ショウちゃん さん プロフィール

  •  
ショウちゃんさん: 昭和の美容師の美容日記
ハンドル名ショウちゃん さん
ブログタイトル昭和の美容師の美容日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/showichi1127/
サイト紹介文クリープパーマ、カラー、ヘナとドライカットが得意です。普段話さない美容のことを優しく語ります。
自由文昭和の美容師が クリープパーマ、カラー、ヘナ、ドライカットを語ります。最近は育毛に取り組みつつあります。
マイブームは メヘンディ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/06/07 00:57

ショウちゃん さんのブログ記事

  • ヘナの良さがわからない
  • ヘナの良さが分からない 今日は珍しく見出しから決まったのでスッキリと本題に入れそうです。 ヘナをやってみようと思ったきっかけを聞かれましてどう答えたらカッコ良いか考えた。 なかなか良い答えといいますか自分のコトを自分で言うのは照れるではありませんか。 そこで答えの変わりにお客様は『何故ヘナをしているのでしょうか』とい聞いてみました。 その答えが 最初は興味本位、 特別ヘナをしたからといって髪や頭 [続きを読む]
  • 紅白的パーマスタイルはできますか
  • 紅白的なヘアスタイル テーマを決めてから書き出すか、とりあえず書いてみてテーマを決めるか、いつも悩む所です。 そういえば紅白の出場者が決まったようですが名前を聞いても半分も分かりません、おっさんの証拠でしょうか。 だいたい、美容師をしていればゆっくりテレビを見るのは休みの日くらいです。 そんなことで新ヘアスタイルはどうやって仕入れるのかと思う方もいるようですが 今どき芸能人のヘアスタイルを希望 [続きを読む]
  • ヘナのハーブブラウンの染め方
  • ヘナのハーブブラウンで染める 前回からの続きですがハナヘナのハーブブラウンの使い方です。 ハーブブラウンを手軽?に使う方法としてはカラーなどで退色した髪のトーンダウン。 では白髪染めとしては使えないか、ハッキリ言ってハーブブラウンのホームヘナはムリでしょう。 それと初めての白髪染めでハーブブラウンを使うのはかなりハードルの高い技術になりますし染める方の色に対する理解も必要です。 ヘナはマニュア [続きを読む]
  • ホームヘナでハーブブラウンが染まらない
  • ホームヘナのハーブブラウンが染まらない ブログからの問い合せで時折あるのが、ハーブブラウンです。 ハーブブラウンを説明する前に気にあったことがある。 ヘナの認知度は上がってるはずなのにホームヘナ、要するに自分でヘナをしている方がかなりいる様です。 ま、白髪染めはジアミン系のカラーなども含めて美容室で染めるより自宅で染めている方は多いようです。 言っておきますがヘナに関してはホームへナを比定して [続きを読む]
  • ヘナを難しく考えない
  • 休みは好きですか 久しぶりの連休ですが今日は胃の検診、以前から予約してあった胃カメラの検診です。 ワタクシのように個人事業者は自ら申し込まないと検診が受けられないのです。 先週は肺がん検診の再検査でメチャ落ち込み(異常はありません)予定したあったコトですが胃カメラの検診。 まるで検診強化月刊になってしまいました。どちらの医者もCTやカメラの画像から読み解き判断をする様ですが 読み解く経験と伝える言 [続きを読む]
  • 美容室がパーマ屋と呼ばれなくなる時
  • 日本人とパーマネント 本日は定休日なので美容とは関係がないことを書こうと思ったが、、、 ワタクシの休日に興味がある方はいないと思いますので得意な話にもっていきます。 もしワタクシの休日に興味があったらヤバい人種かマニア、、でしょうね。 前回のテーマだった 1分パーマ ですが実はパクリから始まった技術です。 本家は松本市のWAVE 偽善為夫 本間信介美容室のオーナーの『タメオスペシャル1分パーマ 』を [続きを読む]
  • 1分でパーマがかかります
  • 最近、パーマをかけたことありますか 80年代後半のバブル期以来の いざなぎ景気 を超える好景気だと言われてますが実感は、、、 バブルの頃は長さの違いはありましたが ソバージュ とよばれたパーマスタイルが大流行、 カラーをしない日はあってもパーマのロットを巻かない日は無かった。 それが今ではパーマをかける方は全体の20%ほどに減っているようです。 理由はイロイロある様だが今はカラーをしない日は無 [続きを読む]
  • NHK的な白髪染めはヘナが基本です
