yoko さん プロフィール

  •  
yokoさん: ルアンパバーン☆ドミ「パンル庵」日記
ハンドル名yoko さん
ブログタイトルルアンパバーン☆ドミ「パンル庵」日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/hinahinahinahinahin/
サイト紹介文ガイドブックに載っていないラオスの観光情報を書いています。旅行者の口コミやローカル情報が満載です☆
自由文「世界遺産の街ルアンパバーン」から川を渡った村の長屋で日本人夫婦と猫が経営しているドミの日記です。主に近所に住んでいるラオス人との楽しい日常、地元の食べ物そして観光客のあまり行かないエリアの話を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/06/11 16:18

yoko さんのブログ記事

  • モン族 魂のこと
  • 「先生、soul は日本語で何という?」タマシイ(魂)??だよ。お葬式に行ったばかりだから、それについて話したかったのかもしれない。「先生、モン族にはタマシイが3つある。① 来世へ行く ② 先祖のところへ行く③ 遺体の世話をする最初、3つのタマシイは一緒にいる。お葬式が終わると3つはそれぞれに向かう。③は骨になった遺体でもう一度人間を作ろうとする。組み立てて、壊れて、『出来なかったー』と言って泣く。 それを繰 [続きを読む]
  • ノアの方舟
  • まるでノアの方舟。もうすぐ完成です☆私の友達・近所のフランス人数名が作った船です。木材をせっせと運んでいたので、作っているのは知っていたのですが。。今日は試運転に参加させて貰いました。素敵です。この1週間で2隻の新しい船に乗せて貰いました。もう1つも小さくて綺麗だったのですが、この大きさには圧巻です!!「廃墟」とか「廃船」「工場萌え」ではないです。私。 [続きを読む]
  • 5 Love Languages
  • Herに解かせていた 日本語能力試験N2の長文問題☆☆☆結婚して10年、プレゼントを渡しても妻が『ありがとう』と言わなくなった。交際中は『ありがとう、嬉しい!』と言って、何でも喜んでくれたのに。。それを妻に言うと『酔っ払わずにまっすぐ帰ってきたら、早く帰ってきてくれてありがとうって言うよ」と言われた。☆☆☆↑こんな内容の問題を読ませて、解説していたらHerが「この夫婦、お互いを全然わかってない!」と言い始め [続きを読む]
  • 仔猫の事2
  • 先日のかじられた赤ちゃん猫ちゃん。今日見せてもらいました。傷口はすっかり小さくなり、後もう少しでカサブタが取れます。薄灰色に見えるのは毛を剃られているからで全く問題なしです。スシと赤ちゃん。全然似ていません。赤ちゃんは白ではなく、耳と鼻、シッポに黒い毛が生えてきました。チコの様なシャムになりそうです。チコはメスなので、他人の空似です。「スシの子だからツナだな〜」と勝手に考えていますが、命名権は無い [続きを読む]
  • 消してしまった!
  • この数週間、初めてWordPressを触ったところから、1つサイトを作って、壊して、2つ作って、昨夜間違えて上書きしたらしく、2つともサイトが消えていた。朝起きてパソコン触って、ビックリした!とりあえず、カフェへ??。ほぼ毎日同じ席で同じものを飲みながら作業をしているが、今日はいつもと心持だけ違う。WordPress、ドメイン、サーバーなど、1つずつ会社が違うからどこで何が起きたのかわからない。2時間復旧作業したと [続きを読む]
  • 仔猫の事
  • このところ、家を借りたり、何やらゴチャゴチャと仕事しているので、睡眠不足です。もともとshort sleeperなので、人より睡眠時間は短いのですが。。。。。隣の猫、スシが2匹の子どもを産んで私の猫が浮かれているブログを書いたばかりですが、2匹の仔猫のうち1匹が大きなオス猫に食べられてしまいました。残った1匹も脇からお腹にかけて噛まれたらしく、穴が開いており。。隣人は仕事があったので、私が獣医に連れて行きました。 [続きを読む]
