kealoha kumiko さん プロフィール

  •  
kealoha kumikoさん: ハワイ留学(プリスクール・小・中・高校・語学学校)
ハンドル名kealoha kumiko さん
ブログタイトルハワイ留学(プリスクール・小・中・高校・語学学校)
ブログURLhttps://ameblo.jp/hawaiibirthplan/
サイト紹介文ハワイ留学のプロが お子様やお母様のお手配を、 ママ視点からお手伝いいたします。
自由文お子様の将来にそなえ、英語を磨きましょう。ハワイのプリスクール、キンダーガーデン、小・中・高校・語学学校の斡旋をしています。弊社HPを、ご参考にしてください。http://transpacificprofessional.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2013/06/11 12:10

kealoha kumiko さんのブログ記事

  • ハワイのプリスクールに成績表があるのは、なぜか?
  • ハワイ名門プリスクール(年少、年中)やキンダーガーテン(年長)受験の時、子供のプリスクールの在学時の成績を提出が必要なのを知っていますか?そう、ハワイではプリスクールから評価され、成績がつくのです。それも年に2回、担任との面接があり、成績について話しあう時間が設けられています。 ハワイのプリスクールはほとんどが私立で、日本の幼稚園や保育園より高い設定の料金になっていますが、教育にも熱心のところも多 [続きを読む]
  • 言語学と心理学から見た子供の言語獲得能力
  • 言語学者チョムスキーによると、人間の子供の脳には、生得的にヒト固有の言語獲得装置が備わっていて、いずれの言葉にも共通して適応可能な基盤としての普遍文法というものがその獲得装置に存在するといいます。 母親からの文法的な解説を受けていないのに幼児が主語、述語、目的語で構成される文構造を理解し、話し始めるというのが、普遍文法の領域です。 その理論に異議を唱えたのが、心理学者マイケル・トマセロです。ヒトの [続きを読む]
  • 必ずチェックしておきたい ハワイ名門イオラニスクールの入学枠
  • ハワイ名門イオラニスクールの入学枠についてお話したいと思います。常に競い合っているハワイ名門プナホウスクールと違うのは、キンダーガーテンの後、プナホウは4年生枠があるのに対して、6年生まで入学枠がないということ。キンダーガーテンを逃すと6年生まで入学ができないのでご注意ください。6、7、8、9年生の入学がありますが、10、11、12年生の枠はありません。 イオラニスクールといえば、新しくボーディン [続きを読む]
  • 近年のハワイ私立学校受験の変化
  • 元オバマ大統領の出身校ハワイ名門プナホウスクール、2018年度キンダーガーテン(年長)入学の出願締め切り10月15日を皮切りに、10月11月12月には願書を締め切る私立学校がほとんどです。来年1月2月に入学試験を行い、3月4月にはやっと合格発表となります。このスケジュールの流れはあまり変わっていませんが、最近の変化といったら、これ。 近年のハワイの私立学校の特徴は、Ravennaという出願システムを使っ [続きを読む]
  • 知られざるハワイ御三家プリスクールの裏側
  • 知っていますか?ハワイ御三家プリスクールのお受験事情。天国ハワイのお受験は、生まれる前から始まっています。というのは、プリスクールに入学する優先枠があり、卒業生の子供、兄弟が在籍している、プリスクールの教職員の子供がそれに当てはまるからです。もちろん、優秀な子供はどの学校でもほしいため、その枠ももちろんあります。現に、オハナエデュケーションでは優先枠に当てはまらなかった生徒が御三家すべてに合格し [続きを読む]
  • 10月18日はアクティブラーニングも学べる集団行動観察テスト
  • 10月18日東京用賀教室にてハワイ私立校受験集団行動観察テストを行います。ハワイ私立プリスクール向け試験では、英語でコミュニケーションが取れるか、年齢相当の巧緻性、知識、表現力が備わっているか、初めての子供と一緒に仲良く課題に取り組めるかを見ます。ハワイ私立小学校向け試験では、今回、プレゼンテーションをテーマに行います。まず、自分の選んだ課題についてプレゼンテーションをおこない、次に宇宙のテーマから [続きを読む]
  • ハワイ私立校受験、カギを握る志願理由の書き方
  • ハワイ私立プリスクール、キンダーガーテン、小学校、中学、高校に出願する際には、必ず願書があります。願書があれば、もちろん志願理由の個所があります。学校にとって、なぜ自分の学校を選んだのかを聞くことは、とても重要です。なぜなら、入学後の学校とのミスマッチを防ぐためだけなく、第一志望なのか滑り止めなのかどうかを見抜くためです。長年、アドミッションオフィスにいる人であれば、志望理由を見れば、志願者がど [続きを読む]
  • 東京用賀で実践 アメリカ式アクティブラーニング
  • 日本では、従来の暗記型から自主性を重んじるアクティブラーニングのアプローチを取り入れている学校が増えてきていますが、残念ながら、まだまだ本格的に普及しておらず、指導のレベルもまちまちといった感が否めません。アメリカでは、すでにアクティブラーニングが当たり前のように普及しているため、アメリカの学校の入学試験でも集団行動テストを通してアクティブラーニングをどのように実践できているのかを審査されます。 [続きを読む]
  • ハワイ名門プナホウ・イオラニスクールの出願Ravenna
