健美 さん プロフィール

  •  
健美さん: 東洋医学健康会のブログ
ハンドル名健美 さん
ブログタイトル東洋医学健康会のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/touyouigakukennkoukai
サイト紹介文中医学の素晴らしさを皆様に伝え、中医学理論に基づく養生法を紹介しています
自由文健美は中医薬に情熱を注ぎ続けています。今までの知識や多年の経験を生かして、人類の健康に貢献するのは健美の宿願であります。悠久の歴史ある素晴らしい医学を発揮し、世界に広げ、より多くの人に健康な生活を送るため、中医学の知識を身につけさせることは健美の使命と思い、この使命を果たすため、健美は微力ながら、力を尽くしていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/06/10 12:21

健美 さんのブログ記事

  • 北京中医薬大学日本校友会一周年記念講演会を開催しました
  • 北京中医薬大学日本校友会一周年記念講演会、「日々の健康に役立つ中医学の応用」、7月8日、東京の日中友好会館にて行われました。100名以上の大変多くの方々にご参加いただきました。小?修司先生 「再発させないがん治療」邱海燕先生 アトピー性皮膚炎の中西医治療瀬尾港二先生 日本における中医学導入の変遷李向軍先生 重複がんの肺転移に漢方薬賀偉先生 穴と刺し方についての臨床応用張輝先生 行気推拿療法梁蓓先生 中 [続きを読む]
  • 北京中医薬大学日本校友会設立一周年特別講演会のお知らせ
  • 北京中医薬大学日本校友会は設立一周年を記念して、「日々の健康に役に立つ 中医学の応用」特別講演会を下記のとおり開催しています。日時: 2018年7月8日(日)13:00〜17:30場所:日中友好会館参加費用:3000円講演:日々の健康に役に立つ 中医学の応用詳しくは添付チラシをご覧ください皆様のご参加をお待ちしております。 http://www.chuui.co.jp/lecture/pekin-kouyuukai_1th-kinen.pdf 【申し込み方法】 FAX送信先:  [続きを読む]
  • 黄帝内経講座についてお問い合わせのお客様へ
  • この度は黄帝内経講座をお問い合わせいただき誠にありがとうございます。お問い合わせの件につきまして、iPhoneからの受信メールに対し、返信メールをお送り致しましたが返信できないメールが返ってきております。誠にお手数をお掛けいたしますが一度ご連絡を頂けますでしょうか?よろしくお願い致します。TEL:078-801-2006携帯:090-1591-4366E-mail:info@t-kenkoukai.comご連絡のほどお待ち申し上げます。神戸中医学院担当者よ [続きを読む]
  • 「黄帝内経勉強会」のご案内
  • みなさんこんにちは。随分ご無沙汰していました。忙しくブログの更新がすっかり滞ってしまって申し訳ないです。五月から大学の講義も始まったので、しばらくの間、忙しい日々が続きそうですが、ブログの更新ができるよう頑張ります。 さて、「黄帝内経勉強会」は2016年の開催以来、多くの方々にご評価頂いております。今年も続けて開催することになりました。 下記のとおり、ご案内致します。 「黄帝内経勉強会」のご案内 日時 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます 東洋医学健康会の孫華麗でございます。 皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。 昨年は、本当にありがとうございました。今年もよろしくお願いします。 東洋医学健康会、神戸中医学院は去年に引き続き、本年度も、以下のような中国医学講座やセミナーを開催します。中医薬膳講座中医美容講座経絡ツボ療法中医中薬講座国際中医師対策講座中国医学古典勉強 [続きを読む]
  • 一年間ありがとうございました。
  • 今年一年間ありがとうございました。2017年、大晦日の日にやってきました。本年は、多くの方が中医学の講座やセミナーご参加いただき、ありがとうございました。皆様との良きご縁に感謝しております。今年、私にとって、充実した忙しい一年でした。皆さんのおかげで良い1年でした。1月開講した黄帝内経講座と中医美容講座、新しい講座であって、教材作りながら講義して、12月無事に終了しました。3月、兵庫医療大学の特任講師 [続きを読む]
  • 『黄帝内経』辨証論治講座のご案内
