渡辺正弘 さん プロフィール

  •  
渡辺正弘さん: 渡辺正弘のセレクトニュース
ハンドル名渡辺正弘 さん
ブログタイトル渡辺正弘のセレクトニュース
ブログURLhttps://ameblo.jp/karurosu2013/
サイト紹介文グーグル、人工知能、3Dプリンター、最新医療、人工光合成、自動運転などのニュースを紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2013/06/10 20:40

渡辺正弘 さんのブログ記事

  • 長距離界席巻…ナイキ厚底は“魔法のシューズ”か
  • ナイキの厚底シューズ「ズーム ヴェイパーフライ 4%」  履くか、履かないか。一つのシューズが、マラソンや駅伝などの陸上長距離界に旋風を巻き起こしている。このシューズを履いた選手が各地の大会で次々と好記録をたたき出したことから、“魔法のシューズ”との声まで出始めた。来年正月の箱根駅伝、2月の東京マラソンといった大会では、例年以上に選手の足元に注目が集まりそうだ。このシューズの秘密はどこにあるのか。ス [続きを読む]
  • アマゾン、400兆円の医療市場に向けた新戦略
  • クラウドを利用し、電子カルテ情報を分析 米アマゾン・ドットコムは、医療分野に向けた新たな事業を開始するようだ。同社は患者の電子カルテなどの情報を分析し、そこから治療の向上の役立つ、重要なデータを抽出するソフトウエアを販売する。 米ウォールストリート・ジャーナルによると、これまで、米ワシントン州シアトルにあるフレッド・ハッチンソン癌研究センターが、アマゾンと協力し、ソフトウエアの試験やアルゴリズム [続きを読む]
  • 大リーグの剛球を自宅の居間で、VR革命へ加速するスポーツ業界
  • 米大リーグ(MLB)の投手を相手にした打撃練習から、フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)ドライバーになりきってのスリリングなレースまで、先日英ロンドンで開催されたスポーツ産業トップの集まりでは、テクノロジーがスポーツに革命を起こす可能性がホットな話題として取り上げられた。 ロンドンでは先日、サッカーイングランド・プレミアリーグの名門チェルシー(Chelsea)の本拠地スタンフォード・ブリッジ(Stamford Brid [続きを読む]
  • ウォルマートが年末商戦に向けて従業員にVR訓練を実施--その効果は
  •  Walmartは年末商戦に向けて、店員に大規模なVR訓練を施す実験を行った。関係者の話によると、同社は年末商戦に備えて、各店舗の店員にVR技術を使った訓練を実施したという。 同社は2018年9月に、訓練用の「Oculus Go」のヘッドセットを年末までに1万7000台以上調達する予定だと発表している。これは、VRを使った従業員訓練プログラムとしては世界的に見ても最大級の試みであり、小売業界はその動向に注目していた。 Walmartに [続きを読む]
  • 自動運転は「通勤」をどう変える? 今後10年の未来予測
  • アルファベット傘下のウェイモは、アリゾナ州フェニックスで自動運転車による配車サービスを近々開始する予定だ。ロボットタクシーはまだ黎明期にあるが、低コスト・低ストレスな通勤が実現すれば、「今後10年でオフィススペースの価値に多大な影響を及ぼす可能性がある」とCBREグループの最新レポートは指摘している。現状、米国の主要都市におけるオフィススペースの価値は、人材や公共交通へのアクセスの良さに比例して高くな [続きを読む]
  • 「ティックトック」の中国ユニコーン、世界最大に
  • 動画投稿アプリなどを運営する中国のスタートアップ企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)が躍進している。11月にソフトバンクグループが出資し、企業価値は750億ドル(約8兆5千億円)に上昇した。非上場で企業価値10億ドル超の「ユニコーン」で世界最大となった。これまで米国が先行する形で先進的なスタートアップ企業が続々と誕生したが、米中が激しく競う構図が鮮明になってきた。 バイトダンスは今月、ソフトバンクが主導 [続きを読む]
  • タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への深謀
  • タイヤ世界首位のブリヂストンが自動運転やカーシェアリングの普及をにらんだ経営にカジを切った。車の「保有」から「利用」へのシフトに伴い販売台数は頭打ちになるが、走行距離は増えるためタイヤ市場は拡大する見通し。そこで売るだけではなく、タイヤにセンサーを付けて走行状況を分析するデータビジネスに注力する。自動運転などで100年に1度の変革期とされる自動車産業の転換点でも盟主の座を死守しようとしている。その鍵 [続きを読む]
  • レジなし店舗が急拡大? 米AIベンチャーが日本進出
