Tenodera さん プロフィール

  •  
Tenoderaさん: 武蔵野自然観察記
ハンドル名Tenodera さん
ブログタイトル武蔵野自然観察記
ブログURLhttp://tyoutyou888.blog.fc2.com/
サイト紹介文身の回りの自然を昆虫写真を中心に紹介しています。チョウが多いですが、それ以外の生き物も撮ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/06/07 23:26

Tenodera さんのブログ記事

  • まだ活動中
  • 11月も最終週に入り、季節は冬に移りつつありますが、東京の公園ではまだ昆虫たちが細々と活動していました。日当たりの良い一角に、多くのシジミチョウがおり、ウラナミシジミかな?と思いましたが、ヤマトシジミでした。交尾態も見られましたが、なぜか♂がボロボロの個体ばかりでした。生垣に新鮮なオオカマキリの卵嚢があり、よく見たところ、何と産卵中でした。母体は枝葉で全く写らないので、卵嚢のアップです。アキアカネは [続きを読む]
  • 新レンズ シグマ 56mm F1.4 DC DN Contemporary(MFT)
  • かなり久しぶりになる、新機材の紹介です。シグマから11月22日に発売になったばかりの、56mm F1.4 DC DN Contemporaryです。中望遠の、Cライン(シグマは3つのラインを展開)の大口径レンズです。ちなみに、今回紹介するのは、マイクロフォーサーズですが、他にはソニーEマウントがあります。フィルター径55mm、重量280グラムと、大口径レンズとしては、なかなかコンパクト。MFTで中望遠と言えば、OLYMPUSに、75mm F1.7や45mm F1 [続きを読む]
  • 入間基地航空祭2018
  • 先週のことですが、埼玉県入間市の航空祭に行ってきました。飛行機、戦闘機は見るのは好きで、空港近くに仕事で行くと有名なビュースポットに行ったりはしますが、全然詳しくはなく、今回の目的はやはり撮影です。持っていくカメラとレンズはやや悩みましたが、メインにD500とシグマの100−400mmレンズ、とまりもの用にGX8と高倍率ズームとしました。150-600mmにしようかとも思いましたが、重いのと、混み合った会場では邪魔になる [続きを読む]
  • オオアオイトトンボ活動、そろそろ末期
  • 前回アップしたのが、オオアオイトトンボの活動初期だったのですが、今回は活動後期。つまり数か月も空いてしまいました。全く撮影していなかったわけではありませんが、色々あって更新が途切れてしまいました。まあ、ぼちぼちやっていこうと思います。ちなみに、活動後期と言ってもオオアオイトトンボは息の長いトンボで、時に年末まで見られます。本当は繁殖活動が見たかったのですが、午後からの観察だったためか、見られません [続きを読む]
  • オオアオイトトンボ活動中
  • いつもの公園は現在、菖蒲まつり開催中でした。皆さん当然、美しく咲き誇っている菖蒲の花に向かってカメラを向けていますが、私は全く関係のない方向に向かってシャッターを切っています。浮いていて、少しだけ恥ずかしいけれど、もう慣れています。先月の中旬ぐらいから、いつもイトトンボを撮影している池の周辺で、オオアオイトトンボを見かけるようになりました。こちらは先月撮影した、羽化直後の♀。こちらも羽化直後の♀で [続きを読む]
  • ゼフが続々と
  • 先週から今週にかけて、自宅からほど近い、良く訪れる公園で何度かゼフィルスたちに出会いました。5月の半ばに出会ったのはアカシジミです。自身では最も早い記録かもしれません。イレギュラーケースかな?と思いましたが、もう1頭発見しました。どうやら発生が早かったようです。撮影した時点では、周囲のクリの花が全く咲いておらず、エサの方が心配になりました。アカシジミの撮影日から1週間に出会ったのは、ウラナミアカシ [続きを読む]
  • いつ以来か、、キイロトラカミキリ
  • 某公園の、池の周囲にあるヤナギに黄色い甲虫がいました。お久しぶりのキイロトラカミキリでした。あっちへこっちへと良く動くし、なかなか素早いので、撮影はなかなか困難。そのうちに木の隙間に入って動かなくなりました。産卵中?と思いましたが、ヤナギの生木に産むのでしょうか。そもそも♀なのかもよくわからない。キイロトラカミキリは、カミキリ屋さんの間では超が付く普通種らしいですが、私的にはなかなかの珍種。普通に [続きを読む]
  • 今年初見、アオヤンマ
  • トンボのシーズンは既に各地で始まっており、ムカシトンボや各種サナエトンボは本格的に活動している時期です。身近なところでは、シオヤトンボが既に活動のピークを迎えていそうですが、今日の狙いは違います。狙いは、昨年この公園で初めて観察した、ヨツボシトンボです。今年も確認できれば、土着個体と言えそうですが、どうでしょうか。昨年、ヨツボシトンボを確認した場所へ行ってみると、フワッとトンボが飛び上がり、一瞬ド [続きを読む]
  • へんてこな甲虫
  • 二週間ほど前に、河川敷へチョウの観察に行った際に、少し変わった虫に出会いました。草むらからアスファルトにひょこひょこ歩き出してきた妙な形の虫は、どうやらヒメツチハンミョウのようです。今までにも何度か見たことはありましたが、いずれも山間の自然豊かな場所だったので、自宅から遠くない平地で見かけたことに驚きです。しかも時期はまだ四月上旬。成虫越冬しない、大型の甲虫としては早い時期から活動しているんですね [続きを読む]
  • モンキ、モンシロの交尾拒否を観察
  • 夏日に迫るような日の夕刻、仕事帰りにチョウの観察のために河川敷に寄ってみました。最も多かったのはモンシロチョウ。乱舞、とまではいきませんが、遅い時間にもかかわらず、かなりの数が見られました。もう翅が痛んでいます。羽化から結構な時間が経っていそうです。ベニシジミは今年初撮影。シジミチョウ類は、ヤマトシジミも確認しました。とまっている♀に複数の♂が群がっています。♀は腹端を上げており、これは交尾拒否の [続きを読む]
  • サクラでルリタテハが吸蜜?