  • チコが興奮している
  • 朝からチコが興奮していました。珍しいなぁ〜と思っていたらダオの妹、いつも一緒に遊んでいるスシ(猫)に赤ちゃんが産まれたのでした。友達の幸せを喜んでいるチコは素敵な猫だと思います☆ [続きを読む]
  • Dream Giversへ「散歩をプレゼント」
  • Dream Giversは私の生徒Herがクラウドファンディングでお金を集めて作った「小学生から高校生のモン族の子ども支援団体」です。彼らは山間部出身で両親からの仕送りもなく、慎ましい生活をしています。先日、彼らに掃除をお願いし、食事をしていたところ「(ルアンパバーンの)対岸へ行ってみたい」という話をしていました。船で対岸へ渡るには10,000kip。子ども達は17人いるので往復だけで340,000kipかかります。近いうちにルアンパ [続きを読む]
  • 新しい家の掃除
  • Herと子ども達15人が掃除を手伝ってくれました。前に借りていた人が汚く使っていたので掃除が大変だった。7年分の埃を一気に取り除く。「家を借りるなら絶対にメコン川沿い」と決めていたので2軒キープして比較した。ヘリテージエリアは家がとにかく古い。商売には良いと思うけど、私は住みたくはないかな、今のところは。。どちらのオーナーも私とほぼ同年代の女性。ラオス人と外国人。最終的には外国人との契約を選んだ。どちら [続きを読む]
  • 「矛盾」について
  • ・矛は武器の一種である。矛と盾、そして矛盾の説明をする。「それってironyの事?」いや、違う。『Contradiction』の事だよ。微妙に分からなそうだったので身近なところから例文を出す。例えばラオスでビジネスビザが欲しいとする。「その場合には会社経営のライセンスが必要です」と役所から言われる。役所に行って会社経営のライセンスが欲しいと言う。「その場合にはビジネスビザが必要です」と言われる。どっちが先かわからな [続きを読む]
  • 「孤独」について
  • 毎日1時間半Herはうちで勉強している。「楽しい」と言いながら勉強してくれるので教える方もやり甲斐がある。N2になると漢字二文字の読み書きが多くなる。N4、N3は「募ります」「集めます」などの動詞が多かったのですが、N2は「募集する」の様な問題が多い。「孤独」という字が出たので説明した。「孤」は”lonely” や”independence”「孤立」って言葉がある。「独」も”lonely” や“ independence”「独り」って書いて「ひと [続きを読む]
  • オフィス借りました☆
  • やっと、Heritage Areaに家を借りました。ラオスは難しい国で、特にルアンパバーンは一筋縄ではいかないところ。ラオスに住んだ日本人は懐古的にはなるけど、二度と戻らないと言われるのも納得できる。「会社を作るなら最低500万円」と言われているが、500万円でも出来なかった人は日本人の中にも何人かいる。私が相談したイギリス人は1000万円かかってまだ出来ていない。ベトナムやカンボジアなら出来るから、よっぽどラオスじゃ [続きを読む]
  • オフィス借りました☆
  • やっと、Heritage Areaに家を借りました。ラオスは書類手続きが難しい国で、その中でも特にルアンパバーンは難しい。ラオスに住んだ日本人はノスタルジックな気分にはなるけど、二度と住まないと言われるのも納得できる。「会社を作るなら最低500万円」と言われているが、500万円支払っても出来なかった人は日本人の中にも何人かいる。私が相談したイギリス人は1000万円かかってまだ自分の会社が稼働していない。ベトナムやカンボ [続きを読む]
  • 適当ってどういうこと?