  • 「黄帝内経辨証論治講座」のご案内『黄帝内経』第一期に多くの方がご参加いただき、ありがとうございました。さらなる知識の向上のため、勉強を続けていきたいと思います。今回は黄帝内経における病証の部分に入ります。病証発生の病因、病機、伝変、診断、治法、治療、及び予後、予防、病後の管理などに及んでいます。黄帝内経の原則に基づいて、具体的に病証について講義します。きっとお役に立つと思います。ぜひご参加くださ [続きを読む]
  • 秋の薬膳ー蒸梨 補腎黒団子 鶏肉と蓮子の粥
  • 今日の薬膳【蒸梨】大きめの梨1つ、杏仁の粉末10g、干し百合の根10g、枸杞子10粒。梨を水平面で二等分に切り分け、芯の種をくり抜いておく。くり抜いた穴に百合の根、杏仁粉、枸杞子をつめ、切り分けにした梨の上部で蓋をし、鍋に入れ、30分で蒸す。杏仁の苦味と梨の甘味、奇妙な美味しさ!生津潤肺、止咳化痰。肺を潤し、肌を潤す。秋の燥から肺と肌を守ります。【黒胡麻、胡桃、黒豆の団子】ー補腎黒団子黒胡麻、胡桃、黒豆を [続きを読む]
  • 中医体質養生セミナー追加開催のご案内
  • 中医体質養生セミナー追加開催のご案内10月1日と15日に行う中医体質養生セミナー、定員になっておりましたが、多くのご要望をもとに、追加開催を決定いたしました。ご案内いたします。お申込みをご検討されていらっしゃいます方はお早目にお申込みくださいますようお願い いたします 開催日  2017年10月1日(日) 13:00〜16:00  2017年10月15日(日)13:00〜16:00 追加開催日 2017年10月18日(水)13:00〜16:002017年10月2 [続きを読む]
  • 中医体質養生セミナー募集締め切りのお知らせ
  • 中医体質養生セミナーは募集締め切りになりました先日、皆様にご案内しておりました「2017年10月1日と10月15日の中医体質養生セミナー」 定員に達し、締切とさせて頂きました。多数のお申し込みをいただきありがとうございました。平日の追加開催も検討しています。開催が決まりましたらご案内致します。 お問い合わせTEL:078-801-2006メール info@t-kenkoukai.comよろしくお願いします東洋医学健康会 孫華麗 [続きを読む]
  • 中医体質養生セミナーのご案内
  • 皆様猛暑が続いておりますが、皆様にはますますご健勝のことと存じます。 このたび かねてより希望の多かった「中医学体質養生」についてのセミナーを開催することになりました。ご案内申し上げます■日程:連続二回 2017年10月1日(日) 13:00〜16:00  2017年10月15日(日)13:00〜16:00■内容: 体質に関する理論及び研究黄帝内経における体質 中医九種体質分類 体質診断法体質養生法体質測 [続きを読む]
  • 中医学に基づいた情緒調節法について市民健康講座で講演を行いました
  • 市民健康講座で、健美(孫華麗)が「中医学に基づいた情緒調節法」について講演を行いました。7月15日、中医薬孔子学院主催。 情緒調節法1.清静養神(静をもって神を養う)『黄帝内経』 恬淡虚無(心がけは安やかで清静であり、貪り求めたり、よこしまな考えがなく、物の得失で心を煩わせたりしないこと)志閑而少欲 心安而不懼(心は閑かで、欲望は少なく、心は安定し、恐れることがない)美其食 任其服 楽其俗(食べ [続きを読む]
  • 北京中医薬大学校友会成立
  • 北京中医大学日本校友会は6月17日に東京で成立しました。北京中医大学徐安竜校長、中華人民共和国駐日大使館、日本の出版社、日本中医学の専門家が出席し、お祝いの言葉をいただきました。多くの日本で活躍している仲間と出会って、うれしいです。健美(孫華麗)は学術部門の副会長を務めさせていただくことになりました。今後、学術活動を展開するように微力ながら役に立ちたいと思います。 [続きを読む]
  • 北京中医薬大学校友会成立
  • 北京中医大学日本校友会は6月17日に東京で成立しました。北京中医大学徐安竜校長、中華人民共和国駐日大使館、日本の出版社、日本中医学の専門家が出席し、お祝いの言葉をいただきました。多くの日本で活躍している仲間と出会って、うれしいです。健美(孫華麗)は学術部門の副会長を務めさせていただくことになりました。今後、学術活動を展開するように微力ながら役に立ちたいと思います。 [続きを読む]
  • さくらんぼー桜桃
  • さくらんぼ (桜桃)サクランボが赤くなりました。きらきらと輝いている赤い珍珠のようで、とてもかわいいです。毎年、小鳥に食べられてしまいましたが、今年はこんなに多く残してくれました。...桜桃は果物の中、最も早く成熟し、「早春の第1の果」、「百果の第一枝」と称されます。明代の李時珍は《本草綱目》に「その粒は瓔の珠のように、故に桜と謂う」と、形状的に桃に似ているから桜桃と呼ばれています。中医学では、桜桃 [続きを読む]
  • もち米棗(糯米棗)--養血美容