  • NHK的 ヘアスタイル バブル期をしのぐ好景気だそうですが今ひとつ実感が湧かないのはどうしてでしょうか。 たしか、最初のバブルは86年から90年の最初だったと思うが当時のヘアスタイルは皆同じ、 ディテールにはこだわりはあったがバブルを象徴したヘアスタイルでしたね。 今もスタイルの大きな流れはあるが これぞ バブル というようなヘアスタイルはありませんね。 ま、オサレも皆同じ方向を向かないのは成熟して [続きを読む]
  • ムダ話しの中にこそ本音が隠れている
  • 無神経?過ぎる おっさんてえしゅ 世に仲のおっさん てえしゅ の続きですが面白いことに気が付いた。 てえしゅ はどこで髪を切っているのか、最近はすっかり市民権を得た1000円カットの理容室が人気の様です。 統計は取ってないので本当のコトは分かりませんが世の中のおっさん てえしゅ がいそいそと通うのは1000円カットの店のようですね。 実はこの話しを書くつもりはなかった、書こうと思っていたのは お [続きを読む]
  • おっさんの白髪染めはヘナで
  • 世の中の おっさんてえしゅ にひとこと オープン当初は独身だったお客様も結婚し子供もいたりしますが合い方、 要するに 旦那ですね、何時しか旦那も来るようになることもあります。 今日はその旦那の話ですが世の中の旦那様、、、、気を悪くしないでくださいませ。 長野の文系美容師は ハナヘナ専門店 バウハウスの伝田です。 それでは本題に入る前のお約束は にほんブログ村 ブログ村の は心からお願いします [続きを読む]
  • 早く染まったら まずいでしょう
  • 気持ちで待ち時間は違う 予約制か来院順か、 少しでも早く診察してもらいたいと思えば予約制の病院は気持ちに余裕がないので待てない。 すぐに検査してくれる病院で診察すると予約制でないので当然順番で診察になりますが予想はしていたが受け付けの8時前に来院して終了したのは12時30頃。 今回は肺がん検診の再診だったので気持ちの余裕がなく待ち時間もドキドキで過ごしたがこれが美容室だったらどうなるのでしょう。 [続きを読む]
  • 痒みはカラー剤の臭いが原因?
  • カラー剤、臭いの危険性 ジアミン系のカラー剤の薬品の臭いですが最近はハーブなどを配合して薬剤独特の臭いは軽減させている、 でもそれは臭いを他の臭いでごまかしているだけでしょうね。 カラーに限らずパーマも規制の緩和で使える薬剤が増えたがその臭いは強烈です。 パーマやカラーをして何日かは髪が濡れると薬剤の臭いが残っていることを経験したことがあるでしょう、 それが危ないとかいう話ではありません。 先 [続きを読む]
  • ヘナの臭い、カラー剤の臭い、気になるのはどちら。
  • 実はニオイも危険性あり 先週末に9月に検査した胸部レントゲンの結果が 再検査 でした。 たしか肺がん検診のレントゲンだったはず、 、、、ってことは。 が〜ん などと だじゃれているほどメンタルは強くなかった。( メンタルの強さには自信があったんですけど) ま、結果は しろ でしたけど自分が小心者だとハッキリ理解した数日間でした。 それより担当医から聞いた話があるのです。 美容師が注意すべきは薬剤の [続きを読む]
  • ハーブマホガニーで失敗?したら、、、
  • ハーブマホガニーの失敗? ソフトバンクが2年ぶりに日本シリーズで優勝しましたがワタクシは工藤監督の現役当時と同世代、 福岡は盛り上がっているのでしょうね。 そうは言ってもさほど野球好きでもないのですが今回もストレート勝負をしますか。 テーマはヘナの白髪染めですが今回はカラーチェンジでいきます。 ヘナで白髪を染めるとオレンジ色になることは知られていますが そのオレンジ色を消してブラウウに変えるの [続きを読む]
  • 白髪染めだけではありません、ヘナの効果
  • ややこしいヘナの世界 ケミカルカラーで白髪を染めることに不安を感じそれならばと天然成分の白髪染め ヘナ に興味をもって検索したとします。 ハッキリ言って分からないでしょう。 天然成分の白髪染めと言っても香草カラーから始まりヘナもケミカルヘナ、HCヘナ、 これでは何がなんだか分からなくて当然、 ま、ヘナを理解してない美容師くんも生息してますから。 その美容師くんもヘナを使ってなければ問題は無いが中 [続きを読む]
  • ヘアカラーとヘナカラーの違いを聞かれました
  • 何事も初めては及び腰 初めて経験する時はなかなか踏み込めないモノです。 日本シリーズもすんなりソフトバンクかと思いきや横浜の踏ん張で面白くなってきた様ですね。 とはいうもの さほど野球ファンではありませんが今回はストレート勝負でいきます。 今まではケミカルカラーで白髪を染めていて理由は髪を明るくしていたかったから、 しかし最近の悩みはボリュームが出ないことと髪が細くなっている様な気がする。 年 [続きを読む]
  • ヘナのビフォー and アフター