  • 今日もハーが勉強しに来た。アメリカの大学で勉強しているとはいえ、N2はちょっとハードルが高い。4年前高校生でN3を受けた時より彼の日本語レベルは下がっている。@@@@@問題:夏と冬では生活に適した 湿度が異なるそうだ。N3と違ってguessでは解けない。「適」という漢字を「最適」「適当」「適した仕事」などを使って説明した。例:適当に注文しておいて!英語では 適当=suitable ⁇「先生、この言葉英語にないよね?」うん、 [続きを読む]
  • お金の使い道
  • 大金を持って歩かなくてはならない日だったので、フーとポンを呼んで護衛をしてもらった。ポンは医者になるためインターンとして病院で働いている。1ヶ月の給料は100,000kip。ラオスのインターンでこの金額は普通。私が自分の教え子から医者を出したくて、無理矢理医学部に入れたけど、本人はちょっと後悔しているらしい。山の方に住んでいるラオスの子ども達に「将来何になりたい?」と聞くと、猫も杓子も「医者!」って答える。 [続きを読む]
  • 漫画の話
  • フーが1年間アメリカの大学を休学して、ルアンパバーンにいることになった。昼間はやる事がないと言っていたので、日本語能力試験N2をさせることにした。フーは高校生の時も毎日何時間かはうちで勉強していた。また3ヶ月毎日うちで勉強するらしい。今日は日本から持ってきた「DRAGON BALL」と「ONE PIECE」を薦め、漫画の読み方を教えた。「先生、難しい!」早速スタックしてしまった。本当に?DRAGON BALLなんて6歳でも読むよ!『 [続きを読む]
  • 日本語でも同じことよ
  • 日本語は教え続けている。しかしなるべく近いうちにラオス人先生育成にシフトしたいと考えている。昨日はポンと一緒に1人の生徒に教えた。例えば「食べる」という単語は「キン」という。「食べる 食べない 食べた 食べなかった」と教えている時に「キン、ボキン、キンレーウ、ボキンレーウ」と繋げて教えているのだが、新米日本語先生のポンが「キン、ボキン、キンレーウ、ボダイキンレーウ」と教えていたのが聞こえたので叱った。 [続きを読む]
  • ターニングポイント
  • 3 週目が始まった頃、オーナー夫妻が何やらインターンについて話をしていました。単語だけ掻い摘んで聞いた大学生「私達、(この時点で)切られるんでしょうかね」と聞いて来ました。「今まで一生懸命やって来たから切られても平気よ私は!」十分なクォリティだし、この時点で終わっても満足!という意味で答えたのだが大学生は「そうですよね、今まで一生懸命やって来たのですから評価が低くても気にしないです」と返してきた。あれ [続きを読む]
  • 自分を騙せ
  • 感情の起伏が激しい大学生。何かあるとすぐ行動に影響が出てしまいます。心が安定し辛いみたいです。「yokoさんは落ち込んだりしないんですか!!」「か?」ではなく、「か!!」で聞かれました。落ち込む… うん、少なくとも関係ないところの悩みを仕事に持ち込む事はないね。仕事は限られた時間内なのだから、少なくともこの時間は「自分を騙して」、いつも同じ心持ちで接するのが先生って仕事じゃない?「みんなyoko さんみた [続きを読む]
  • 3週目
  • だんだん楽しくなってきたインターンシップ。大学生も最初の頃よりしっかりしてきました。信頼してくれる様になったのですかね初めは私に敵意があったと思います。大人になると人間関係って柔らかく育つけど、私もこの大学生みたいに疑心暗鬼で見えない敵と戦っていたかも知れないーなんて考えます。3週間で随分変わるものだと思います。まるで連続ドラマを見ているみたいです。最初は何が問題があると「私が何がしたんでしょうか [続きを読む]
  • 一生懸命やっているけど
  • 「イジメはイジメられる人にも原因がある」よく議論される課題だ。それに対して、同意も反対もしないのだが1つのパターンとして「イジメられる人は人が話している時に言葉を遮ってまで自分の話をする」というのがある。イジメられる人は間合いが悪いのだろう。イジメられているかどうか分からないけどこの大学生、人の話をよく遮る。私やラオス人先生が子ども達に注意をするとその声に被せて注意をしたり。。そういう事が続いたか [続きを読む]
  • 企画力
  • 好評だったエプロンシアターが終わり、気が抜けた大学生。翌週の計画書は酷かった。女子に多いけど、瞬発力はあっても持続力が無い。それだと「時々出来る」程度の評価になる。私も若い頃そんな感じだったから分かる。「手直し宜しくお願いします!」ってメッセンジャーでアイディアを送ってきたけど、手直しってレベルじゃなかった。計画書、私が作り直しても良いのだろうか?コンピュータを持ってきていない時点で何だかなーとい [続きを読む]
  • エプロンシアター
  • 大学生ボランティア5日目。4日目と5日目にエプロンシアターを提案。「エプロンシアターって何ですかぁ?」ネットで調べさせ、大学生が1人で一生懸命考え、作ってきた。観光地ルアンパバーンで観光もせず、大学生は黙々と1人制作に打ち込んでいる。他の事については口出しているけど、エプロンシアターは彼女が100%考えた。ボランティア4日目:お披露目初日。子ども達の距離が近過ぎて、子ども達にアイテムを触られ、グダグダ。しか [続きを読む]