渡辺正弘 さん プロフィール

  •  
渡辺正弘さん: 渡辺正弘のセレクトニュース
ハンドル名渡辺正弘 さん
ブログタイトル渡辺正弘のセレクトニュース
ブログURLhttps://ameblo.jp/karurosu2013/
サイト紹介文グーグル、人工知能、3Dプリンター、最新医療、人工光合成、自動運転などのニュースを紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供395回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2013/06/10 20:40

渡辺正弘 さんのブログ記事

  • 人工知能革命によって「学歴社会」は崩壊する
  • 一昨年、東京の税理士会から、次のような講演依頼を受け、驚きを覚えるとともに、感銘を受けた。「これからやってくる人工知能革命によって、我々の業界の仕事は、10年以内に、半分が不要になると思っています。そのときに備え、いま、我々税理士が、どのような能力を身につけておかなければならないか、教えて頂きたい」筆者に対する講演依頼は、未来予測、情報革命、知識社会、企業経営、働き方、生き方など、様々なテーマでの依 [続きを読む]
  • ソフトバンク、ウーバーへの80億ドル出資の舞台裏
  • ソフトバンク「10兆円ファンド」の運用責任者ラジーブ・ミスラ氏は、80億ドル(約8800億円)の出資を受け入れるようウーバーの取締役会や株主を説得することに個人的に6カ月を費やしたと明らかにした。 同氏はウーバーが大混乱にあった時期、ソフトバンクが主導する出資を受け入れるよう交渉していたと語った。 同氏によると、最終的にウーバーが出資を受け入れたのは、資金不足のためではなく、ソフトバンクがウーバーの世界中の競 [続きを読む]
  • AI分野における「独占企業」の足音
  • 音声アシスタントが家庭にじわじわと浸透するなか、大手テック企業による人工知能(AI)の寡占が着々と進んでいる。なかでも「独占」に最も近い企業が、検索やスマートフォンのOSまであらゆる分野で強い存在感をもつグーグルだ。社会のAIへの依存度が高まるなか、こうした企業による毒性をいかに防いでいくべきなのか。ジャーナリストで科学作家のロバート・ライトによる考察。 テック大手のなかでも、グーグルは個人的に好きな企 [続きを読む]
  • ゲノム編集でがんの危険か ノーベル賞級の技術
  • 遺伝子を狙い通りに操作するゲノム編集技術のうちで、最も研究利用が進んでいる「クリスパー・キャス9」で遺伝子を改変した細胞はがん化する恐れが高まるとの研究成果を、スウェーデンのカロリンスカ研究所などのチームが11日、米医学誌に発表した。 クリスパー・キャス9はノーベル賞確実ともいわれ、医療などでの応用が期待されているが、難しい課題を突き付けられた形だ。 チームは、クリスパーという分子を入れた際に効率よ [続きを読む]
  • ウェイモが「自動運転車の個人販売」検討、FCAとの協業で
  • 自動運転車の商用化を推進するアルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が、大胆なプランを発表した。それによると、同社はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)製ミニバン「パシフィカ」6万2000台に自動運転技術を搭載するほか、個人顧客向けにも自動運転車を販売するという。ウェイモは今年1月、FCAの車両を数千台規模で追加導入すると発表していたが、具体的な台数を明らかにするのは今回が初めてだ。パシフィ [続きを読む]
  • 養鶏IoTサービスを今秋開始、ソフトバンクグループと伊藤忠飼料ら
  • ソフトバンクグループのPSソリューションズと飼料メーカーの伊藤忠飼料、自動機械装置/省力機器メーカーのCKDは2018年5月28日、畜産向けIoTシステムの共同開発に合意したと発表した。その第一弾として、養鶏IoT(スマート養鶏)サービスを開発し、今秋から提供開始する。養鶏IoT(スマート養鶏)サービスは、自然換気で管理が可能な「開放鶏舎」に各種IoT機器を取り付けることで、鶏舎内の環境情報を管理し、作業を自動化するとい [続きを読む]
  • 自動運転の広告市場、年50兆円規模に googleシェア60%と試算
  • 2030年のアメリカ、スイスUBSが予測 スイスの金融大手UBSグループは2018年5月、アメリカにおける自動運転車の広告・サービス市場が2030年に4720億ドル(約52兆円)規模に達するとの予測を発表した。さらに同グループは、アメリカにおける自動運転車の広告市場の主要プレイヤーになる企業として、米グーグルの持ち株会社アルファベットの名前を挙げている。予測によれば、2030年の自動運転車広告市場の収益の60%をアルファベットが [続きを読む]
  • グーグルのスマートシティー事業、初の大規模都市開発開始へ
  •  米グーグルの持株会社アルファベットには、さまざまな子会社があるが、そのうちの1つに、スマートシティーなどの都市開発事業を手がけるサイドウォーク・ラボ(Sidewalk Labs)がある。 英ロイター通信によると、このサイドウォーク・ラボが参画する、カナダ・トロントの都市開発事業が、いよいよ、その第1段階に入るという。同社の最高経営責任者(CEO)兼会長のダニエル・ドクトロフ氏が、ロイターとのインタビューに応じて、 [続きを読む]
  • 自動運転普及で「廃墟となる駐車場」と未来の都市デザイン
  • 自動運転車によるカーシェアやデリバリーサービスが普及すると都市部の駐車場は不要になるかもしれない──。米国で最大の建築事務所によると、現在建設中の大規模商業施設は、将来の変化を見込んで設計されているケースが増えているという。ロサンゼルスに本拠を置くデザイン設計事務所「Gensler」の共同CEOであるAndy Cohenは、自動運転車によって従来の駐車場は不要となり、建物の送迎スペースは拡張され、ロビーの重要性が高ま [続きを読む]
  • 未来のロボットは「足型」になる!...元GoogleのA・ルービン氏が指摘
  • OS・アンドロイドの共同開発者であり、Googleのロボット事業を統括していたアンディ・ルービン(Andy Rubin)が、UCバークレーで開催されたカンファレンスでロボットの将来について言及。 「足がロボットの未来になる」と指摘した。 現在、自動車や自転車などモビリティー手段、ショッピングカートなど移送・配送手段のほとんどには車輪が取り付けられているが、将来的にそれらが「足型ロボット」に置き換わるというものだ。欧米 [続きを読む]
  • データが明かしたウーバー自動運転の「未熟度」
  •  米ウーバーテクノロジーズが起こした死亡事故は各社が開発を急ぐ自動運転技術そのものの信頼性に疑問を投げかけた。米当局が公開している資料を調べるとその技術力の差は明白だ。データ上、最も安全とされるのはグーグルの車で次はゼネラル・モーターズ(GM)。ウーバーはグーグルに430倍もの差をつけられていることがわかった。■わずか13マイルで人が介入 「介入レート」――。米カリフォルニア州は自動運転の公道試験を州 [続きを読む]
  • グーグル、家電にも「頭脳」 IoT向けOS公開
  •  米グーグルがスマートフォン(スマホ)で成功した事業モデルを幅広い製品群に展開し始めた。同社の人工知能(AI)を簡単に搭載できるメーカー向けソフトウエアをこのほど公開。機器の試作を容易にするツールも発売した。メーカーにとっては便利な半面、付加価値を奪われる恐れがある。グーグルは製造業のあり方を揺さぶる変革を、静かにしかけている。  グーグルが8日に発表した画面付きのAIスピーカー。音声認識が注目を [続きを読む]