  • 米アマゾン・ドット・コムの「Amazon Go」のようなレジなし店舗が日本で一気に普及しそうだ。人工知能(AI)を活用した無人店舗の構築サービスを手掛ける米スタンダード・コグニションは2019年夏、同社のシステムをドラッグストアチェーンの薬王堂の仙台泉館店に導入する。日経クロストレンドは米国でオープンした実験店舗をいち早く体験した。スタンダード・コグニションが薬王堂の仙台泉館店に導入するシステムでは、入店して商 [続きを読む]
  • ソフトバンク、韓国のEC大手に2200億円投資
  • 米ロイター通信は20日、ソフトバンクグループによる運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が韓国の電子商取引(EC)大手クーパンに20億ドル(約2250億円)の追加投資をすると報じた。2015年にも10億ドルを投資しており、筆頭株主としての存在感を強める。企業価値は約90億ドルと評価したという。クーパンは衣類や日用品などを扱うECサイトで、10年の創業。自前の配達員が迅速に商品を届ける「ロケット配送」が [続きを読む]
  • 広がるVR、小売り・採用・軍事… 注目19業界
  • 仮想現実(VR)は熱狂的なゲーマーに受け入れられてきた。だが、ヘッドセット端末の価格が下がり映像も洗練されてきたことで、VRの用途はゲームにとどまらなくなっている。小売りや採用、医療、マーケティング、さらに軍事訓練と利用の裾野を急速に拡大させている。各分野でVRの普及を促す技術やコンテンツを提供しているのがスタートアップ企業だ。我々は近い将来、日常のあらゆるシーンでVRを使うサービスを目にするのかもしれ [続きを読む]
  • アマゾンが中国「家電の巨人」と手を組んだワケ
  •  ドイツ・ベルリンで8月末から9月上旬に開催された世界最大の家電見本市「IFA 2018」で、インターネット通販の巨人である米アマゾンと、白物家電の巨人である中国・ハイアールが、インターネットにつながる家電の「コネクティッド化」で技術協力していくことが明らかになった。両業界の巨人同士の「ハグ」は、世界の家電業界へ大きなインパクトを与えた。協力の狙いは何か。世界の家電事情に詳しいフリー編集者の滝田 [続きを読む]
  • アマゾンが10年以内に失速する5つの理由
  • ダグ・スティーブンス(Doug Stephens)小売コンサルタント世界的に知られる小売コンサルタント。リテール・プロフェット社の創業社長。人口動態、テクノロジー、経済、消費者動向、メディアなどにおけるメガトレンドを踏まえた未来予測は、ウォルマート、グーグル、セールスフォース、ジョンソン&ジョンソン、ホームデポ、ディズニー、BMW、インテルなどのグローバルブランドに影響を与えている。著書に『小売再生』(プレジデント [続きを読む]
  • 陸上100mのレベル向上、山県亮太「ネットのおかげ」
  •  陸上競技男子100メートルで日本選手のレベルが上がった要因は、インターネットの普及――。2016年リオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した山県亮太(26)=セイコー=が24日、大阪市の商業施設であったトークショーに登壇し、こんな持論を展開した。その真意とは……。  大阪市中央区の商業施設「もりのみやキューズモールBASE」でこの日、「スポーツフェスタ2018」を開 [続きを読む]
  • スパコンとiPSが変える新薬開発 失敗品が復活へ
  • 製薬各社がスーパーコンピューターやiPS細胞などを活用し、一度は失敗した薬のタネの開発に再び挑み始めた。新薬開発の成功確率は約3万分の1。一つの新薬の陰には2万9000個以上の失敗品が山積みになる。そんな失敗品や特許切れ薬に最先端技術で光を当てる「敗者復活戦」だ。これまでの常識では考えられなかったプロセスで医薬品が生まれる。200万人に1人が発症し、根本的な治療法はない。そんな病気の患者を50年近く前にできた薬 [続きを読む]
  • 天然素材で臓器模型、3Dプリンター用途広がる
  • スワニーや伊那食品工業(いずれも長野県伊那市)など3社は寒天などに使われる天然素材を使って生体組織模型を作る技術を医療機関向けに開発した。3Dプリンターで型を作る。医師の手術練習に使われる動物の臓器は確保が難しくなっており、動物愛護団体からの批判も強い。リアルな質感を生かし、手術の練習やシミュレーションへの活用を狙う。業務用寒天で国内シェアトップの伊那食品と精密部品設計のスワニー、3Dプリンター世界大 [続きを読む]
  • 2050年に自動運転車の世界販売は6800万台、「浸透するまで時間」
  •  英調査会社LMCオートモーティブは、世界の自動運転車の販売台数が2050年に6800万台に達するとする予想を公表した。安全性向上や渋滞緩和、関連の新ビジネスなどが期待され確実に普及が進むとみる。一方、技術や投資回収などの側面で課題も多く、25年の販売台数は100万台に留まる見通し。同社のピート・ケリー氏は自動運転車の実現には「“短距離走”ではなく、“マラソン”として取り組む必要がある」と指摘す [続きを読む]