渡辺正弘 さん プロフィール

  •  
渡辺正弘さん: 渡辺正弘のセレクトニュース
ハンドル名渡辺正弘 さん
ブログタイトル渡辺正弘のセレクトニュース
ブログURLhttps://ameblo.jp/karurosu2013/
サイト紹介文グーグル、人工知能、3Dプリンター、最新医療、人工光合成、自動運転などのニュースを紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供377回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/06/10 20:40

渡辺正弘 さんのブログ記事

  • アマゾンがARゴーグルの特許を申請
  • アマゾンが倉庫スタッフ向けのARゴーグルに関する特許を申請したことが明らかとなった。巨大なアマゾンの倉庫の中で商品の場所を示すナビゲーションが映し出され。スタッフがどの棚から商品を取り出せばよいかを判断する助けとなる。  アマゾンが、倉庫スタッフ向けのARゴーグルに関する特許を申請したことが明らかとなった。ARゴーグルには巨大なアマゾンの倉庫の中で商品の場所を示すナビゲーションが映し出され。スタッフがど [続きを読む]
  • 米国の「監視国家」化、加速させるのはアマゾンか?
  • 米フロリダ州で発着便数が最も多いオーランド国際空港で、国際便を利用する全ての乗客が顔認証技術を使った出入国審査を受けることになった。米国が監視国家に近づく速度を、大幅に加速させるものになるかもしれない。米国土安全保障省(DHS)はすでに「スクリーニング・パートナーシップ・プログラム(SPP)」に基づき、各地の空港に顔認証技術を導入している。AP通信によると、アトランタ、ボストン、シカゴ、ヒューストン、ラス [続きを読む]
  • 車の年間コスト、自動運転ライドシェアで半分に 米保険会社が推計
  • 自動運転車を保有するよりも、自動運転車をライドシェアする方が、年間のコストが半分近くになる――。こんな推定結果を、米オンライン保険会社のEsurance社が発表し、アメリカ国内で話題になっている。INSURANCE JOURNALが報じた。 Esurance社は自動運転車を保有して使う場合と、自動運転車をライドシェアして移動する場合について、2025年の1マイル当たりの費用を推計。それによると、前者の年間コストは7500ドル(約82万円)で1 [続きを読む]
  • 崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリーマン危機前水準に
  • 中国福建省南部の港湾都市、厦門(アモイ)の市職員を勤める26歳のYang Xiaodaoさんは、2ベッドルームのマンションを夫と30年ローンで購入したことが、人生で最大の失敗だったと悔やんでいる。購入価格290万元(約4700万円)のうち、頭金の150万元は双方の両親が肩代わりしてくれたが、夫婦で稼ぐ月収の7割以上がローン返済に消えてしまう。月収は2人合わせて約1万元で、厦門市では平均的な金額だ。 「私たちの [続きを読む]
  • softbank 孫正義 AI 講演2018年 7月19日 バージョン3 ライドシェア
  • 中国福建省南部の港湾都市、厦門(アモイ)の市職員を勤める26歳のYang Xiaodaoさんは、2ベッドルームのマンションを夫と30年ローンで購入したことが、人生で最大の失敗だったと悔やんでいる。購入価格290万元(約4700万円)のうち、頭金の150万元は双方の両親が肩代わりしてくれたが、夫婦で稼ぐ月収の7割以上がローン返済に消えてしまう。月収は2人合わせて約1万元で、厦門市では平均的な金額だ。 「私たちの [続きを読む]
  • softbank 孫正義 AI 講演2018年 7月19日 バージョン2
  • 中国福建省南部の港湾都市、厦門(アモイ)の市職員を勤める26歳のYang Xiaodaoさんは、2ベッドルームのマンションを夫と30年ローンで購入したことが、人生で最大の失敗だったと悔やんでいる。購入価格290万元(約4700万円)のうち、頭金の150万元は双方の両親が肩代わりしてくれたが、夫婦で稼ぐ月収の7割以上がローン返済に消えてしまう。月収は2人合わせて約1万元で、厦門市では平均的な金額だ。 「私たちの [続きを読む]
  • softbank 孫正義 AI 講演2018年 7月19日 バージョン1
  • 中国福建省南部の港湾都市、厦門(アモイ)の市職員を勤める26歳のYang Xiaodaoさんは、2ベッドルームのマンションを夫と30年ローンで購入したことが、人生で最大の失敗だったと悔やんでいる。購入価格290万元(約4700万円)のうち、頭金の150万元は双方の両親が肩代わりしてくれたが、夫婦で稼ぐ月収の7割以上がローン返済に消えてしまう。月収は2人合わせて約1万元で、厦門市では平均的な金額だ。 「私たちの [続きを読む]
  • スマートホーム市場で大躍進のアマゾンと「アップルの異変」
  • アマゾンは7月18日、プライムデーのセールスで、100万台以上のスマートホーム関連デバイスを販売したとアナウンスした。同社が今年2月、10億ドルで買収した動画撮影機能つきのスマートドアベル「Ring」は、7月16日に過去最大の販売台数を記録し、ソールドアウトとなった。アマゾンはスマートホーム分野で特権的なポジションを獲得している。AIスピーカー「エコー」の売上台数は「グーグルホーム」を下回っているものの、スマートホ [続きを読む]
  • 遺伝子組み換えで米食品業界が分裂
  •  米国で、世界的に有名な食品企業が所属する業界団体を次々と脱退し、食品業界が分裂状態に陥っている。最大の原因は、遺伝子組み換え食品などの原材料情報をどこまで消費者に開示すべきかをめぐる意見の食い違いだ。今月には脱退企業が中心となって新団体を旗揚げするなど、仲間割れが深刻化している。 有力食品企業の脱退で大きく揺れているのは、1908年設立の老舗業界団体「食品製造業協会」(GMA)。全米有数のロビー団体で [続きを読む]
  • 「デジタルで五輪を作り替える」 アリババ集団の野望
  • アリババの馬会長(左)はオリンピックパークのパビリオンにIOCのバッハ会長を迎えた  創業からわずか18年で五輪の最高位スポンサー(TOP)の座をつかんだ中国のアリババ集団。2017年から28年という長期の契約も異例だ。彼らにとって最初の大会となる平昌冬季五輪で、初めてビジョンの一端を公開した。見えてきたのは、開催都市において観客、選手から交通、会場、店舗などすべてをクラウドでつなげるという壮大な試みだ。それは [続きを読む]