15cmくたいになっていま [続きを読む]
  • 自然農法のフルーツトマトが赤くなってきた。
  • 北陸も山の畑のセミの鳴き声が変わってきて、家の裏のセミが鳴き始めれば、梅雨明けですね。さて、天候も晴れ間が続いてきてとまとも赤らんできました。 今年は脇芽は全くとっていません。脇芽を取って1本高く育てると、梅雨の時期は雨除けをしないと青枯れで枯れてしまいます。それで試しに今年は脇芽を取らずに、脇芽にも支柱を立てました。そうすると40本以上立てています。とまとの密集状態です。そのなかで、トマトは大きい [続きを読む]
  • コシヒカリは乾かすため、農林48号、22号は分決のための溝切
  • この時期、コシヒカリの田んぼはコンバインが入れるように溝切をして、水を切って固めていく場合、乾きやすいように溝切(明渠排水)をします。全部で1町ちょいあるので朝からやらないと終わりませんが途中で、泥の中に一緒に倒れて、キャブレターから泥を吸ったみたいでエンジンがかからなくなり午前中4反で中止でした。後は来週です。まずはコシヒカリからこの田んぼは右上の田んぼからの湧き水でぬかるんで、コンバインがよく [続きを読む]
  • 自然農法のコシヒカリと銀坊主の成長比較
  • コシヒカリは8月10日前後で出穂です。銀坊主は本格的に作ったのは初めてで確か8月末くらいに出穂です。まずコシヒカリの田んぼです。次に銀坊主の田んぼです。左は慣行農法のコシヒカリです。右側が銀坊主。ぶん決はコシヒカリに追いつきている感じです。さて草丈は左が自然農法のコシヒカリ約90cm 右が銀坊主 約70cmくらいです。昨年はここはコシヒカリを作って、イヌホタルイが結構生えて、道を挟んで向かいの自然農 [続きを読む]
  • 自然農法のウリ科のカボチャ、スイカ、キュウリ
  • こちらも昨年自分で苗を作って、全て成長せず全て失敗しました。種も取れなかったです。これで3年連続失敗でした。今年は今のところ順調です。カボチャは5本、バターナッツカボチャが3本植えてあります。まだ梅雨なので、雨除けのトンネルをしたままです。畝間等の草を抜き取ったところです。 ことらはスイカですスイカも3年連続失敗続きですので7本だけ植えました。でもカボチャに比べて草の勢いが弱いです。 こちらもソフ [続きを読む]
  • 自然農法のササゲとモロッコ隠元
  • 今年はササゲもモロッコ隠元も昨年うまくゆかなく種くらいしか取れなかったです。今年は今のところ順調です。モロッコ隠元はこちらです。実がついてきています。こちらはササゲです。今朝みたらこちらも実を着けてきています。9日の時は花が咲いたと思ったらです。こちらも週末に収穫できそうです。 [続きを読む]
  • 自然農法のトマトとナス
  • 今年はトマトを植える畝を変えたので今のところは青枯れにかかっていないです。また畑の隅等にも穴をあけて、空気と水の動きをよくするように努力しています。トマトは約40本くらい植わっています。品種は桃太郎とフルーツトマトです。ミニトマトと黒トマトは種が発芽しなかったので諦めました。桃太郎トマトが1個赤くなりました。フルーツトマトもこれから赤くなりますが、糖分が高い分赤くなるのが遅いです。次はナスです。こ [続きを読む]
  • 4回目の除草機がけの後の銀坊主は成長が良い!
  • 5年前にシードバンンクから種を7g購入して増やしてやっと今年4畝くらいの田んぼに作付けできました。ただ、4角には右から大場、巾着 奥には農林1号を種取り用に植えてあります。こちらが銀坊主で富山で発見された品種です。 昭和恐慌下の北陸稲作を支えた石黒岩次郎の「銀坊主」 右側が慣行農法のコシヒカリです。左が銀坊主です。草丈がまだコシヒカリより1周り小さいですが分決は同じような感じに見えます。向こうの自動 [続きを読む]
  • 4回目の除草機がけ後の農林22号
  • 今日4回目の除草機をかけました。農林22号は出穂が8月25日〜8月末なので7月末くらいまでは田んぼの中に入れます。分けつはコシヒカリや農林48号に比べて少ないです。昨年の7月10日の様子です。今年4回目の除草機がけの後の様子。こちらから2/3あたりが茶色くなっています。コナギも多いですが。茶色い原因はイヌホタルイが枯れ始ています。コナギに負けたのか?ただ、ところもあります。 どうなるか?なぜ枯れ始めたのか様子 [続きを読む]
  • 4回目の除草機がけ終了後の農林48号
  • 農林48号は出穂はコシヒカリより7日〜10日遅く8月20日前後です。だから出穂の30日前までの7月20日まで除草機がけができますが、4回で終了の予定です。昨年はここは一旦大豆を作りました。2015年はここは約1反ありますが1.5俵しか取れませんでした昨年の8月7日の様子です。今年は農林48号を作っています。大豆の後ですから、稲もヒエの成長が早いです。コシヒカリよりも1周り草丈が小さいです。除草機にひっかりが出てきています [続きを読む]
  • 3回目の除草終了後のコシヒカリ
  • 今年もコシヒカリの成長はここにきて良くなってきました。昨年の7月10日の田んぼの様子。10日には溝切がされています。今年の7月9日の田んぼの様子。今年は7月15日に溝きりの予定です。昨年溝きり機に前日刈った草が絡んだので、今年は1週間前に刈りました。稲の株の様子は20本くらいは分決しているかな?出穂は例年だと8月10日前後なのでもう除草機がけはせず、15日に溝切をして後は成長を見守るだけです。 [続きを読む]
  • 低温浸種は発芽率の低下をもたらす
  • 今年のコシヒカリの苗は発芽率が下がって、補植で64枚くらい使った。理由を考えてみました。昨年よりも1週間早く山の川の水に浸けました。低温で長く浸けると良いと思っていました。 ところが論文を探してみると、5℃の浸種は低温による発芽率低下を招くという論文を見つけました。特にコシヒカリのような発芽しにくい品種が顕著。 今年のコシヒカリの苗低温期育苗における水稲種子の発芽に及ぼす浸種水温の影 響それを軽減す論文 [続きを読む]