  • 満開からやや時間がたち、散りつつあるご近所のサクラ(主にソメイヨシノ)ですが、この週末はまだまだ見頃でした。チョウ探して歩いていたところ、あるサクラの枝先で飛び回っているチョウを見つけました。花に頭部を突っ込んで、吸蜜しているように見えたので、これはチャンスと近付いてみたところ、これがなんとルリタテハ。ルリタテハが花で吸蜜しているところを見ることは少ないし、サクラはかなりレアではないでしょうか。し [続きを読む]
  • ツマキチョウを追う
  • 花粉やらPM2.5やらで、なかなかつらい日が続きますが、久しぶりにチョウ狙いで公園を歩きました。ここ数日の高温で、ツマキチョウが発生したであろうとの予想です。サクラが満開です。初夏のような気温になったので、花壇ではチョウの乱舞を期待しますが、そこはまだ3月。探せばまあいる、という程度です。キタキチョウは飛び回っているばかりで、撮影チャンスはこの一度だけでした。枝被りなり。越冬明けのチョウはポツポツ見られ [続きを読む]
  • フライトフェスタ2018
  • 気温20度を超えた日曜日に、千葉県野田市関宿城広場で行われた、毎年恒例のフライトフェスタに行ってきました。ちなみにフライトフェスタとは、全国から多くの鷹匠(ファルコナー)が集まり、ご自慢の鍛え抜かれた猛禽類を競わせる競技会です。フクロウの仲間たちも広義の意味で猛禽類ということで、多く参加しています。これは落ち着かせるための処置だと思います。競走馬のメンコやブリンカーみたいなものかと。競技に参加する個 [続きを読む]
  • 残雪の中、野鳥を探す
  • 新年のあいさつ以来の更新です。全く撮影をしていないわけではないのですが、ジムに通い始めたり、逆に体調不良で胃カメラを飲んだりで、なかなか夜にゆっくりとPCに向かう時間が少なくなりました。昆虫シーズンまではこんな感じになるかもしれません。さて、私の住む埼玉では先日結構な降雪があったのですが、その雪が残っているうちに野鳥とのコラボ写真でも撮っておこうといつもの公園へ向かいました。もちろん越冬中の昆虫探し [続きを読む]
  • 新年の挨拶
  • 新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。2018年は戌年ということで、犬の画像を持って来ようと思ったのですが、よく考えたら私は犬を飼っておらず犬の画像もありませんでした。で、何となくめでたそうなので、月を撮ってみました。ここ数日の月はスーパームーンということで、かなり大きく明るいです。露出はマニュアルF8、800分の1、ISO400で適正なので手持ちで余裕です。晴れていたら、ぜひ撮っ [続きを読む]
  • クリスマスの星空
  • クリスマスだから…という訳では全然なく、仕事帰りにいつもの公園で星を撮ってきました。日中は暖かだったのですが、段々と風が強くなり、気温も下がってきたのでクリアな空が撮れるかも、と思ったわけです。本当は北極星を入れて撮りたかったのですが、時間が早かったせいか、位置がはっきりせず、星の数も少なく見えたので西へ変更。もう少し空の面積を広く撮れば良かったな、とも思うわけですが現地では寒くてなかなか細かい所 [続きを読む]
  • 師走のトンボ
  • 出張先の千葉県茂原市。もう日が暮れようという時間に、大きな公園に寄ってみました。紅葉はピークは過ぎていますが、写真で切り取るにはまだ大丈夫でした。銀杏の葉が落ちて、絨毯のようになっていました。アカトンボの生き残りでもいないかと、日当たりの良い場所を探して歩きましたが、さすがに夕方には活動していないようで、見つからず。あきらめかけたころに、目の前にトンボがいることに気付きました。さすがに活性は低いで [続きを読む]
  • iPhoneⅩのカメラを使ってみる
  • 三年以上使い続けた、スマートフォンがボロボロになったので、つい最近機種変したのですが、選んだ機種はちょっと話題のiPhoneⅩ。今まではandroidのスマートフォンだったので、初めてのiPhoneにやや戸惑いましたが、色々いじっているうちに何とか慣れました。このiPhoneⅩの売りの一つに高性能を謳ったカメラがあるのですが、メモ代わりだけに使うのももったいないので、屋外でいろいろ撮ってみることにしました。ちなみにアップ [続きを読む]
  • 虫撮りまだ間に合う??