  • 中医美容授業の休憩時間で、みなさんと一緒に美容菓子「もち米棗」を作りました。もち米棗、作り方が簡単です棗を水で柔らかくまで、30分くらい漬ける。硬い太いストローで核を突き出し、核を取ります。はさみで棗を切り、開け口を作ります。...もち米粉(今日は、白玉粉を使いました)にお湯でこねます。棗の大きさにより、小さい団子にして、棗に詰め込みます。形を整えます。沸騰してから強火で10〜15分間蒸す。 大棗は古代か [続きを読む]
  • 薬用植物園の見学
  • 武田京都薬用植物園の見学に行きました。樹木園のツバキでは、珍しいツバキが植えられています。ツバキの品種がこんなに多いのにびっくり!漢字でつけられた名前は、美しい様子を表しています。興味津々で、いっそうに魅力を添えています。ツバキは美容作用がり、ツバキの成分で作られた美容品がよく知られています。ツバキの花は止血薬です。凉血止血、散瘀消腫の作用があり、各種の出血、打撲などに用いられます。 & [続きを読む]
  • 木蓮の蕾―辛荑
  • 木蓮の蕾が膨らんで来てもう少しで 花が開きそうです。 木蓮のつぼみは秋の内に生まれ、毛皮のような暖かそうなつぼみの殻から冬の間の寒さから守られ、春先に咲きます。 「毛猴児」(サル)は北京特有の民間の手細工品で、これは木蓮の蕾―辛荑、または白芨、木通を用いて、作られたのです。その毛、面構え、形、態!まるで生きているかのように真に迫っています。いたずらサル!漢方の材料で製作す [続きを読む]
  • 梅花の薬用―情緒不安定の改善に白梅花
  • 庭の梅の花が咲きました。毎年、春の到来を報じてくれます。寒い季節にいち早く花を咲かし、雪の中、凛と咲く姿が古くから愛されてきました。 中国では、三千年を超える栽培の歴史があると言われます。果実を調味料として用い、花を鑑賞として、詩人たちに詠われました。健美は梅花が大好きで、古詩を詠いながら梅を観賞するのは楽しみです。梅の実は漢方薬で、色々な薬効が知られますが、梅花については、薬効がある [続きを読む]
  • 落花生ー 長生き「長生果」とは
  • 明日、節分の日、スーパーなどで節分に使う豆が販売されていますが、落花生も並んでいます。豆まきに落花生を使うのでしょうか。 落花生大好きです!健美の故郷は落花生の産地です。日本のスーパーなどで販売されているのは中国の山東省からの物が多いです。 落花生は、「長生果」と呼ばれるように、滋養強壮の効果があります。「落花生を食べれば養生になり」、大豆と同じ「植物肉」と賛美され、「落花生を食べ [続きを読む]
  • 会長新年挨拶
  • 新年挨拶東洋医学健康会会長より 謹んで新年のお慶びを申し上げます今年もよろしくお願いします 昨年はいろんな事が起き、とても大きな変化がある一年でした。 日本では熊本の震災がありました。世界的には各地で多くのテロが発生しまし、アメリカの大統領選挙では多くの予想を覆してトランプ氏が勝利しました。さらに英国のEU脱離など、世界政局では大きな変化が見られました。 このような中で [続きを読む]
  • 申込締切まであと5日 中医美容学講座
  • 先日もご案内いたしましたが、神戸中医学院では、記念講座として、2017 年1月より「中医美容学講座」を開催します。申込締切まであと5日となりました!今回限りの記念講座キャンペーンですので、この機会に是非ご参加 下さい。■日時:2017 年1月18日開講 毎週水曜日 10:00〜16:00 上記の日程でご都合のつかない方、 個別調整も可能です。お問い合わせください皆様のご参加をお待ちしております! TEL:078-801-2006 [続きを読む]
  • 新年おめでとうございます
  • あけましておめでとうございます 東洋医学健康会の健美です 皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。 本年もよろしくお願いいたします。 昨年は、本当にありがとうございました。皆様のおかげで、去年11月に「神戸中医学院」を開設しました。今年は、神戸中医学院として、中国北京の「北京高等中医薬培訓学校」及び「天人信和中医薬研究院」と提携して、「国際中 [続きを読む]
  • 冬至の女貞子と夏至の旱蓮草の出会い
  • 二十四節気の「冬至」と「夏至」は、重要な節気です。冬至は12月21〜22日ごろで、北半球では太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日です。最も寒いシーズンの到来となります。「冬至」と「夏至」は 「至節」と言われ、冬至は「陰極の至」、「陽気の始の至」、「冬至一陽生」に対し、夏至は「陽極の至」、「陰気の始の至」、「夏至一陰生」となります。 一方、「冬至」と「夏至」に収穫される生 [続きを読む]