  • ハワイ名門プナホウスクールおよびイオラニスクールの出願しめきりまであとわずか。オハナエデュケーションでも出願サポートに追われています。ハワイ私立校の願書は、その学校によっても全く違います。最近はオンラインが主流ですが、ペーパーのところもありますし、オンラインアプリケーションも、どのシステムを取り入れるかは各自の学校の判断です。 プナホウ、イオラニスクールが使用するのは、Ravenna。これにより、すべて [続きを読む]
  • ハワイの難関校ハナハオリスクールの願書
  • ハワイの難関校ハナハオリスクールの出願が始まりました。ハワイでも異例のジュニアキンダーガーテン(年中)入学枠が一番多いのが特徴の学校です。ハワイ名門プナホウ、イオラニスクール他ほとんどの私立校が義務教育のキンダーガーテン(年長)から始まるのに対し、ここはひとつ下のジュニアキンダーから。次の年にプナホウ、イオラニスクールを受ける子供たちの力試しに受けてみる子も多いため、合格するのは簡単ではありませ [続きを読む]
  • バイリンガル 算数センス育成術
  • ハワイ私立校受験が始まりました。ズバリ合否が分かれる科目は、何だと思いますか?私は算数だと思います。まだ、4.5.6歳の段階では、その国に住んでいれば、英語力(日本語力)は、学校での先生や友達との会話や生活を通して、ある程度ついているものです。しかし、算数は、全くやっていないことも多く、差が出やすい科目です。うちの子は100まで数えられるから大丈夫という方もいますが、それは単に数えられるだけで本当に数の概 [続きを読む]
  • ハワイ私立校受験、願書を書く時の注意
  • 10月、11月の出願締め切りの多いハワイ私立校受験が、まさにピークを迎え、願書作成サポートに追われています。そこで気をつけたいことを書いてみたいと思います。まずは宗教系の学校。ハワイ私立校には、キリスト教系、仏教系、無宗教などに分かれていますが、やはりキリスト教系が多数です。出願する時は、願書にその宗教に対しての理解を求める学校もあるので、伝え方に留意していきましょう。家庭と違う宗教系の学校に申請す [続きを読む]
  • ハワイ名門プリスクール受験から何を学ぶか?
  • ハワイ名門プリスクール受験が近づいていきます。受験はうちと関係ないと思っていませんか?実は、受験は、子供の成長を知るにとっても機会なのです。たとえば、プリスクール受験では、つみきの考査があります。考査から見えてくるのは子供の創造力であり、立体的な空間把握力でもあります。組み立てるのは、何個ずつ置くかなどの算数脳も必要です。そしてお手本と同じにつくる作業は、記憶力、観察力、集中力、思考力が養われま [続きを読む]
  • ハワイ名門プナホウスクール出願の注意点
  • 元オバマ大統領の出身校ハワイ名門プナホウスクール、キンダーガーテン(年長)出願締め切りまで、もうすぐ。ハワイの私立校は、受験対象者が学校によって異なるので、一校一校注意深く見ていく必要があります。今年のプナホウスクールのキンダーガーテン受験対象者は、以下のようになっています。男の子 2012年6月1日から2013年6月30日生まれ女の子 2012年9月1日から2013年9月30日生まれ男の子か女の子によっても、受験対象が異な [続きを読む]
  • バイリンガルにとって先取り勉強をするメリット
  • 精神科医の和田秀樹さんが「東大に入る子は5歳で決まる」という本を出されました。著書の中で書かれた「幼稚園児には小3までの先取り学習をさせよ」という言葉にびっくりされた方も多いと思います。 バイリンガルの視点から見ると、確かに先取り学習はメリットがあると思います。バイリンガルは2つの言語を習得していくわけですから普通に考えても2倍の学習時間が必要なのです。 例えば、ハワイで日本人ママに育てられた日英 [続きを読む]
  • ハワイ名門イオラニスクールの倍率と出題傾向
  • 楽園ハワイの過酷な受験戦争。10月30日まで出願締め切りのイオラニスクールの例を挙げてみましょう。キンダーガーテン(年長)の場合、2016年360人の志願者に対して定員は、男子35.女子35の70人。約5倍ですが、実際はもっとたかいです。その理由は、カウンセリングを受けた方のみお話しいたします。テスト内容は、読解、算数、アート、自由遊びなど社会性もチェックされるため、出願範囲は広いです。4歳児が受けるので、たまに泣き [続きを読む]
  • ハワイ名門校出願締め切りまで、あとわずか
  • ハワイの私立学校出願ラッシュです。ハワイ名門プナホウスクールのキンダーガーテン(年長)は10月15日、プナホウスクールのライバルと言われるイオラニスクールのキンダーガーテン(年長)は、10月30日が締め切りとなっています。 その他、有名私立小学校のメリノール、セントアンドリューススクール、本願寺スクール、セイクレッドハーツ(聖心女子)などはキンダーガーテンだけでなく、小学生1年からも編入が可能です [続きを読む]
  • 日本の中学でも英語力や思考力を問う入試が増えている!
  • 2020年の入試改革を待たずとも、日本の入試は変わりつつあります。小学校で英語が必須になる今、中学入試にも英語を取り入れ始める中学が増えています。これからは帰国子女でなくても、英語を入学試験を選択する時代へ突入するのかもしれません。 また、思考力を問う入学試験も増えてきています。プレゼンテーションやグループワークなど思考力を問う思考力テストを行ったのは、去年が28校だったのに対し、今年は45校。ど [続きを読む]