  • 後ろ姿は幾つになっても美しい、、 ハナヘナで白髪染めを写真で見る、ビッフォ and アフター 白髪が気になりハナヘナもナチュラルで染めた方、 今まではケミカルカラーをしていたが しみる、髪が細くなる、など身体と頭皮に優しい白髪染めに変えたのがハナヘナのナチュラル。 ハナヘナのナチュラル、、、天然成分100%のヘナのことです。写真は随時アップします。 オトナの事情ですので気にしないように クセ毛 [続きを読む]
  • おっさんには理解出来ないヘナで白髪染め
  • おっさんのコチコチ頭では理解不能 前回、校則で地毛の色が、、、この場合は色でなく明るさでしょうね。 校則違反校則違反校則違反 この三色で暗く見えるのが青色 明るく見えるのが黄色です。 カンタンに言ってしまえば日本人は赤色があるのが平均的な髪の色で黄色が入ってくると明るい髪に見えるのです。 ちなみに黒光している髪は青系です。 カラーで明るくするにはこの見極めが必要ですが 今はその話ではないのでまた機 [続きを読む]
  • おっさんには分からない黒髪戻しの気持ち
  • 生まれつきの茶髪でも黒髪戻し 大阪で裁判になっているのが生まれつきの茶色い髪を黒く染めるようにと 教諭から何度も指導を受け精神的苦痛を受けたのが原因のようです。 ネットニュースとラジオで取り上げていましたがここに反応するのは美容師の性でしょうか。 黒髪戻しとなれば当然、、、ヘナの話にもって行くと思っているでしょうが、、、そのとおりです。 ワタクシは皆様の期待をうらぎる様なことはしません。 長野 [続きを読む]
  • 長野46ブログセミナーの中間報告
  • 今日のお題は これ でしょう。 本来でしたら得意のヘナ話題、最近テーマにしている インディゴ の話で盛り上がる予定でしたが 今日は 長野46、、、、 言っておきますが 何処かのAKB 48 ではありませんのでお間違いのないように。 ワタクシはコスプレのズラセットと二次元メイクをします。でも ヲタク ではありません。ヲタクの顧客がいるだけで時折そのお手伝いをしているだけです。 話がそうとう反れているよう [続きを読む]
  • インディゴとハーブマホガニーはどこが違う
  • ヘナのハーブマホガニーの生きる道 今週末も台風の影響でしょうか、こう雨降りが続くと湿気ってしまいそうですが 湿気が影響するのがインディゴ、正確にはハナヘナのナンバンアイは水にさらすことで発色をするのですが インディゴで染めた髪を一晩水に付けておく訳にはいきません。 そこは美容師とお客様の共同作業が必要になります。 ま、これも天然の葉っぱで染めるってことでしょうか。 長野の文系美容師は 長野のハ [続きを読む]
  • 間違いだらけのヘナ、ハーブブラウンの選択
  • インディゴと知ったかブリブリ美容師くん ここのところハナヘナのインディゴについて書いてきましたが理解できたでしょうか、 ま、素人の方からしたらインディゴを理解するより自分の髪がキレイになれば良いことです。 インディゴを使うことで違ったカラーが出来るのを知ってもらいたいのと、 髪を染めるのに薬剤を使わないという選択もあるります。 インディゴは知っていても使ったことも無い美容師くんはいくらでも生息 [続きを読む]
  • ヘナの使い方ハーブブラウン編、、、no1
  • ハナヘナは白髪染めだけではない ここのところインディゴの話を中心にしていますが分かりやすく説明をしましょう。 インディゴは単品で使うことはほとんでありません。 ハナヘナのナチュラルで染めると白髪がオレンジ色に染まるのが苦手な方がさらにインディゴで染めると濃いブラウンになる。 この場合はそのままインディゴ を使うことになる。他の使い方としてはハーブマホガニーとハーブブラウンがあります。 今回はそ [続きを読む]
  • ヘナのハーブマホガニーで髪を暗くしてみる
  • 痒いと思ってしまうと カユい 前回は突然の出来事、、、、出来事ってのは突然起きるものです。 都政であれだけ風を吹かせて一躍 時の人になったミドリのチジも排除の一言でしょうか、あっという間に逆風にあい衆院選ではこけてしまったようです。 それにしてもみっともないのはミドリのチジについて行ったくせに負けたら批判を始める。 つらいときこそ力を合わせるはずが負けたとたん足を引っ張るのを見ていると気分が [続きを読む]
  • インディゴで白髪染めのとき痒くなる
  • 最初に痒いと言えば 痒くなる ミドリのチジが鉄の天井に阻まれた、 とか言っていたようですがガラスの天井なら見えなかったでしょうが 鉄 は見えるでしょう。 見えるのに気が付かなかったのはセイジ家としてどうでしょうか。 見えないガラスと見えても気が付かない鉄の天井、ここからは強引にヘナの話にもって行こうと思ってますがワタクシはミドリのチジほど影響力はないので問題はありません。 長野の文系美容師は [続きを読む]