  • ひと月ぶりです。晴れた日は仕事、休日は大雨、という繰り返しが続きフィールドに出られなかったせいですが、機材ネタやストックしてある画像もあったので、更新はできたはず・・。が、何度かの自宅のネット環境の通信障害があり、心が折られていました。プロバイダーさん、本当にお願いしますよ。。今回は久しぶりに晴れて気温が上がった日中にフィールドに出向くことができました。わずかに咲き残っていたヒマワリにモンキチョウ [続きを読む]
  • ハラビロカマキリに執着
  • 最近は都合が悪く、なかなかカメラを持って出かけることができませんでしたが、仕事が午後からの予定になったので、ヒガンバナで有名な公園に行ってきました。事前に調べていたのでわかっていたことですが、見ごろはとっくに終わり、イベントも終了し人もまばら。それでも何か撮れるものがあれば、という感じです。公園の一角にヤギがいたりします。アキアカネが多かったので、角にとまったりしないかなと期待しましたが、全然近づ [続きを読む]
  • まだ若いマユタテアカネ
  • 十日ほど前のことですが、道の駅甘楽に寄った際、近くの河川沿いの遊歩道でトンボを撮る機会がありました。既にヒガンバナガ咲き始めていました。時々カラスアゲハが飛来しましたが、残念ながら花にとまることはありませんでした。岩場には、大変な数のハグロトンボがいました。♂はさすがにボロが多いですが、元気に飛び回っていました。開けた水場でテリトリー争いをするハグロトンボは、かなり活発で、暗い日陰にとまっているイ [続きを読む]
  • 埋立地のリスアカネ
  • 野鳥の観察地として知られる、大田区の公園に行く機会がありました。場所が場所だけに、昆虫は特別多くの種類が見られるわけではありませんが、クマゼミが普通に鳴いていたりしてなかなか面白い場所です。一応ぐるっと公園内を回りましたが、これといった野鳥は見られませんでした。カメラマンはそこそこいましたが、この時期は何をねらっているのでしょうか。トンボは種類は多くありませんが、数は非常に多いようです。園内には田 [続きを読む]
  • アカトンボとウスバキトンボ
  • 前橋市の赤城神社の近くで、山間部の開けた場所を飛ぶ、トンボの群れがいました。この時期、アカトンボのように思いますが、違います。群れで飛ぶトンボの正体はウスバキトンボでした。南方系のトンボですが、晩夏以降には、結構な高標高地でも見られます。とまっているところを見ることの少ないトンボですが、稀に見かけるとまっている個体の多くは、睡眠中なのか、かなり鈍感です。逆に、起きているときは、ほとんど飛んでいると [続きを読む]
  • オオヤマトンボ、ギンヤンマの飛翔
  • 猛暑日一歩手前の先日、トンボ日和と判断して陽が高い時間に公園へ。狙いは見つけるのが苦手なヤンマのぶら下がり。ちゃんとストロボも忘れずに持っていきました。探し始めてすぐに、カメラを携えた先客の年配の男性に、今日はヤンマはいないよ、と言われて苦笑。。ヤブヤンマもいませんか。そうですか。まあ一応、とばかりに見て回りましたが、やはり見つかりませんでした。その代わりオニヤンマがたくさんいました。もしかしてオ [続きを読む]
  • 残暑の田んぼに
  • 出張で訪れた、群馬県。ここへ来て復活した暑さの中、田んぼ道を歩いていると、意外な場所でチョウを発見。多分初めて撮影した、キアゲハの交尾態です。掴まっているのは、鳥除けです。金属光沢のある、肥料の袋みたいなものを切って、ヒラヒラさせているようです。本当に鳥に効果があるのかは不明ですが、チョウには関係ないようですね。ちょっと歩いて車に戻れば、D500があるのですが、着けっぱなしにしている望遠レンズで撮って [続きを読む]